【絵本の紹介】「ねずみのいもほり」【275冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

天気が悪い日が多かったり、なんか暑かったり、あんまり秋を感じられない気がしますが、それでも昨日息子と公園で見た夕焼け空は秋らしい美しさでした。

今回は山下明生さん・いわむらかずおさんによる「7つごねずみ」シリーズより「ねずみのいもほり」を紹介します。

作:山下明生

絵:いわむらかずお

出版社:ひさかたチャイルド

発行日:1984年8月

 

かなり久しぶりの登場ですが、以前に冬のお話「ねずみのさかなつり」を取り上げたことがあります。

≫絵本の紹介「ねずみのさかなつり」

 

ねずみの大家族を描くいわむらさんの代表作「14ひきのシリーズ」と設定・絵ともに酷似しています。

上の記事でも触れていますが、違いは「7つご」の方は自然に近い田舎暮らしで、他の動物たちとも交流があり、学校にも通っている点です。

 

山下さんがいわむらさんの絵の良さを最大限に発揮できる設定で物語を作っているとも言えます。

素朴な田舎暮らし、自然との共生、懐かしい温かさなどが伝わってきます。

 

ねずみのさかなつり」ではお母さんが活躍しますが、今回はお父さんの出番。

いもほりたいかい」に7つごたちを連れて参加します。

いもほり用のスコップはお父さんの手製です。

7人分作るのは大変だったでしょうな。

道中、このスコップが色々な使い方で役立ちます。

ホッピングにして「ぴょんぴょんとび」、持ち手をロープに通して「ケーブルカー」。

 

この辺りも、今のモノがあふれた時代では思いつかない遊びの数々です。

本来、子どもは棒一本あればいくらでも遊べると言いますが、今はどうでしょうね。

さて、いもほり大会は見事に7つごチームの優勝。

お父さんもびっくりの大きなおいもを掘り出します。

 

お母さんにもこのおいもを見せてあげたいけど、どうやって持ち帰るかが問題。

そこでまたまたお父さんがDIY力を発揮して……。

おいものカヌーで川を下って帰ります。

スコップはオールになります。

 

★      ★      ★

 

うちの息子もいつの間にか5歳。

こういう絵本を読むと、「そうだ、そろそろ芋掘りも経験させてやらないと」と気づきます。

 

土に触れるというのは大人が考える以上に、人間にとって重要な行為だと思います。

大げさな言い方に聞こえるかもしれませんけど、地中に手を入れることは地球の内部に触れるということです。

自分が踏みしめて立っている大地の下には、生命を成り立たせている力が潜んでいるのだと感じる行為です。

 

土を掘ればそこには植物の根が張っており、驚くほどの強靭さで地上部分を支えています。

植物は太陽と、そして地球の両方から生命力を得ており、そしてその力は巡り巡って人間に辿り着きます。

 

芋掘りはそういうことを直観として理解するのに良い機会です。

これは教科書で得る知識とは全く別物ですから。

 

うちの息子も、土に触れるのは大好きです。

公園に連れて行くと、地面にべったり顔までつけて、ひたすらに砂を触り続けます。

体中に砂をこすりつけて、地面に潜る気なんじゃないかと思ってしまいます。

そういう姿を見ていると、やっぱり人間は無意識に地球の力に引き寄せられているのだという気がします。

 

でも、夢中になって砂をまき散らすので、周囲の子どもたちや親御さんたちに嫌な顔をされることもしばしばです。

この場を借りてお詫び申し上げます。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

スコップ万能度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ねずみのいもほり

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「パンぼうや」【274冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回はロシアの民話絵本を紹介します。

マーシャ・ブラウンさんによる「パンぼうや」です。

作・絵:マーシャ・ブラウン

訳:おがわきよし

出版社:童話館

発行日:2014年12月20日

 

この作品は以前は「パンはころころ」という邦題で、冨山房より刊行されていました(翻訳は八木田宜子さん)。

絶版により入手困難になっていましたが、近年童話館より新たに発行されました。

 

先にあらすじを言ってしまうと、おじいさんがおばあさんに頼んで焼いてもらった丸いパンが逃げ出すというもの。

自分を食べようとする動物たちを次々に出し抜いて逃走を続けるパンでしたが、最後は狡猾なキツネのおだてに乗せられて、まんまと食べられてしまいます。

 

ロシア民話としては定番のようで、様々な作家が再話しており、日本で刊行されている作品も多数あります(瀬田貞二さんによる「おだんごパン」など)。

一作ごとにがらりと手法を変えて、そのお話に最も適した表現を試みるマーシャ・ブラウンさんが、今回も実にいい仕事をされています。

 

文章のリズムが非常に重要なお話で、登場人物たちのセリフはミュージカル風です。

それに合わせて、キャラクターの絵はみんな踊っているような動きを見せています。

パンぼうやが転がりながら外へ逃げ出すシーンの構図もよく計算されています。

読者は右から左へ、パンの動きを目で追うことができ、それを追いかけるおじいさんのポーズもリズムがあって滑稽です。

 

