絵本の紹介「しずかなおはなし」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

うまい読み聞かせって、どういうものでしょう。

何千回と繰り返して、毎日のように絵本を読み聞かせていても、いまだに自分がうまいとは思えません。

 

ゆっくりと、歌うように

というのは基本です。

絵本の内容や構造、テーマに応じて、読み方は変化します。

 

それは、声優の仕事に似ているかもしれません。

いくら脚本や映像の出来がよくても、作品に命を吹き込むべき声優の演技がまずかったり、役どころを理解していなかったりしては、作品を殺してしまうことになりかねません。

 

絵本によっては、読み手は自分の存在を消し、抑制的に読む必要もあります。

そうすることで、子どもをうまく想像の世界へ導いてやるのです。

 

これは、子ども自身の性質や、普段から絵本に慣れているかどうかなども関わってくるため、なかなか難しいことですが、それだけに、成功したときは感動ものですよ。

 

今回紹介するのは、そんな絵本「しずかなおはなし」。

文:サムイル・マルシャーク

絵:ウラジミル・レーベデフ

訳:内田莉莎子

出版社:福音館書店

発行日:1963年12月20日

 

ちいさな こえで よむ おはなし。そっと そっと そっと……

という、とても印象的なフレーズで始まるお話。

自然と、読む声を小さくしてしまいます。

 

私も最初は、子どもを寝かしつける絵本かな、と思っていました。

しかし物語の内容は、意外とハラハラドキドキ。

はりねずみの家族が、夜の森を静かに散歩しています。

 

しかしそこへ、二匹の狼が、こっそり忍び寄ります。

はりねずみの両親は気づいて、体の毛を逆立て、丸くなります。

あたまを おかくし まるくおなり!

と、両親に促され、ぼうやも丸まります。

 

狼たちは、はりねずみの家族の周りをぐるぐる回りながら、唸ったり飛び跳ねたり。

ぼうやはじっと耐えます。

諦めきれない狼たちでしたが、猟師の鉄砲の音が響き、急いで逃げて行きます。

 

はりねずみの家族は無事に森の家に帰り着きました。

 

★      ★      ★

 

どこが静かなお話だ?

と首を傾げたくなる方も多いでしょう。

 

でも、これは前述したように、子どもを物語の世界へ引き込むための、いわば「仕掛け」なのです。

 

さあ、これからおはなしをするよ。静かに、静かに……

と、秘密めいた口調で、声のトーンを落とせば、子どもは周囲のあれこれから感覚を遮断させ、絵本に集中します。

これから始まるお話への期待がそうさせるのです。

 

舞台は森。

絵本において、森の中は神秘の象徴です。

森の中には、非日常の事件があります。

 

はりねずみたちの「とぷ とぷ とぷ」という足音、忍び寄る狼の恐ろしい牙、体を丸めて恐怖に耐えるぼうや……子どもはいつしか物語に入り込み、手に汗を握るようにして次の展開を待ちます。

 

そして、はりねずみたちが無事に帰り着いた後の余韻。

 

読み終えて、子どもがしばらくじっと無言でいれば、読み聞かせは成功したと言えるでしょう。

 

作者のマルシャークさんは詩人です。

この短い物語は、それ自体がひとつの詩なのです。

 

その詩に、レーベデフさんの、静謐さと迫力を兼ね備えた美しい絵が効果を添え、一冊の絵本となっています。

日本語訳は、「てぶくろ」「おおきなかぶ」でおなじみの、安定の内田莉莎子さん。

 

読み聞かせの手ほどきの書」と、私は勝手に呼んでいます。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

夜に読みたい度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「しずかなおはなし

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「ババールのしんこんりょこう」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは、人気シリーズ「ぞうのババール」の続編、「ババールのしんこんりょこう」です。

作・絵:ジャン・ド・ブリュノフ

訳:矢川澄子

出版社:評論社

発行日:1974年10月10日

 

