【絵本の紹介】「いもうとのにゅういん」【267冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回はあの名作「はじめてのおつかい」を生み出した名タッグ、筒井頼子さんと林明子による絵本を紹介します。

いもうとのにゅういん」。

作:筒井頼子

絵:林明子

出版社:福音館書店

発行日:1987年2月25日

 

小さな女の子のほっぺと髪の毛を描かせたら日本一。

個人的にも大好きな林さんの作品、このブログで取り上げるのはかなり久々です。

 

筒井さん&林さんの絵本は、隠し要素的に他作品との関連が描き込まれていて、それらを探すのも楽しみのひとつですが、この「いもうとのにゅういん」は、はっきりと「あさえとちいさいいもうと」の続編という位置づけになっています。

 

≫絵本の紹介「あさえとちいさいいもうと」

 

前作からの時間経過はおそらく1年くらいでしょうか。

あさえ6歳、あやちゃん4歳くらいかな。

 

ストーリーの方も彼女たちの成長に合わせるようにやや長めになり、より複雑な心情を描いたドラマになっています。

 

幼稚園から帰ってきたあさえと友達のひろちゃん(筒井さんと林さんの別作品「とんことり」に登場する女の子です!)。

あさえの人形「ほっぺこちゃん」で遊ぶ約束だったのに、ほっぺこちゃんが見えません。

また、あやちゃんの いたずらだ

あさえが怒ってあやちゃんを呼ぶと、お母さんがぐったりしたあやちゃんをおんぶして出てきます。

お母さんはあやちゃんを病院に連れて行きますが、入院することになって、パジャマやタオルを取りに帰ってきて、また出かけて行きます。

盲腸の手術と聞き、動揺するあさえ。

 

その不安を反映するように空が暗くなり、雨が降り出しそうになり、ひろちゃんは帰ってしまいます。

稲妻が光り、激しい雨が降り出します。

 

あさえはほっぺこちゃんを抱きしめて、一人でお父さんの帰りを待ちます。

ほっぺこちゃん ほっぺこちゃん あやちゃんは だいじょうぶよね……

 

やがてお父さんが帰ってきて、あさえと二人だけで夕ご飯を食べます。

病院からお母さんの電話で、あやちゃんの手術は無事に終わったことが告げられます。

明日のお見舞いに何を持っていこうかと思案するあさえ。

折り紙を折り、手紙を書きます。

あやちゃんが、もっとよろこぶものって、なにかしら……

考え続け、あさえはついに答えを見つけます。

そして次の日。

あさえがあやちゃんのお見舞いに持って行った紙包みの中には、大切な人形のほっぺこちゃんが入っていました。

 

おねえちゃん、ほっぺこちゃんを くれるの? あたしに? ほんとう?

喜ぶ妹に、あさえは「ちからをいれて うなずきました」。

 

お母さんはあさえの肩を抱いて、

あさえちゃん、たったひとばんで ほんとうに おおきな おねえさんに なったのね

 

★      ★      ★

 

今さら言うまでもないことですが、林さんの画力、特に小さな子の微細な表情を捉える筆の見事さには恐れ入るばかりです。

お母さんの指摘したとおり、あさえはたった一晩のうちに大きく成長します。

 

その内面の変化が、表情や佇まいにも表れています。

あやちゃんへのお見舞いを考えるあさえの横顔のカットは、幼さを残しながらも情緒的な成長を遂げようとしている少女を的確に捉えています。

これはとても難しい絵だと思うのです。

 

年の近い兄弟や姉妹は、どうしても上の子が我慢を強いられることが多いかもしれません。

あさえも、普段はあやちゃんを可愛がりつつも、自分の人形を使われることを嫌がっていたのだと思います。

いくらお姉ちゃんだって子どもですから、自分のものは自分のものとして、妹に渡したくはない気持ちは当然でしょう。

 

それを乗り越えて、あさえは大切なほっぺこちゃんを妹に贈るのです。

誰に強制されたわけでもなく、自分の考えで。

 

