【絵本の紹介】「ババールといたずらアルチュール」【366冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は久しぶりに「ババール」の続編を持ってきました。

これまで5回にわたって順に作品紹介記事を書いてきましたので、よろしければそちらも併せてご覧ください。

 

≫絵本の紹介「ぞうのババール」

≫絵本の紹介「ババールのしんこんりょこう」

≫絵本の紹介「おうさまババール」

≫絵本の紹介「ババールのこどもたち」

≫絵本の紹介「ババールとサンタクロース」

 

さて、最後に紹介した「ババールとサンタクロース」が作者ジャン・ド・ブリュノフさんの遺作となりました。

結核に侵され、病魔に蝕まれながら描き続けた「ババール」の精神は息子のロランさんへと受け継がれます。

数年後、画家の道を歩んだロランさんの手によって、再び「ババール」は命を与えられることになります。

 

それがこの「ババールといたずらアルチュール」です。

作・絵:ロラン・ド・ブリュノフ

訳:矢川澄子

出版社:評論社

発行日:1975年6月20日

 

いやあ、絵柄、色使い、画面構成、文体(矢川さんの訳文しか知りませんけど)まで、見事に完コピですね。

もちろん玄人の目には違いがあるのでしょうけど、私にはブリュノフさんのものとまるで区別がつきません(ちょっと線が太くなったかな)。

作者名に気を付けていなければ、途中で作者が入れ替わっていることに気づかない読者も多いのではないでしょうか。

 

偉大な父が描いた世界的人気絵本を手掛けることについては、想像もつかないプレッシャーがあったのだと思います。

しかしそれ以上に、幼い頃に母が語り、父が絵本にした「ババール」を蘇らせる喜びと使命感は大きかったのではないでしょうか。

 

今回はババールのいとこ「アルチュール」が主役となって活躍します。

そのことによりいっそう物語の世界は広がりを見せます。

 

夏のバカンスに、家族を連れて海辺の別荘へ出かけるババール。

モノレールと汽車が同時に止まるワクワクするような駅が描かれます。

ババールの三人の子どもたちも順調に成長している様子。

 

海辺の別荘で、子どもたちは初めての海遊びに夢中になりますが、アルチュールは一人で飛行場を見に行きます。

そこで調子に乗って飛行機に上って遊んでいるうちに、飛行機が動き出し、離陸してしまいます。

アルチュールは降りるに降りられず、下で見ていた人々は大騒ぎ。

しかし勇敢さも持ち合わせているアルチュールは、パイロットの投げ渡したパラシュートを使ってダイビング。

風に運ばれながら、カンガルーの国に着地します。

誰とでもすぐ仲良くなるアルチュールはカンガルー、らくだ、かばたちの助けを得て、様々なトラブルを乗り越え、無事に砂漠の村で自分を探しに来たババールと巡り会うことができます。

ババールは喜びの余りお小言も忘れてしまうのでした。

 

★      ★      ★

 

人生における避けようのない困難、不幸や悲しみ(例えば父の死といった)を、いかにして乗り越えるべきなのか。

ジャン・ド・ブリュノフさんが「ババール」に託したメッセージは次のようなものです。

どんな時も落ち着いた態度と、前向きな知性を持ち、時には勇気をもって戦い、礼儀を重んじ、友を信じ、家族を大切にすること。

 

それは少しも目新しい知見ではなく、むしろ古風で当たり前とも言える人生観です。

でもそれを正しく人に伝えることは意外に難しいのです。

 

何故なら、メッセージはそれを発する人間の資質や発する手段によって変化するからです。

同じ内容が時には真実となり、時には空虚になるからです。

 

ブリュノフさんはその稀有な才能によって、絵本という形で、上質なユーモアを纏わせて、そのメッセージをまっすぐに子どもたちの内部に響かせました。

それは当然のことながら、息子であるロランさんが誰よりも深く受け止めたはずです。

 

この「ババールといたずらアルチュール」を読めば、単に絵や文を真似ただけでは再現できない、シリーズにおけるある種の気高さ、「品性」をも受け継いでいることがわかります(それが「ユーモア」という資質です)。

 

そう考えれば、何故ロランさんがシリーズ再開となる最初の作品の主人公にアルチュールを据えたのかが理解できます。

いたずら者でトラブルメーカーだけど、勇敢で人から愛されるアルチュールの活躍を描くことで、ロランさんは「ババール」の魂と精神が正しく受け継がれたことを示しているのです。

