絵本の紹介「こぐまちゃんおはよう」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

古本屋をやっていると、本当に人気がある絵本がよくわかります。

そんなロングセラーシリーズ「こぐまちゃんえほん」より、第一作「こぐまちゃんおはよう」を紹介したいと思います。

同じ国内の人気シリーズでも、「ぐりとぐら」よりも、もっと小さな子どもに向けて作られています。

太い線、ぬいぐるみのようなキャラクター、はっきりした色使い。

明らかに「ミッフィー」シリーズの作者、ディック・ブルーナの影響を受けているとわかります。

 

このシリーズは絵を担当している若山さんのほか、「こぐま社」の創立者である佐藤英和さん、歌人の森比佐志さん、児童劇作家の和田義臣さんら四人による合作です。

佐藤さんが、ブルーナの描く「子どもがはじめて出会う本」の日本版を作りたいという想いから、こぐま社を代表するシリーズとして「こぐまちゃんえほん」を誕生させたそうです。

ですから、ブルーナの影響が色濃く出ているのは当然とも言えます。

赤・青・黄といった原色ではなく、中間色を用いているところに「和」を感じますね。

こぐまちゃん(2歳)の一日の生活を描きます。

起きて、顔を洗って、ご飯を食べて、遊んで……。

そのひとつひとつのシーンに、作者の4人が話し合い、合意を得てから制作に入るという熱の入れようです。

 

佐藤さんが特に気に入っているという、こぐまちゃんがうんちをする場面。

最も美しい排泄シーン」だとか。

 

これを見て、自分もおまるでうんちをしたがる子どもが続々現れたそうです。

……が、もちろん例外はあります(我が家のように)。

 

作家にとって、子どもは最も率直で、最も手ごわい読者と言えます。

大人の目はだませても、子どもの目はだませないのです。

それを知っている人々が作ったからこそ、内容はもちろんのこと、印刷、製本に至るまで、こだわり抜いて完成された絵本となっています。

まさに「子どもがはじめて出会う本」にふさわしいシリーズと言えるでしょう。

 

 

■「こぐまちゃんえほん」の中でも一番人気の「しろくまちゃんのほっとけーき

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

 

 

 

絵本の紹介「ぞうのババール」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は「ぞうのババール」を紹介します。

1931年に発表されて以来の人気シリーズで、アニメ化もされています。

主人公であるババールが、ジャングルからパリへ逃亡し、そしてぞうの王国を作って王様となり、子どもを育て……といった壮大なスケールのファンタジーですが、これはその子どものころの話を描いたシリーズ第一作です。

 

しかし、一部では批評の的にもされています。

内容が政治的で、植民地政策を肯定するように捉えられるというのです。

 

私はその点はあまり深く考えずに読みましたが、それとは別のところで引っかかる部分がありました。

それは後述するとして、まずはざっとストーリーを追いましょう。

ジャングルで母親と幸せに暮らしていたババールですが、母親はある日狩人の銃弾によって斃れてしまいます。

ババールは必死に逃げて、パリの街へたどり着きます。

 

初めての街に興奮するババール。

そこで「ぞうのきもちなら なんでもわかる 大がねもちの おばあさん」に出会って、服や車を買ってもらい、何不自由ない暮らしを手に入れます。

しかし、やはりジャングルが恋しいババール。

そこへ、いとこのアルチュールとセレストが訪ねてきます。

 

ババールは彼らとともにジャングルに帰ることにします。

ちょうどそのころ、ジャングルでは王様ぞうが毒キノコにあたって死んでしまい、後継者問題が浮上していました。

そこへきれいな服を着て、立派な車に乗って帰ってきたババールを見たぞうたちは、彼を新しい王様にすることにします。

 

ババールはセレストを妃として迎え入れ、盛大な結婚式のあと、気球に乗って新婚旅行に出かけます。

 

……と、ここまでが第一作のおはなし。

 

どうです、この清々しいまでのご都合主義。

 

ぞうのきもちなら なんでもわかる 大がねもちの おばあさん」に、欲しいものは何でも買ってもらえるんですよ。

ジャングルが恋しくなると、どこでどう知ったか、いとこたちが遊びに来て、ジャングルに帰ると、ちょうどそのタイミングで王様が死んで、周りが勝手にババールを新王として奉ってくれるんですよ。

 

もちろん、絵本にはご都合主義も大いに認められていますが、さすがにここまでくるとギャグの領域です。

絵もかわいいし、楽しくて幸せなお話なんですが……。

 

