【絵本の紹介】「へびのクリクター」【146冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは「へびのクリクター」です。

作・絵:トミー・アンゲラー

訳:中野完二

出版社:文化出版局

発行日:1974年3月20日

 

すてきな3にんぐみ」で有名なトミー・アンゲラーさんの、こちらも人気のロングセラー絵本です。

 

≫絵本の紹介「すてきな3にんぐみ」

 

以前の記事にも書きましたが、アンゲラーさんという作家は、非常に鋭いセンスの持ち主です。

「すてきな3にんぐみ」では、赤と黒、それに暗い青を実に効果的に用い、色彩的に非常に目を引く作品に仕上げましたが、この「へびのクリクター」では強烈な色を使わず、むしろ落ち着いた薄いグリーンを基調に選んでいます。

そして、テキストはやや多めです。

 

もちろん「センスの塊」アンゲラーさんのことですから、多いと言っても冗長さは皆無で、表面的な無駄の一切を省いた、洗練された文章になっています。

 

むかし、フランスの ある ちいさな まちに、ルイーズ・ボドと いう なまえの ふじんが すんでいました

ボドさんには、ブラジルで はちゅうるいを けんきゅうして いる ひとりむすこが いました

 

たったこれだけの導入部で、なんと想像を膨らませてくれる文章でしょう。

そして、絵も文と同じく、無駄なく、必要なものを語っています。

 

いかにもフランスの上品で知的な貴婦人という佇まいのボド夫人。

写真立てには夫の写真が飾ってあり、おそらく夫はすでに亡くなっていることが想像できます。

また、一人息子はブラジルで爬虫類の研究をしているわけですから、ボドさんは一人で暮らしているのでしょう。

 

この見た目も風変りな息子が、ボドさんの誕生日に、郵便でなんと蛇を贈ってきたのです。

一人で寂しい思いをしているであろう母親に、ペットをプレゼントしようという、変わってはいるけど優しい息子のようです。

 

けれど、ボドさんは何しろ貴婦人ですから、蛇を見たとたん、金切り声を上げます。

当然の反応ですね。

その後で、ボドさんは動物園へ行って、「どくへびか どうかを たしかめ」ます(まあ、普通は毒蛇を送りつけるなんてアサシンみたいな真似はしないでしょうが、何しろ変わった息子ですからね)。

 

毒蛇でないことがわかったので、ボドさんは蛇に「クリクター」という名前を付けて、ペットとして飼います。

ボドさんは子どものようにクリクターを大切に可愛がります。

クリクターのためにヤシの木を何本も買い、専用の長いセーターを編み、長いベッドを用意してくれます。

 

クリクターは大事にされて、幸せに成長します。

学校の先生であるボドさんは、クリクターを学校へ連れて行きます。

クリクターは自分の身体を使ってアルファベットや数字を覚え、子どもたちと楽しく遊び、人気者になります。

 

ある夜、ボドさんの屋敷に泥棒が侵入すると、クリクターは勇ましく戦って主人を危機から救います。

その活躍が認められ、クリクターは勲章をもらい、銅像を建てられ、町には「クリクター公園」が造られます。

 

まちじゅうから あいされ、そんけいされて、クリクターは ながく しあわせに くらしました

 

★      ★      ★

 

「すてきな3にんぐみ」では強盗、そしてこの作品では蛇。

アンゲラーさんは、自分の絵本にちょっと変わった主人公を据えます。

 

しかし、一体どんな蛇かと思って読むと、これが実にいい子なんですね。

賢いし、親切だし、勇敢だし。

 

そんなクリクターが活躍し、愛され、尊敬され、幸せになる。

これ以上ないハッピーエンドの絵本です。

 

しかし、この作品で最も重要なのはクリクターの母親役であるボドさんの存在です。

おそらく、アンゲラーさんが子どもたちに伝えたかったことは、ボドさんの「知性的な振る舞い」ではないでしょうか。

 

上品で育ちの良さそうな婦人であるボドさんは、最初こそクリクターに驚きますが、そこで偏見や差別に囚われることなく、「どくへびか どうか」を確認するという、実にもっともな行為に出ます。

で、毒さえなければ、「蛇である」ことは問題にしないんですね。

もちろん、愛する息子のプレゼントだから、ということもあるでしょうが、この偏見のなさが素晴らしい。

 

真の知性は、偏見や差別思想とは無縁なのです。

 