メッセージは正しく伝わった」と発信しているのです。

もちろん天国にいる父に向けて、です。

 

再び「ババール」に会えた読者たちの歓びは大きく、ロランさんは以後、次々とシリーズを刊行していきます。

その数は現在約50冊に及びますが、残念ながら日本ではその一部しか翻訳されていません。

願わくはすべて日本語版で読んでみたいですが、矢川さんも亡くなられた今では、あの名訳文を再現できる翻訳者がいるかどうか、ですね。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

ゼフィールの身長意外に高い度:☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ババールといたずらアルチュール

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

入学準備とウイルス問題

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

4月から息子が小学生ということで、準備に追われる毎日です。

初めての小学校というか、初めての集団生活。

幼稚園も保育所も行ってないし、同年代の子がいる近所づきあいもないので、情報収集に難儀してます。

 

用意するものリストを眺めながら、「これって学校指定のモノじゃなくて100均でも十分だよな」と思いつつ、なんか心配になってしまったり、体操服のサイズをどの程度大きめにしておくかで悩んだり、数学セット(おもちゃでしょ、どう見ても)の超小さい名前書きに憤慨したり。

米粒に字を書く人か。

 

そんな折、世間では新型コロナウイルス感染症の脅威が懸念されています。

水際対策には失敗したみたいなので、どう考えても入学式の頃までに事態は収束しないでしょう。

大丈夫じゃないような気がするんですけど。

新型コロナは検査自体にハードルが存在するので、発症してるかどうかなかなかわからないところが怖いですよね。

つまり、現在発表されてる感染者数は実際より相当少ないと見た方が良さそうです。

 

子どもがいる家庭では特に色々と調べてらっしゃるでしょうけど、調べれば調べるほど怖い。

ウイルスそのものも怖いけど、対策の杜撰さがなお怖い。

 

でね、まだ自分の子を小学校に通わせた経験がないのにこういう話は控えようと思ってたんですけど……。

学校休ませてもいいんじゃないでしょうか。

 

だってどう考えても学校は集団感染の場でしょう。

本来なら休校になってもおかしくない状況なんですけど。

 

「休校が必要なら『お上』が判断してそうなっているはずだ。だから心配いらない」という考え方もあるでしょう。

でも昔話的・物語的に言えば、危機的状況において「決断」を他者に委ねた者はぎりぎりのところで必ず生き残れません。

 

もちろん、素人判断は危険ということも言えます。

プロの判断を仰ぐことは大切です。

しかし、情報が錯綜する中、最終的な判断を下すのは個人の自由です。

 

というか、学校や保護者に向けられた文部科学省のメッセージも、要約すれば「それぞれが適切に行動して注意してね」というだけのものです。

だったら、子どもを休ませたって問題ないでしょう。

 

もともと私は現在の学校に通わせること自体を絶対視してません。

楽しく通えればいいし、嫌なら行かなきゃいいと思ってます。

その分、親の負担は増えますけど、だってその程度の制度なんだから仕方ない。

 

もちろん、心配したほどのこともなく、被害も拡大しないかもしれない(そうなってくれれば本当に嬉しい)。

子どもを休ませた後にそうなったとしたら、「じゃ、もう大丈夫みたいだからまた学校行くか」でいいんじゃないでしょうか。

別に取り返しのつかないことをしたわけではない。

逆のパターンの方が取り返しがつかないです。

 

これは今回のことだけの話じゃなくて、みんな何か行動する時に周囲が動き出すのを待ちすぎなんです。

「最初の一人」が手を挙げるまでは、手を挙げたくても自制し、みんなが手を挙げたら挙げたくなくてもそれに追随する。

この典型的な日本人しぐさ、本当に不自由だと思います。

 

「不安を煽る」ことが犯罪のように言われますけど、私はむしろもっと気楽に楽観的に考えているのです。

深刻・沈痛な思いで学校を休ませるんじゃなく、楽観的に「じゃ、今はなるべく外出しないで、家で出来る遊びをしようか」でいいんじゃないかな、と言ってるのです。

 

今のところ様子を見ているわけですが、ことによれば息子は入学式から欠席するかもしれません。

それすらも「まあ、いいんじゃないの」と思ってます。

小学校の最初の1、2か月出遅れたところで問題ないでしょう。

どうせ集団生活経験のない息子ですから、最初っから出遅れていることに変わりないし。

 

