【絵本の紹介】「ゆめ」【168冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回はキーツさんの「ゆめ」を紹介します。

作・絵:エズラ・ジャック・キーツ

訳:木島始

出版社:偕成社

発行日:1976年9月

 

「ピーター」の絵本で人気のエズラ・ジャック・キーツさん。

しかし、この絵本は同じニューヨークの下町を舞台にしていながら、おなじみのピーターが登場しません。

 

≫絵本の紹介「ピーターのくちぶえ」

 

キーツさんの絵本の中ではあまり知られておらず、現在は絶版で、希少な作品です。

けれども、「ピーター」シリーズとはまた違った技法での表現は幻想的で美しく、魅力的な仕上がりになっています。

キーツさんのファンの方には、ぜひ一度は読んでみて欲しい一冊。

 

主人公はロベルトという男の子。

彼が学校で作った「かみねずみ」を、アパートの同じ階に住むエイミーに見せます。

この独特の空の描き方はマーブリングという技法です。

 

アパートの一室一室に光と色でドラマが紡がれ、それがこの絵本のサブ・ストーリー的役割を果たしています。

それぞれの部屋の住人が眠ると灯りは消え、夢を見始めると、それが前述のマーブリングによって幻想的に表現されます。

 

しかし、ロベルトの部屋だけは色がなく、彼が寝付けずにいることがわかります。

どうしても眠れずに、ロベルトが窓の外を見ると、アパートの下にアーチ―の猫がいて、大きな犬に追い込まれています。

 

なんとか助ける方法はないかとロベルトが思案したとき、窓辺に置いてあった「かみねずみ」が下に落ちます。

アパートの外壁に映った「かみねずみ」の影は、「かみねずみ」の落下に伴って巨大に膨れ上がり、その大きさに驚いた犬は逃げて行ってしまいます。

安心したロベルトは眠りにつき、次の朝、みんなが起きた後も、まだ夢を見ていました。

 

★      ★      ★

 

タイトルは「ゆめ」ですが、ストーリーは現実の出来事を語っています。

もしかすると、かみねずみの活躍はロベルト自身の夢を表現しているのかもしれませんが、キーツさんがこの絵本でやりたかったことは、やっぱりアパートの住人それぞれの「ゆめ」を絵によって現す手法でしょう。

 

下町で暮らす人々の、それぞれの生活や想いが、色とりどりの模様に渦巻いています。

下町の暮らしの温かさのようなものが伝わってきます。

 

かみねずみ」の作り方はカバーに紹介されていて、誰でも作れる簡単なものです。

また、キーツさんはこの絵本を、日本で関わった方々に向けてささげています。

キーツさんの日本への親愛の情も感じることのできる作品です。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

マーブリングの不思議さと楽しさ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ゆめ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ぐりとぐらのかいすいよく」【165冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

8月に入って夏本番。

みんな大好き「ぐりとぐら」シリーズより、「ぐりとぐらのかいすいよく」を紹介します。

作:中川李枝子

絵:山脇百合子

出版社:福音館書店

発行日:1977年4月1日(こどものとも傑作集)

 

夏と言えば海。

海と言えば大冒険。

 

この絵本もそんな海の冒険物語……かと思いきや、例によって平和そのものなぐりぐらワールド。

不安も困難も障害も特になしの予定調和。

 

しかし、一応物語の筋としては、冒険仕立てになっているのです。

大人が読むと首を傾げたくなる展開も、絵本世界に沈潜し、ぐりとぐらに同化することのできる子どもたちにとっては、ワクワクするような大冒険を楽しめるのです。

 

でもやっぱり、大人目線の突っ込みを我慢できない……。

 

夏のビーチで遊ぶぐり&ぐら。

うさこちゃんとうみのうさこちゃんが悩殺もののトップレス水着だったのに比して、この2ひきはシマシマ柄のトップス水着を着用しております。 

 

≫絵本の紹介「うさこちゃんとうみ」

 

そこへ波に運ばれて流れ着いたのは、「とうもろこしの かわを おなかへ まいた びん」。

これは すてき、ぶどうしゅだ

と、飲酒経験をほのめかす発言をするぐり。

 

中を開けてみると、「てがみと ちずと うきぶくろ」。

海と手紙と地図。

これはもう冒険するしかありません。

 

手紙はなんと「うみぼうず」から。

そして、めっちゃアバウトな地図。

何故か現在地が表示されている不思議。

海を越えた先にある「しんじゅ・とうだい」に来てほしいとの内容。

 

海で泳ぐのは初めてらしいぐりとぐらは、浮袋に掴まって、「しんじゅ・とうだい」を目指します。

 

すると、手紙の主のうみぼうずが迎えに来ます。

なんというか、予想と全然違う。

思いっきり人間やんけ。

 

しんじゅ・とうだい」は、「そびえたつ いわに かこまれた すなはま」にありました。

しんじゅの ランプ」を磨くのがこのうみぼうずさんの仕事だそうです。

 

彼はその大切な真珠を、岩の隙間の穴に落としてしまって困っているのでした。

ぼくたちが ひろってきてあげよう

と、ぐりとぐら。

 

さあ、どんな冒険が待ち受けているか……?

