絵本の紹介「ノンタン!サンタクロースだよ」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

早いもので、気づけば今年も12月。

え、2016年終わるの?

ついこの間年賀状書いたような気がするんですけど。

 

月並みですが、年々時の流れは速くなっていくみたいです。

しかしその一方で、子どもが生まれた時のことは、わずか3年前のことなのに、遥か遠い過去のように感じます。

あの子がいない生活って、どんな感じだっけ。

 

さて、というわけで、もう今年のクリスマスも目前に迫っています。

我々にとって、年中行事は次々と過ぎ去っていく慌ただしいものに過ぎませんが、子どもにとってはひとつひとつが新鮮で、歓びと楽しみに満ちたイベントでしょう。

えほにずむでは、この時期に人気のクリスマス絵本をUPしました。

このブログでも、クリスマス特集ということで、クリスマス絵本を紹介していこうと思います。

 

第一回は「ノンタンあそぼうよ」シリーズより、「ノンタン!サンタクロースだよ」(作・絵:キヨノサチコ、偕成社)を紹介します。

最近はハロウィンの方が盛り上がりが凄いみたいですが、やっぱりサンタさんの存在力は子どもにとっては大きいでしょう。

親の立場になれば、また違うクリスマスの楽しみ方というものが見えてきます。

 

私は子どものころ、「ノンタン」シリーズの中でもこの絵本が一番好きでした。

赤と白のクリスマスカラーの表紙は今でも、特別な一日を連想させます。

クリスマスに赤い自動車が欲しくて、直接サンタさんにお願いしにいくノンタン。

意外に簡単に会えてしまいますが、このサンタさんはうさぎサンタ。

ねこのプレゼントは持っていないそうです。

 

知りませんでした、そんなルール。

 

その後も色んなサンタが登場し、空を見上げるとサンタのパレード状態。

金魚鉢で移動するさかなサンタや、アザラシの引く流氷に乗ったペンギンサンタ、小さなクモサンタなど、それぞれに個性があり、このシーンは本当に何度見ても楽しいです。

 

でも、ねこのサンタは見つかりません。

とうとうノンタンは疲れて木の根元で眠ってしまいます。

 

すると……。

やっぱり、目を覚ましたこの瞬間こそが、クリスマスの一番の楽しみですよね。

 

〽ねたら、サンタは やってくる

〽ねんね ねん ねん、また らいねん!

 

過去記事≫絵本の紹介「ノンタンぶらんこのせて」

 

■えほにずむでは、その他の「ノンタンあそぼうよ」シリーズ作品も多数取り扱っております。

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

読み聞かせ以外の時間も大切に・・・

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

読み聞かせ育児について、これまでも色々と書いてきましたが、別に我が家では子どもを絵本に縛り付けているわけではありません。

 

むしろ、絵本以外の遊び時間のほうがずっと長いです。

お絵かき、ブロック遊び、電車遊び、そして外遊び。

TVはほぼ見ません(電車の動画DVDくらい)。

 

お絵かきに関しては、1歳のころに散々床や壁やドアに落書きされました。

最近になって、やっとスケッチブックの範囲内に収まる絵を描いてくれるようになりました。

カタカナも書きます。

 

≫絵本の紹介「くれよんのくろくん」

ブロックは1歳のころに買いましたが、まあ、主にこちらが色々作らされます。

だいたい乗り物中心です(いつもパーツが足りなくて苦労します)。

 

絵本を読んでいてもしょっちゅう、絵本の中に登場する物を「作るの!」と命じられます。

いたずらきかんしゃちゅうちゅう」を読んだときなど、「ちゅうちゅう」「炭水車」「貨車」「客車」「小さい駅と大きい駅」「トンネル」「跳ね橋」「踏切」「操車場」「石炭船」「貨物列車」「最新式の機関車」「起重機」を作らされ、そのたびに絵本は中断。

目の前は劇場。

読み終えるのに一時間かかりました。

何度「お前が作れ!」の声を飲み込んだことか。

 

≫絵本の紹介「いたずらきかんしゃちゅうちゅう」

 