別に息子も小学校を心待ちにしているわけでもありません。

むしろ学校生活に備えて「ご飯をこぼさずに食べて」「早く食べて」「鼻をかんで」「ちゃんと決まった時間に寝起きして」と言われ始めたのを煩わしく思ってるでしょう。

 

もちろん、最初から参加できたほうがいいとは思います。

妻は「一刻も早く学校に行って欲しい」(そして一人の時間を増やしたい)と願ってますし。

そのためにも、早くこの状況が収束に向かうことを願います。

みなさんもどうぞお気を付けください。

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「きょうはみんなでクマがりだ」【365冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

4月から小学生になる私の息子は、結局幼稚園にも保育所にも行かないまま幼児期を過ごしました。

そのことについて様々な葛藤はあったものの、私としては必要ないという判断でそうしました。

私なりに精一杯息子と遊んできたつもりですし、本を読むだけでなく、なるべく色々な分野の遊びを体験させようとはしてきました。

 

でもやっぱり、どこかに偏りがあることは否めません。

例えば息子は「遊び歌」の類をあまり知りません。

 

私が子どもの頃はたくさんの「遊び歌」をやった記憶があります。

保育所に通ってたのと、おばあちゃん子だったので。

ただ、今はもうほとんど忘れて、息子に教えてやることもできません。

よその家庭のことはわかりませんけど、今でもああいうのはみんなやってるのでしょうか。

 

今回は「遊び歌」をもとにしたイギリスのロングセラー絵本「きょうはみんなでクマがりだ」を紹介しましょう。

再話:マイケル・ローゼン

絵:ヘレン・オクセンバリー

訳:山口文生

出版社:評論社

発行日:1991年1月30日

 

というか、「遊び歌」だという認識がないと、何だかよくわからない絵本です。

「クマがり」というデンジャラスなテーマなのに、どうみてもピクニック気分の家族連れ。

小さな子を肩車したお父さん、棒切れを持って先頭を歩く男の子。

呑気で可愛らしい絵。

 

絵を担当しているヘレン・オクセンバリーさんはこのブログでも何度も登場している絵本作家、ジョン・バーニンガムさんの奥さんです。

バーニンガムさんの自伝「わたしの絵本、わたしの人生」によれば、二人が出会ったのはバーニンガムさんが中央美術工芸学校に在学中のようです。

舞台美術の勉強をしていたオクセンバリーさんですが、子どもが小さい頃、在宅でできる仕事として子どもの本に携わり始めます。

夫婦そろって世界的な絵本作家というのはなかなか凄いことだと思います。

 

さて、「クマがり」の内容ですが、リズミカルな訳文とともに、家族5人と犬が草原や川や森を抜けて行進していきます。

きょうは みんなで クマがりだ

つかまえるのは でかいやつ

こわくなんか あるもんか!

川を「チャプチャプチャプ!」湿地帯を「ペタペタペタ!」大吹雪を「ピューピューピュー」と抜けて、洞穴に到達します。

その奥へ入って行くと、ついにクマと遭遇します。

が。

 

あれほど調子こいてた一家は、本物のクマを見た途端、「わぁ クマだ!!!!」と驚愕。

ここからは一転、クマからの脱走劇が展開されます。

この時、通ってきた道を逆廻しで抜けていくことになります。

 

クマはかなりしつこく一家を追跡し、とうとう家にまで押しかけてきます。

際どいところで家族は家に逃げ込み、ドアを閉めて布団をかぶって震えます。

ぼくらは もう クマがり なんかに でかけない

 

★      ★      ★

 

遊び歌としては、「みんな」で文と同じような動作、草をかき分けたり、川を渡ったりしながら、クマに出遭ってからの急転直下の場面を、前半の逆廻しで繰り返す面白いものです。

 

それを知らなくとも面白く読める絵本でもあります。

家族の無防備さと楽観性、そして謎の行動力がシュール。

後半のヘタレっぷりは可笑しいんですけど、私などは登場人物の何を考えているのかわからない表情が不気味に見えもします。

 

元唄を知らなくとも、絵本に沿って「遊び」はやれます。

大勢いた方が楽しいですね。

 

CD付きの英語版「WE'RE GOING ON A BEAR HUNT」も出版されており、原曲を聴くこともできます。

私も持ってますけど、実は遊びはやってないんです。

やっぱりねえ、苦手なのかなあ。

 

今時の小学校では、こういうのはまだやってるのでしょうか。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

危機感度:☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「きょうはみんなでクマがりだ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com