と思ったら、次のページで回収終了。

 

安心のぐりぐらワールド。

 

さて、うみぼうずはお礼に、2ひきに華麗な泳ぎを披露してくれます。

いぬかき」「くらげ・およぎ」「くじら・およぎ」「バタフライ」「ひらめ・およぎ」「かえる・およぎ」最後に「イルカ・ジャンプ」。

 

自分たちも泳いでみたくなった2ひきは、うみぼうずに教えてもらって、泳ぎをマスターします。

 

★      ★      ★

 

この独創的すぎる「うみぼうず」は、作者の中川さんの通うスイミングスクールのインストラクターがモデルなんだそうです。

なるほど、後半のうみぼうずは、完全に「泳ぎの先生」ですものね。

 

ぐりとぐらの泳ぎのセンスも驚異的です。

しかし、「くじら・およぎ」だけは、真似しないほうが良さそうですな。

 

関連記事≫絵本の紹介「ぐりとぐら」

≫絵本の紹介「ぐりとぐらのおきゃくさま」

≫絵本の紹介「ぐりとぐらのおおそうじ

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

うみぼうずの爽やかさ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ぐりとぐらのかいすいよく

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「おうさまババール」【162冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は久しぶりにあの人気シリーズの続きを紹介しましょう。

「ぞうのババール」シリーズの第三章、「おうさまババール」です。

作・絵:ジャン・ド・ブリュノフ

訳:矢川澄子

出版社:評論社

発行日:1974年10月20日

 

ババールを巡る壮大な大河ロマン絵本。

全2作の紹介記事も併せてお読みください。

 

≫絵本の紹介「ぞうのババール」

≫絵本の紹介「ババールのしんこんりょこう」

 

これまでのあらすじは……。

ジャングルで幸せに暮らしていたぞうのババールは、ある日猟師に母親を殺され、パリの街へと逃亡します。

そこでおばあさんという最高の理解者兼スポンサーを得て、ババールは文化的生活を送ります。

やがてジャングルに戻ったババールはぞうの国の王さまとなり、妃のセレストとともに新婚旅行に出発します(「ぞうのババール」)。

 

新婚旅行ではトラブル続きで、サーカスに売り飛ばされてしまうババールたち。

何とか逃げ出し、懐かしいおばあさんの助けを借りて、ぞうの国へ帰還します。

しかし、故郷はさいの国との戦争で荒廃していました。

知恵によって戦争に勝利したババールは、ぞうの国の再建を誓います(「ババールのしんこんりょこう」)。

 

さて、目まぐるしかった前作に比べて、今作「おうさまババール」では、平穏でゆったりとした展開で物語は進みます。

ババールはおばあさんの協力も得て、みんなで力を合わせて新しい都「セレストビル」を建設。

学校、図書館、役所がある「しごとのやかた」と、音楽、芝居、サーカス、映画、ダンスを楽しめる「たのしみのやかた」。

 

ぞうたちはそれぞれに仕事を持ち、それぞれが誰かの役に立つことで、暮らしを立てます。

貧困も差別もない、これは作者にとっての理想社会の具現化だと思われます。

 

繁栄が続き、セレストビルは1周年を迎えます。

記念の式典も盛大に行われ、まさに幸福の絶頂というその時、突然悪夢のような展開が訪れます。

ババールにとって大切な存在であるおばあさんが、毒蛇に嚙まれてしまいます。

おばあさんの腕は腫れ上がり、危篤状態に陥ります。

 

さらに長老格のコルネリウスの家が火事に遭い、コルネリウスは病院へ搬送されます。

 

事件の連続で疲労したババールの夢枕に、「ふしあわせ」という名の老婆が、醜い仲間をぞろぞろ連れてやってきます。

悲鳴を上げるババールですが、耳を澄ますと、ぞうの天使たちが幸せをもたらすために参上し、「ふしあわせ」たちを追い払ってくれます。

 

翌朝、ババールはすっきりした気分で目を覚まします。

病院へ行くと、おばあさんとコルネリウスは元気を取り戻していたのでした。

 

★      ★      ★

 

