絵本の紹介「ティッチ」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介する絵本は「ティッチ」です。

作・絵:パット・ハッチンス

訳:石井桃子

出版社:福音館書店

発行日:1975年4月25日

 

ハッチンスさんはイギリス出身で、ニューヨーク滞在中に発表した「ロージーのおさんぽ」で絵本界デビューしました。

明るい色彩と、多くを語らない文章で、子どもを引き付ける展開の作品が特徴。

 

この「ティッチ」は、兄弟のおはなしです。

ティッチは小さな末っ子。

兄さんと姉さんはいろいろと大きくていいものを持っていますが、ティッチが持っているのは小さなものばかり。

 

おもちゃも、自転車も、楽器も……。

 

そのたびにティッチの不満そうな顔と、兄さんたちの得意げな顔が描かれます。

セリフはありませんが、心情は十分に伝わってきます。

最後に、兄さんが大きなショベルで、姉さんの大きな植木鉢に土を入れ、ティッチが小さな種を植えると……。

その種は芽を出し、ぐんぐん大きく育ちます。

小さな種と、成長途上にある小さな末っ子を重ね合わせたラストシーンです。

 

★      ★      ★

 

時代とともに家族の在り方が変われば、当然兄弟関係も変化します。

ティッチのように、兄弟間での劣等意識を持つ末っ子は、現在でもたくさんいるのでしょうか。

 

例えば父親が力を持ち、子どもが父親に恐怖を感じるような家庭は、今ではずいぶん減ったでしょう。

もっとも、その代わりに、別の歪みが家庭を支配しているケースが増えたように感じますが。

 

なんにせよ、「劣等感」というものは非常に厄介で、できれば子どもに植え付けたくない感情です。

下手をすると人生の長きに渡って悪影響を及ぼし続けますから。

 

でも、この絵本に描かれているように、子どもにそういう負の感情を抱かせる要因は、家庭にこそ充満しているのです。

 

あんたはまだ小さいんだから

お母さんが代わりにやってあげる

危ないから、やめなさい

そんな何気ないひとつひとつの言葉が、子どもの心に刺さってはいないでしょうか。

 

子どもの自尊心を損なわないことは、とても難しいですが、非常に重要なことだと思います。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆

兄さんたちのドヤ顔が過ぎる度:☆☆☆

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「ふゆのよるのおくりもの」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

いよいよクリスマスも間近に迫ってきました。

2016年も残りわずかですね。

 

クリスマス絵本特集第11回は、「ティモシーとサラのえほん」シリーズより、「ふゆのよるのおくりもの」(作・絵:芭蕉みどり、ポプラ社)を紹介します。

ちょっと内気で優しい男の子のティモシーと、元気でおしゃまな女の子のサラ。

ふたごのこねずみの心温まる人気シリーズです。

これは、その二作目。

 

クリスマスの準備に街へ買い物にでかける一家。

ツリーを買って、家で飾りつけをして、おかしを焼いて……。

 

そしてクリスマスイブ、おじいちゃんとおばあちゃんのうちへお泊りへ行くことになりますが、イブに家に誰もいないと、サンタさんが来てくれないかもしれないことを心配するティモシーとサラ。

そこで、ふたりはサンタさんへクッキーとミルク、それに置き手紙を用意して出発します。

おじいちゃんの家には、生まれたばかりの赤ちゃんを連れたおじさん一家も遊びに来て、とてもにぎやか。

でも、やっぱりサンタさんのことが気になるサラたち。

 

そして次の日、家に帰ってみると……というおはなし。

可愛らしい絵で、西洋テイストの街並みや暮らしぶりが描かれています。

家族みんなでクリスマスの準備をしたり、親戚一同が集まったり、町じゅうがライトアップされたり……。

 

海外のドラマなどを見ても感じることですが、キリスト教圏でない私たちには、クリスマスを神聖で特別な日として心から祝う気持ちは、正直なところ薄いと思います。

かつてに比べれば、日本人の西洋文化への憧れも薄れてきたようですし、最近ではハロウィン人気に押されて、クリスマスはそこまで盛り上がらなくなっているようです(これからはハロウィン絵本が定番化するでしょうね)。

 

それでも、この絵本のような光景を見れば、「幸せなクリスマス気分」が、やっぱり今も変わらずに呼び起こされるものです。

それはきっと、クリスマスそのものよりも、そこにある普遍的な幸せ―――家族全員で何かをすること、新しい命を祝うこと、子どもたちの期待と笑顔―――に寄せる情感なのでしょう。

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「パオちゃんのクリスマス」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

クリスマス絵本特集第10回は、「パオちゃんのクリスマス」(作・絵:なかがわみちこ、PHP出版)です。

1982年に第一作「パオちゃんのぼうし」で始まった、ぞうの「パオちゃん」シリーズは、1〜2年に一冊くらいのペースで刊行を続ける人気作品です(最近は少しペースが落ちているようですが)。

 

パオちゃんとおなじみの友達五人組の、平和な日常を描いた絵本です。

ぐりとぐら」や「こぐまちゃん」のようなシリーズとの違いは、友達が一人ではなく、「五人組」である点でしょう。

 

つまり、「自分自身のコピー」としての友達から、さらに進んで、ひとりひとりの違いを受け入れた上での「仲良しグループ」を形成できるようになる年齢の子どもを描いているわけです。

 

≫絵本の紹介「ぐりとぐら」

≫絵本の紹介「こぐまちゃんおはよう」

 

幼い子どもはエゴの塊で、そしてそれでいいと思います。

幼稚園での交友や、絵本を通して、自然な形で、大勢でいることの楽しさ、ひとりひとり違うことの面白さなどを、少しづつ知っていければ良いですね。

 