第一作「ぞうのババール」については、以前に記事にしました。

「ババール」シリーズの誕生経緯や、テーマの考察、若くして亡くなられた作者のブリュノフさんに関することなど、色々取り上げておりますので、読んでおられない方は、先に過去記事をどうぞ。

 

≫絵本の紹介「ぞうのババール」

 

シリーズ絵本は数多いですが、たいていは1冊ごとに独立した物語になっており、どの作品から読んでも問題ないものがほとんどです。

ゆえに、シリーズの順番などは、出版年月日を確認しないとわからないものも多く、そもそも「シリーズもの」であることすら気が付かない作品すらあります。

 

そんな絵本界にあって、「ババール」シリーズは、わりと前作からの物語の流れをしっかり受け継いだ大河ロマン的内容になっており、設定なども引き継がれているために、時系列を追って読まないとわからない点もあります。

 

ぞうの国の王さまとなったババールが、妃のセレストとともに、気球に乗って新婚旅行へ……というところまでが前作「ぞうのババール」でした。

 

さあ、第二作となる「ババールのしんこんりょこう」では、前作よりはるかに波乱万丈な展開が待ち受けています。

シリーズの醍醐味とも言うべき最強のご都合主義はそのままですが、今回はババールも結構苦労します。

まず、いきなり嵐に遭遇し、ババールとセレストの気球は墜落します。

幸い怪我もなく、ふたりはとりあえず服を乾かし、食事を作ります。

 

が、この島に住む「ひとくいじんしゅたち」が、セレストの寝込みを襲います。

しかし、すぐにババールがセレストを救い出し、人食い人種たちを蹴散らします。

都会育ちなわりに、なかなか逞しいババール。

 

それから紆余曲折あり、どうにか大きな船に救助されたふたりですが、猛獣使いのフェルナンドのサーカスへ売り飛ばされてしまいます。

芸をさせられるババールとセレストの図。

この画面の左端には、真剣な表情でババールたちをスケッチしている男性がいますが、これは作者のブリュノフさんでしょうか?

 

さて、一方そのころ、ぞうの国では幼いアルチュールのいたずらに端を発し、さいの国との戦争にまでもつれ込んでしまいます。

 

そうとは知らないババールたちですが、パリの街での興行中に、やっとサーカスを抜け出し、懐かしい(優しくて大金持ちの)おばあさんのもとへ逃げ込みます。

 

おばあさんはふたりを連れてぞうの国へ。

途中でスキーを楽しんだりして、これまでの辛い出来事から逃れた幸せな時間を満喫します。

 

ところが帰ってみると、ぞうの国はさいの国に攻め込まれて荒れ果てていました。

 

みんなと再会したババールは一計を案じ、さいの軍隊を撃退。

ぞうの国に再び平和を取り戻します。

 

記念式のあと、ババールは国の再建に向けて努力することを決意し、おばあさんにも協力を願います。

 

★      ★      ★

 

これを読んではじめて、「ババール」シリーズについて回る「植民地主義を肯定するような、政治的内容」という批判に思い当ります。

たしかに、「げんじゅうみんの やばんな ひとくいじんしゅたち」という表記や、ババールたちから奪った大きな西洋式の服に頭を突っ込む彼らの滑稽な姿は、差別的表現かもしれません。

 

西洋文化を身に付けたババールが、知恵と勇気で野蛮な人食い人種やさいたちを退治する、という構図から、帝国主義を読み取る大人もいるでしょう。

 

作者も、時代や環境から自由ではなかったのかもしれませんが、それでも私は、こうしたことで大騒ぎする精神が好きではありません。

以前にも書いたことですが、子どもに影響を与えるのは、絵本の内容以上に、それを読み聞かせる大人の人格です。

 

本当に子どもに差別精神を教え込んでいるのは、大人の言動なんです。

絵本の細かい内容が、子どもに「悪影響」を与えるのではと病的に心配する前に、大人は自らの行いを振り返るべきじゃないでしょうか。

 