シリーズ通して読むと、ここで改めてこの作品の強いメッセージ性に気づかされます。

一見するとどこかふざけた、ご都合主義全開のユーモア絵本のような印象を受ける「ババール」ですが、実はその中に込められたメッセージは真摯で、誠実で、切実でさえあります。

 

式典帰りの突如の不幸は、それまでのゆったりとした時間の流れを、ぞっとするような早さで断ち切ります。

それは小さなコマ割りによって表現されています。

 

ババールの夢に現れた「ふしあわせ」は、「いかり」「おそれ」「やけくそ」「まぬけ」「びょうき」「がっかり」「なまけもの」「おくびょう」「ばか」「ぐうたら」という、ありとあらゆる負の感情を引き連れてきます。

 

一方、「しあわせ」をもたらす天使たちの名は、「やさしさ」「かしこさ」「のぞみ」「しごと」「けんこう」「あい」「しんぼう」「ゆうき」「がくもん」「よろこび」「まけるものか」。

 

毎回書いていることですが、このシリーズは不治の病に侵されたブリュノフさんが、迫りくる死を前に、残された子どもたちに向けて懸命に描き続けた作品です。

彼はあくまでも「子どもたちを楽しませること」を前提に物語を語ります。

しかし、その中には確かに一本芯の通った、明確で力強いテーマが存在しています。

 

この世に存在する、避けがたい不幸や悲しみに打ち勝つために、何が必要なのか。

 

もう一度、「しあわせ」の天使たちの名を読み返してください。

ブリュノフさんが子どもたちに伝えたかったこと。

残したかったこと。

 

夭逝の天才作家は、その独特のユーモアある語り口と素晴らしい絵に乗せて、人生を幸せに生きるための法則を伝えています。

幼い読者がこの物語から受け取るものは、その後のどんな教訓よりも、魂の深い部分に根付き、強靭な礎になるでしょう。

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「おうさまババール

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ねぎぼうずのあさたろう その1」【156冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

私は子どものころ、よく祖父母の家で過ごしました。

祖父とはほとんど会話もなかったけれど、毎日決まってテレビの時代劇を見ている人でした。

 

でも、私は全然興味がなく、話の内容もちんぷんかんぷんで、登場人物の会話も少しも頭に入ってこないし、

毎回なんかゴニョゴニョやってるけど、結局最後にチャンチャンバラバラやって一件落着

というお約束の、どこがおもしろいんだろう、と思っていました。

 

ところが今、子どもを持つ歳になってから、なんだか無性に時代劇とか、古臭い邦画とかを観たくなるんですね。

あの「お約束」の世界の魅力に気づいたわけです。

時代劇にしろ、任侠ものにしろ、「型」があるから心地いいんですね。

 

今回は思いっきり「型」通りの時代劇絵本というやつを紹介しましょう。

ねぎぼうずのあさたろう その1」です。

作・絵:飯野和好

出版社:福音館書店

発行日:1999年11月20日

 

一度見たら忘れられないこの画風。

作者の飯野さんは秩父の農村で育ち、幼いころの「チャンバラごっこ」を原点に、この作品を描いたそうです。

 

タイトル通り、主人公はネギ。

登場人物は野菜。

でも、内容はファンタジーではなく、「義理と人情」の時代劇です。

 

扉ページを開くと、のっけから「二代広沢虎造風浪曲節で」と注釈を入れた上で、

はるがすみ〜 むさしのくにの つちのかおり

と歌い出します。

 

飯野さん、ノリノリですな。

時代劇とか浪曲とかに疎いであろうお母さん方に妥協する気ゼロで、嬉しくなります。

あさつきむら」の、ねぎぼうずの「あさたろう」は、村の顔役である「やつがしらのごんべえ」たちの乱暴狼藉を見かねて飛び出し、必殺の「ねぎじる」攻撃でごんべえたちを懲らしめます。

 

ごんべえの報復を考えたあさたろうは、村を離れ、旅に出ます。

廻し合羽に三度笠。

江戸時代の東海道沿いの風俗が描かれ、楽しさ満載です。

 

そこの茶店で、謎の浪人者が登場。

なんかかっこいいけど、正体は「きゅうりのきゅうべえ」。

ごんべえの頼みにより、あさたろうの命を狙いに来た刺客だったのです。

 

山道での対決。

おっかさんの用意してくれたわさびと唐辛子で、あさたろうは窮地を脱し、また旅を続けるのでした。

 

★      ★      ★

 

浪曲は、落語や講談と並んで、大衆に大変な人気のあった芸道です。

この絵本はそんな「浪曲」をイメージした語り口調で作られており、読み聞かせが難しそうに思う人も多いかもしれません。

 

でも、別に難しく考えなくても、でたらめの節でもいいから「それっぽく」語ったり唸ったりすればいいと思います。

やってみると実に楽しいですよ。

子どもも必ず喜びます。

言葉の難しさなんか、気にする必要はありません。

 

