絵本の紹介「ハナミズキのみち」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

明日で東日本大震災から6年。

 

亡くなった人々の無念、残された人々の悲嘆、そうした想いは悲しいことに年々風化していきます。

私には、それらを語る言葉がありません。

 

代わりに、震災から生まれた絵本を紹介します。

ハナミズキのみち」。

文:淺沼ミキ子

絵:黒井健

出版社:金の星社

発行日:2013年5月

 

著者の淺沼(あさぬま)さんは、絵本作家ではありません。

岩手県陸前高田市の観光協会に勤める方です。

 

淺沼さんは2011年3月11日、震災による津波で、当時25歳だった息子の健(たける)さんを亡くしました。

 

消防団員だった健さんは、震災直後、高校生らを避難場所の市民会館へ誘導していました。

淺沼さんはこの姿を目撃しています。

 

人々を守ろうとする息子の姿に、誇りと頼もしさを感じ、その場を離れ、自身も自宅へ避難しました。

しかし、それが息子を見る最後の機会でした。

 

津波の巨大さは人々の想像をはるかに超え、避難場所の市民会館ごと押し流してしまったのです。

 

息子を失った淺沼さんは、悲しみのあまり眠れない夜が続き、呼吸困難に陥ることもありました。

 

何をしていても涙がこぼれる。

そんな日々が続きました。

 

けれどもある日、浅沼さんの夢枕に健さんが現れ、そしてはっきり聞こえる声で言ったそうです。

 

いつまでも悲しまないで。それより、もう誰も津波で亡くならないように、高台への避難路に、目印にハナミズキを植えて

 

淺沼さんは「ハナミズキのみちの会」を立ち上げ、多くの賛同者とともに、海から高台へ続く避難路の道沿いに、ハナミズキを植える活動を始めました。

 

もう誰も悲しまないように。

 

悲しみや辛さから目を背けるのではなく、それらを受け止めた上で、自分のやるべきこと、できることを、どんなに小さなことからでも始める。

それが本当の「前向き」な態度であり、「生き直す強さ」だと思います。

 

私の想いを受けてください

 

―――ハナミズキの花言葉です。

 

推奨年齢:6歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ハナミズキのみち

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「あいうえおうさま」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

「あいうえお絵本」というのは、ある種の定番でもあり、いつの時代も新しいものが次々に出てきます。

人気シリーズなどの企画としてもよく見かけます。

 

ただ、いくら人気のキャラクターが登場しようと、ただ50音を並べただけの「お勉強」では、子どもの気を引くことなどできません。

あくまで「絵本」である以上、読んで面白いものでなければならないのです。

 

その点を、今回紹介する「あいうえおうさま」は見事にクリアしています。

文:寺村輝夫

絵:和歌山静子

出版社:理論社

発行日:1979年

 

言わずと知れた「ぼくはおうさま」シリーズの「あいうえお絵本」です。

小学校の教材として使用されていたこともあります。

たとえば「あ」のページは、

あいうえおうさま あさの あいさつ あくびを あんぐり ああ おはよう

と「あ」のつく言葉がリズムよく並び、伸びをする王さまの背景には、「あめ」「あざらし」「あさがお」など、「あ」のつくものが色々描かれています。

寺村さんが凄いのは、それぞれのページだけで十分ひとつのお話が想像できる点。

なおった びょうきを ないしょに していて なんでも なるべく なまける おうさま

なんて、いかにも王さまらしくて、思わず笑ってしまいます。

 

もちろん、言葉のテンポや響きのセンスは言うまでもなく、同じ言葉にしても、名詞ばかりではなく、動詞、形容詞、副詞などを盛り込んでいるところもさすがです。

おなじみの和歌山さんの絵も、想像力をかきたてます。

文章に登場しない背景の絵ですが、意外と読み解くのが難しいのもあります。

「む」のページの「むちうち」とか。

 

そうしたひとつひとつの絵を読むことも楽しみです。

言葉の勉強などとかしこまらずに、純粋におもしろ絵本として読んであげれば、子どもも喜ぶし、自然と言葉を身に付けると思います。

 

関連記事≫絵本の紹介「ぞうのたまごのたまごやき」

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

「ら」のページの下の絵が謎すぎる度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「あいうえおうさま

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「よあけ」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

たまに手に取って、読み返したくなる。

絵本が単に子どもの本、というカテゴリーに収まらない芸術作品であることを再確認させてくれる。

 

今回紹介するのは、そんな一冊、「よあけ」。

作・絵:ユリー・シュルヴィッツ

訳:瀬田貞二

出版社:福音館書店

発行日:1977年6月25日

 

作者のシュルヴィッツさんは、東洋の文芸・美術に造詣が深く、この「よあけ」(原題・『DAWN』)は、日本の浮世絵を彷彿とさせるようなタッチで描かれており、また、唐の詩人・柳宗元による七言古詩「漁翁」がモチーフとなっています。

 

漁翁夜西巌に傍ひて宿し、暁に清湘を汲みて楚竹を燃す。……

 

漢詩の持つ、美しい言葉の響きと雄大で荘厳な自然のイメージを、絵本の世界に顕現させることに見事に成功した名作です。

山間の大きな湖。

夜明け前の静寂。

湖面の月と山の影。

 

やがて少しずつ生物の気配が広がり始めます。

こうもり、蛙、鳥。

 

湖畔に寝ていたおじいさんとその孫が起き出し、暗い中で水を汲み、たき火をします。

それからボートを湖に押し出して、こぎ始めます。

 

その一瞬。

鮮やかな日の光が、景色を一変させます。

 

★      ★      ★

 

最後のシーンは、息をのむほど鮮やかです。

 

そして、原作が漢詩ということで、訳文の方も詩的表現がちりばめられ、文章自体も美しい。

つきが いわにてり、ときに このはをきらめかす

やまが くろぐろと しずもる

もやが こもる

とりがなく。どこかでなきかわす

 

子どもには難しい表現かもしれませんが、説明は不要だと思います。

これは歌と同じで、美しい響きとイメージの余韻を残せれば、それで十分です。

 

絵そのものの美しさはもちろん、ひんやりと肌に伝わる温度や蛙が水に飛び込む音など、五感すべてで読める本です。

一本の映画にも似て、大人の鑑賞にも十分に耐えます。

 

絵画であり、画集であり、詩であり、映画であり、文学であり、そしてそのどれでもない。

絵本でしか成せない表現を成し遂げた点で、「よあけ」は画期的な作品と言えるでしょう。

 

推奨年齢:5歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆☆

瀬田貞二さんの本気度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「よあけ

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com