大事なのは中身であり、評価されるべきは知性・優しさ・勇気といった、人間的美徳なのだということを、アンゲラーさんは子どもたちへ向けて発信しています。

 

アンゲラーさんと言えば、いわゆるエロ・グロな、辛辣な風刺絵を描くことでも知られています。

しかしその対象となるのはいつでも、上流階級やマジョリティーであり、反対に社会的な弱者や子どもたちへ向ける視線は、この絵本のように、限りなく優しいものです。

 

挑発的で、反抗的で、シニカル。

そんなアンゲラーさんだからこそ、その優しさは弱々しいものではなく、「筋金入り」とでも言うべき、本物の真心を感じるのです。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

クリクターの万能度:☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「へびのクリクター

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「11ぴきのねこ」【144冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回はいよいよ、というか、

え、まだこのブログでやってなかったっけ

と意外に思うほど有名なあのシリーズを初紹介します。

 

ご存知、「11ぴきのねこ」です。

作・絵:馬場のぼる

出版社:こぐま社

発行日:1967年4月1日

 

今年で発行から50周年、シリーズ累計部数400万部以上という大人気ロングセラー絵本。

 

作者の馬場のぼるさんは漫画家出身で、手塚治虫・福井英一とともに「児童漫画界の三羽烏」と呼ばれた方。

同様に漫画家から絵本作家へ転身した長新太さんややなせたかしさんらと共に、「漫画家の絵本の会」という会を結成しています(ここに挙げた方々、よく考えたらみんなすでに亡くなられましたね……)。

 

さて、「11ぴきのねこ」を読んでみましょう。

表紙がとても印象的です。

赤い夕焼け空に、魚やタコの形をした雲が浮かび、11ぴきのねこ(とらねこたいしょうは裏表紙にいます)が、実に幸せそうな顔で空を見上げています。

11ぴきはいつもお腹を空かせています。

 

ある時、じいさんねこに「かいぶつ みたいな おおきな さかな」の存在を教えられた11ぴきは、その巨大魚が棲む湖へと向かいます。

11ぴきは筏を造り、湖に漕ぎ出します。

何日も魚を探し続け、ついに遭遇。

一斉に飛びかかるも、あえなく返り討ちに。

 

それでも諦めずにチャンスを窺ううち、島の上で眠っている巨大魚を発見。

11ぴきは、以前に巨大魚が歌っていた「ねんねこさっしゃれ」の子守唄を歌いながら近づき、不意を突いてついに巨大魚を捕獲します。

 

勝利に酔う11ぴきは、帰ってこの魚をみんなに見せるまでは、食べるのを我慢することを約束し合います。

たいりょうぶし」や「ねんねこさっしゃれ」を歌いながら、帰路につく11ぴき。

しかし、内心では巨大魚が食べたくて仕方ありません。

 

そして、夜が来て……。

ああ! のらねこたち! たべちゃった!

11ぴき みんな みんな たぬきのおなか

 

★      ★      ★

 

子どもたちに展開を予想させ、「まっくらやみ」のシーンを挟むことで盛り上げ、そして期待を裏切らないオチと、「たぬきのおなか」の可笑しさ。

特筆すべきは、これらをすべて余すことなく絵で伝えている点です。

まさに絵本ならではの表現で、絵本界に燦然と輝く見事なラストシーンと言えるでしょう。

 

11ぴきは家族でも親戚でもなく「仲間」で、縞模様のとらねこたいしょうを除いては、外見も言動も個体識別ができません。

これは「ぐりとぐら」の2ひきが見分けがつかないことと共通しますが、「11ぴきのねこ」には、シリーズ通して人間の「集団心理」も描かれています。

 

11ぴきは仲間を思いやり、力を合わせて努力もしますが、欲深いところやずるさもあり、約束やルールを破っても平気です。

それは大勢の仲間がいるからこそ生まれる「個人的責任感の希薄さ」です(そのために、続編作品ではひどい目に遭ったりします)。

 

こういう「天使ではない、生身の子ども」の化身としてのキャラクターを描くのは、当時としてはなかなか勇気のいることだったと思います。

何しろ、巨大魚は何にも悪くないのに寝込みを襲われて食べられてしまうのです。

 

馬場さんとともにこの絵本を作ったこぐま社の佐藤英和さんは、大人からの批判も覚悟していたようです。

 

けれども、馬場さんも佐藤さんも、たとえ大人がどう思おうとも、この絵本を子どもが喜んでくれると信じていたのです。

 

