絵本の紹介「だいくとおにろく」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は久しぶりに日本の昔話絵本を紹介します。

だいくとおにろく」です。

再話:松居直

絵:赤羽末吉

出版社:福音館書店

発行日:1967年2月15日

 

以前紹介した「ももたろう」と同じ、松居直さん・赤羽末吉さんのコンビ作品。

やっぱりこの二人が組むと面白いです。

 

≫絵本の紹介 松居直・赤羽末吉「ももたろう」

 

松居さんはこの本を作る時、日本古来の「絵巻」というものをかなり意識していたそうです。

絵巻のように、横へ流れるように追っていける絵物語を作るため、当時としては珍しい横長・横文字の製本を始め、やがてそれが様々な絵本の可能性を広げることに繋がって行ったのです。

 

さて、この「だいくとおにろく」という昔話は、「ももたろう」などに比べると認知度は低いのですが、なかなかスリリングで面白い展開になっています。

何より、全体に非常に謎めいており、単一の解釈を許さない深みがあります。

 

むかし、とても流れの早い大きな川があり、何度橋をかけてもすぐに流されてしまうために、村の人々は困り果てていました。

そこで、村びとたちは、このあたりで一番腕のいい大工に、架橋工事を頼むことにします。

 

大工は引き受けたものの、心配になって川の流れを見に行きます。

すると、川の中から大きな鬼が現れます。

鬼は、大工の目玉と引き換えに、橋を架けてやろうと持ち掛けます。

大工はいい加減に返事をして、帰ってしまいます。

 

ところが、次の日、川に行くと、すでに橋は半分できており、さらに翌日には完成してしまいました。

驚き呆れている大工の前にまた鬼が現れ、

さあ、めだまぁ よこせっ

と迫ります。

大工が「まってくれ」と逃げ出すと、

そんなら、おれの なまえを あてれば、ゆるしてやっても ええぞ

と、鬼が言います。

 

逃げた先の山の中で、大工は遠くから聞こえる子守唄を耳にします。

はやく おにろくぁ めだまぁ もってこばぁ ええ なあ――

次の日、また川で鬼と対峙した大工は、でまかせの名前を口にしますが、鬼は、

なかなか おにの なまえが いいあてられるもんじゃない

と、にかにか笑います。

大工は色々とあてずっぽうの名前を言った後、最後に大きな声で

おにろくっ!

と怒鳴ると、鬼は

きいたなっ!

と悔しそうに言うなり、消えてなくなってしまうのでした。

 

★      ★      ★

 

鬼(化け物)の名前を当てるという寓話は日本、東洋に限らず、西洋にもあります。

有名なところではグリム童話に、藁を金に変える代わりに娘の最初の子どもを要求する「ルンペンシュティルツヒェン」という悪魔の話があります。

この話でも、悪魔は己の名前を言い当てられることによって滅びる結末になっています。

 

かつては、己の本名を知られることは致命的なことだとされていました。

「陰陽師」では、「名付ける」ことは「呪いをかける」と同義だという風に説明されています。

「真名」「忌み名」などという言葉も、実名の危険性を示すものです。

「ゲド戦記」にもそんな話がありましたね。

 

現在で言えば「個人情報保護」的なものでしょうか。

 

さて、この「だいくとおにろく」には、他にもたくさんの謎が含まれています。

 

ここに登場する「鬼」は何を意味するのか。

どうして鬼は「目」を要求するのか。

大工が山の中で聴いた子守唄は、誰が歌っていたものなのか。

 

「川」に「橋」を架けるためには「鬼」の力が必要です。

しかし、「鬼」の力を借りる代償は「目」です。

「目」を奪われないためには、「鬼の名前」を言い当てなければなりません。

 

個人的には、「川」「橋」「目」が重要なキーワードになっているような気がします。

しかし、この手の昔話は咀嚼しきれないところに面白みがあると思うので、野暮な解釈をここで展開するのは差し控えましょうか。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

タイトルがネタバレ度:☆☆☆☆☆

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「ノラネコぐんだん パンこうじょう」


 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今日2月22日は、222(ニャーニャーニャー)で「猫の日」です!