話が逸れますけど、こういう構図を日本式に左から右へ製本すると、まったくスピード感が失われ、作者の意図が破壊されてしまうことには注意を払う必要があります。

うさぎやおおかみ、くまがパンぼうやを見つけて食べようとしますが、そのたびにパンぼうやは自慢の歌声で彼らを攪乱し、素早く逃げ出します。

おおかみがパンぼうやを見失うカットなどは秀逸で、読者の目さえも欺きます。

パンぼうやの俊敏さがよく伝わるシーンです。

表紙からすでにその立ち位置を明確にしているきつねが、パンぼうやの歌を褒めちぎります。

調子に乗ったパンぼうやは、きつねのリクエストに応えて鼻の先、そして舌の先に飛び乗って何度も歌を披露。

 

最後は「パクン!」で、「おはなしは これで おしまい」。

 

★      ★      ★

 

これとよく似た話はイギリスやノルウェーなどにも残っています。

食べ物が逃げ出すというのは、日本ではあまり聞かないような気がします。

 

読み聞かせは意外に難しく、いかにしてパンぼうやのあの毎回微妙に違う歌をリズミカルに楽しく歌えるかがポイントになります。

訳者さんも頑張っているんですけど、長いんですよね、歌が。

原文だと、やっぱり歌いやすいようになってるんでしょうねえ。

 

貧しい中で粉箱の底をひっかいて作ったパンに逃げられてしまう老夫婦や、自由を求めて飛び出したのに、最後は策略によって食べられてしまうパンぼうやは、どちらもちょっと気の毒でもの悲しい。

でも、終わらせ方の見事さにより、そうしたところはさほど気にはなりません。

 

あ、食べ物が逃げ出す話、日本にもあったのを思い出しました。

最後は食べられてしまうところも一緒ですが、あちらは本当にもの悲しい。

歌ですけど。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

およげたいやきくん度:☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「パンぼうや

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「エンソくんきしゃにのる」【273冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は奇才・スズキコージさんの初期の代表作「エンソくんきしゃにのる」を紹介します。

作・絵:スズキコージ

出版社:福音館書店

発行日:1990年9月15日(こどものとも傑作集)

 

スズキさんの描く絵はいつもどこの国かわからないんですが、独特のムードがあって、本当にこんな国がありそうな気がします。

一度ハマるとクセになるタッチで、「こどものとも」などで人気の画家だったスズキさんですが、この「エンソくんきしゃにのる」は彼が初めて文も自分で書いた作品です(たぶん。間違ってたらごめんなさい)。

 

あの絵を描く人がいったいどんな物語を作るのか、興味をそそられる人も多かったのではと思いますが、期待を裏切らない摩訶不思議ワールドを展開してくれます。

ほげたまちの ほげたえき」に、主人公の「エンソくん」が登場。

これから一人で汽車に乗っておじいさんのところへ遊びに行くのです。

主人公が汽車で旅をするというのは乗り物絵本の定番というか、王道ど真ん中なストーリーではあるんですが、そこはスズキさん。

登場人物は駅員も乗客も、実にエキセントリックです。

 

そして途中で通る町や駅の情景は強烈なまでにオリジナリティに溢れています。

高原の駅では、羊飼いの男が羊の大群と共に乗り込んできて、車内は羊で埋め尽くされます。

そこにまた個性のある駅弁売りがやってきて、エンソくんはお弁当を買います。

中身は「ひつじのかたちの コロッケ」と「ゆでた とうもろこしが ぎっしり」。

さらに羊飼いが羊の弁当の草を堂々と床に撒き、羊たちはいっせいに食べ始めます。

もう何だか凄いことになってます。

 

そして終点では、これまた普通でない感じのおじいさんが、ヤギ(たぶん)に乗って迎えに来ます。

 

★      ★      ★

 

エンソ」という名前は元素から。

それに「くん」をつけて「遠足」とかけているそうです。

 

スズキさんの言語感覚というのは本当にユニークで、「ほげた」とか、途中の駅の「ほんと」終点の「ほいざ」とか、ネーミングセンスが攻めてます。

 

自由過ぎる作風は今も昔も変わりませんが、それでもやっぱり、最近のスズキ作品と読み比べてみると、初期の頃の初々しさのようなものも感じます。

それは代替不可能な感性を持った作者が「絵本」を描く時、どうやっても既存の枠からはみ出してしまうことに対して、「ほんとにこれでいいのかな?」と少々不安を抱きつつ、結局「でも、どうしてもこうなっちゃうな」と筆を進めていく過程を表しているような気がします。

 

それが、エンソくんの「はじめて ひとりで きしゃに のるので きんちょうしています」という一文に重なっているような気がする……と言ったら、私の読み過ぎでしょうかね。

 

関連記事≫絵本の紹介「ガッタンゴットン」

≫絵本の紹介「ガラスめだまときんのつののヤギ」

≫絵本の紹介「サルビルサ」

≫スズキコージ絵本原画展とサイン会に行ってきました。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

車内フリーダム度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「エンソくんきしゃにのる

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com