何故なら、子どもにとってこの絵本は、紛れもない「ハッピーエンド」だからです。

11ぴきは大人の「こうあって欲しい」願望が投影された子ども像ではなく、子どもたちが「これは自分だ」と思える「現実の子ども」です。

その11ぴきが、いつもお腹を空かせ、腹いっぱいになりたいと思っている。

そして最後に、その願いが叶うのです。

 

こんな単純な話はありません。

だからこそ、子どもはこのラストシーンに快哉を叫ぶのです。

 

しかし、大人は何故か、子どもの願望をストレートに満たすことに心理的抵抗を覚えます。

そして、条件を付けたり、待たせたり、別の形に変えたりして、「小出しに」望みを叶えてやります。

子どもの欲望は不完全燃焼のままくすぶり続け、いずれ欲求不満の歪な大人に成長します。

 

馬場さんは、常に「子どもはだませない」と言っておられたそうです。

それゆえに、子ども向けの本を作ることの難しさを熟知し、「11ぴきのねこ」シリーズは、毎回、非常な試行錯誤と苦労の末にやっとの思いで誕生した作品ばかりでした。

 

「子どもだまし」が真に愚かしいのは、「子どもしかだませないような手を使う」からではなく、そもそも「子どもをだませる」と思っているからです。

 

いつも「子ども」のありのままの姿を見つめてきた馬場さんが、日本の絵本界に与えた影響は、計り知れないほど大きなものだったと思います。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

ラストシーンの秀逸さ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「11ぴきのねこ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ロージーのおさんぽ」【141冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

絵本界の大御所・瀬田貞二さんが、「絵本の絵とは、物語る絵でなくてはならない」とおっしゃっていました。

 

広義に解釈すれば、あらゆる絵は「物語っている」と言えますが、絵本の絵は特にその性質が顕著です。

それは究極すれば、テキストが読めない幼児でも、絵を見るだけでじゅうぶんにストーリーを追っていけるような絵、と言うことができます。

 

その見本とも言える作品が、今回紹介する「ロージーのおさんぽ」でしょう。

作・絵:パット・ハッチンス

訳:渡辺茂男

出版社:偕成社

発行日:1975年8月

 

まず、表紙絵から続いて、鶏小屋から出かけるロージーと、その背後から彼女を狙うきつねが描かれた最初のページを見てみましょう。

テキストは「めんどりの ロージーが おさんぽに おでかけ」というもので、多くを語りません。

しかし、イラストはなんと雄弁なことでしょう。

 

きつねは明らかにロージーに対してよからぬ企みを抱いていることがわかるよう、鶏小屋の下に身を隠し、舌を出し、ロージーへ粘っこい視線を向けています。

ロージーがきつねの存在にまるで気づいていないことは、大きく上げた前足、眠たげな半目、どこか上の空で考え事でもしているかのようにやや上を向いたクチバシなどから伝わります。

 

すでにこの一枚から、サスペンスが始まっているのです。

 

そして予想に違わず、次のページできつねはロージーに飛びかかります。

ここでも、次の展開の伏線が、文中ではなく絵の中に示されています。

つまり、地面に落ちている熊手がそうです。

 

よく見たら、きつねは飛びかかるタイミングを少々逸しており、着地地点にはすでにロージーはいません。

子どもはそういう細部までよく見ています。

 

そして案の定、きつねの襲撃は失敗し、熊手の上に乗ってしまうばかりか、反動で持ち上がった熊手の柄に顔を打たれてしまいます。

ロージーは相変わらず、何にも気づかず、振り返りもせずにずんずん進んでいきます。

ここからの繰り返しパターンと、テキストの軽妙さが見事です。

きつねは毎回ロージーを狙ってアタックを繰り返すのですが、池に落ちたり、干し草に埋まったり、粉ひき小屋で粉まみれになったり。

 

特に、粉ひき小屋の伏線は秀逸で、小麦粉袋を吊り下げている紐が、すでにロージーの足にかかっています。

読者はこの時点できつねの運命を予想でき、ページをめくらずにはいられなくなります。

ページを追うごとに、この「仕掛け」が複雑さを増しているところも見逃せません。

最後は、きつねは手押し車に飛び乗ってしまい、走り出した手押し車が蜂の巣箱を次々に倒していき、哀れ、きつねは蜂の大群に追われて遥か遠くへ遁走。

 

