【絵本の紹介】「マドレーヌといぬ」【213冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

まだやりますよ、戌年「犬の絵本」紹介。

今回は私も大好きな一冊「マドレーヌといぬ」です。

作・絵:ルドウィッヒ・ベーメルマンス

訳:瀬田貞二

出版社:福音館書店

発行日:1973年5月10日

 

パリの古い寄宿舎で過ごす元気な12人の女の子たち。

いちばんおちびさんだけど活発なマドレーヌを主人公とした人気のシリーズ。

第一作「げんきなマドレーヌ」は以前に紹介しました。

作者ベーメルマンスさんの生い立ちやエピソードなどにも触れていますので、ぜひ併せてお読みください。

 

≫絵本の紹介「げんきなマドレーヌ」

 

この「マドレーヌといぬ」はシリーズ2作目にしてベーメルマンスさんにとっては3作目の子ども向け絵本です。

この作品で見事にコールデコット賞(アメリカ絵本界最高の賞)に輝いています。

 

修道院とか寄宿舎とか言っても、今ではあまり想像できなくなりました。

そう言う私も、子どもの頃に読んだ児童文学でしか知りませんが。

 

小さな女の子たちとシスターの清らかな生活。

何となく、身寄りのない子どもを集めた孤児院をイメージしてしまうのですが、ここで登場するのは「よい むすめたち」だそうで、わりと「いいとこの子」っぽいです。

 

ベーメルマンスさんの奥さんは元修道女で、「マドレーヌ」の名も、彼女の名前に由来しています。

 

さて、今作の導入部は1作目「げんきなマドレーヌ」の冒頭のダイジェスト版のような構成になっています。

せんせいの ミス・クラベルは、なにごとにも おどろかない ひとでした

の、マドレーヌが橋の欄干に上って歩くカットも、ほぼそのまま。

 

ところが、ここで事件が。

マドレーヌが足を踏み外し、川に落っこちます。

たちまち大騒ぎ。

かわいそうに マドレーヌが、すんでに おぼれるというところ

に、一匹の勇敢な犬(♀)が、川に飛び込み、救助してくれます。

 

みんなはその犬を屋敷に連れ帰り、「ジュヌビエーブ」という名を付けて可愛がります。

 

半年がたち、5月1日が近づくと(ってことは、マドレーヌが川に落ちたのは真冬の季節ですね。さぞ冷たかったでしょう)、みんなはソワソワしだします。

その日は学校検査の日で、評議員たちがぞろぞろ寄宿舎にやってきて細かくチェックを入れるのです。

 

そこで隠れていたジュヌビエーブが見つかってしまい、委員長曰く、

こんな ざっしゅけんを かわいがるなんて、よい むすめたちの おひんが さがります

ということで、追い出されてしまいます。

命の恩人(犬)を追い出されて、怒ったマドレーヌは椅子に飛び乗り、

いいんちょうどの! おぼえていなさい!

ジュヌビエーブほど、えらい いぬは ないわ。あなたには、てんばつが くだりますから!

と叫びます。

 

このシーン、ほんとにカッコイイ。

そしてなんとこれが1作目から通しての、主人公マドレーヌの初セリフなのです。

 

しかし、いくらマドレーヌが怒っても、大人の力には逆らえません。

評議員たちが帰ってから、ミス・クラベルと12人はジュヌビエーブを捜しに出ます。

この捜索シーンで、例によってパリの名所が素敵な絵で描かれます。

 

けれども、肝心のジュヌビエーブは見つからずじまい。

がっかりしてみんなは屋敷に戻ります。

 

しかしその夜、ミス・クラベルが外を見ると、街灯の灯りの下で吠えているジュヌビエーブの姿が。

もちろんマドレーヌたちは大喜び&誰がジュヌビエーブと寝るかで大喧嘩。

 

ここでも1作目のラストをなぞったカットと文。

そして最後に、ミス・クラベルもびっくりの出来事が。

 

★      ★      ★

 

カトリックや修道女の価値観に対する賛否は様々でしょうが、幼い子どもたちにとって「寮生活」というのは、どこか憧れを覚える響きには違いありません。

 