どうも、最近の世の中の流れを見ていると、むしろこうした絵本の「差別的」と言われる側面をもっと抽出して、子どもに教え込むべきだ、と言い出す大人が出てきそうな気さえします。

 

思想なんてものは、大人が勝手にすがったり、攻撃したり、必死に守ったりしていればいい。

本当は子どもにはそんなもの、屁でもないんです。

面白いか、面白くないか。

子どもの価値判断は本来決して間違うことはなく、その基準に沿って生きていければ、幸せになれるはずなんです。

大人が余計な横やりさえ入れなければ。

 

そして、やはり私は、「ぞうのババール」で考察した、ブリュノフさんの作品に込めたメッセージを、この「ババールのしんこんりょこう」からも感じられるのです。

それはすなわち、

この世界には突然の、避けようもない不幸が存在する。

しかしそれでもなお、世界は楽しく、素晴らしく、幸せに満ちている

という子どもたちへのエールです。

 

楽しいはずの新婚旅行が、トラブル続きで散々な目に遭っても、途中から良い方向へ歯車が回り出し、最終的にはすべてが解決し、大団円となる。

今回もご都合主義で片付いたように見えますが、よく読み込めば、この「幸せへ向かう歯車」には、ひとつの法則というか、条件が存在します。

 

それは不幸の中にあっても、「落ち着いた対応」と「感情の均衡」を保つということです。

ですから、セレストが打ちひしがれているときにはババールがなぐさめ、ババールが我慢できずに怒りを爆発させたときには(ババールが「怒りを爆発させる」というのは、本当に珍しいことなのです!)セレストがなだめます。

 

人生の不幸に吞み込まれないためには、それが最上の態度であることを、作者は子どもたちに伝えようとしているのです。

 

絵本を読み聞かせる大人が、こうしたメッセージやテーマをしっかり汲み取っていれば、それはちゃんと子どもに伝わります。

表面的な表現が子どもに与える影響ばかりを気にする大人は、実のところは絵本というものを軽く見ているのではないでしょうか。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

くじらの記憶力度:☆

 

■今回紹介した絵本の購入は商品詳細ページからどうぞ→「ババールのしんこんりょこう」「ぞうのババール

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

絵本の紹介「どろんこハリー」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

子どものころにやった、どろんこ遊び。

ぐちゃぐちゃに汚れることが、どうしてあんなに楽しかったんでしょう。

 

土に触れることは精神の安定にもいいそうです。

息子にもさせてやりたい……と思っているのですが、なかなか実行に移せません。

 

どうしても後始末やらなにやらを考えてしまうんですね。

こっちの服だってめちゃめちゃになるだろうし、目や口に泥が入ったらすぐに洗ってやらないといけないし、今は外は寒いし……。

 

そんな風にぐずぐず考える私にとって、憧れのヒーローと言ってもいいのが、今回紹介する「どろんこハリー」です。

文:ジーン・ジオン

絵:マーガレット・ブロイ・グレアム

訳:渡辺茂男

出版社:福音館書店

発行日:1964年3月15日

 

ロングセラーの名作です。

三色刷で、色彩豊かというわけではないのですが、それを補って余りある絵柄の可愛さ。

 

ハリーは「くろいぶちのある しろいいぬ」。

なんでも好きだけど、お風呂に入ることだけは大嫌い。

ある日、お風呂にお湯を入れる音が聞こえてくると、ブラシをくわえて逃げ出して、裏庭に埋めてしまいます。

 

ここまでの文章は、扉から続く絵によっても説明されており、絵本としては理想的な絵と文の一体感が実現されています。

さて、家を抜け出したハリーは、思う存分外遊びをします。

工事現場で泥だらけになり、鉄道線路ですすだらけになり、友達と駆け回り、石炭トラックを滑り台にして、真っ黒に汚れます。

 

