絵本の紹介「パオちゃんのクリスマス」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

クリスマス絵本特集第10回は、「パオちゃんのクリスマス」(作・絵:なかがわみちこ、PHP出版)です。

1982年に第一作「パオちゃんのぼうし」で始まった、ぞうの「パオちゃん」シリーズは、1〜2年に一冊くらいのペースで刊行を続ける人気作品です(最近は少しペースが落ちているようですが)。

 

パオちゃんとおなじみの友達五人組の、平和な日常を描いた絵本です。

ぐりとぐら」や「こぐまちゃん」のようなシリーズとの違いは、友達が一人ではなく、「五人組」である点でしょう。

 

つまり、「自分自身のコピー」としての友達から、さらに進んで、ひとりひとりの違いを受け入れた上での「仲良しグループ」を形成できるようになる年齢の子どもを描いているわけです。

 

≫絵本の紹介「ぐりとぐら」

≫絵本の紹介「こぐまちゃんおはよう」

 

幼い子どもはエゴの塊で、そしてそれでいいと思います。

幼稚園での交友や、絵本を通して、自然な形で、大勢でいることの楽しさ、ひとりひとり違うことの面白さなどを、少しづつ知っていければ良いですね。

 

今日はパオちゃんの家でクリスマスパーティー。

友達と飾りつけ、お母さんはケーキの用意。

それから外で雪だるま作り。

それぞれが個性を発揮しての作品を作ります。

いい匂いにつられて家に戻ると、ケーキが完成。

さらに、お父さんサンタも登場して、みんなにプレゼントを配ります。

にぎやかで楽しくて幸せなクリスマスパーティー。

子どもたちも感情移入しやすい内容です。

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「コロちゃんのクリスマス」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

クリスマス絵本特集第9回は、しかけ絵本「コロちゃんのクリスマス」(作・絵:エリック・ヒル、評論社)を紹介します。

これは「コロちゃんのびっくり箱」というしかけ絵本の人気シリーズです。

しかけ絵本には様々な種類があり、ヒモを引っ張ってキャラクターを動かしたり、ページを開くと絵が立体的に飛び出したり、最近ではもっと凝った作品がどんどん出ています。

 

けれど、このシリーズのしかけは「扉を開いて隠れた絵を見る」という、至ってシンプルなもの。

その一貫したけれんのなさが、人気の秘密かもしれません。

 

主人公は茶色の毛に黒いブチ模様がトレードマークの子犬・コロちゃん。

今日はクリスマスイブ。

ママと一緒に準備にかかりますが……。

 

コロちゃん、ちゃんと おしてる?

とママ。

そりを隠している木の絵をめくると……

押すどころか、乗っかって歌ってます。

その後も、コロちゃんは舞い上がって、はしゃぎ続けます。

 

そしてやっと疲れて眠ると、窓にはサンタクロースが。

 

しかけ絵本というジャンルは、ややもすると邪道と受け止められがちですが、その意義は子どもに「ページをめくる楽しみ」を伝えることにあります。

それは言葉を変えれば「自らの手でドアを開いて、向こう側の世界を見る」歓びを伝えるということです。

 

初めのうちは大人に任せていた「ページをめくる」行為を、子どもが自分でやりたいと思うとき、それは自発的な読書への第一歩だと言えるでしょう。

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「アンパンマンのサンタクロース」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

クリスマス絵本特集第8回は、「アンパンマンのサンタクロース」(作・絵:やなせたかし、フレーベル館)を紹介します。

初期のころの絵本とアニメ版のアンパンマンとの差異については、以前の記事で書きました。

 

≫絵本の紹介「あんぱんまん」

 

この「アンパンマンのサンタクロース」が出版されたのは1981年ですが、そのころにはすっかり人気も確立し、表記も平仮名からカタカナの「アンパンマン」となり、ばいきんまん、しょくぱんマン、カレーパンマンなどのレギュラー勢も定着し、安定しなかったアンパンマンの頭身も、無事2頭身に収まっています。

 

それでもまだまだ、アニメ版にはないシュールさは健在です。

クリスマスの準備中、助けを呼ぶ声を聞いて、飛び出すアンパンマン。

雪山に埋もれていた「くまの サンタクロース」とトナカイを救出します。

 

くまのサンタさんは一命をとりとめたものの、しもやけで動けません。

そこで、ジャムおじさんはアンパンマン・しょくぱんマン・カレーパンマンのうちの誰かをサンタクロースの代理に立てようとします。

だれが いちばん サンタクロースが にあうかなあ?

選ばれたのはアンパンマン。

ホイップで付けひげ。

それにしても、このしょくぱんマンの不満そうな顔、秀逸です。

 

そして、こどもたちへプレゼントを配りに飛び立つアンパンマン。

そのシーンが……

適当すぎるだろ。

 

そして案の定、半分も配り終えていないうちにプレゼントが足りなくなってしまうという自滅っぷり。

このあたりのダメさ加減が、アニメ版の優等生キャラとは一線を画すところ。

 

困っているアンパンマン(自業自得)を助けに来るのは、なんと本物のサンタクロース。

しょくぱんマンたちも手伝って、無事にプレゼントを配り終えましたとさ。

めでたしめでたし。

 

……ところで、「くまの サンタクロース」って何だったんでしょう。

ほんものの サンタクロース」は人間のおじいさんです。

つまり、この世界において、サンタさんは複数いることになります。

ノンタン!サンタクロースだよ」的な設定なのでしょうが、説明は一切ありません。

それに、くまのサンタも人間サンタも、プレゼントの管轄は同じようです。

 

謎だ……。

しかし、そんなアバウト設定も、絵本版アンパンマンのいいところ。

 

≫絵本の紹介「ノンタン!サンタクロースだよ」

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com