絵本の紹介「ねないこだれだ」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

子どもの寝かしつけ、苦労されてる方も多いと思います。

子どもの性格は十人十色。

良く寝る子(ああ、うらやましい)、寝るのを嫌がる子、様々ですが、我が家の息子は完全なる後者です。

 

赤ちゃんの頃から、本当に寝ない子でした。

3歳になる今でも、たびたび徹夜して昼夜逆転生活になります。

恐るべき耐久力です。

こっちはもう横になりたくて仕方ないんですが、叩き起こされて絵本を読まされたり、工作をさせられたり。

 

というわけで、今回紹介するのは今や伝説となったトラウマ絵本、「ねないこだれだ」(作・絵:せな けいこ、福音館書店)です。

この絵本、私自身も子どものころ、ずいぶん怖かった思い出があるもので、息子に読み聞かせるかどうか迷いました。

 

何しろ、「夜更かししていた女の子が、おばけにされて、おばけに連れ去られる」という衝撃の内容。

九時って。

現代っ子にしてみれば、まだまだ宵の口ですよ……。

せなさんの絵本はちぎり絵で作られています。

ちなみに、女の子のパジャマは封筒の裏を使ったのだとか。

このインパクトを、「寝ない子はこうなるよ!」という脅しに使って、子どもを寝かしつける親御さんもいるでしょう。

でも、個人的には、その手法は取りたくありません。

眠りに入る前の時間は、暗示にかかりやすいと言われ、非常に大事です。

できるならば素敵なハッピーエンドや、勇ましい冒険譚とともに眠りにつかせてあげたいところです。

 

しかし、作者のせなけいこさんは、このお話を、しつけのためや、怖がらせようと思って描いたつもりはまったくなかったそうです。

せなさんは1931年に生まれ、有名な童画家・武井武雄さんのもとで絵を学び、1969年、「ねないこだれだ」を含む「いやだいやだの絵本」4冊シリーズでデビューします。

 

そのころ、せなさんにはすでに結婚して母親となっていました。

「息子を喜ばせようと思って」おばけの絵本を描いたのだとか。

 

正気ですか? と言いたくもなりますが、たしかに、子どもはおばけが好きです。

「怖いもの見たさ」は、本能に根ざした感情なのかもしれません。

せなさんの絵本には「おばけ」(あと、「うさぎ」)がよく登場しますが、シンプルなデザインのおばけは、可愛くも見えるのですが、ちゃんと怖さも持っています。

そのちょっと怖いところが、「いいところ」なのだと、せなさんは語ります。

 

私たちは子どもを危険、恐怖、悲しみから可能な限り遠ざけようとします。

それは当然のことですが、しかしその一方で、子どもはそうしたものに近づこうとする意志を、たしかに持っています。

人生においてそれらは避けられぬ風であり、そして自分にはそれらを乗り越える強さがあるのだということを、子どもは生まれながらに知っているのかもしれません。

 

せなさんは、当時の絵本に登場する子どもたちがいい子過ぎて「本当じゃない」と感じていたそうです。

現実の子どもたちは、嫌いなもの、やりたくないこと、思い通りにならないことに囲まれて生きています。

だから、「いやだいやだ」なんですね。

そういう子どもたちが、「これは自分だ」と思えるような絵本を作ろうとしたら、「いやだいやだの絵本」ができたのだそうです。

 

ですから、大人の目で見ればいろいろ批判的な意見も出るかもしれませんが、せなさんにしてみれば、そんなことは関係ないのかもしれません。

だって、これは子どもに向けて作った本なのですから。

 

……というわけで、私も意を決して息子に読み聞かせました。

反応ですか?

