絵本の紹介「チョコレートパン」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは、シンプルだけれどもわけのわからない絵本、「チョコレートパン」です。

作・絵:長新太

出版社:福音館書店

発行日:2004年4月1日

 

ナンセンスの神様・長新太さん。

このブログで取り上げるのは「キャベツくん」以来ですね。

 

≫絵本の紹介「キャベツくん」

 

場面は、どこかの山の中。

「キャベツくん」と共通するのは、その広々とした俯瞰図。

登場人物(人は出てきませんけど)との距離が遠いことが特徴です。

 

いきなり、「これは チョコレートの いけ」という、強引極まりない説明で始まります。

そこへパンがトコトコ歩いてきて、温泉みたいにして池に浸かります。

で、「チョコレートパンの できあがり」。

 

続いて、ゾウ、自動車、その他動物たちが次々と池に入り、チョコレートまみれになって出て行きます。

さらに大勢の動物たちが池に入ろうとしたところで、池からちょっとキレ気味? な声が。

パンだけです あとはいけません いけません

 

★   ★   ★

 

長さんは本当に不思議な作家さんです。

こういう作品を描けるのは彼をおいて他にいないかもしれません。

そしてまた、こんなにも解説しづらい作品を描く作家も他に類を見ません。

まあ、絵本を解説するという行為が、そもそもヤボであることは承知の上で、ちょっとばかり長さんの世界に踏み込んで考察してみましょう。

 

ナンセンス、と片付けるのは簡単ですが、この絵本のどこがナンセンスなのかを考えてみると、それは読み手のある種の「思い込み」を次々に裏切っていく点にあります。

 

チョコレートの池に、パンが入って、おいしそうなチョコレートパンができる……というだけなら、そういう楽しい絵本は他にもたくさんあるし、別段絵本の世界においてはナンセンスとまでは言わないでしょう。

 

ところが、パンの次に池に入るのは、ゾウなのです。

じゃあ、次は他の動物なのか……と思ってページをめくると、「ブーブー ブーブー」とだけ文で書かれて、自動車が浸かっています(ブタじゃないんですね)。

なんだ、何でもアリなんだな、と思って読み進むと、突然池から「パン以外禁止」という「ルール提示」がなされ、ここでもまた読者は予想を裏切られることになります。

 

なんだか馬鹿にされてるような、人を食ったような作品、というイメージを持つ大人もいるでしょう。

しかし、忘れてはならないのは、この絵本のそもそもの始まりにおいて、すでに私たちは大きな「裏切り」の中に巻き込まれているという事実です。

 

山の中の茶色い水たまりは、説明なしに見れば、普通は「泥の池」にしか思えません。

それを、「これは チョコレートの いけ」という、唐突で断定的な「設定」を最初にぶち込まれることによって、私たちは、

「ふむ、これはチョコレートの池なんだな」

と、無条件に受け入れてしまっているのです。

 

こういう状況は何かに似ています。

それは子どもたちの「遊び」です。

 

泥まんじゅうに代表されるように、子どもたちはいとも容易く「本当は違うもの」を、「本物」と見立てて遊びます。

そこに、無邪気さや純真さだけを見るのは、少々子どもを侮っています。

彼らは真剣に、想像力を目いっぱい駆使して、その「設定」を受け入れ、維持しているのです。

 

子ども時代の遊びを思い出してください。

誰かがただの泥水を「これは チョコレートの 池」と力強く宣言することによって、周りの子どもたちはその「設定」を共有します。

もしそこに他のグループの子どもたちが「ゾウ」とか「自動車」とかを持ち込んできては、彼らの共有する想像世界が壊されてしまいます。

だから、そんな闖入者に対して、子どもたちは真剣に怒り、追い出そうとするのです。

「パンだけです あとはいけません」と。

 

最後のページの、正直ただの泥の塊にも見える物体を、「チョコレートパンの いいにおい」という宣言は、闖入者を追い出し、自分たちの想像世界を守った子どもたちの、改めてのルールの確認作業のように思えます。

 

ただ、これはあくまでこの絵本の一面的な見方に過ぎません(私見ですし)。

この絵本も含め、長さんがいわゆる「ナンセンス」と評される作品を描き続けた原動力はどこにあるのか、彼は何を表現し、伝えたかったのか―――

 

それはまた、次の機会にでも考えてみたいと思います。

 

推奨年齢:2歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

意外と哲学的度:☆☆☆☆

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「リサとガスパールのクリスマス」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

クリスマス絵本特集第二回ということで、「リサとガスパールのクリスマス」(文:アン・グットマン、絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン、訳:石津ちひろ、ブロンズ新社)を紹介します。