自分よりも小さな者、弱い者に対して「譲り、贈る」行為ができた時、あさえはこれまでにない喜びを感じたことでしょう。

 

……それにしても立派な子です。

ついつい自分の息子と比べてしまいますね。

兄弟がいないせいかなあ。

 

さて、例によって林さんの「遊び」として、病院には、他作品の登場人物がいます。

探してみてください。

よくよく見ると、彼女たちも大きくなっているような……。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

あさえの美少女度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「いもうとのにゅういん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ピン・ポン・バス」【266冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は「ピン・ポン・バス」を紹介します。

作:竹下文子

絵:鈴木まもる

出版社:偕成社

発行日:1996年10月

 

私は公共交通機関が苦手で、あまり利用しません。

特にバスを個人的に利用することなどほとんどありませんでした(どこに連れて行かれるのか全然わからないから)。

 

バスのありがたさが初めてわかったのは息子が生まれてからです。

便利だし、安いし、息子も喜ぶし。

 

バス絵本はいつの時代も人気ですが、この「ピン・ポン・バス」は、乗り物の仕組みや構造に特化した絵本とは違い、バスという共同体の中のドラマを見せてくれます。

それが実に人情味豊かで、懐かしくて、温かい。

花見駅」という架空の駅前のバス停から出発して、だんだんと田舎の方を走る「ピン・ポン・バス」。

乗る人、降りる人のそれぞれの日常や生活が垣間見えます。

 

おじいさんがタラップを降りるのを助けてくれる乗客、ペットの犬に近寄る小学生たち、散乱した荷物を拾ってあげる人々。

そしてお約束的な、乗り遅れた人を待ってあげる運転手さん。

この運転手さんはただバスを運転するだけではなく、ひとりひとりのお客さんに向き合って仕事をしています。

忘れ物を走って届けてあげたり、子どもに手を振ったり。

 

こういう運転手さん、今もいるのでしょうか。

都会では時間に急き立てられて、こうした余裕もないのでしょうか。

終点に近づくと、あたりはすっかり田舎。

夕暮れの山道を、ピン・ポン・バスは折り返して帰って行きます。

帰りはどんな人が乗るのかな、と想像しながら。

 

★      ★      ★

 

作者の竹下さんと鈴木さんはご夫婦です。

この他にも多数の絵本を共作しています。

 

二人の息子さんが乗り物マニアで、図鑑ばかりを読まされるのが退屈になった竹下さんが「お母さんも楽しめるような乗り物絵本があれば」と考えたことが「ピン・ポン・バス」を作るきっかけになったそうです。

 

心温まる人情ドラマを軸にしつつも、鈴木さんが細部にわたるバスの描写を描くことで、乗り物好きの子どもの好奇心も十分に満たされます。

最終ページには運転席の図解つき。

 

それに、乗客ひとりひとりの行動や、どこで乗ってどこで降りているかなどを追うのも面白いです。

バスの広告にあるペットショップも、ちゃんと作内に登場してますし。

 

鈴木まもるさんは、絵本作家としての仕事の他に、鳥の巣研究家という変わった顔も持っています。

また、今年亡くなられたかこさとし先生の最後の絵本「みずとはなんじゃ?」では、絵を描くことも困難になったかこ先生に代わり、鈴木さんが絵を任されています。

こちらは、今年の秋ごろに小峰書店より刊行予定です。

待ち遠しいですね。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

ほっこり度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ピン・ポン・バス

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ちいさな島」【265冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は1947年度コールデコット賞を受賞した「ちいさな島」を取り上げます。

作:ゴールデン・マクドナルド

絵:レナード・ワイスガード

訳:谷川俊太郎

出版社:童話館

発行日:1996年9月10日

 

作者のゴールデン・マクドナルドさんって誰?