 

古典から新作に至るまで、ねこが登場する絵本は数えきれないほどありますが、今回は現在最も注目されている「ねこ絵本」を紹介します。

工藤ノリコさんの「ノラネコぐんだん パンこうじょう」です。

作・絵:工藤ノリコ

出版社:白泉社

発行日:2012年11月20日

 

私も個人的にファンである工藤ノリコさんの大人気シリーズ。

以前の記事で工藤さんの作品の魅力について語りましたので、そちらも併せてご覧ください。

 

≫絵本の紹介「ピヨピヨスーパーマーケット」

 

とにかく、工藤さんのキャラクターは可愛い。

それも、ちょっと他にはない可愛さです。

 

それはやっぱり、あの「顔のパーツ」の力だと思います。

たいていのキャラクターが、横一線の目に、タラコくちびる(クチバシ)。

 

たったそれだけのパーツで、実に豊かな表情を読み取ることができるのです。

これは「へのへのもへじ」並みの発明なのではないかと思います。

ワンワンちゃんの パンこうじょう」を覗いているノラネコぐんだん。

なにやらよからぬことを考えているよう。

 

工藤さん、相変わらず食べ物や小物の細かい描写が楽しいです。

夜中にほっかむり姿で工場に忍び込んだノラネコぐんだん。

自分たちでパンを作って食べるつもり。

 

意外と手際よくやっていますが、ふくらしこを一缶まるごと入れた結果、膨らみ過ぎたパンがかまどを破壊し、工場をふっ飛ばしてしまいます。

 

駆けつけたワンワンちゃんの前に、巨大なパン。

 

ワンワンちゃんはノラネコぐんだんを正座させ、

こんなことをして いいと おもっているんですか

と、なんとも型どおり過ぎて力の抜けるお説教。

 

ノラネコぐんだんも、

いいと おもってません

ニャー

と、絶対反省してなさそうな返事。

 

しかし、ここからがワンワンちゃんの教育(?)流儀。

巨大パンを使って、「パンまつり」を開催。

ノラネコたちはお手伝い。

 

パンを切ったり、サンドイッチを作ったり、結構楽しそうに働いてます。

労働の大変さや楽しさを教え、食べ物を粗末にせず、そして最後は工場の再建設まで、経験主義のまさに「生きた教育」。

 

ノラネコぐんだんの好奇心や興味を、実体験させることで満たしてやるわけです。

 

★      ★      ★

 

このシリーズを読み続けていくと、ひとつの疑問が湧いてきます。

ワンワンちゃんって、何者?

 

パン屋さんかと思っていると、農場主になってたり、お寿司屋さんになったかと思うと、飛行機まで所有していたり。

そのあたりの説明は一切ないんです。

 

実は、工藤さんはかつて4コマ漫画として「ワンワンちゃん」シリーズを連載しており、ノラネコぐんだんも、もとはその漫画のキャラクターだったんですね。

 

掲載されていたのが就職誌だっただけあり、「さすらいの就職犬」という設定のワンワンちゃんは、毎回様々な職種にチャレンジします。

絵本では名前すら出てきませんが、いつもワンワンちゃんと行動を共にしているニワトリ(?)は「マーミーちゃん」というロボットで、小鳥の方は「パッポヒ」というドイツ生まれの鳩時計に住む鳩です。

 

うーん、初めて読んだ時は、ワンワンちゃんとマーミーちゃんが夫婦で、パッポヒがその子どもかと思ってました。

この二人も、よく見ているとそれぞれのキャラクターに合った行動を取っていて面白いですよ。

 

パン屋のお客さんも、漫画にも登場したキャラクターたち。

漫画では、ノラネコぐんだんを始め、ほぼ全員がワンワンちゃんの足を引っ張ることが多いですが。

 

絵本紹介のはずが、漫画紹介みたいになってしまった……。

 

ので、最後にひとつ。

おさるさんが買っている「ねじりパン」の値段はいくらでしょう?