私が引っかかったのは、やはり冒頭の母親ぞうの死です。

突然に訪れる不幸。

それも、子どもにとって最も重大で最も悲しい、母親の死です。

それが、あんなに軽いタッチで、あまりにもあっさりと描かれているのは、どういうことでしょう。

 

それだけの衝撃のあとで、ババールはこれまたあっさりと街の面白さに我を忘れ、浪費を楽しんでいるのです。

それも子どもの特権と言えばそうなのですが……。

 

ともかく、私にとっては、母親の死についての冷淡さが、そのあとのご都合主義を、子どものための物語というより、大人の、ややブラックなユーモアに見せてしまうように思えたのです。

 

しかし、この絵本の裏側を調べて、その気持ちは変わりました。

 

作者のジャン・ド・ブリュノフさんには、マチューとロランという二人の子どもがいました。

幼い二人を楽しませるために、妻のセシルさんが作った小さな象のおはなしを原点にして、「ババール」が生まれたのです。

 

実は、ブリュノフさんは当時、結核にかかり、自らの余命がいくらもないことを知っていたそうです。

そんな状況で誕生した「ババール」シリーズは、1931年の第一作から、1937年にブリュノフさんがわずか37歳で亡くなるまでに、ほとんど一年に一冊というペースで描かれ続けたのです。

 

彼を創作に駆り立てたものは、まだ幼い二人の子どもを残してこの世を去らなくてはならない父親としての、命がけのメッセージではないでしょうか。

 

そう考えてみると、あの少々趣味の悪いユーモアに思えた「ババール」におけるご都合主義の数々が、違ったものに見えてきたのです。

 

人生には、突然の、避けようもない不幸が存在する。

しかしそれでもなお、人生は楽しく、幸せに満ち溢れている。

だから、不幸に打ちひしがれることなく、人生を思い切り楽しみなさい。

 

ブリュノフさんが死の間際まで描き続けた「ババール」に込められたのは、そのような、子どもたちへの極上のエールだったのではないでしょうか。

 

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

 

 

絵本の紹介「おおきなかぶ」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむ店主です。

 

絵本にはよく、繰り返しのリズムが登場します。

幼児にとって、繰り返しはどんな意味を持つのでしょう。

 

何かが一度起こる。

次に、少し形を変えて、同じことが起こった時、これはもはや偶然ではないことが、幼い子どもにもわかります。

さらに3回、4回と繰り返されることで、今度は先回りして展開を読もうとする意識が働きます。

その予想が違わず、思った通りのことが起こった時、子どもは深い歓びを経験するのです。

 

別に不思議なことではありません。

人間の探求心とは、本来的に、この世界のパターンを理解したいという欲求です。

自分を取り巻く世界がある法則に貫かれており、自分もその一部であると認識するとき、人はその法則を美しく感じます。

それは子どもでも同じことです。

 

今回はそんな繰り返しのリズムがある名作絵本を取り上げたいと思います。

「こどものとも傑作集」から、「おおきなかぶ」です。

おじいさんが植えたかぶが、とてつもない大きさになります。

おじいさんはかぶを引き抜こうとしますが、抜けません。

おじいさんはおばあさんを呼び、おばあさんは孫娘を呼び、孫娘は犬を呼び……

そのたびにみんなで「うんとこしょ どっこいしょ」と、掛け声を合わせてかぶを引っ張ります。

この文章のリズムがとても心地よいです。

最後にとうとうかぶが抜けると、それまで地中に埋まっていた部分が現れますが、子どもはその大きさや形状が、頭に思い描いていたものと同じかどうか、しっかり確認しています。

そこで絵本を閉じ、表紙絵に戻ってあげましょう。

抜けたかぶを担いで家に戻るおじいさんたちを見て、子どもは満足感を覚え、そしてまた初めから読んでもらいたくなるのです。

 

文章と一体となった絵が、また素晴らしいです。

この絵本を読み聞かせていると、子どもが、一緒になってかぶを引き抜こうとする動作をしていることがあります。

それだけ子どもを引き込む力が、この絵にあるということです。

 

絵を描いている佐藤忠良さんの本職は彫刻家です。

シベリアで抑留生活を経験したこともある佐藤さんに、「こどものとも」編集長の松居直さんが、是非と挿絵をお願いしたそうです。

 

佐藤さんは鏡に向かって引っ張るポーズをしてはデッサンを繰り返し、どうしても押しているように見えてしまうと、何度も何度も描き直したそうです。

そんな苦心の末に完成しただけあって、ロシアの農民の生活が生き生きと伝わる、本当に力強い生命が溢れた絵になっています。

そして、文字の読めない子どもでも、絵だけを追って十分に物語を「読める」絵本に仕上がっています。

 

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com