絵本の紹介 ホフマン「おおかみと七ひきのこやぎ」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介する絵本は、フェリクス・ホフマン作画、瀬田貞二訳のグリム童話「おおかみと七ひきのこやぎ」です。

 

誰もが知っているお話ですが、それだけに絵本も様々な形で出版されています。

その中でもこのホフマンさんの作品は、完成度が高く、国際的にも最も評価されています。

 

全体を通して言えることは、作者が「子どもをなめていない」という点です。

 

登場する動物たちはもちろん擬人化されているものの、必要以上に単純化されたり、可愛らしくキャラクター化されてはいません。

このバランス感覚が見事で、メルヘンとは本来こういうものではないかと思います。

ホフマンさんは構図の使い方が群を抜いて素晴らしい作家で、何気ない空白や登場人物の立ち位置まで、物語を盛り上げるために効果的に計算されています。

おおかみが侵入してくる最重要シーンにおいても、画面左側におおかみを配置し、真っ先に視線をそこへ誘導しておいて、右へと絵を追っていくと、子やぎ達が次々に隠れる様子が、臨場感たっぷりに伝わる仕掛けになっています。

そしてストーリーは原作に忠実です。

おおかみはきっちり殺されます。

 

この、おなかに石を詰め込まれて溺死するという結末は、「子どもには残酷である」として、よく改竄されがちです。

しかし、残酷なものを読めば残酷になる、というのはあまりにも短絡思考ですし、子どもというものを理解しようという気が見られない意見です。

 

子どものための物語のルールのひとつとして、わかりやすく、納得のいく形のハッピーエンドである、ということが挙げられます。

絵本の最大の存在価値は、この世界を生きることが素晴らしいことだ、という力強いメッセージを子どもに伝えることにあります。

子どもに生きる力を与えない絵本など、読んで聞かせたいと思いますか?

 

おおかみに次々とこやぎが食べられるシーンは、こやぎに自己を投影する子どもにとって、非常に恐ろしいものです。

その恐怖を心に残さずに物語を終えるためには、絶対的存在であるおかあさんやぎの活躍によって、完全におおかみが退治される必要があるのです。

 

とはいうものの、やっぱり小さな子どもに読み聞かせるには抵抗がある方もいると思います。

そういう方は、「でも、いいものだから……」といって、無理に読み聞かせる必要はありません。

 

絵本は楽しむものです。

読み聞かせは読む側と読んでもらう側の双方に楽しみと安心感がなくてはならないと思います。

 

ですから、読み聞かせる自分が、自信を持ってクライマックスの「おおかみしんだ! おおかみしんだ!」を叫べるようになるまで、子どもの成長をよく観察しながら時を待ちましょう。

 

他のマイルドな「おおかみと7ひきのこやぎ」の絵本も、けっして悪いとは思いません。

「ほんものだけを与えなければ……」と気負うことはないと思います。

 

 

最後に、この絵本に隠されたちょっとした楽しみを。

こやぎたちのお父さんはどこにいるのでしょうか?

 

答えは、上のおおかみ侵入シーンの画像にあります。

わかりますか?

 

ちなみに、裏表紙にもいますよ。

 

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵本の紹介「三びきのやぎのがらがらどん」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむ店主です。

 

今回はマーシャ・ブラウンさんの古典的名作絵本、「三びきのやぎのがらがらどん」をご紹介します。

 

原作はノルウェーの昔話。

この絵本の魅力は絵・文・構成が完全にひとつとなっている点にあります。

特に絵が素晴らしいです。

一見すると荒々しい線と色彩ですが、北欧の猛々しくも荘厳な自然を見事に表現しています。

三匹のやぎも、よく見るととても表情豊かです。

作者のマーシャ・ブラウンさんがどれほど苦心してこの絵を練られたのかは、同作者のほかの作品とのタッチの違いを見るとわかります。

 

三匹のやぎは「やまの くさばで ふとろうと」、山へ登っていきますが、途中の谷川の橋の下には恐ろしい怪物のトロルが棲んでいます。

このトロルの造形も秀逸です。

一見すると周囲の岩石と一体化しているみたいに見え、膝を抱え込んでいるために全体像がわからず、見るものの想像力をかき立てます。

 

プチトリビアですが、ジブリの名作アニメ「となりのトトロ」のエンディングで姉妹が読んでもらっている絵本は「三匹のやぎ」です。つまり、メイが「トトロ」というのは、この絵本の「トロル」を指してのことだそうです。

 

さて、三匹のやぎは小さいやぎから順に橋を渡ります。

トロルが行く手に塞がり、「きさまを ひとのみにしてやろう」と恫喝します。

この構図も、遠近法でトロルの巨大さが強調されており、凄まじい迫力です。

小さいやぎ・二番目やぎはそれぞれ「あとからもっと大きいやぎがくるから」と、トロルに見逃してもらい、橋を渡り切ります。

読んでもらっている子どもは、すでにこの後のクライマックスを予感しています。

そして、大きいやぎが満を持しての登場となりますが、ここの盛り上がりが凄い。

なんと見開きアップで見栄を切ります。

読み聞かせる側も楽しくなるシーンです。が、口調が悪者っぽくならないように注意。

ついに対決。少年漫画のように対峙するヒーローとボスの構図にしびれます。

ここで名翻訳者・瀬田貞二さんの本領発揮です。

大きいやぎはトロルに対して一歩も引かず、逆に啖呵を切ります。

「さあこい! こっちにゃ 二ほんの やりが ある。

これで めだまは でんがくざし。

おまけに、おおきな いしも 二つ ある。

にくも ほねも こなごなに ふみくだくぞ!」

「ひとのみにしてやる」しか言わないトロルよりよほど恐ろしいセリフを吐き、とびかかるやいなや、その言葉通りにトロルを粉みじんにして谷川に突き落とします。

 

子どもに読ませるには残酷だという方もいるようですが、このシーンは少しも陰惨ではなく、むしろ爽快感があります。

そもそも、この物語は三びきが力を合わせて困難を乗り越えるとか、欲張りな無法者を懲らしめるとかいった教訓的なおはなしではなく、ただ純粋なエンターテイメントとして読むべきだと思います。

 

次のページでは、谷川に落ちたトロルの肉片が確認できますが、一見するとただの岩のように見える肉片を、「これは顔」「これは足」などと、子どもは実によく観察して発見します。

 

そしてラストシーンでは、ありえないくらいに太った三びきの絵と、「チョキン、パチン、ストン。はなしは おしまい」と、興奮の余韻冷めやらぬうちにさっと切り上げてしまう文が、子どものファンタジーを損なうことなく、この最高のエンターテイメント絵本を終わらせています。

 

こうなると、子どもは「もう一回!」とせがまずにはいられなくなるでしょう。

 

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com