【絵本の紹介】「くんちゃんのはじめてのがっこう」【227冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

初めて小学校へ行った日のことを覚えていますか?

私は成熟の遅い子どもで、母親に連れられて教室に足を踏み入れた時も、なんだか夢うつつだった気がします。

 

残念ながら学校生活そのものを振り返っては、あまり楽しい思い出はありません。

生涯を通して尊敬できるような先生にも巡り会えませんでしたし、さほど有意義な経験も学習も得られなかったと思います。

 

それは学校がどうこうというより、私自身の幼さに起因した問題だったような気がします。

とにかくぼーっとした子どもだったのです。

見知らぬ同級生たちに囲まれ、机に座らされても、先生の話は何一つ耳に入ってこないし、周囲のすべてが夢の中の出来事に思えて、ただただ呆然と日々を送っていました。

 

そんな呆然生徒の私でも、初めて小学校に行った時の気持ちだけは覚えているのです。

不安と緊張、そして不思議な高揚感。

これは普遍的な感情なのでしょう。

 

今回はそんな誰しもが経験する繊細な感情を見事に掬い取った絵本「くんちゃんのはじめてのがっこう」を紹介します。

作・絵:ドロシー・マリノ

訳:間崎ルリ子

出版社:ペンギン社

発行日:1982年2月

 

作者のマリノさんはアメリカ・オレゴン州生まれで、働きながら絵の勉強を続け、子どもの本の挿絵の仕事から絵本づくりの道に至った方です。

ペン一本で描いたイラストはラフなようですが、登場人物の表情、動きなどが実に生き生きと伝わってきます。

そして何より、子どもの心の微細な動きをも逃さずに捉える描写力が素晴らしい。

 

この「こぐまのくんちゃん」を主人公にしたシリーズは、日本で翻訳されている数は多くはないものの、どれも人気の高い作品です。

初めて学校に行く日、くんちゃんはとても張り切って早起きします。

お母さんと学校へ行く道すがら、みつばちやこうもりやビーバーに、

ぼく、がっこうへ いくんだよ

きみも がっこうへ いく?

と尋ねて歩きます。

 

しかし、いざ学校に到着すると、くんちゃんはお母さんにも一緒にいてもらいたくて、お母さんのスカートの裾を掴んだりします。

でも、お母さんは帰ってしまい、くんちゃんは優しそうな先生に手を引かれて教室に。

 

小さな学校らしく、上級生も一緒の教室で、同時に授業を行っている様子。

ちなみに季節は秋です。

アメリカでは9月に新学期が始まるのです。

 

生徒の名前を呼んでは、読み書きや算数をさせる先生。

くんちゃんはどんどん不安になり、小さくなります。

そして、とうとう……

教室から逃げ出してしまいます。

くんちゃんの気持ちがよくわかるだけに、この展開にはハラハラさせられます。

 

けれども、ここで先生が驚いてくんちゃんを追いかけるかと思いきや、この先生の肝の据わり方が並大抵ではありません。

まるでくんちゃんの動きに気づいていないかのごとく、授業を続けるのです。

 

くんちゃんはこっそり窓から教室を覗きます。

どうやら1年生にはとても簡単な授業をしているようです。

 

先生はそれぞれの名前を黒板に書いて、自分の名前と同じ音で始まる言葉を尋ねています。

自分にもわかる質問に、くんちゃんは「ぼくも しってる」と呟きます。

 

そして自分の名前「くんちゃん」の「く」で始まる言葉を訊かれた時、くんちゃんは窓の外から

くま、くるみ、くまんばち!

