【絵本の紹介】「スモールさんののうじょう」【218冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

若者が農業・漁業・林業などに興味を持たない時代が続き(かく言う私もその世代ですが)、人手不足が深刻になっています。

しかし、華やかな職業ばかりに人気が集中した時代は(現実の生活が苦しくなるにつれ)そろそろ終わりを告げ、「農業をやりたい」という若い人が、少しずつ出てきているらしいです。

 

凄まじい早さで盛衰を繰り返すネット時代の仕事に疲れ、文字通り地に足を付けた仕事をやって充実感を得たいという願望は理解できます。

でもまあ、実際にやってみるとなると、そりゃあもう大変な仕事でしょう。

いくら農業機械が進化したといっても。

 

それに、現実的にはお金の問題、家族の問題、周辺環境の問題、後継者の問題などが山積しています。

よほどの覚悟がないといい加減な気持ちではできません。

 

けれど、やっぱり必要な仕事です。

地方創生とかなんとか言ってますけど、政治家たちは誰も真面目に取り組んでいるようには思えません。

 

さて、今回紹介するのはそんな業界の頼もしい味方「スモールさんののうじょう」です。

作・絵:ロイス・レンスキー

訳:渡辺茂男

出版社:福音館書店

発行日:2005年3月20日

 

「スモールさん」の絵本、このブログで取り上げるのは「ちいさいじどうしゃ」以来、かなり久々の登場です。

 

≫絵本の紹介「ちいさいじどうしゃ」

 

「スモールさん」が毎回何かの運転士として活躍する「ちいさい〇〇」シリーズとはちょっと違い(やっぱり乗り物には乗りますけど)、今作では農場主としての仕事が描かれます。

家畜の世話。

トラクターで牧草地を掘り起こす。

収穫から販売まで、スモールさんは一人でこなします。

どんな超人的体力ですか。

しかもこの涼しげな顔。

 

レンスキーさんの淡々とした説明文はいつもの通りです。

読み聞かせる大人にしてみれば退屈ですらあるこの単調さ。

しかし、これが子どもたちには非常に好まれる文体なんですね。

 

子どものあくなき好奇心や、どんなことでも知りたいという欲求。

それは大人には到底及ばないほどの強さで、ほとんど渇望と呼んでいいくらいのものです。

 

その一つ一つに、丁寧な文と絵で答えてくれるのですから、子どもにとってこんなに真摯な作品もないわけです。

我々大人は、ついつい子どもの質問を適当にあしらったりしてしまいがちです。

レンスキーさんの絵本は、子どもの問いに正面から答えることの大切さを教えてくれます。

 

見返しには空から見た農場の全体図なるものも描かれ、スモールさんがどこでどう仕事をしているかまでがわかるようになっています。

 

それにしても、スモールさんの万能ぶりには毎回感心してしまいますね。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

スモールさんの多忙度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「スモールさんののうじょう

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「つるにょうぼう」【217冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

久しぶりに昔話絵本を紹介しましょう。

つるにょうぼう」です。

再話:矢川澄子

絵:赤羽末吉

出版社:福音館書店

発行日:1979年10月25日

 

冬の定番としてなじみ深い昔話です。

昔話というものは地域によって様々な話型に分かれるものですが、この物語は大きく「鶴女房」verと「鶴の恩返し」verに分けられます。

 

どちらも怪我を負った一羽の鶴を主人公が助けるところは同じですが、「鶴の恩返し」では主人公が翁、「鶴女房」では若者となります。

その後、鶴が美しい娘に化けて訪ねてきて、自らの羽を抜いて機を織り、恩を返すのですが、最終的には主人公が「見てはいけない」という約束を破ってしまい、正体の知れた鶴は飛び去ってしまう……というのが、概ね共通したあらすじです。

 

両者の一番の違いは、「鶴女房」verではタイトル通り、主人公と鶴が結婚する異類婚姻譚である点でしょう。

悲恋的要素が加わることで、より切ないラストとなります。

 

今回取り上げる「つるにょうぼう」は、再話は「ぞうのババール」シリーズなどの翻訳も多数手がける矢川澄子さん、絵は安定の赤羽末吉さんが担当しております。

最後の鶴が飛び去って行くシーンは、赤羽さん渾身の見開きカットで描かれ、非常に印象深い美しさを放っています。

貧しい独身男「よ平」が、翼に矢を受けた鶴を介抱してやります。

赤羽さんは雪の絵にはなかなかこだわりがあるようです。

 

その夜、「品よく、美しい」むすめが、よ平の家を訪ねてきて「女房にしてくださいまし」。

普通ならどう考えても新手の結婚詐欺を疑うところですが、いつの時代も男は美人に弱いのか、はたまた鶴の魔力か、雪のせいか、よ平はあっさりむすめを家に入れます。

 

それからよ平は幸せな新婚生活を送りますが、貧乏は変わらず、二人が食うのもやっと。

そこでむすめは自分に機を織らせてくれるよう、よ平に言います。

ただし、「けして のぞき見なさいませんように」と妙な条件を出されます。

 