どうです、この痛快さ。

絵本を読む子どもたちも(そして大人も)、自然と笑顔になって、このやりたい放題っぷりを楽しんでしまうでしょう。

絵本の中に登場する人々も、みんなハリーに注目し、少しばかり呆れながらも、笑っています。

白黒反転して、「しろいぶちのある くろいいぬ」になってしまうほど汚れたハリーは、くたびれて、お腹も空いてくると、家族のことを思い出して、寄り道もせずに家に帰ります。

 

しかし、あまりにも汚れたハリーを、家族はハリーだと気づきません。

困ったハリーは、埋めてあったブラシを掘り起こし、自分からお風呂に飛び込みます。

子どもたちに体を洗ってもらって、うちのひとたちもこれがハリーであることに気が付きます。

 

きれいになったハリーは、ご飯を食べ、自分の家の気持ちよさに浸りながら、布団でぐっすり眠ります。

でも、ブラシは、ちゃっかりと布団の下に隠していましたが。

 

★      ★      ★

 

うちの息子は、冒頭の、ブラシを

うらにわに うめました

のシーンを読むだけで大喜びします。

 

お風呂が嫌で外へ逃げ出し、気が済むまで遊び、お腹が減ったら一目散に家に帰る。

なんという率直さでしょう。

ハリーの行動には、一片の曇りも、自分の心に対する嘘もありません。

 

ハリーの人気の秘密は、この「精神の健康さ」にあると思います。

 

そして、この心的健全さは、すべての子どもが生まれながらに持っているはずのものです。

 

くどくどと「理」を説く大人に対して、子どもはたったひとこと、

いやなものはいや!

でバッサリ切り捨ててしまいます。

 

でも、これは子どもにとって嘘偽りのない「真実」なのです。

 

自分の心を偽り、捻じ曲げることに慣れてしまった大人は、自分の心の声を無視して生きることを何とも思わなくなっています。

けれども、心に沿わない生き方を続けていくと、いずれどこかで破綻をきたします。

世の中に瀰漫する「心の病」とは、突き詰めれば「心と行動が分裂すること」によって罹患する症状です。

 

どうも、幼い子どもに対する大人の態度を見ていると、将来的な「心の病」予備軍を作り出しているように思えてしまうことがあります。

「逆らう」子どもに腹を立て、力で言うことを聞かせようとすること。

それを「暴力」と呼ぶのではないでしょうか。

 

大人が自分の心に沿う生き方をしようと思えば、様々な事情や障害に阻まれて、なかなか簡単ではありません。

それでも、少しでも自分への嘘を減らして生きている人には、自然と子どもへの理解や余裕が生まれます。

人間の本当の「強さ」とは、そうしたところに現れるのではないでしょうか。

 

子どもと一緒に、平気で泥の中に足を突っ込める大人って、かっこいいと思うんです。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆

ハリーの家族の鈍さ度:☆☆☆☆☆

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「ボルカ はねなしガチョウのぼうけん」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回はイギリスを代表する絵本作家、ジョン・バーニンガムさんの27歳の時のデビュー作を紹介します。

ボルカ はねなしガチョウのぼうけん」です。

作・絵:ジョン・バーニンガム

訳:木島始

出版社:ほるぷ出版

発行日:1993年12月1日

 

バーニンガムさんは、個人的に大好きな作家さんです。

作品はもちろんのことですが、そのパーソナリティに興味が尽きないのです。

 

私の育児観、子ども観は、A.S.ニイルやR.シュタイナーに大きく影響を受けています。

彼らはともに、その思想に基いた学校を創設しており、それは現代まで残っています。

 

実は、バーニンガムさんは、その二校ともに入学し(彼は9つもの学校を転々としました)、子ども時代を過ごした経験を持っているのです。

 

これは学校の紹介記事ではないので詳細は省きますが、ニイルやシュタイナーの思想に共通点があるとすれば、子どもに対して性善説で接するということだと思います。

幼い子どもをムチで叩き、大人の鋳型に矯正しようという「教育」を行う学校が一般的だった時代において、子どもを信じ、理解し、認めようという彼らの学校は、非常に進歩的であったと言えるでしょう。