そして、ホテル勤務で磨かれた作者一流の風刺の目は、ここでも鋭く光っています。

お高く止まった評議委員長の「おひんが さがります」からの「さっさと うせろ! ごろつきめ!」とか。

 

でも、これはひとつには訳者・瀬田貞二さんの言葉選びの妙でもあります。

今時の絵本ではお目にかかれないような日本語表現の数々も素敵です。

 

ちなみに、瀬田さん自身もこの作品がお気に入りのようでして、自身が文を手掛けた絵本「きょうはなんのひ?」(林明子:絵)では、まみこの一番好きな絵本として「マドレーヌといぬ」が登場しています。

 

≫絵本の紹介「きょうはなんのひ?」

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

マドレーヌの決め台詞のかっこよさ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「マドレーヌといぬ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

 

 

 

 

【絵本の紹介】「ハリーのセーター」【212冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

戌年の始めに犬の登場する絵本を紹介しようと思って本棚を漁ってみましたが、いやあ、多い多い。

以前から「絵本に最もよく登場する動物」ランキングというものを誰か作ってくれないかなー、などと思っている私ですが(自分でやるのは時間がなくて……)、印象だけで言えばやっぱり犬と猫が多い気がしますね。

 

あと、ネズミとゾウ。

キツネは海外でもよく出てきますが、タヌキはやっぱり日本以外では見ませんね。

 

さて、今回紹介するのは大人気「どろんこハリー」シリーズより、「ハリーのセーター」です。

文:ジーン・ジオン

絵:マーガレット・ブロイ・グレアム

訳:渡辺茂男

出版社:福音館書店

発行日:1983年5月20日

 

シリーズ1作目については、以前に取り上げましたので、そちらも併せてどうぞ。

 

≫絵本の紹介「どろんこハリー」

 

天真爛漫なヒーロー・ハリーが、今回も読者をハラハラさせつつ、ある種の痛快さも感じさせてくれます。

 

誕生日に、おばあちゃんからプレゼントを贈られたハリー。

届いた包みを開ける様子が、本文開始より前に扉の3pを使って説明されているところは、シリーズ通してのお約束的構成。

 

プレゼントの中身は、バラもようのセーター。

けれど、ハリーはこの柄が気に入りません。

 

そこで、隙を見てセーターを捨てようとしますが……。

どこに捨てても、親切な人が拾って追いかけてきてしまいます。

不満げなハリー。

 

結局どこにも捨てることができず、庭で座り込んでいたハリーは、セーターから毛糸が一本出ていることに気が付きます。

引っ張ると毛糸はどんどん伸びます。

そこへ1羽の鳥が滑空してきて、毛糸の端をくわえ、飛び去ります。

見る見るうちに毛糸はほどけ、ハリーのセーターは一本の毛糸になってしまいます。

 

喜ぶハリーですが、折悪しくおばあちゃんが家に遊びに来ることに。

当然家族はもらったセーターを探しますが、どこにもありません。

 

やがておばあちゃんが到着すると、ハリーは散歩をせがみます。

おばあちゃんたちを引っ張って、ハリーはあの鳥が飛び去った公園を目指します。

するとそこには……。

なんと、ハリーのセーターで鳥の巣ができています。

ハリーが、セーターを あのとりに あげたのよ!

と喜ぶ子どもたち。

おばあちゃんもハリーも、そして鳥も、みんな笑顔の大団円。

 

次のクリスマスにおばあちゃんから贈られた新しいセーターは、ハリーも気に入って満足するのでした。

 

★      ★      ★

 

ハリーの百面相が面白い。

特に、捨てたセーターを持ってこられた時の、ムスッとした表情が可愛らしくて秀逸です。

3度目に届けてくれた男の子の親切心しかない顔と、飼い主の子どもたちの「またか!」という怒った顔も相まって、非常にユーモラス。

 

せっかく頂いたプレゼントを捨てるなんてひどい気もしますが、ハリーにとっては「気に入らない」という自分の心のままに行動しているだけなのです。

以前の記事でも触れたとおり、「自分の心に対する嘘のなさ」こそがハリーの最大の魅力です。

そしてハリーは「子ども」そのものでもあります。

 