三日三晩かかって織り上げられた一反の布は、驚くばかりの美しさでした。

織物は町で高く売れました。

 

しかしそのお金も底をつき、むすめは「もう一どだけ」と機を織ります。

出来上がった織物はさらに美しい輝きを帯びていました。

しかし反対に、むすめはやつれた痛々しい風情となっています。

 

この織物のことを知ったとなりの男が、よ平にある提案を持ちかけます。

都のお大尽のところへ織物を持って行って売れば、もっと儲かるというのです。

 

この話を聞いたむすめは、

なんでそんなにお金がいります

ふたりして暮らせさえすれば、十分ですのに

 

この言葉に、この絵本の核があるように思います。

 

しかし結局むすめは機を織ることになります。

これが最後で、そしてやはりのぞき見をしないことを条件として。

しかし、よ平はついに好奇心に負けて禁忌を犯してしまいます。

そこで目にしたものは、血にまみれながら自分の羽を引き抜いて機にかける鶴の姿でした。

 

むすめは自分の正体がいつか助けられた鶴であることを明かし、知られた以上人間界には留まれないとして、出来上がった織物を残して飛び去ります。

どうぞ、末長く、おしあわせに

と言い残して。

 

★      ★      ★

 

「見てはいけない」という類型の物語は、世界中の昔話に登場します。

古くは聖書の中にもあります。

 

見てはいけないと言われると見たくなるのは人間の性。

真実に近づくことと、幸福になることは両立しないのでしょうか。

 

おそらくは、真実を知ろうとすれば、それに相応しい準備が必要なのでしょう。

つまり、単純な好奇心や、我欲に負けて真実に近づけば、人は何かを失うということなのかもしれません。

 

バッドエンドとまでは言わずとも、少なくともハッピーエンドとは呼べないような昔話はたくさんあります。

それらを単に「悲しいおはなし」と片付けてしまうのではなく、そこから様々な感情を呼び起こしたり、考えたり、美しさに触れたりすることが、昔話絵本を読む上で大切なことであり、読み聞かせる側もそこを意識することが大事です。

 

昔話を単に教訓的な話型に落とし込むようなことをしても、子どもがそこから学ぶことは表面的な薄っぺらい倫理観だけです。

そんなものよりも、この絵本のラストのページをじっと見ることの方が、よほど深い部分で情緒に働きかける力となるでしょう。

 

推奨年齢:5歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

最終シーンの美しさ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「つるにょうぼう

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ゆきのひのうさこちゃん」【216冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

大阪も寒いですが、首都圏の方は雪で交通規制やら何やら、大変そうですね。

しかし、雪を見て喜ぶ子どもたちの姿はいつの時代も変わりません。

 

まあ、SNSなどで競い合うように雪の写真を投稿しているのを見ていると、今は大人の方がはしゃいでいるような気もしますが。

 

今回は名作シリーズより冬の絵本を選びました。

ゆきのひのうさこちゃん」を紹介します。

作・絵:ディック・ブルーナ

訳:石井桃子

出版社:福音館書店

発行日:1964年6月1日

 

前回紹介した「うさこちゃんとうみ」では衝撃のトップレス水着姿を披露したうさこちゃんですが、今回はコートに帽子にマフラー、長靴、手袋としっかり寒さ対策をしています。

 

≫絵本の紹介「うさこちゃんとうみ」

 

長い耳がすっぽり入る帽子がとってもキュートです。

マフラーや長靴、手袋の色と合わせて、二色のみでコーディネートしたセンスが素晴らしい。

うさこちゃんの年齢は、描かれる作品ごとに微妙に違っているようです。

この作品では、6歳くらいかな。

 

一人でそり遊びやスケートもこなしています。

そして、寒さに震える小鳥のために、涙を流すことも。

自分以外の誰かを想って泣けるほどに情緒が成長している証です。

 

さらには、かなづちや木切れで小鳥のために立派な家を作ってあげることまで出来るのです。

最初と最後のページは、共にうさこちゃんが家の窓から外を見るカットですが、うさこちゃんの位置が左右違っていたり、服が寝巻に変わっていたり。

 

衣装替えを楽しむこともできる一冊です。

 

★      ★      ★

 

おしゃまなうさこちゃんの語り口調の数々。

倒置法を用いた詩的表現。

ほら ごらんなさい まどから そとを

ゆきが ふったわ あんなに たくさん

 

今回も石井桃子さんの訳文が冴えわたっています。

他の訳者さんだと、うさこちゃんのキャラクターはまた全然違った印象になっているのではないでしょうか。

 

いってまいります」とか、どこの令嬢ですか。

うさこちゃんが、両親のふわふわさんたちに大事に大事に育てられていることが伝わってきます。

……さすがにもう、例の水着は着てないでしょうね。

 

推奨年齢:1歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

うさこちゃんのDIY能力度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ゆきのひのうさこちゃん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com