と思ったら、カリスマ絵本原作者、マーガレット・ワイズ・ブラウン御大のペンネームのひとつでした。

 

ブラウンさんについては過去記事で何度か触れましたので、詳しくはそちらをご覧ください。

 

≫絵本の紹介「おやすみなさいおつきさま」

≫絵本の紹介「ぼくにげちゃうよ」

 

そして、絵師のレナード・ワイスガードさん。

ブラウンさんとの共作が最も多い作家さんではないでしょうか。

ブラウンさんの詩的な文章に、美しく印象的なイラストを描いた絵本を多数発表しています。

 

さて、この「ちいさな島」ですが、ちょっと変わった構成になっています。

前半は「ちいさな島」の自然や情景を、歌うように描写します。

言葉も絵も美しいですが、どちらかというと淡々とした写生で、詩のような絵本なのかな、と思わせます。

魚や野花、ロブスターやアザラシ、カワセミやカモメなど、島を取り巻く生き物たち。

 

しかし後半、いっぴきの子猫が家族(人間)と一緒に島にピクニックに来ると、それまでの写生風の記述は終わり、なんと「ちいさな島」と子猫が会話を始めます。

ちなみにこの猫だけはデフォルメされて描かれています。

 

子猫と島との会話は、どこか哲学的なテーマを含んでいます。

子猫は自分も小さな島のようなものかもしれないが、「ぼくは この おおきな世界につながってる」と、島との違いを挙げます。

 

しかし島は「わたしだって そうだ」と言います。

子猫は「いいや ちがうね」「水にうかんで、きみは じめんから きりはなされている」と反論します。

島は「さかなに きいてごらん」。

そこで子猫は魚を捕まえて、脅迫混じりに質問します。

魚は海の底でどんなふうにすべての地面が一つにつながっているかを語ります。

 

子猫は目を輝かせ、魚の言ったことを信じます。

 

子猫が帰った後、また本文は島の自然描写に戻ります。

そして最後に、印象的な一文で締めくくります。

 

★      ★      ★

 

自然賛歌的絵本ですが、同時に自己や生命についての哲学的命題も含んでいます。

 

子猫は「自分」と「世界」を切り離して考え、「足の裏」(あるいは毛皮)で世界と繋がっていると思っています。

それは自我が芽生え始めた子どもの素朴な認識です。

 

しかし一方に小さな島を一個の生命として対比させることにより、子猫の考える自分と世界との「境界線」は揺らぎます。

 

ここでは島が自我を持っているように描かれていますが、島の生命を形成するものは、作中に繰り返し登場するたくさんの生き物たちや、緑や、岩であると考えられます。

そうすると逆にまた、子猫を構成している毛皮や目や耳や尾、細胞のひとつひとつも、生命であると気づきます。

 

それらは子猫にとっては意思を持たないような存在でありながら、確かに自分の一部なのです。

子猫は自分が独立した存在であると同時に世界と繋がっているということを無邪気に信じていましたが、大きく考えれば、生命そのものには境界線がないとも言えます。

 

宗教的な話になってしまいますが、ここで重要なのは、こうした思考によって子猫(=子ども)の認識レベルのステージが上昇したということです。

子猫は島との対話を経て、確実に成長するのです。

 

それは別に「島が水に浮いているわけではない」という科学知識をひとつ覚えたというような次元の話ではありません。

「この世界は自分の見たまま・感じたままの範疇に収まっている」という子どもらしい素朴で傲慢な認識から脱却し、知性の射程を広げたということです。

 

子猫は魚の語ることを「信じる」ことによってその成長を成し遂げます。

それは盲信的態度ではなく、真実への「畏怖」と自分の無知を受け入れる「敬虔さ」です。

 

現代では宗教というのは敬遠されがちですが(無理もないとは思いますが)、子どもの成長に関して宗教が果たすべき役割とは、本来的には上記のような感情を育成することではないかという気がします。

 

科学は素晴らしいものだし、重要なものですが、科学知識だけでは「人間性」は達成されません。

絵本の持つ力や役割というのも、そのあたりにあるのではないでしょうか。

 

推奨年齢:5歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

考えさせられる度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ちいさな島

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com