絵本の紹介「みんなでぬくぬく」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は寒い夜に子どもと身を寄せ合って読みたい一冊、「みんなでぬくぬく」を紹介します。

文:エルザ・ドヴェルノア

絵:ミシェル・ゲー

訳:末松氷海子

出版社:童話館出版

発行日:1997年11月10日

 

寒い冬の夜のおはなし。

はりねずみのトゲトゲ」は、家のストーブが壊れてしまい、寒さに震えていました。

 

そこへ、お隣の「りすのクルミワリ」が尋ねてきます。

クルミワリの家でもストーブが故障してしまい、トゲトゲに一晩泊めてもらおうと思って来たのです。

 

そりゃあ、たいへん。じつは、うちのストーブも だめになったんだ

とにかく おはいりよ。ふたりでいれば、すこしは あたたかくなるよ

ところが、ふたりが身を寄せ合って眠ろうとすると、トゲトゲの針が刺さってしまい、クルミワリは痛くて眠れません。

 

困ったふたりは、「アンゴラうさぎのフワフワさん」のところへ泊めてもらいに行きます。

しかし、フワフワさんの家にはストーブはありません。

長い毛を持つフワフワさんには、ストーブは必要ないのです。

 

そこで、フワフワさんが

わたしが、まんなかに ねればいいのよ

と言います。

ふんわりした毛に守られたフワフワさんには、トゲトゲの針も痛くありません。

 

こうして、みんなはぴったり体をくっつけて、気持ちよく眠りました。

 

★      ★      ★

 

うちの息子は、気に入った絵本があると、登場人物に自分や私を当てはめます。

自分に当てはめたキャラクターのセリフ箇所は、自分で読みます。

 

この「みんなでぬくぬく」は、息子が1歳半くらいのころに読んだと思いますが、そうした遊びを初めてしたのが、この絵本でした。

そんなこともあり、個人的に思い出深い一冊です。

 

ぼくはフワフワさん。お父さんはトゲトゲ。お母さんはクルミワリ

嬉しそうに宣言して、くっついてきます(でも、本当に寝てくれたことはありませんが)。

 

内容もいいですが、絵が素敵です。

動物たちの表情が、心情までよく伝わります。

最後のページの3人の、気持ちよさそうなこと。

 

この絵を描いたミシェルさんの、他の絵本もぜひ読んでみたいと思っているんですが、日本で出版されている作品はごく少ないようで、残念なことです。

 

文を担当しているエルザさんに関しても、どんな人なのか、どういう活動をされているのか、全然わかりません。

結構気になるんですけどねー。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆

作者の知名度:☆

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「ねずみのさかなつり」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は「7つごねずみのシリーズ」より、「ねずみのさかなつり」を紹介します。

作:山下明生

絵:いわむらかずお

出版社:ひさかたチャイルド

発行日:1986年1月

 

14ひきのシリーズ」でおなじみのいわむらさん。

彼が描く、もうひとつのねずみの大家族の物語です。

 

これは、2ごよりも 3つごよりも 5つごよりも もっと おおい、7つごの ねずみの おはなしです。

のフレーズで始まります。

このシリーズは文章を山下さんが担当しているのですが、「14ひき」と設定も雰囲気もよく似ています。

 

違いは、「7つご」たちは「ちゅうちゅうねずみの ちゅうがっこう」に通っていて、ねずみ以外の動物とも交流がある点。

完全に自然の中で暮らす「14ひき」に対して「7つご」は田舎暮らしといった風情です。

 

また、このシリーズは全4作で、それぞれの季節に合わせたエピソードが収録されています。

これは、冬のおはなし。

凍った湖へスケートをしに行った7つごたちは、いたちの親子が氷に穴を開けて、釣りをしているのを見ます。

当然、自分たちもやりたくなって両親を説得しますが、お父さんは仕事、お母さんは氷の上なんて歩けないと言います。

 

そこで7つごたちはそりを作って、お母さんを湖へ連れ出します。

氷に穴を開けたり、火をおこしたり。

7つごたちは張り切って釣り始めますが、なかなかみんなの分までは釣れません。

 

そこで、昔は釣り名人だったというお母さんが釣竿を持ちます。

すると、なんと一度に8匹も釣り上げてしまいます。

感心する7つごたち。

あつあつの さかな、おいしいね

 

★      ★      ★

 

いいですね、冬の魚釣り。

子どもを自然の中へ連れて行って、思い切り遊ばせたいと思う親は、私だけではないと思います。

が、私は大阪生まれ大阪育ち、帰る田舎もありません。

 

自分の子どものころの遊びを伝えたり、自然のことを教えたり……そんなことに憧れている私には、いわむらさんの絵本は本当に「いいなあ」と感じるのです。

テレビの大家族番組なんか見ても、全然羨ましく感じませんが(大変だろうな、と思うだけで)。

 

7つごたちのお母さんのように、子どもに「いいところ」を見せる機会は、こうした遊びの中にこそあるのでしょう。

 

ですから私は、息子がもう少し大きくなった時に備えて、いろいろな遊びをこっそり勉強したりしています。

そしてそのたびに、「子どものころ、もっともっと外で遊んでおけばよかったなあ」と思います。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

家族のチームワーク度:☆☆☆☆

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「ティッチ」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介する絵本は「ティッチ」です。

作・絵:パット・ハッチンス

訳:石井桃子

出版社:福音館書店

発行日:1975年4月25日

 

ハッチンスさんはイギリス出身で、ニューヨーク滞在中に発表した「ロージーのおさんぽ」で絵本界デビューしました。

明るい色彩と、多くを語らない文章で、子どもを引き付ける展開の作品が特徴。

 