ええ、笑ってましたよ。

もちろん、その夜も全然寝ようとはしませんでしたとも(涙)。

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「キャベツくん」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは、個人的にも好きな作家さん・長新太さんの「キャベツくん」(文・絵:長新太、文研出版)です。

ナンセンスの神様と称される長新太さん。

そのオンリーワンな作風と絵柄は一度見たら忘れられません。

 

いい加減と言えばいい加減。

意味不明と言えば意味不明。

だけど妙に印象的で、不思議と居心地が良かったりする。

そんな長新太さんの脳内世界に一歩足を踏み入れたが最後、予測不可能な謎展開に否応なしに巻き込まれて、「???」の嵐。

 

だいたい、キャベツが主役というだけで、もう普通じゃないです。

キャベツくんが あるいてくると ブタヤマさんに あいました

なにそれ、悪口? なネーミング。

おなかをすかせたブタヤマさんは、いきなり「キャベツ、おまえをたべる!」と、キャベツくんをつかまえます。

キャベツくんが「ぼくをたべると、キャベツになるよ!」と言うと、広い空に鼻がキャベツになったブタヤマさんが、立体映像のように浮かび上がります。

ブキャ!」とびっくりするブタヤマさん。

 

以後、ブタヤマさんが、

じゃあ、ヘビが きみをたべたら、どうなるんだ?

じゃあ、タヌキが……

ゴリラが……

と、質問し、キャベツくんが

こうなる!

と衝撃映像を見せる、の繰り返し。

 

その間にも、二人は道を歩き続けています。

ゾウのシーンでは、絵本の繰り返しにおいてタブーの、

だいたい わかっていたけれど

を口にしてしまうブタヤマさん。

でも、

こうしてみると、びっくりします

と、なぜか敬語のブタヤマさん。

なんか、かわいそうになってきます。

最後にはキャベツくんもブタヤマさんがかわいそうになって、レストランでなにかご馳走してあげることにします。

 

話はわけわからないけれど、地平線と空の見える構図には開放感があります。

ただ、自由に空想をふくらませ、それをそのまんま描いたような絵本です(というか、長さんの作品は全部そんな感じ)。

この「キャベツくん」はシリーズで、ほかに「キャベツくんのにちようび」など、全五冊あります。

これでもまだ、長さんの絵本の中ではまとまっている方だと思います。

 

またそのうち、もっとシュールな長さん絵本を紹介したいと思います。

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「みんなうんち」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

我が家の息子は、3歳を過ぎてもまだおむつが取れません。

「おまるでうんちしてみようか?」

と持ち掛けても、

「しないの!」

と一蹴。

焦る必要はない……とはわかっているつもりでも、何か特別な原因でもあるのかと、つい悩んでしまいます。

 

トイレ関係の絵本は山ほど読んできたのですが、絵本は気に入っても、自分自身の排泄は別物として考えているようです。

 

そう、今では山ほど出版されているトイレの絵本。

しかし、かつては「うんち」を絵本に登場させることはハードルが高かったようです。

こぐまちゃんおはよう」の中に排泄シーンを入れることについても、当時はやはり冒険だったそうです。

 

≫絵本の紹介「こぐまちゃんおはよう」

 

そうしたハードルを取り払い、「うんち絵本」に市民権を与えたのが(少々大げさかな)、今回紹介する「みんなうんち」です。

出るわ出るわ、色んなうんちのオンパレード。

「ひとこぶらくだは ひとこぶ うんち

ふたこぶらくだは ふたこぶ うんち

これは うそ!」

などの、五味太郎さんのユーモアも交えていますが、これはれっきとした科学絵本です。

登場する動物のうんちの形、うんちの仕方、それぞれの習性などがちゃんと描かれているのです。

 

動物も小さな子どもも、何一つ悪びれずに、堂々と「うんち」をします。

大人だけが、「うんち」に対して照れたり、隠したり、難しい言葉で距離を取ろうとしたりします。

子どもはそんな大人の狼狽をちゃんと見抜いているから、ことさらに大声で「うんち!」と叫ぶのです。

真面目くさった顔をしてても、みーんな「うんち」をするんだ、という事実が、なんだかおかしかったり、親しみを持てたりするから笑うのです。

 

「うんち」の話をするときは、笑ってもいいんです。

笑いながら、正しい科学知識を教えてあげればいいんです。

この絵本から、そんなメッセージが聞こえてきそうです。

 

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com