ロージーは絶妙の位置取りで危機をすり抜け、「やれやれ ばんごはんに まにあった」と、無事に鶏小屋へ帰り着きます。

 

★      ★      ★

 

最初から最後まで、ロージーが一切、自分の身に迫る危機に気づかないコント的ユーモア。

そして、改めて文を読んでみると、ロージーのお散歩の様子を短く簡潔に語っているだけで、もし絵が無ければ、本当に何でもない文章になってしまいます。

 

少なくともこの絵本において、絵は、テキストを補うためのものではなく、むしろテキストより上位の存在であることがわかります。

 

それでは、この作品にテキストは不要でしょうか。

もちろん、絵のみでもストーリーは伝わります。

しかし、それだけではこの作品が持つユーモアは大きく削がれてしまうでしょう。

 

この短いテキストが、「あえて、きつねの存在を語らないこと」によって、可笑しさを一層引き出していることが重要です。

ここに、一見素っ気ない文と絵の見事な相互効果が完成します。

 

そして、多くの大人が見逃しがちな、扉絵に戻ってください。

ここでは、ロージーの散歩コースが一望できるようになっています。

すぐれた絵本作家は、扉絵カットにも無駄なものは描かないのです。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

ロージーの護身完成度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ロージーのおさんぽ

■ハッチンスさんの他作品→「ティッチ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「おじさんのかさ」【136冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今年も梅雨の季節がやってきましたね。

今回は雨の日にぴったりの絵本を紹介します。

おじさんのかさ」。

作・絵:佐野洋子

出版社:講談社

発行日:1992年5月28日

 

佐野洋子さんと言えばとにかく「100万回生きたねこ」が超がつくほど有名ですが(このブログでまだ取り上げてないのがびっくり。いずれ……)、もちろん他の作品も面白いです。

 

ヒゲにハットにコートという、正しい英国紳士風の「おじさん」。

これでステッキでも持ってれば完璧ですが、その代わりにおじさんが持っているのは傘。

くろくて ほそくて、ぴかぴかひかった つえのようでした

ところが、このおじさん、なかなかお茶目。

この立派な傘が好き過ぎて、雨の日でも絶対に差さないのです。

 

雨の中を、傘を抱いて走るおじさん。

知らない人の傘に、傘を持って入るおじさん。

 

ある日、公園のベンチで休んでいる時、雨が降ってきます。

もちろんおじさんは傘を差しません。

小さな男の子が「いっしょに いれてってよ」と頼んでも、聞こえないふり。

 

でも、そこへ傘を差した女の子が来て、男の子を入れてやります。

あめが ふったら ポンポロロン

あめが ふったら ピッチャンチャン

楽しそうに歌いながら歩いていく二人を見て、思わずおじさんは、傘を開いてしまいます。

すると、本当に雨の音がポンポロロン、と聞こえて、おじさんは嬉しくなって歩き出します。

楽しい気持ちで家に帰ったおじさんは、傘をつぼめて言います。

ぐっしょり ぬれたかさも いいもんだなあ。だいいち かさらしいじゃないか

 

★      ★      ★

 

雨って鬱陶しい。

濡れるし、ジメジメするし、予定は立てにくいし……。

 

でも、子どもにとっては、雨の日はひとつのイベントです

雨が降っている、ただそれだけでもう、非日常の世界なんですね。

傘を差したり、長靴を履いたりできるのも嬉しいみたいです。

 

そんな子どもを見ていると、ふと自分の価値観が固まってしまっていることに気づかされます。

 

このおじさんは傘マニアとでも言うのでしょうか。

いますよね、こういう人。

本来実用的であるはずの物を、大切にするあまり、使わないで飾っておいたり。

 

もちろんそれは本人の勝手ですが、やっぱりそれではその物の本当の良さは見えてこないのかもしれません。

 

物ならまだいいですが、自分の子どもに置き換えてみるとどうでしょう。

大切に、ケガさせないように、大事に育てているつもりで、その子の本来の輝きをしまい込んではいないでしょうか。

 

佐野さんの絵本には、いつも様々に読み取れるメッセージが込められています。

 

推奨年齢:5歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

おじさんのチャーミング度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「おじさんのかさ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「おしゃべりなたまごやき」【125冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

明後日5月21日は児童文学者・寺村輝夫さんの命日。

今回は氏の代表作「おしゃべりなたまごやき」を紹介しましょう。

作:寺村輝夫

絵:長新太

出版社:福音館書店

発行日:1972年12月10日

 