外遊びは、基本的に近所の公園です。

一度行くと、なかなか「帰る」と言ってくれません。

夜の7時を過ぎると、ほとんど貸し切り状態です。

 

息子を見ていてつくづく思うのは、子どもというものは、大人よりも遥かに真剣に「今を生きている」のだということです。

私などは、何をしていてもすぐに疲れて眠くなってしまいます。

「明日も早いしなあ」などと考えると、楽しめなくなります。

 

「今を生きる」ということは「明日はない」と思うことであり、「明日死ぬ」くらいのつもりで「今日を精一杯生きる」ということです。

子どもが時間の概念を持つのは10歳前後らしいですが、大人には及びもつかない密度の「今日」を生きている子どもにとって、「明日」などという遠すぎる未来のことなど考えている暇はないのかもしれません。

 

少なくとも息子は「明日があるさ」とは微塵も考えていないようです。

息子「〇〇するの!

私「あとでね

息子「今なの!

という会話に、時々はっとさせられたりします。

 

……だからですかね。

どんなに眠たくても絶対に寝ようとしないのは。

 

≫絵本の紹介「ねないこだれだ」

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「あくたれラルフ」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は、いたずら盛りの男の子がいる家庭にぜひおすすめの一冊を紹介します。

あくたれラルフ」(作:ジャック・ガントス、絵:ニコール・ルーベル、訳:いしいももこ)です。

この見るからに悪そうな表情の猫がラルフです。

「あくたれ」なんて、あまり耳にすることのない単語ですが、この猫を呼ぶのに「いたずら」とか「やんちゃ」なんて可愛らしい言葉では全然ふさわしくありません。

原題は「ROTTEN RALPH」。

「ROTTEN」を辞書で引くと、「腐った、堕落した、ひどく不愉快な……」(こっちのほうがひどいですね)。

 

では、ラルフのあくたれぶりを見てみましょう。

ラルフの飼い主はセイラという女の子。

いつもラルフのあくたれの被害に遭っています。

 

人形の首をもがれ、乗っているブランコを切り落とされ、パーティーをめちゃめちゃにされ……。

 

また、セイラのお父さんやお母さんも、ラルフには散々手を焼かされています。

お父さんの大事にしているパイプでしゃぼん玉を吹かしたり、お母さんの可愛がっている鳥を追い回したり、夕食のテーブルに自転車で突っ込んだり。

 

なんというか、ここまでやりたい放題だと、ちょっとあっぱれな気もします。

でも、もちろん、当事者のセイラたちはたまったものではありません。

いつも忍耐の限界ギリギリのラインで生活しています。

 

ある日、家族そろってサーカスを見に行きますが、公共の場でもラルフのあくたれはとどまることを知りません。

とうとうぶちきれた家族は、ラルフをサーカスに置き去りにして、家に帰ってしまいます。

 

そこからラルフの受難の日々がはじまります。

サーカスでこき使われ、逃げ出した先では生ごみの中で眠り、病気になり……。

 

とうとう泣き出したラルフを、セイラが見つけ出してくれます。

セイラはずっとラルフを探し回っていたのです。

家に帰ると、お父さんは「ラルフ、おまえが いなくて さびしかったよ」と言い、ラルフは再び家族に迎え入れられます。

 

もう二度とあくたれはしまい、と思うラルフでしたが、結局……というオチ。

 

ラルフは猫ですが、ある時期の男の子そのものの存在でもあります。

衝動を抑えきれない、何度叱られても平気でいたずらをする子どもは、母親の目には理解不能の動物か怪獣のように見えるかもしれません。

 

男の子は少しくらいいたずらな方がいい、理解ある親でいたい……とは、誰しもが自分に言い聞かせるでしょうけど、たいていの場合、子どもはそんな親の限界を超えて悪さをするもの。

セイラの「ときどき あんたを かわいいと おもえなくなるわ」というセリフに、思わず共感してしまうお母さんも多いのではないでしょうか。

 

でも、その後ではやっぱり「あんたが だいすきなのよ!」と、いたずらっ子を抱きしめたくなるのも、セイラと同じかもしれませんね。

 

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com