「リサとガスパール」シリーズからの作品です(人気シリーズには必ずと言っていいほど『クリスマスもの』の回がありますね)。

絵本はもちろん、アニメやグッズも好調で、ついにはリサとガスパールタウンなんてものまで出来てしまった、現在最も勢いのあるシリーズ絵本のひとつです。

 

作者のアンさんとゲオルグさんは夫婦です。

二人の共作絵本としては「ペネロペ」シリーズも人気ですね。

 

白いほうがリサ(女の子)、黒いほうがガスパール(男の子)ですが、絵を見ても彼らがなんなのか、よくわかりません。

まあ、犬かウサギだろうと見当をつける人がほとんどでしょう。

でも、実際には「犬でもウサギでもない、架空の生き物」。

なんだそれ。でも、かわいい。

 

ちなみに、二人はパリに住み、同じ学校に通っていますが、ほかの生徒や先生はみんな普通の人間です。

それでいて、人間でない二人のことを誰も変に思っていないという、藤子不二雄的設定。

 

作品ごとにリサ視点・ガスパール視点が入れ替わる形式で、この「リサとガスパールのクリスマス」では、リサ視点でストーリーが展開します。

 

大好きなバラディ先生へのクリスマスプレゼントを考えるリサ&ガスパール。

レインコートが いいんじゃない?

そこで、ガスパールの家のシャワーカーテンをひっぺがし、のりとはさみでレインコートに仕立てますが、ガスパールがレインコートを脱げなくなったり、洗濯機にかけて縮んでしまったり、おかしな失敗の連続。

このシリーズは、だいたいこんな感じで、行動力のベクトルがずれたような二人の失敗談がほとんど。

でも、少しも反省しないのがいいところ。

 

とにかくキュートでおしゃれ。

子どもだけでなく、大人にも人気のシリーズです。

最近の絵本は、読んであげる親の方がハマってしまうような、可愛くて面白いものが多いですね。

 

しかし、リサとガスパールはちゃんと現実の子どもと同様の存在として描かれていますし、素朴でぬくもりを感じる絵も、このシリーズを単なる「キャラクターもの」ではない、誠実な絵本に仕立てています。

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「あくたれラルフ」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は、いたずら盛りの男の子がいる家庭にぜひおすすめの一冊を紹介します。

あくたれラルフ」(作:ジャック・ガントス、絵:ニコール・ルーベル、訳:いしいももこ)です。

この見るからに悪そうな表情の猫がラルフです。

「あくたれ」なんて、あまり耳にすることのない単語ですが、この猫を呼ぶのに「いたずら」とか「やんちゃ」なんて可愛らしい言葉では全然ふさわしくありません。

原題は「ROTTEN RALPH」。

「ROTTEN」を辞書で引くと、「腐った、堕落した、ひどく不愉快な……」(こっちのほうがひどいですね)。

 

では、ラルフのあくたれぶりを見てみましょう。

ラルフの飼い主はセイラという女の子。

いつもラルフのあくたれの被害に遭っています。

 

人形の首をもがれ、乗っているブランコを切り落とされ、パーティーをめちゃめちゃにされ……。

 

また、セイラのお父さんやお母さんも、ラルフには散々手を焼かされています。

お父さんの大事にしているパイプでしゃぼん玉を吹かしたり、お母さんの可愛がっている鳥を追い回したり、夕食のテーブルに自転車で突っ込んだり。

 

なんというか、ここまでやりたい放題だと、ちょっとあっぱれな気もします。

でも、もちろん、当事者のセイラたちはたまったものではありません。

いつも忍耐の限界ギリギリのラインで生活しています。

 

ある日、家族そろってサーカスを見に行きますが、公共の場でもラルフのあくたれはとどまることを知りません。

とうとうぶちきれた家族は、ラルフをサーカスに置き去りにして、家に帰ってしまいます。

 

そこからラルフの受難の日々がはじまります。

サーカスでこき使われ、逃げ出した先では生ごみの中で眠り、病気になり……。

 

とうとう泣き出したラルフを、セイラが見つけ出してくれます。

セイラはずっとラルフを探し回っていたのです。

家に帰ると、お父さんは「ラルフ、おまえが いなくて さびしかったよ」と言い、ラルフは再び家族に迎え入れられます。

 

もう二度とあくたれはしまい、と思うラルフでしたが、結局……というオチ。

 

ラルフは猫ですが、ある時期の男の子そのものの存在でもあります。

衝動を抑えきれない、何度叱られても平気でいたずらをする子どもは、母親の目には理解不能の動物か怪獣のように見えるかもしれません。

 

男の子は少しくらいいたずらな方がいい、理解ある親でいたい……とは、誰しもが自分に言い聞かせるでしょうけど、たいていの場合、子どもはそんな親の限界を超えて悪さをするもの。

セイラの「ときどき あんたを かわいいと おもえなくなるわ」というセリフに、思わず共感してしまうお母さんも多いのではないでしょうか。

 