「王さま」シリーズ誕生となった「ぞうのたまごのたまごやき」と双璧を成す、姉妹作。

挿し絵は同じく長新太さんによるもの。

 

≫絵本の紹介「ぞうのたまごのたまごやき

 

「ぞうのたまごのたまごやき」では青を基調にした配色でしたが、今作は赤をベースに描かれています。

また、「ぞうのたまごのたまごやき」では冒頭に登場するのみだった王さまですが、今作では主役の面目躍如といった活躍を見せます。

王さまのデザインも、そのキャラクターに合わせて、よりとぼけたタッチになっています。

個人的には、内容・絵柄とも王さま「らしさ」がより鮮明なこちらのほうが好みですね。

 

毎朝のようにお城の人々の挨拶を粛々と受ける王さま。

でも返事は「あ、うん」ばかりで、退屈そう。

けれども、「ばんのおかずは、なににしましょうね」というコックさんの質問にだけは「たまごやきがいいな。めだまやきにしてくれ」とはっきり答える王さま。

 

やっと職務(?)から解放された王さまは、ひとりでお城の中を散歩。

ブロイラー飼育場のようなにわとり小屋の前に来て、ぎゅうぎゅう詰めのにわとりを哀れに思った王さまは、小屋のカギが差しっぱなしなのを見て、深い考えもなしに戸を開けてやります。

たちまちにわとりが大挙して飛び出し、大騒ぎになります。

兵隊たちが出動し、ピストルを撃ってにわとりたちを大人しくさせ、犯人捜しを開始。

 

王さまは自分に疑いが向かないよう、持っていたカギを窓から捨ててしまいます。

しかし、その様子を部屋に隠れていたにわとりに見られてしまいます。

それに気づいた王さまは、にわとりに、

だまっていろっ

 

その後、そのにわとりが産んだらしいたまごを拾った王さまは、後で食べるつもりで隠しておきます。

 

さて、兵隊たちの捜査は一向に進捗しません。

おまけに、にわとりたちがピストル音のショックでたまごを産まなくなってしまいます。

晩御飯に目玉焼き、という王さまのリクエストに応えられないことに責任を感じたコックさんは、自ら牢屋に入ってしまいます。

 

驚いた王さまは、隠しておいたたまごを取り出し、コックさんを牢屋から出してやるよう、大臣に言いつけます。

 

そして晩御飯。

王さまが目玉焼きにナイフを入れると……。

黄身の中から、王さまの声が流れ出します。

ぼくが、とりごやを、あけたのを

だれにも、いうなよ

だまっていろっ

 

にわとりは、王さまの秘密をたまごに閉じ込めておいたのです。

王さまは慌てて目玉焼きを吞み込みますが、そばにいたコックさんには全部聞かれてしまいます。

 

そこで、ふたりは顔を見合わせて……。

 

★      ★      ★

 

この作品で、「王さま」シリーズの設定はほぼ固まったと言えるでしょう。

大臣、隊長、コックさんといったおなじみの面々も登場。

王さまのキャラクターも確立されています。

 

浅慮、自分勝手、欲張り、その場しのぎの嘘、責任逃れ……。

大人から見れば性悪とも思えるこれら王さまの特徴は、しかしどこか憎めません。

 

それは王さまが子どもそのものであるからです。

寺村さんは、大人目線の都合のいい「天使のような子ども像」を排し、もっとリアルな、「ありのままの子ども」を書きます。

 

普段は「いい子」を演じている子どもでも、「王さま」を読めば、自分の心の底にある本性に気づきます。

だからこそ子どもは王さまを「自分自身だ」と感じ、深い共感を寄せるのです。

 

子どもが「自分を客観視すること」ができれば、物語が果たすべき役割の9割方は完了したと言えます。

だから、王さまは大したペナルティを受けないのです。

 

私はそこに、寺村さんの限りない子どもへの理解と優しさを見ます。

 

ちなみに、王さまの一人称はかつて「わし」でしたが(私の子どものころはそうでした)、現在刊行されているものはシリーズ通して「ぼく」に統一されています。

子どもへの共感に対する配慮からの変更でしょうけど、「わし」王さまに親しんできた身としては、むしろ王さまが少し遠くなってしまったようで寂しくもあります。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

ラッパ音の唯一無二度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「おしゃべりなたまごやき

■姉妹作→「ぞうのたまごのたまごやき

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com