読み聞かせという英才教育

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は、日本ではあまり(というか全然)知られていない話を紹介します。

 

韓国の出版業界では、2000年代以降、絵本・児童書が急速な成長を見せています。

1990年ごろに「こどものとも」編集長の松居直さんが韓国に渡った時、そこで力のある絵本作家が育ちつつあるのを実感したそうですが、それから現在に至るまでの間に、新人作家の台頭はもちろん、出版社の製本・印刷技術も比べ物にならないほど向上したようです。

 

これは、出版社や親世代の、子どもの教育に関する意識の高まりの結果ですが、その火付け役となったのは、ある出版社の男性が世に出した育児本です。

 

その男性は息子に、早期の集中的な絵本読み聞かせを実践したのですが、その結果、息子は非常な本好きとなり、速読を身に付け、小学生にして百科事典の記述違いを訂正するアルバイトをこなしたそうです。

この逸話が韓国メディアで取り上げられ、反響を呼びました。

 

彼の本を読んで感銘を受けたキム・ソンミさんという女性がいます。

彼女もまた、娘のハウンに読み聞かせを行いました。

 

ハウンはやはり早くに読書を覚え、母国語に加えて英語を操り、中学生にして、大学教授らに交じって科学セミナーに参加し、その後に発表した感想論文では、並みいる大人を退けて堂々の最優秀賞に輝きました。

ここで特筆すべきは、ハウンの英才ぶりは学問的な分野だけにとどまらないということです。
彼女は何でも独学で身に付けてしまうのです。

娘が音楽に興味を持ったというので、キム・ソンミさんがギターを一本買い与えると、ハウンは演奏法や譜面の本を読み漁り、あっという間にギターを弾きこなします。
ダンスに興味を持てば、ダンスの動画をただじっと観ているだけで、プロ顔負けの踊りっぷりを披露して、母親を驚かせます。

並外れた集中力・記憶力・理解力・想像力・模倣力のなせる業ですが、これらの能力はやはり、読み聞かせによる効果なのです。

 

もちろん、ただ漠然と読み聞かせていても、ここまでの成果は望めません。

彼女らの読み聞かせの法則は、

・生後半年以内のごく早い時期から

・とにかくたくさんのジャンルの絵本を

・何度でも繰り返して

読み聞かせるということです。

 

私自身も息子に1000冊以上の読み聞かせを行いましたが、彼女らの話を大いに参考にしています。

 

≫3歳までに絵本を1000冊読み聞かせたら

≫絵本でつながるコミュニケーション

 

日本でも子どもの教育についてはやかましく言われていますが、学校教育はすでに行き詰まりを見せているように思います。

というより、学校のシステムを問題にするより、就学以前の家庭環境を問題視すべきではないでしょうか。

 

個人的には、血眼になって子どもに塾通いをさせる時代はもう終わりのような気がします。

それよりも、もっと人間的な能力の開花に目を向けるべきでしょう。

 

日本でも、これからもっと絵本の読み聞かせが見直される時代が来る……というのは、絵本屋の希望的観測でしょうか?

 

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「ノンタンぶらんこのせて」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

私自身が子ども時代に親しんだ絵本の数は、あまり多い方ではなかったように思います。

その中で思い出深いものをいくつか挙げるとすれば、「三びきのやぎのがらがらどん」「じごくのそうべえ」「てぶくろ」、それに今回紹介する「ノンタンぶらんこのせて」を第一作とする「ノンタンあそぼうよ」シリーズでしょうか。

それぞれの絵本から、いろいろなものを受け取りました。

「がらがらどん」からは勇ましい興奮を、「そうべえ」には笑いが止まらないユーモアを、「てぶくろ」では遠い幻想の調べを。

そしてこの「ノンタン」は、その中でも一番自分に近しいキャラクターとして、私の世界に存在しました。

 

≫絵本の紹介「三びきのやぎのがらがらどん」

≫絵本の紹介「じごくのそうべえ」

≫絵本の紹介「てぶくろ」

 

元気な猫の男の子・ノンタンがぶらんこで遊んでいると、うさぎさん・ぶたさん・たぬきさん・くまさんらが次々とやってきます。

ところが、ノンタンは幼いエゴの塊。

ちっとも後の者に代わろうとせず、ぶらんこを独占してしまいます。

だんだんみんなの表情は険しくなっていき、とうとう怒りだします。

そこであわてて「10まで かぞえたら じゅんばん かわるよ」と、みんなを引きとめるノンタン。

が、そう言っておきながら実は3までしか数えられないというノンタン。

 

そこでみんなでいっしょに10まで数えてあげて、仲良く遊ぶ……という、とてもわかりやすいお話。

ノンタン ノンタン ぶらんこ のせて

おまけの おまけの きしゃぽっぽ ぽーっと なったら かわりましょ

といったフレーズは、どれも口ずさみやすいリズミカルなものばかりです。

 

絵本だけでなく、アニメや関連グッズも人気の「ノンタン」ですが、意外にも、児童文学界からはあまり評価されていないようです。

手法が漫画的だとか、絵やキャラクター造形に深みが感じられないとか、理由は様々あるようですが、批評家の方々は総じて「これはジャンクフードである」と言っているようです。