この「ティッチ」は、兄弟のおはなしです。

ティッチは小さな末っ子。

兄さんと姉さんはいろいろと大きくていいものを持っていますが、ティッチが持っているのは小さなものばかり。

 

おもちゃも、自転車も、楽器も……。

 

そのたびにティッチの不満そうな顔と、兄さんたちの得意げな顔が描かれます。

セリフはありませんが、心情は十分に伝わってきます。

最後に、兄さんが大きなショベルで、姉さんの大きな植木鉢に土を入れ、ティッチが小さな種を植えると……。

その種は芽を出し、ぐんぐん大きく育ちます。

小さな種と、成長途上にある小さな末っ子を重ね合わせたラストシーンです。

 

★      ★      ★

 

時代とともに家族の在り方が変われば、当然兄弟関係も変化します。

ティッチのように、兄弟間での劣等意識を持つ末っ子は、現在でもたくさんいるのでしょうか。

 

例えば父親が力を持ち、子どもが父親に恐怖を感じるような家庭は、今ではずいぶん減ったでしょう。

もっとも、その代わりに、別の歪みが家庭を支配しているケースが増えたように感じますが。

 

なんにせよ、「劣等感」というものは非常に厄介で、できれば子どもに植え付けたくない感情です。

下手をすると人生の長きに渡って悪影響を及ぼし続けますから。

 

でも、この絵本に描かれているように、子どもにそういう負の感情を抱かせる要因は、家庭にこそ充満しているのです。

 

あんたはまだ小さいんだから

お母さんが代わりにやってあげる

危ないから、やめなさい

そんな何気ないひとつひとつの言葉が、子どもの心に刺さってはいないでしょうか。

 

子どもの自尊心を損なわないことは、とても難しいですが、非常に重要なことだと思います。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆

兄さんたちのドヤ顔が過ぎる度:☆☆☆

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「ふゆのよるのおくりもの」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

いよいよクリスマスも間近に迫ってきました。

2016年も残りわずかですね。

 

クリスマス絵本特集第11回は、「ティモシーとサラのえほん」シリーズより、「ふゆのよるのおくりもの」(作・絵:芭蕉みどり、ポプラ社)を紹介します。

ちょっと内気で優しい男の子のティモシーと、元気でおしゃまな女の子のサラ。

ふたごのこねずみの心温まる人気シリーズです。

これは、その二作目。

 

クリスマスの準備に街へ買い物にでかける一家。

ツリーを買って、家で飾りつけをして、おかしを焼いて……。

 

そしてクリスマスイブ、おじいちゃんとおばあちゃんのうちへお泊りへ行くことになりますが、イブに家に誰もいないと、サンタさんが来てくれないかもしれないことを心配するティモシーとサラ。

そこで、ふたりはサンタさんへクッキーとミルク、それに置き手紙を用意して出発します。

おじいちゃんの家には、生まれたばかりの赤ちゃんを連れたおじさん一家も遊びに来て、とてもにぎやか。

でも、やっぱりサンタさんのことが気になるサラたち。

 

そして次の日、家に帰ってみると……というおはなし。

可愛らしい絵で、西洋テイストの街並みや暮らしぶりが描かれています。

家族みんなでクリスマスの準備をしたり、親戚一同が集まったり、町じゅうがライトアップされたり……。

 

海外のドラマなどを見ても感じることですが、キリスト教圏でない私たちには、クリスマスを神聖で特別な日として心から祝う気持ちは、正直なところ薄いと思います。

かつてに比べれば、日本人の西洋文化への憧れも薄れてきたようですし、最近ではハロウィン人気に押されて、クリスマスはそこまで盛り上がらなくなっているようです(これからはハロウィン絵本が定番化するでしょうね)。

 

それでも、この絵本のような光景を見れば、「幸せなクリスマス気分」が、やっぱり今も変わらずに呼び起こされるものです。

それはきっと、クリスマスそのものよりも、そこにある普遍的な幸せ―――家族全員で何かをすること、新しい命を祝うこと、子どもたちの期待と笑顔―――に寄せる情感なのでしょう。

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「パオちゃんのクリスマス」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

クリスマス絵本特集第10回は、「パオちゃんのクリスマス」(作・絵:なかがわみちこ、PHP出版)です。

1982年に第一作「パオちゃんのぼうし」で始まった、ぞうの「パオちゃん」シリーズは、1〜2年に一冊くらいのペースで刊行を続ける人気作品です(最近は少しペースが落ちているようですが)。

 

パオちゃんとおなじみの友達五人組の、平和な日常を描いた絵本です。

ぐりとぐら」や「こぐまちゃん」のようなシリーズとの違いは、友達が一人ではなく、「五人組」である点でしょう。

 

つまり、「自分自身のコピー」としての友達から、さらに進んで、ひとりひとりの違いを受け入れた上での「仲良しグループ」を形成できるようになる年齢の子どもを描いているわけです。

 

≫絵本の紹介「ぐりとぐら」

≫絵本の紹介「こぐまちゃんおはよう」

 

幼い子どもはエゴの塊で、そしてそれでいいと思います。

幼稚園での交友や、絵本を通して、自然な形で、大勢でいることの楽しさ、ひとりひとり違うことの面白さなどを、少しづつ知っていければ良いですね。

 

今日はパオちゃんの家でクリスマスパーティー。

友達と飾りつけ、お母さんはケーキの用意。

それから外で雪だるま作り。

それぞれが個性を発揮しての作品を作ります。

いい匂いにつられて家に戻ると、ケーキが完成。

さらに、お父さんサンタも登場して、みんなにプレゼントを配ります。

にぎやかで楽しくて幸せなクリスマスパーティー。

子どもたちも感情移入しやすい内容です。

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com