先生はにっこり笑って、

はいってらっしゃい、くんちゃん。このいすに おかけなさい。あなたの すわる ばしょは ここですよ

 

★      ★      ★

 

我が家の息子が小学校に上がるのは2年後ですが、その時には私は人生で2度目の「はじめてのがっこう」を経験することになります。

今度は呆然としているわけにはいきません。

 

小学校について色々と調べていますが、この絵本のようにゆったりとした時間の流れる小学校は、今の日本にはまずないでしょう(少なくとも公立では)。

学力やいじめの問題、どんな先生がいるのか、周辺環境など、親の心配は尽きませんが、さりとていくら親が「いい学校だ」と思ったとしても、通うのは子どもです。

 

重要なのはその子自身の性質であり、それまでどんな環境で育ったかです。

 

もちろん我が子の通う学校についての情報をしっかりと把握していることは大事ですが、同時にこれまでと違って、ある程度我が子から距離を置いて成長を見守ることができなくてはならないと思います。

無関心も過干渉も、子どもの成長にとってはマイナス要素です。

 

こういうことを考えるとつくづく、「子育てに終わりはない」ことを実感します。

子育てというよりも、親自身の成長を止めてしまわないことが大切だと思います。

 

結局、幼児期のうちに「どんな学校へ行っても楽しくやっていける」ような能力を身に付けさせるのが最良のように思います。

私の場合、その手段はもちろん絵本の読み聞かせです。

 

さて、どうなりますかね。

不安と緊張、それに高揚感をもってその時を待っています。

 

推奨年齢:5歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

先生の余裕と貫禄度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「くんちゃんのはじめてのがっこう

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ゆき」【221冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

雪の絵本というのはいくらでもあります。

そのくらい、子どもにとって雪は特別なものなのでしょう。

 

触れると消える、一片の雪。

その美しい唯一無二の結晶体は、この世界の神秘の象徴のようです。

 

今回はシュルヴィッツさんの「ゆき」を紹介します。

作・絵:ユリ・シュルヴィッツ

訳:さくまゆみこ

出版社:あすなろ書房

発行日:1998年11月15日

 

大自然の一瞬の変化を捉えた傑作「よあけ」と同じ作者による絵本ですが、絵のタッチはずいぶんと違います。

 

≫絵本の紹介「よあけ」

 

浮世絵を意識したような「よあけ」に比べ、この「ゆき」は全体にデフォルメされたアニメーションのように、輪郭のはっきりした、可愛くて楽しいタッチになっています。

空から降ってきた一片の雪を見つけた、犬を連れた少年。

ゆきが ふってるよ

と、嬉しそうに言います。

 

でも、町を歩く大人たち(ひとりひとりが実に個性的です!)は、大した雪じゃないと取り合いません。

ラジオもテレビも、

ゆきは ふらないでしょう

 

しかし、そんな大人たちを尻目に、雪は「あとから あとから」降ってきて、ついに町を白く覆います。

雪が深くなるにつれ、大人たちは姿を消していき、本屋の看板から「マザーグース」のキャラクターたちが飛び出してきて、男の子と踊り出します。

すっかり町が雪をかぶった後、灰色だった空は晴れ上がります。

真っ青な空と白い雪の美しいコントラストが見事です。

 

★      ★      ★

 

とにかく絵を楽しむべき絵本です。

最後の鮮やかな転換は「よあけ」に通じるものがあります。

 

そして、あえて不均一な線で描かれた町並みをよく見ると、登場人物のほとんどがすでに最初から描き込まれているのがわかります。

くろひげの おじいさん

ひょろながぼうしの おじさん

おしゃれがさの おばさん

ラジオを抱えた人、二人一組のようなヒゲのおじさんたち……裏表紙での彼らの行進は非常に愉快です。

 

主人公の男の子は、特に何か雪遊びをするわけではなく、ただ純粋に雪が降り積もったことを喜びます。

マザーグースの世界のキャラクターと楽し気に踊る男の子と、寒そうに肩を縮め、俯いて歩き去る大人たちとの精神の対比は、灰色の空と、輝く青空によって表現されています。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆

キャラクターデザインの秀逸度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ゆき

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「100まんびきのねこ」【199冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は古典中の古典絵本を紹介しましょう。