子どもの「嘘」を厳しく咎める大人がいますが、本当に深刻なのは口先の嘘ではなく、自らの心に対する嘘です。

 

それに、ハリーはプレゼントは気に入らないけど、おばあちゃんのことは大好きなのです。

ですから、おばあちゃんが家に来ると聞くと、セーターのことを考えて「しっぽを ちょろん」と垂らします。

 

セーターを捨ててしまいたい気持ちも、おばあちゃんが好きな気持ちも、どちらも真実。

「子ども」はいずれこの葛藤を経て大人になります。

その時に、どれだけ自分の心と行動を一致させてきたかによって、どういう大人になるかが分かれるのだと思います。

 

私はハリーを見るとき、ふと自分の心の中に「子どもの自分」の目を感じることがあります。

その自分は、決して自分自身への嘘を許してくれないのです。


推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

鳥のセーター模様の再現力度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ハリーのセーター

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「手ぶくろを買いに」【209冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は新美南吉さんの傑作児童文学を黒井健さんが絵本化した「手ぶくろを買いに」を紹介します。

作:新美南吉

絵:黒井健

出版社:偕成社

出版年度:1988年3月

 

非常に有名な作品ですから、ご存知の方も多いでしょう。

私は教科書で読みました。

とても印象深い内容でしたので、大人になってからもずっと覚えていましたね。

 

作者の新美さんは1913年に愛知県で生まれ、結核のためにわずか29歳で亡くなられた童話作家。

早逝のため作品数は多くないのですが、その才能は宮沢賢治氏と並び称されるほど。

 

同じく黒井健さんによって絵本化されている「ごんぎつね」は、若干18歳の時のデビュー作です。

今の日本に、18歳であの美しい日本語が書ける人はいるでしょうか。

 

この「手ぶくろを買いに」も、童話としての完成度は言うに及ばず、とにかく文章が震えるほど美しい。

特に冒頭の、雪を見て驚き興奮する子ぎつねや、我が子の手に息を吹きかけて温めてやる母さんぎつねの描写力にはため息が出るばかりです。

可愛い坊やの手にしもやけができては可哀そうだから、毛糸の手袋を買ってやろうと考える母親ぎつね。

夜になってから、二匹は人間の町へと出かけます。

 

ところが、過去に人間に追い回された記憶を持つ母親は足がすくんでしまい、どうしても町に入れません。

そこで母親は坊やの片手を人間の手に変えてやり、白銅貨を二枚握らせて、ひとりで手袋を買いにやらせます。

決してきつねの方の手を見せないように言い含めて。

坊やは母親に教えられたとおりに帽子屋を見つけます。

ところがうっかりと、きつねの方の手を差し出してしまいます。

 

帽子屋さんはおやおやと思いますが、白銅貨が本物なのを確認すると、坊やに手袋を持たせてやります。

心配している母親のもとへ跳んで帰った坊やは、間違えてきつねの手を出してしまったけれど、帽子屋さんはこんなにいい手袋をくれたよ、と話します。

母親は呆れながらも呟きます。


ほんとうに人間はいいものかしら。ほんとうに人間はいいものかしら

 

★      ★      ★

 

作品内容については、ここで云々するのは控えます。

すでに色んな方が色んな解釈や研究をなさってますので。

 

代わりに、文学作品の絵本化というものについて考えてみます。

 

絵本の制作において、絵も文も同一作者が手掛ける場合と、複数の作者によって役割分担される場合があります。

どちらがいいということはないのですが、やはり後者にはある種の難しさが伴うと思われます。

しかしその一方で、一人では起きなかったような化学反応が起きる楽しみがあるのも後者です。

 

ですがそれも、絵と文それぞれの担当者が話し合って制作を進める場合と、この作品のように作者がすでに故人である場合では、事情が変わってきます。

ましてそれが国民的な文学作品なら、絵本化においては相当な気を使うでしょう。

 

絵本の絵というものは大別すると「文を超えて何かを表現する絵」と「文の説明に踏みとどまる絵」に二分されます。

これもどちらが優れているというものではありませんが、この作品に関しては、黒井さんは後者の立場を取っています。

 