 

つまり、子どもたちに与えれば喜ぶが、栄養にはならない、というわけです。

 

しかし、これではあんまりノンタンが気の毒です。

私はただの素人で、芸術的な審美眼など持ち合わせてはいませんが、かつて「ノンタン」を友達としていた一人として、彼を擁護してみようと思います。

 

「子どもには良いものを」というのは、非の打ちどころのない、まことにごもっともな意見です。

ただ、ひとつだけ申し上げたいのですが、「子どもが喜ぶものが良い絵本とは限らない」というのは、いささか子どもを見下した見解ではないでしょうか。

そこには、子どもを不完全なもの、大人になる準備段階のもの、として位置づけ、大人が正しく導いてやらなければ立派に育たない、というPTA的子ども観が見えます。

 

しかし、絵本は誰のためのものでしょうか。

読者である子どもが喜ぶものが「良い絵本ではない」のだとしたら、一体、作家は誰に向かって作品を創っているのでしょう。

 

もちろん、古典名作絵本の素晴らしさはわかりますし、世の中には明らかに失敗している絵本、欠点の多い絵本、絵本をあまり理解しない親に媚びた絵本などが氾濫していることも認めます。

けれども、それら数多の絵本に最終的な評価を下す権利を持っているのは、子どもだけです。

たとえ一人でも気に入って手に取る子どもがいたならば、その絵本には存在価値があったということです。

どんなに歴史的にすぐれた評価をされている芸術作品といえども、すべての人間の感性に好まれるわけではないですし、子どもの数だけ絵本があったって構わないのです。

 

われわれ提供者の使命は、大人の目で良い絵本だけを選別して与えることでしょうか。

なるべく偏らない、様々な種類の絵本を用意して、子ども自身の選択肢をできる限り広げてやることではないでしょうか。

そうすれば、子どもは必ず偏見のない目で、自らが求める一冊を探し出すはずです。

 

仮に「ノンタン」がジャンクフードであったとしても、数多くの絵本に触れることのできる環境にいる子どもならば、そんなことは大した問題にはならないでしょう。

健全に育った子どもには、自らに取り込んだ「毒」を、ちゃんと浄化する能力が備わっているからです。

 

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「だるまちゃんとてんぐちゃん」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは、加古里子さん作、「だるまちゃんとてんぐちゃん」です。

真っ赤なだるまに、意外と長い手足がにゅーっと生えた外見が特徴的な「だるまちゃん」。

てんぐ、かみなり、てんじん、だいこくなど、日本各地の郷土玩具や伝説上のキャラクターたちと友達になる人気シリーズです。

これはその第一作。

 

ちいさいてんぐちゃんの持っているうちわや履物や帽子、果てには長い鼻まで、何でも欲しがるだるまちゃんが、家に帰っては父親にねだります。

そのたびに、たくさんのうちわや帽子を引っ張り出してきて並べる、息子を溺愛するだるまどん。

 

でも、空回り。

結局、だるまちゃんは家にあるものを「代用品」として工夫して使います。

 

しかし最後には父親の面目躍如で、おもちで長い鼻をこしらえるだるまどん。

だるまちゃんもご満悦。

ユーモラスでほほえましいお話です。

 

「だるまちゃん」シリーズには毎回、様々な昔ながらの子どもの遊びが登場しますが、これはその最も普遍的なもの……つまり、「見立て遊び」です。

 

子どもは遊びの天才です。

石ころひとつでも、棒切れ一本でも、ありあわせの物をなんにでも変化させて楽しむことができます。

子どもを持って改めて思うことは、こうした「遊びを作り出す」ことは、傍で見るほど楽でも簡単でもないのだということです。

何かに「見立てる」ためには想像力を高めなければならないし、真剣に取り組まないと、その想像を維持することはできません。

 

大人になると、お金を使わないと遊べなくなります。

お金は便利です。

一番楽です。

自分では面白いことを作り出せないから、お金を払って誰かに面白がらせてもらうわけです。

で、本人はどんどん面白くない人間になっていってるわけです。

 

そういう観点に立てば、子どもに安易に精巧なおもちゃを買い与えることが、果たして本当にその子のためかどうか、少々考えさせられます。

と言いつつ、我が家でもついつい、電車のおもちゃなどを買ってしまいます。

楽なんです。

買わないとどうなるかというと、ブロックやら紙工作やらで作らされることになるんです。

適当に作ると、ダメ出しの嵐です(やれドアが開かない、パンタグラフがない、ワイパーがない、連結しない……などなど)。

とっても面倒です。

だから、だるまちゃんの父親はえらいなあと思います。

 

自分と同じくらいの年頃の子が持っているものを何でも欲しがるのも、子どもが必ず通る道です。

このお話のように、うちわや帽子くらいなら何とか想像力で補完することができますが、最近ではゲーム機器という、ちょっと太刀打ちできないような強敵が存在します。

 

いつかは息子も、そういう現代の玩具を欲しがるようになることは避けられないのかもしれません。

だからこそ、今の間だけでも、想像と工夫で楽しみを作り出す時間を、そして、絵本という最高の歓びを共有できる時間を大切にしていこうと、自分に言い聞かせています(でもやっぱり面倒です)。

 

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com