100まんびきのねこ」です。

作・絵:ワンダ・ガアグ

訳:石井桃子

出版社:福音館書店

発行日:1961年1月1日

 

1928年にアメリカで出版されて以来、世界中で訳され、現在も出版され続けている絵本としては最も古い作品です。

モノクロの地味な印象の絵本ですが、なんかウネウネした緻密な絵、テキストの位置まで計算した構成、子どもが好むツボを押さえた繰り返しの文やストーリー展開など、特筆すべき点は多々あります。

 

しかし、作品そのものはもちろんですが、興味深いのは作者のガアグさん自身です。

 

彼女は1893年にアメリカのミネソタ州に画家の娘として生まれ、マージョリー・フラックさんと共にアメリカ絵本の礎を築いたと評されています。

初めて市民権を得た絵本作家と言われ、彼女の影響を受けた後進は数知れません。

 

しかし、彼女の青春は決して華やかなものではなく、むしろ苦悩と難渋に満ちていました。

15歳の時に父を亡くします。

7人きょうだいの長女であったガアグさんは、弟や妹の面倒を見ながら絵を描き続け、奨学金で美術学校へ通い、一方で母を助け、家庭を切り盛りします。

 

24歳の時、今度は母までが他界。

周囲は、まだ幼い下のきょうだい3人を孤児院に入れるよう勧めますが、ガアグさんは頑として拒否。

家を売り、絵を売り、6人の妹弟全員を高校卒業させます。

そんな大変な生活の中でも絵の勉強を続け、やがて彼女の絵は国際的に認められるようになっていくのです。

 

「ピーターラビット」の作者、ビアトリクス・ポターさんと並び、「働く女性」のモデルとして、その生涯に注目される絵本作家です。

 

さて、「100まんびきのねこ」の内容に入りましょう。

むかしむかし、あるところに

おじいさん」と「おばあさん」が住んでいました、という昔話の典型で始まります。

本当にこんな昔話があったのか、と思わせますが、これは完全にガアグさんの創作です。

 

これまたテンプレート的に子どもがいなくて寂しい思いをしている老夫婦は、せめて、

うちに、ねこが 一ぴき いたらねえ

と考え、そこでおじいさんがねこを1匹つかまえてこよう、と出かけます。

このシーンの構図も見事です。

「絵本作り」という点で、こうした技法は後の作家さんに大いに参考になったと思われます。

 

さて、おじいさんはとうとう「どこも ここも、ねこで いっぱいに なっている おか」に辿り着きます。

このあたりから、物語は見知った昔話的調和の世界を逸脱し、「ええ?」と驚くようなありえない超展開へとねじれて行きます。

 

丘には猫がいるわいるわ。

ひゃっぴきの ねこ、せんびきの ねこ、ひゃくまんびき、一おく 一ちょうひきの ねこ

しかも、どの猫も可愛くて選び難いと、おじいさんは全部の猫を連れて帰ってしまいます。

途中、1兆匹の猫は池の水を飲み尽くし、野原の草を食べ尽くしながら、家まで帰ってきます。

 

驚いたのはおばあさん。

そんなにたくさんの猫にご飯をやることはできない、ともっともなことを言います。

 

そこでどの猫を飼うか、猫たち自身に決めさせようとします。

ところが、自分が一番きれいだと思っている猫たちは大喧嘩を始め、物凄い騒ぎになってしまいます。

 

騒ぎが静まり、おじいさんとおばあさんが家から出てみると、あれほどいた猫たちがすっかりいなくなっています。

きっと、みんなで たべっこして しまったんですよ

おしいことを しましたねえ

と、サイコっぽいセリフを吐くおばあさん。

 

でも、一匹だけ、やせこけた猫が生き残っていました。

二人はその子猫を拾い、大事に育てます。

すると子猫はとてもきれいな猫に成長します。

 

