絵本の紹介「サンタおじさんのいねむり」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

クリスマス絵本特集第7回は、「サンタおじさんのいねむり」(原作:ルイーズ・ファチオ、文:まえだ みえこ、絵:かきもと こうぞう、偕成社)を紹介します。

この絵本、もともとは1950年にルイーズ・ファチオさんが「クリスマスの森」という原題で発表した作品です。

挿絵は夫のロジャー・デュボアザンさんが担当しました(この二人の作品としては、「ごきげんならいおん」が有名ですね)。

 

その原作に、新たに柿本幸造さんが挿絵を描き、「サンタおじさんのいねむり」として1969年に初めて日本で出版されたのです。

最近になって、福音館書店がデュボアザンさんのオリジナル絵で「クリスマスの森」を出版していますが、それだけ長い時を超えて支持されている名作ともいえるでしょう。

 

クリスマスイブに、子どもたちへプレゼントを届けに出発しようとするサンタさんに、奥さんがサンドイッチと温かなコーヒーを手渡します。

しかし、

まちに つくまで たべては だめですよ。あなたは おなかが いっぱいに なると、ねむくなって しまうんですからね

と、奥さんは釘を刺します。

子ども扱いされるサンタさん。

でも、

ああ わかったよ

と、素直に頷くサンタさん。

 

サンタさんの奥さんが登場するのも珍しいですが、このあたりのやり取りは普通にそこらへんの夫婦っぽくて、実に庶民的です。

 

しかし、結局サンタさんは町に着く前にコーヒーを飲み、サンドイッチを平らげてしまいます。

そしてやっぱり、居眠り。

そこへ通りかかったきつねが状況を見抜きますが、

こんなに きもちよさそうに ねているのに、おこしてしまうのは かわいそうだな

と、優しい気遣いを見せ、一計を案じます。

 

森の仲間たちを集めて、サンタさんの代わりにプレゼントを配ろうというのです。

というわけで、動物たちの活躍によって、無事にプレゼントは子どもたちへ届けられます。

 

朝になって目を覚まし、慌てるサンタさんですが、雪の上を見ると、動物たちのメッセージが……。

 

わかりやすく、心温まる、善意に満ちたお話です。

「どうぞのいす」で知られる柿本さんの、あたたかみの滲む絵も、物語にぴったりと合っています。

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「まどから おくりもの」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

クリスマス絵本特集第6回は、「まどから おくりもの」(作・絵:五味太郎、偕成社)を紹介します。

きんぎょがにげた」のような探し絵本、「みんなうんち」のような科学絵本、五味太郎さんの手掛ける作品はどれも創造性に富んだユニークなものばかりです。

 

≫絵本の紹介「きんぎょがにげた」

≫絵本の紹介「みんなうんち」

 

今回は穴あき絵本。

各画面にある窓に穴が開いていて、次の画面の一部を見ることができます。

あれは たぶん サンタクロースさん

きょうは どうやら クリスマス

あれは きっと おくりもの

という、なんだかあやふやなオープニングが、さっそく笑いを誘います。

 

ヘリコプターで登場するスタイリッシュなサンタさんですが、その仕事っぷりはかなりおっちょこちょいです。

というより、雑。

 

窓から部屋をのぞいて、

「ここは○○さんのおうち」

と即断し、おくりものをチョイスして、窓から投げ入れます。

けれども、窓から見えるのはあくまで部屋の一部。

ここが巧妙なトリックでして、ページをめくってみると予想に反した画面が広がります。

 

ねこさんだと思ったらぶたさんのパジャマの柄だったり、しまうまさんの模様だと思ったら白鳥さん兄弟の首だったり、きつねさんの耳だと思ったらわにさんの背中のとげだったり……。

とにかく次のページをめくったり、また戻ったり、楽しさいっぱいの傑作です。

 

これだけ間違いだらけでも、なんだかんだでみんな満足。

そんなあったかなラストも幸せな一冊です。

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「ぐりとぐらのおきゃくさま」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

クリスマス絵本特集第5回は、おなじみ超ロングセラーシリーズより、「ぐりとぐらのおきゃくさま」(文:中川李枝子、絵:山脇百合子、福音館書店)を紹介します。

マント姿がかわいいぐり&ぐら。

ぐりとぐら」シリーズについての考察は過去記事をお読みください。

 

≫絵本の紹介「ぐりとぐら」

 

シリーズ屈指の人気を誇るこの作品ですが、ミステリー絵本仕立てになっているのが特徴です。

そう、子どもにとって、これは初めての「推理探偵」物語になるかもしれません。

事件は謎の足跡から。

これは おとしあなじゃない。 あしあとだぞ

うん、たしかに ながぐつの あとだ

きつねかな

きつねより おおきいよ

と、ちゃんと論理的推理を進めるぐりとぐら。

足跡を追跡していくと、なぜか自分たちの家にたどり着きます。

謎が謎を呼ぶ展開。

 

玄関には巨大な長靴が、そして部屋に入ると、真っ赤なオーバー、真っ白な襟巻、真っ赤な帽子が次々に見つかります。

ヒントが小出しされるところも、ミステリーの王道です。

 

お客様は寝室にもいない、お風呂にもいない。

その時、カステラを焼くいい匂いがしてきて、2ひきが台所へ飛んでいくと、真っ赤なズボンのおじいさんが、でっかいクリスマスケーキを焼いていたのでした。

もちろん、お客様の正体はあのお方なわけですが、このおじいさん、妙に顔が若々しく、最後に衣装をフル装備するまで、一目で「サンタさん」と判別するのは難しくなっています。

そして結局最後まで「サンタクロース」という単語は出てきません。

 

もちろん、これらはすべて作者の二人による計算です。

状況証拠を積み重ねて真実に近づいていく「謎解き」の楽しみを、丁寧に構築しているのです。

 

もう一度表紙に戻ってください。

タイトルは「ぐりとぐらのおきゃくさま」。

モミの木の絵はあるけれども、飾りつけがあるわけでもなく、これが「クリスマスの絵本」であることは、初見ではわかりません。

ちゃんとネタバレにも気を使っているんですね。

 

そして、最後まで文中で明らかにされないおじいさんの正体は、子どもに「自分だけが解き明かした真実」という歓びを与えます(単なる不法侵入者のおじいさんかもしれないじゃないか、という大人の突っ込みは無視)。

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com