まったく浪曲がイメージできない人は、一度ネット上の動画などで「二代広沢虎造」を検索してみてください。

「清水の次郎長伝」とか、ついつい聴き入ってしまいますよ。

あれを自分でやれると思うとわくわくしてしまいます。

 

この「ねぎぼうずのあさたろう」シリーズは現在10作目まで刊行されており、テレビアニメ化もされるなど、すっかり人気者です。

この絵本をきっかけに、浪曲の世界に興味を持つ人が増えることを願います。

 

能狂言とか文楽なんかも、どんどん絵本化してみてほしいですね。

難しそうだけど。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆☆

アングルの効果的度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ねぎぼうずのあさたろう その1

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「チムとゆうかんなせんちょうさん」【148冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

私が子ども時代に夢中になった冒険小説と言えば、スティーブンソンの「宝島」です。

海と冒険は切っても切り離せないもの。

 

果てしなく広い海。

潮のにおい。

荒っぽい船乗りたちの掛け声。

危険な魅力に満ち溢れた世界。

 

そこへ自分が飛び込んでいくことを想像すると、震えるほどの興奮を覚えました。

いつの時代も、男の子が冒険に憧れる気持ちは変わらないのでしょう。

 

今回は海洋冒険絵本の最高峰シリーズより、「チムとゆうかんなせんちょうさん」を紹介します。

作・絵:エドワード・アーディゾーニ

訳:瀬田貞二

出版社:福音館書店

発行日:1963年6月1日

 

作者のアーディゾーニさんは、イギリスを代表する挿絵画家。

生涯に180冊以上の作品を残しており、この「チムとゆうかんなせんちょうさん」は、35歳の時に息子のために作った物語で、以後シリーズ化し、77歳で全11冊を完結させました。

 

今なお色褪せぬアーディゾーニさんの挿絵の魅力については、一言では語りつくせません。

特徴的なのは、基本的に「引いた」アングルで描くこと。

顔のアップなどはほぼありません。

それでいて、ペン一本で描かれたモノクロカット一枚一枚には、読む者の想像力を刺激し、物語に最大限の効果を添える力が備わっています。

生粋の挿絵職人と呼ぶべきでしょう。

 

ちなみに、こぐま社の創業者・佐藤英和さんは熱狂的なアーディゾーニファンであり、コレクターであることで有名です。

 

さて、作品の内容紹介に入りましょう。

チムは船乗りに憧れる男の子。

港町に住み、浜で遊んだり、仲良しの船長さんから航海の思い出話を聞いたり。

 

そのうちに憧れはどんどん膨らみ、ある日ついに、こっそり汽船に乗り込んでしまいます。

船員に見つかったチムは、船長の前へ連れて行かれます。

 

船長は怒り、チムにただ乗り分の仕事をさせます。

辛い仕事でしたが、チムはよく働き、次第に船長や乗組員たちから認められていきます。

 

コックと仲良くなったり、船の操縦を教えてもらったり。

 

しかしある嵐の夜、船は岩にぶつかって横倒しになり、沈み始めます。

船員たちはボートで脱出しますが、チムは逃げ遅れて、船に取り残されてしまいます。

 

ブリッジに出ると、船長がたった一人で残っていました。

チムを見つけると、船長は彼の手を握り、言います。

 

やあ、ぼうず、こっちへ こい。なくんじゃない。いさましくしろよ。わしたちは、うみのもくずと きえるんじゃ。なみだなんかは やくに たたんぞ

 

その言葉に、チムは勇気を奮い起こし、泣くのをやめ、最後の時を待ちます。

その時、救命ボートが近づいてきて、二人は危ないところで助かります。

 

陸地に戻ったチムは、すっかり有名人扱い。

元気になると家に送り届けてもらい、船長さんはチムの両親に、チムの勇ましかったことを褒め、次の航海にぜひチムを連れて行きたい旨を告げます。

両親の許しを得て、チムはとても喜ぶのでした。

 

★      ★      ★

 

まさに男の子のための冒険物語。

海への憧れを叶え、逞しい船乗りたちに混じって認められ、大冒険を経て無事に帰還し、大人たちに褒められる。

文句なしに痛快で幸せなストーリーです。

 

少し長いですが、5歳くらいからでもおすすめです。

自分で読みふけるもよし、寝る前に読み聞かせてあげれば、ワクワクするような勇ましい気持ちとともに眠りにつけるでしょう。

 

また機会を見つけて、チムの冒険の続きを紹介していきたいと思います。

 

推奨年齢:5歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

ボートのおじさんの責任感度:☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「チムとゆうかんなせんちょうさん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com