★      ★      ★

 

ガアグさんの優れたストーリテラーとしての才覚は、6人もの妹弟たちに、しょっちゅう自作の物語を聞かせてやったことで磨かれたものだと思われます。

大人が読むと「ぎょっ」とするような後半の展開も、冗舌に過ぎるように思う繰り返し文も、子どもには大ウケします。

 

苦労の多い人生を、悲観することなく、やるべきことをやり続けたガアグさん。

彼女のしなやかな強さ、ありのままを見据える眼差し、そして家族を守る責任感。

絵本作家以前に、人間としてかなわない大きさを感じてしまいます。

 

そして彼女の原動力となっているのは、誰にも真似のできない、絵に対する情熱でしょう。

ガアグさんの絵がうねったように見えるのは、マグマのようにたぎる情念が表出しているのかもしれません。

 

さて、次回はいよいよ200冊目の絵本紹介になります。

私が息子に何千冊と読み聞かせた絵本の中でも、最も「しんどかった大賞」の名作を取り上げますよ。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

おじいさんの優柔不断度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「100まんびきのねこ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ババールのこどもたち」【190冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

回を重ねて4回目、「ぞうのババール」シリーズを紹介しましょう。

いよいよババールも父親になります。

ババールのこどもたち」。

作・絵:ジャン・ド・ブリュノフ

訳:矢川澄子

出版社:評論社

発行日:1974年12月30日

 

これまでのババールの活躍は、過去記事をご覧ください。

 

≫絵本の紹介「ぞうのババール」

≫絵本の紹介「ババールのしんこんりょこう」

≫絵本の紹介「おうさまババール」

 

母親を亡くし、逃げ込んだパリで優しいおばあさんに巡り会い、ぞうの国に帰還して王さまとなったババール。

セレストとの波乱万丈な新婚旅行を経て、さいの国(埼玉にあらず)との戦争に勝利。

そして荒廃したぞうの国を再び繁栄させます。

 

平和と安定を手に入れたババールに、さらに嬉しい出来事が起こります。

セレストが妊娠したのです。

しかも産まれたのは3つ子ちゃん。

 

ババールはそれぞれポム・アレクサンドル・フローラと名付けます。

幸せの絶頂ですが、3人いっぺんの育児はとても大変。

ガラガラを呑み込んで窒息しそうになったり、乳母車が坂道で暴走して崖から落ちたり、ワニのいる川でおぼれそうになったり。

 

色々な人たちの助けを借りて、どうにか危機を乗り越えます。

最後のページで、ババールがしみじみと漏らす言葉には、親として非常に共感できます。

こどもをそだてるのって たいへんなものだなあ

でも くろうするだけのことはある

あのこたちのいないくらし なんて とても かんがえられないよ

 

★      ★      ★

 

「ババール」シリーズは、この次の作品「ババールとサンタクロース」より後は、ジャン・ド・ブリュノフさんの長男であるロランさんが引き継いで続編を手掛けています。

 

つまり、ブリュノフさん自身が描く「ババール」は、次で最後ということです。

この「ババールのこどもたち」は、結核に侵されたブリュノフさんが、いよいよ自身の死期が近いことを悟って描かれたものだと思われます。

 

不幸を乗り越え、幸せな人生を歩みなさい

 

ブリュノフさんが無念にも残していく子どもたちに発し続けたメッセージ。

彼はこの作品で、自らの人生を語っているように、ババールが育児に奮闘する姿を描きます。

 

作者の胸の内を思うと、最後のババールのセリフはとりわけ感動的です。

彼は子どもたちへ「愛している」と言っているのです。

「君たちのおかげで幸せだった」と。

 

それは絵本という形で刻印され、一生残るメッセージとなります。

作者の子どもたちは、この素敵な絵本を開くたびに、亡き父親の愛と教えに触れることができるのです。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

でも、乳幼児にハチミツを与えては駄目ですよ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ババールのこどもたち