新美さんの格調高い文章を壊さないように、忠実に物語を再現することに努め、テキストにないものは一切登場させていません。

しかしその抑制が、かえって黒井さんの絵の美しさを際立たせています。

 

ぼんやりと光り輝くような淡い輪郭と色彩が、文章の清らかさや柔らかさと絶妙に融合しています。

これもまた、「絵と文の化学反応」の好例だと思います。

 

推奨年齢:10歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

日本語の美しさ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「手ぶくろを買いに

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ゆきがやんだら」【207冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは酒井駒子さんの「ゆきがやんだら」です。

作・絵:酒井駒子

出版社:学研教育出版

発行日:2005年12月8日

 

酒井さんの絵本は、もうこのブログで何度も取り上げていますし、その超絶画力についても毎回のように言及しています。

≫絵本の紹介「ぼく おかあさんのこと・・・

≫絵本の紹介「きつねのかみさま

≫絵本の紹介「くまとやまねこ

 

絵の専門知識はないのですが、酒井さんの独特のざらざらした質感はマチエールといって、絵の具の凹凸を活かした表現法らしいです。

私はまだ酒井さんの原画を見たことがないのですが、原画ならそのあたりがよくわかると思います。

 

さて、この「ゆきがやんだら」は、雪が降った時の、子どもの瑞々しいドキドキ・ワクワク感を静謐な絵と文で描き出した作品です。

生活風景が何となく80〜90年代っぽく、私たち親世代が読むと、自分の子どもの頃を思い出してノスタルジックな気分に浸れます。

雪が降ったから、園もお休み。

灰色がかった暗い画面が、外界から切り離された非日常感を漂わせます。

 

主人公のうさぎの男の子は雪遊びをしたがりますが、お母さんが風邪を心配して、雪が止むまで外に出ては駄目だと言います。

出張中のお父さんは今日帰宅するはずでしたが、雪で飛行機が飛ばないため、帰ってこれません。

 

買い物にも行けないので、お母さんはうさぎくんとトランプ遊びをします。

ベランダから外を見ても、ただ静かな銀世界。

ぼくと ママしか いないみたい、せかいで

といううさぎくんの言葉からは、寂しさや心細さよりも、雪に降り込められることでむしろ母親との距離が近づいたような気持ちが感じられます。

 

夜になって、窓の外を見ると、雪が止んでいます。

外に出たがるうさぎくんに、お母さんは少し笑って、

いいわ、ちょっとだけね

雪に足跡をつけ、おだんごを作っていると、鼻水が出てきて、うさぎくんとお母さんは家に帰ります。

あした……、あしたね……

パパも かえって くるよ。ゆき やんだから―――

 

★      ★      ★

 

おや、このうさぎの親子は、「ぼく おかあさんのこと・・・」で登場したキャラクターではありませんか。

出版社も違うし、続編という扱いではなさそうですが。

 

どちらも心温まるお話ですが、作品の持つ雰囲気はわりと違っていて、「ぼく おかあさんのこと・・・」ではポップな色使いでコミカルな印象もありますが、この絵本では、全体に抑えた色彩で、美しさと静けさが強調されています。

 

何より、お母さんが優しい。

 

だから「ぼく おかあさんのこと・・・」で登場した、怒ってばかりの母親とは別キャラのように見えるかもしれませんが、この作品でお母さんが見せる子どもへの理解と寛容さは、やっぱり「雪」の力だと思います。

 

静かで白い世界に子どもと二人で佇んでいると、自然と優しい気持ちになるのでしょう。

あるいは、お母さんもまた、自分の子どもの頃を思い出しているのでしょう。

 

雪には、人と人を近づける力があるのかもしれません。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

うさぎくんの愛おしさ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ゆきがやんだら

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「子うさぎましろのお話」【206冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

少し早めのオフィスの大掃除やら本棚の整理やらをしていると、家のPCとエアコンが同時に壊れ、妻と息子が同時に風邪を引くという、師走らしいドタバタな日々を送っております。

そんなこんなで、ブログ更新もちょっと滞っていましたね。

 

今回はクリスマス絵本の名作「子うさぎましろのお話」を紹介します。

文:佐々木たづ

絵:三好碩也

出版社:ポプラ社

発行日:1970年1月

 