 

私は、最初からバーニンガムさんの絵本には惹きつけられていたのですが、こうした事情を知って、その理由の一端が明らかになったように感じています。

ガンピーさんのふなあそび」に代表される、彼の作品に流れている子どもに対する眼差しには、確かに信頼と理解と承認を見て取ることができるのです。

 

≫クシュラの奇跡

 

さて、「ボルカ」の内容に入りましょう。

ガチョウの夫婦の間に生まれたボルカ(♀)には、生まれつき羽がありませんでした。

母親は心配して、毛糸で羽を編んでやります。

 

ボルカは喜びますが、他の仲間たちには笑われます。

誰も相手になってくれず、ひとりぼっちで、泳ぎも飛び方の練習も一緒にできないでいるうちに、寒い冬が来て、ガチョウたちはみんなで暖かい土地へ飛び去って行きます。

ですが、飛び方を知らないボルカは置いてきぼりになります。

両親でさえ、ボルカがいないことに気付いてくれませんでした。

 

雨を避けるために入り込んだ船で、ボルカは犬のファウラーに出会い、船倉で寝かせてもらいます。

やがて朝が来て、船長たちが船に戻り、船はロンドンへ出航してしまいます。

ファウラーは船倉で寝ているボルカのことを思い出し、船長に相談します。

船長たちは気のいい人で、すぐにボルカと仲良くなります。

 

やがて船がロンドンに着くと、船長はボルカをキュー植物園へ放します。

そこにはたくさんのガチョウや鳥が暮らしており、誰もボルカの毛あみの羽を笑ったりしませんでした。

 

ボルカは今でも、キュー植物園でしあわせにくらしています。

 

★      ★      ★

 

バーニンガムさんの作品はどれも、限りない優しさに満ちています。

けれどそれは少しもベタついてない、とても素っ気ないものです。

 

それは子どもに対する「無条件の承認」からくる優しさなのです。

 

大人が「愛」だと思っているものには、たいてい交換条件や見返りを期待する心が入っています。

言うことを聞いてくれたら

テストでいい点を取ったら

頑張って勉強したら

 

こんなセリフをそこかしこで耳にします。

しかしこれは愛でしょうか。

 

愛には色んな形があるかもしれないけれど、子どもたちが求めているのは「承認」という形の愛だと思います。

 

居場所がないことに苦しむ子どもに、偽物の愛でつけ込もうとする大人たちが大勢います。

けれども、そうした子どもたちが必要としているのは、ただ、「そのままの自分」を認めてくれること―――それだけなのです。

 

ボルカは「みにくいアヒルの子」のように、美しい白鳥にはなりません。

でも、彼女の「そのまま」を、船長やキュー植物園の仲間たちは当たり前のように認め、受け入れてくれます。

 

ボルカがキュー植物園で泳ぎを練習し始めたように、頑張ったり、変わろうとするのは、無条件の承認があった「後」なのです。

大人は、この順序を取り違えてはなりません。

 

頑張る必要も、無理に変わろうとする必要もないんだよ。

世界は広いんだから、必ずどこかに君の居場所があるよ。

 

子どもたちが無意識の底で渇望しているその言葉を、バーニンガムさんは語っているように思います。

素っ気なく、優しく。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

犬の名前の意味が実は怖い度:☆☆☆☆

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「おさるのジョージ チョコレートこうじょうへいく」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今日はバレンタインデーということで、やっぱりチョコレートの出てくる絵本を紹介しようと思います。

アニメも大人気のロングセラー・シリーズより、「おさるのジョージ チョコレートこうじょうへいく」です。

原作:M&H.A.レイ

訳:福本友美子

出版社:岩波書店

発行日:1999年10月25日

 