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「月おとこ」【183冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

月は古代より神秘の象徴。

様々な影響を地球に与え、月をモチーフにした神話や昔話などは枚挙に暇がありません。

 

月の起源に関しては今のところ、地球から分離して誕生したという説が有力視されています。

してみると、月を仰ぎ見るときに私たちの胸に去来する慕情は、かつて自分たちの一部であり、今は遠く離れてしまった存在に対するノスタルジックな想いが含まれているのかもしれません。

 

今回は秋らしく、月の絵本を紹介しましょう。

トミー・ウンゲラーさんの傑作絵本「月おとこ」です。

作・絵:トミー・ウンゲラー

訳:田村隆一・麻生九美

出版社:評論社

発行日:1978年7月10日

 

何やらロマンチックな書き出しをしてしまいましたが、作品自体は少しもロマンチックな内容ではありません。

まことにウンゲラーさんらしい、独創的で滑稽で華やかで、そして狂騒的な物語です。

 

月おとこ」原題は「MOON MAN」。

表紙絵の、何やら顔色の悪い太っちょさんが「月おとこ=ムーンマン」というわけです。

 

この月おとこは、毎晩月に座り込んで地球を見下ろし、そこで踊っている人々を羨ましく思っていました。

いちどでいいから、なかまになりたいなあ

 

ある夜、近くに飛んできた流れ星の尾に掴まって、月おとこは地球に飛来します。

隕石の落下に驚いた人々、警察や消防士、それにさっそく見物人を当て込んだアイスクリーム屋などが集まってきて、月おとこを発見します。

 

役人やら政治家やら科学者やら将軍たちは月おとこを「宇宙からやってきたインベーダー」だと決めつけ、投獄してしまいます。

がっかりする月おとこでしたが、月の満ち欠けと共に身体が瘦せてゆき、鉄格子の隙間から脱出に成功します。

 

晴れて自由の身になった月おとこは、仮装パーティーに紛れ込み、念願のダンスを踊ります。

しかし、気難し屋の通報によって再び追われる身となり、月おとこは森の中の古城に辿り着きます。

 

城の主は、300年も前から月に行くための宇宙船の研究をしていたというマッドサイエンティスト風の博士。

博士は月おとこに、完成した宇宙船の乗客第一号にならないかと誘います。

月おとこも、もう好奇心を満足させたし、地球ではゆっくり暮らせないことがよくわかったので、喜んで宇宙船に乗り込み、月へ帰って行きます。

 

その後、博士は世界に認められ、科学委員会の委員長に選ばれます。

 

★      ★      ★

 

辛辣な風刺画家としても有名なウンゲラーさん。

子どもから見ればただただ楽しい絵本の中にも、大人の目からはちょっとドキリとするような毒気を含ませます。

 

地上に憧れて降臨する月おとこは十分に滑稽ですが、さて、その地上で踊り狂う人々のエキセントリックなこと。

ダンスに興じる紳士婦人、月おとこを一目見ようと集まってくる野次馬、しかつめらしい軍人や役人、科学者、さらには犬に至るまで、地球の住人たちはみんな狂気じみており、作者のシニカルな目が光っています。

こんな狂乱の渦中に迷い込んだ、純真な月おとこに同情せずにはいられません。

 

この月おとこが月の満ち欠けに呼応して痩せたり太ったりするアイディアはとても鮮やかで楽しいものです。

「アンパンマン」シリーズの生みの親であるやなせたかしさんは、この絵本に衝撃を受け、

「ムーンマンのようなキャラクターを描きたい」

と強く思ったそうです。

 

そして誕生したのが「アンパンマン」。

顔が欠けたり新しくなったりする、今では国民的人気キャラクターのルーツは、ウンゲラーさんのこの作品にあったのですね。

 

推奨年齢:5歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

アイスクリーム屋さんのあきんど根性度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「月おとこ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com