もともと佐々木さんの童話集にあった一篇を絵本化した作品です。

主人公の「ましろ」は、クリスマスのプレゼントをもっと欲しくて、小さな嘘をついてしまいます。

そこから生まれる「罪の意識」と、それをどう浄化するかの物語。

 

ましろの住む北の国の動物たちは、サンタさんの家が近いこともあり、毎年クリスマスには一番にプレゼントを貰えます。

もちろん、ましろも。

けれど、ましろはもっと何か欲しくなってしまい、あることを思いつきます。

それは、別のうさぎになりすまして、もう一度サンタさんからプレゼントを貰うという策略。

ましろは体にスミを塗り、黒いうさぎに変身して、サンタさんのもとへ。

 

サンタさんはすぐにそれがましろだとわかりましたが、気づかないふりをして、袋に残っていた一粒の種と、自分のサンドイッチをましろに渡します。

うまく行ったことにましろは喜びますが、体のスミを落とそうとしても落ちません。

そこでだんだん自分のしたことを後悔し、罪の意識に震えます。

 

サンドイッチは食べてしまったので、せめて小さな種だけでも神様にお返しするつもりで、モミの木の林の中に、種を埋めます。

雪の中で穴を掘っているうちに、体のスミは落ち、もとの白うさぎに戻っていました。

 

ましろが埋めた種は春になって芽を出し、大きなモミの木に育ちます。

そしてまた12月。

 

ましろのモミの木は、きらきら輝き、おもちゃやお菓子を枝に実らせていたのです。

ましろは驚き、サンタさんに報告に行きます。

そして、去年からの本当のことを全部話します。

サンタさんは優しくましろを撫でてくれます。

 

モミの木のおもちゃや絵本やお菓子は、取っても取っても次々生えてきます。

北の国の動物たちはサンタさんを手伝って、そのクリスマスの贈り物の用意をするのでした。

 

★      ★      ★

 

作者の佐々木さんは緑内障で失明されています。

そのためでしょう、このお話でとりわけ印象的なのは、モミの木から響く「ベルの、すきとおるような ひびき」です。

 

ベルの響きが、「もう すぐ、イエスさまの おたんじょうび」と言っているという表現からは、目の不自由な方に特有の聴覚の繊細さを感じます。

 

さて、子どもは成長過程で、嘘をつくことを覚えます。

もっとたくさんの悪質な嘘をついている大人に、それを責める資格はないでしょう。

 

ところが、大人は自分の子が嘘をついたとわかると、血相を変えて咎めだてたり、どこまでも追い詰めたりします。

それで子どもは自分の身を守ろうと、さらに嘘を重ねてしまいます。

そのうち、何が本当の心なのか、自分でもわからなくなったりします。

 

このお話に登場するサンタさんが素晴らしいのは、ましろの嘘を見抜きながら、それを責めないことです。

何故なら、押し付けられた罪悪感が、子どもの真の成長にとって害悪でしかないことを知っているからです。

 

サンタさんはましろの成長を信じて待つことのできる、本物の大人です。

 

子どもを自由にさせておくと、どんどん悪い方向へ向かってしまうと考えている大人が大勢います。

昔も今も、その数は大して変わってないのかもしれません。

 

しかし、本当の道徳とは、大人が子どもに与えるものではありません。

第一、子どもよりよっぽど汚い私たちが、一体どんな顔で「これが道徳だよ」と示せばいいのでしょうか。

 

子どもは教えられずとも、心の奥に聖なるものを備えています。

子どもだけではなく、すべての人間の内には、「もう一人の自分」がいます。

曇りのない目で内面を覗けば、必ずいます。

そこから響く声は、世の大人たちがもっともらしく諭す道徳などより、遥かに道徳的です。

 

大切なのは、ましろのように子どもが自分でその内奥の声に気づくことです。

その声に従うことがどれほど気分が良く、生命を輝かせることか。

 

大人はすでに、「もう一人の自分」の声を無視することに慣れてしまっています。

でも、せめてクリスマスくらいは、そういう「聖なるもの」の響きを感じようとしてみてもいいのではないでしょうか。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

響きの美しさ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「子うさぎましろのお話

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com