好奇心いっぱいで、知りたがりやのおさるの「ジョージ」の引き起こす事件の数々を、優しさとユーモアたっぷりに描いた傑作シリーズ。

このブログで取り上げるのは初めてですね。

 

有名な作品ですが、刊行されている絵本の全体を把握しようと思うと、少々ややこしいところがあります。

本文に入る前に、せっかくなのでちょっと整理します。

 

まず、そもそもこのシリーズは新旧に分かれています。

ハンス・アウグスト・レイとマーガレット・レイ夫妻による、邦題「ひとまねこざる」シリーズと、ハンスさんの死後、ヴァイパー・インタラクティヴが制作した(挿し絵はヴァイパーやマーサ・ウェストンが担当)した「おさるのジョージ」シリーズです。

 

元祖「ひとまねこざる」シリーズは全6冊。

ところが、日本で刊行されているものは、原著の発行順と違っているんですね。

 

だから、本当に一番最初から「ジョージ」を読もうと思ったら、「ひとまねこざる」ではなく、「ひとまねこざるときいろいぼうし」から読まないと話が繋がらないんです。

 

まあ、そこまで順序にこだわる必要もありませんが……。

 

というわけで、この「おさるのジョージ チョコレートこうじょうへいく」は、後期のシリーズであり、レイ夫妻の作品ではありません。

しかし、絵柄もキャラクターも、そして「ジョージ」の芯となる部分(後述します)も、わりと忠実に再現していると思います。

仲良しの「きいろいぼうしのおじさん」に連れられてチョコレート工場へ来たおさるのジョージ。

おじさんがチョコレートの代金を払っている間に、工場の中の様子が気になり、中に入って行ってしまいます。

工場では、大きな機械からベルトコンベアに乗って大量生産されるチョコレートを、職員さんたちが流れ作業で箱詰めしています。

機械の中がどうなっているのか、ジョージは好奇心を抑えきれず、さらに近づいて覗き込みます。

 

その時、知らずに足でレバーを踏んでしまい、ベルトコンベアのスピードをMAXにしてしまいます。

作業が追い付かなくなり、慌てる職員さんたち。

そんなことはお構いなしに、大好きなバナナクリームのチョコレートを追いかけるジョージ。

そのついでに、他のチョコレートを箱詰めします。

 

その手際の良さに、工場の混乱は収まり、結局のところジョージはお咎めなしで、おまけにおみやげまで渡されます。

 

でも、ジョージはおみやげを断って、黄色い帽子のおじさんと帰ります。

実は、どさくさに紛れてチョコレートをお腹いっぱい食べてたんですね。

 

★      ★      ★

 

前述したこのシリーズの芯とは、ジョージのいたずらが咎められないことです。

ジョージは悪意はないものの、毎回好奇心から事件を起こしてしまいます。

結構な騒動になることもしばしばですが、黄色い帽子のおじさんを始め、周りの大人たちは基本的にジョージに対して寛大です。

 

「おさるのジョージ」の人気の源は、実はここにあるのかもしれません。

 

何度失敗しても、好奇心からの行動を抑えられないジョージは、まさに子どもの化身です。

子どもたちは知りたい気持ち、やってみたい気持ちを存分に発散させるジョージと自分自身を重ね合わせ、痛快さを感じます。

 

そして、どんなに騒ぎを起こしても、説教や罰を与えられることなく、最後には赦してもらえる。

子どもにとって、これは理想の世界なのです。

 

ことに、保護者である黄色い帽子のおじさんのジョージに対する理解の深さと寛容さは素晴らしいです。

『上司にしたい絵本のキャラクターランキング』(そのうちやってみようかな)でも、おそらく上位間違いなし。

責任は私が取る。好きにやってみなさい」的な。

 

エンドレスな子どものいたずらを、笑って許せる広い心が欲しい時には、黄色い帽子のおじさんを思い出しましょう。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

おじさんのファッションが最先端すぎる度:☆☆☆☆☆

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com