よーく絵本を読み込めばわかるようになっていますよ。

 

推奨年齢:1歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

ワルかわいい度:☆☆☆☆☆

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「どろんこハリー」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

子どものころにやった、どろんこ遊び。

ぐちゃぐちゃに汚れることが、どうしてあんなに楽しかったんでしょう。

 

土に触れることは精神の安定にもいいそうです。

息子にもさせてやりたい……と思っているのですが、なかなか実行に移せません。

 

どうしても後始末やらなにやらを考えてしまうんですね。

こっちの服だってめちゃめちゃになるだろうし、目や口に泥が入ったらすぐに洗ってやらないといけないし、今は外は寒いし……。

 

そんな風にぐずぐず考える私にとって、憧れのヒーローと言ってもいいのが、今回紹介する「どろんこハリー」です。

文:ジーン・ジオン

絵:マーガレット・ブロイ・グレアム

訳:渡辺茂男

出版社:福音館書店

発行日:1964年3月15日

 

ロングセラーの名作です。

三色刷で、色彩豊かというわけではないのですが、それを補って余りある絵柄の可愛さ。

 

ハリーは「くろいぶちのある しろいいぬ」。

なんでも好きだけど、お風呂に入ることだけは大嫌い。

ある日、お風呂にお湯を入れる音が聞こえてくると、ブラシをくわえて逃げ出して、裏庭に埋めてしまいます。

 

ここまでの文章は、扉から続く絵によっても説明されており、絵本としては理想的な絵と文の一体感が実現されています。

さて、家を抜け出したハリーは、思う存分外遊びをします。

工事現場で泥だらけになり、鉄道線路ですすだらけになり、友達と駆け回り、石炭トラックを滑り台にして、真っ黒に汚れます。

 

どうです、この痛快さ。

絵本を読む子どもたちも(そして大人も)、自然と笑顔になって、このやりたい放題っぷりを楽しんでしまうでしょう。

絵本の中に登場する人々も、みんなハリーに注目し、少しばかり呆れながらも、笑っています。

白黒反転して、「しろいぶちのある くろいいぬ」になってしまうほど汚れたハリーは、くたびれて、お腹も空いてくると、家族のことを思い出して、寄り道もせずに家に帰ります。

 

しかし、あまりにも汚れたハリーを、家族はハリーだと気づきません。

困ったハリーは、埋めてあったブラシを掘り起こし、自分からお風呂に飛び込みます。

子どもたちに体を洗ってもらって、うちのひとたちもこれがハリーであることに気が付きます。

 

きれいになったハリーは、ご飯を食べ、自分の家の気持ちよさに浸りながら、布団でぐっすり眠ります。

でも、ブラシは、ちゃっかりと布団の下に隠していましたが。

 

★      ★      ★

 

うちの息子は、冒頭の、ブラシを

うらにわに うめました

のシーンを読むだけで大喜びします。

 

お風呂が嫌で外へ逃げ出し、気が済むまで遊び、お腹が減ったら一目散に家に帰る。

なんという率直さでしょう。

ハリーの行動には、一片の曇りも、自分の心に対する嘘もありません。

 

ハリーの人気の秘密は、この「精神の健康さ」にあると思います。

 

そして、この心的健全さは、すべての子どもが生まれながらに持っているはずのものです。

 

くどくどと「理」を説く大人に対して、子どもはたったひとこと、

いやなものはいや!

でバッサリ切り捨ててしまいます。

 

でも、これは子どもにとって嘘偽りのない「真実」なのです。

 

自分の心を偽り、捻じ曲げることに慣れてしまった大人は、自分の心の声を無視して生きることを何とも思わなくなっています。

けれども、心に沿わない生き方を続けていくと、いずれどこかで破綻をきたします。

世の中に瀰漫する「心の病」とは、突き詰めれば「心と行動が分裂すること」によって罹患する症状です。

 

どうも、幼い子どもに対する大人の態度を見ていると、将来的な「心の病」予備軍を作り出しているように思えてしまうことがあります。

「逆らう」子どもに腹を立て、力で言うことを聞かせようとすること。

それを「暴力」と呼ぶのではないでしょうか。

 

大人が自分の心に沿う生き方をしようと思えば、様々な事情や障害に阻まれて、なかなか簡単ではありません。

それでも、少しでも自分への嘘を減らして生きている人には、自然と子どもへの理解や余裕が生まれます。

人間の本当の「強さ」とは、そうしたところに現れるのではないでしょうか。

 

子どもと一緒に、平気で泥の中に足を突っ込める大人って、かっこいいと思うんです。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆

ハリーの家族の鈍さ度:☆☆☆☆☆

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com