今日はパオちゃんの家でクリスマスパーティー。

友達と飾りつけ、お母さんはケーキの用意。

それから外で雪だるま作り。

それぞれが個性を発揮しての作品を作ります。

いい匂いにつられて家に戻ると、ケーキが完成。

さらに、お父さんサンタも登場して、みんなにプレゼントを配ります。

にぎやかで楽しくて幸せなクリスマスパーティー。

子どもたちも感情移入しやすい内容です。

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「サンタおじさんのいねむり」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

クリスマス絵本特集第7回は、「サンタおじさんのいねむり」(原作:ルイーズ・ファチオ、文:まえだ みえこ、絵:かきもと こうぞう、偕成社)を紹介します。

この絵本、もともとは1950年にルイーズ・ファチオさんが「クリスマスの森」という原題で発表した作品です。

挿絵は夫のロジャー・デュボアザンさんが担当しました(この二人の作品としては、「ごきげんならいおん」が有名ですね)。

 

その原作に、新たに柿本幸造さんが挿絵を描き、「サンタおじさんのいねむり」として1969年に初めて日本で出版されたのです。

最近になって、福音館書店がデュボアザンさんのオリジナル絵で「クリスマスの森」を出版していますが、それだけ長い時を超えて支持されている名作ともいえるでしょう。

 

クリスマスイブに、子どもたちへプレゼントを届けに出発しようとするサンタさんに、奥さんがサンドイッチと温かなコーヒーを手渡します。

しかし、

まちに つくまで たべては だめですよ。あなたは おなかが いっぱいに なると、ねむくなって しまうんですからね

と、奥さんは釘を刺します。

子ども扱いされるサンタさん。

でも、

ああ わかったよ

と、素直に頷くサンタさん。

 

サンタさんの奥さんが登場するのも珍しいですが、このあたりのやり取りは普通にそこらへんの夫婦っぽくて、実に庶民的です。

 

しかし、結局サンタさんは町に着く前にコーヒーを飲み、サンドイッチを平らげてしまいます。

そしてやっぱり、居眠り。

そこへ通りかかったきつねが状況を見抜きますが、

こんなに きもちよさそうに ねているのに、おこしてしまうのは かわいそうだな

と、優しい気遣いを見せ、一計を案じます。

 

森の仲間たちを集めて、サンタさんの代わりにプレゼントを配ろうというのです。

というわけで、動物たちの活躍によって、無事にプレゼントは子どもたちへ届けられます。

 

朝になって目を覚まし、慌てるサンタさんですが、雪の上を見ると、動物たちのメッセージが……。

 

わかりやすく、心温まる、善意に満ちたお話です。

「どうぞのいす」で知られる柿本さんの、あたたかみの滲む絵も、物語にぴったりと合っています。

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「しんかんくんのクリスマス」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

クリスマス絵本特集第4回目は、「しんかんくんのクリスマス」(作・絵:のぶみ、あかね書房)を紹介します。

気鋭の絵本作家・のぶみさんの「しんかんくんシリーズ」第6作にあたります。

 

男の子は鉄道が大好き。

よって、電車や新幹線の登場する絵本は数多くありますが、この「しんかんくん」のシリーズは、いわゆる「乗り物絵本」ではありません(個人の見解)。

 

子どもが新幹線に魅かれる要素の中には、複雑なメカや、パワーやスピード、見た目のかっこよさへの憧憬が多分に含まれると思います(そのあたりは大人の男性もあんまり変わりませんけど)。

けれど、このしんかんくんは、ちっともかっこよくないんですね。

 

むしろ、かんたろう少年のほうがしっかり者で、しんかんくんは子どもっぽく、感情的で、利己的で、あまり考えずに行動し、失敗ばかりします。

そんな人間味あふれるしんかんくんが、かんたろうとの交流の中で成長するという、ある種の逆転発想の絵本なのです。

もうすぐクリスマス。

しんかんくんはサンタさんからのプレゼントを楽しみにしています。

かんたろうは なに たのむの?

と尋ねると、かんたろうは自分の欲しいものではなく、誰かの欲しがっているものをプレゼントに頼むといいます。

 

びっくりするしんかんくんに、

だって、だれかが よろこぶと、ぼくが いっちばん うれしいんだもん

と、かんたろう。

なんなんでしょう、この完成された人格の幼児は。

でも、しんかんくんは「自分もそうする」とはどうしても言えません。

だって、子どもですから。

自分が欲しいものが欲しいに決まってます。

 

しかし、かんたろうの言葉の意味を知りたくて、しんかんくんはまず、誰かを喜ばせることをやってみようと思います。

そして徹夜で作業して……

自らが巨大なクリスマスツリーになります。

 

町のみんなが大喜びする姿を見て、

うわあ、ほんとだ、うれしい。すっごい うれしいな。おいら しらなかった

と、しんかんくんは、他者の喜びを自分の喜びとする気持ちに気づきます。

 

そして、クリスマス当日には……という、ぬくもりと幸せな気持ちの溢れるラスト。

 

 

子どもは利己的なものです。

そして、それでいいと思います。

他者への愛は、自己愛から出発します。

まずは、自分を100%愛することから始まるのです。

 

子どもが自己愛を他者への愛へと成長させるには時間がかかります。

それは、大人が外部から強制するものではありません。

しんかんくんのように、自分で自分の心に気づくことが大切です。

 

大人の役目は、子どもの心の土地にいい芽が育つよう、じっくりと手間ひまをかけて、耕し、種をまき、水をやることだと思います。

子どもに絵本を読んであげることも、そうした行為のひとつでしょう。

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com