でも、その後ではやっぱり「あんたが だいすきなのよ!」と、いたずらっ子を抱きしめたくなるのも、セイラと同じかもしれませんね。

 

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「ねずみくんのチョッキ」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回も大人気シリーズ絵本を取り上げます。

30作品以上も刊行されている「ねずみくんの絵本」シリーズより、第一作「ねずみくんのチョッキ」(作:なかえよしを、絵:上野紀子、ポプラ社)です。

背景も何もない空間に、小さなねずみくん。

注意を引き付ける、うまい構図です。

 

内容の方もシンプルそのもの。

ほとんどが繰り返しの文のみでストーリーが進行し、絵だけでも十分話がわかる作りになっているため、小さな子どもへの読み聞かせにもぴったりです。

 

おかあさんが あんで くれた」赤いチョッキを着て、ちょっと得意げなねずみくん。

そこへあひるがやってきて、「いい チョッキだね ちょっと きせてよ」と頼みます。

 

あひるはチョッキを着て、「すこし きついが にあうかな?

そこへさるくんがやってきて……。

以下、同じやり取りを繰り返します。

 

王道パターンですが、この絵本の面白さを際立たせているのは、なんといっても動物たちの顔芸でしょう。

不自然な作り笑顔とポージング。

前に鏡でも置いてあるんでしょうか。

 

だんだん動物たちは大きくなり、ぞうまでが「きせてよ」と言ってきます。

いくらなんでも入らないだろうと思うのですが、このチョッキ、えらくストレッチのきいた素材で出来ているようで、無理やり着てしまいます。

結果……

変わり果てたチョッキに仰天のねずみくん。

オチのページでは、ビロンビロンに伸びきってしまったチョッキを引きずりながら意気消沈のねずみくん。

 

笑えますが、可哀そうに思う子どもたちもいるかもしれません。

(内心は嫌だけど)ちょっと友達に貸したものが、いつの間にやら回覧板みたいに回って、返ってきた時には壊れてたり、一部が無くなっていたり……。

子どもの社会では、実際にこういう事件が起こったりしますよね。

 

でも、一番おしまいのページで、ぞうくんとねずみくんが、伸びたチョッキを意外な形で利用して遊んでいる小さなコマを見て、一安心。

切り替えの早さも子どもの特権ですね。

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「ぞうくんのさんぽ」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は「ぞうくんのさんぽ」(作・絵:なかのひろたか、レタリング:なかのまさたか、福音館書店)を紹介します。

作者のお二人は兄弟です。

ひろたかさんが弟さん、まさたかさんがお兄さん。

「レタリング」って、一瞬何を担当しているのかわからないですが、文章の字体を作ってるんです。

海外の絵本なんかだと、文字も絵の一部と捉えて、作家さんが全部自分で書いてある作品が結構あります。

古典名作などを原本で読むと、それぞれの作風に合わせた字体を、苦心して作られているのがわかります。

 

日本の絵本はほとんどが活字印刷で、字体まで作る作家さんは少数派のようです。

でも、この「ぞうくんのさんぽ」では、その独特の字体と、丸みを帯びた絵柄が見事にマッチしています。

 

お話の方はいたってシンプル。

ぞうくんがさんぽにでかけると、途中でかばくん(という名の、謎の生き物)に出会います。

おや、ぞうくん。どこいくの

さんぽだよ。いっしょに いこう

せなかに のせてくれるなら いってもいいよ

いや、歩こうよ(読んでいる大人の心の声)。

 

でも、気のいいぞうくんは「いいとも、いいとも」と、あっさり承諾。

次に登場するのはわにくん。

おや、ぞうくん。かばくんのせて どこいくの

さんぽだよ。いっしょに いこう

それじゃあ ぼくも のせてよ

ぞうくんは ちからもちだね

おまえら……。

 

最後に小さなかめくんが登場。

例によって例のごとく、背中に乗ります(どうやって登ったんだろう)。

ぞうくんはそろそろ重さに耐えかねている様子。

そして行く手には池。

 

小さな子にも、この先の展開は予想できます。

絵本の王道ですよね。

 

でも、水の中でよかった。

ケガしなかったし、みんなごきげんで遊んでるし……と、子どもに安心感を与える終わり方です。

 

続編もありまして、「ぞうくんのあめふりさんぽ」「ぞうくんのおおかぜさんぽ」、そしてつい最近、10年ぶりに最新作「かめくんのさんぽ」が月刊絵本「こどものとも」から出版されました。

 

じゃあ、この「ぞうくんのさんぽ」が生まれたのっていつなの?

実は1968年。

なんと50年近く前なんです。

全然古臭く感じませんよね。

これぞアンチエイジング絵本。

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com