絵本の紹介「ねずみくんのチョッキ」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回も大人気シリーズ絵本を取り上げます。

30作品以上も刊行されている「ねずみくんの絵本」シリーズより、第一作「ねずみくんのチョッキ」(作:なかえよしを、絵:上野紀子、ポプラ社)です。

背景も何もない空間に、小さなねずみくん。

注意を引き付ける、うまい構図です。

 

内容の方もシンプルそのもの。

ほとんどが繰り返しの文のみでストーリーが進行し、絵だけでも十分話がわかる作りになっているため、小さな子どもへの読み聞かせにもぴったりです。

 

おかあさんが あんで くれた」赤いチョッキを着て、ちょっと得意げなねずみくん。

そこへあひるがやってきて、「いい チョッキだね ちょっと きせてよ」と頼みます。

 

あひるはチョッキを着て、「すこし きついが にあうかな?

そこへさるくんがやってきて……。

以下、同じやり取りを繰り返します。

 

王道パターンですが、この絵本の面白さを際立たせているのは、なんといっても動物たちの顔芸でしょう。

不自然な作り笑顔とポージング。

前に鏡でも置いてあるんでしょうか。

 

だんだん動物たちは大きくなり、ぞうまでが「きせてよ」と言ってきます。

いくらなんでも入らないだろうと思うのですが、このチョッキ、えらくストレッチのきいた素材で出来ているようで、無理やり着てしまいます。

結果……

変わり果てたチョッキに仰天のねずみくん。

オチのページでは、ビロンビロンに伸びきってしまったチョッキを引きずりながら意気消沈のねずみくん。

 

笑えますが、可哀そうに思う子どもたちもいるかもしれません。

(内心は嫌だけど)ちょっと友達に貸したものが、いつの間にやら回覧板みたいに回って、返ってきた時には壊れてたり、一部が無くなっていたり……。

子どもの社会では、実際にこういう事件が起こったりしますよね。

 

でも、一番おしまいのページで、ぞうくんとねずみくんが、伸びたチョッキを意外な形で利用して遊んでいる小さなコマを見て、一安心。

切り替えの早さも子どもの特権ですね。

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

「自由な子ども」を育てるということ

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

最近、「自由」について考えています。

私は、子どもには「自由な人間」に育ってほしいと願っています。

絵本の読み聞かせも、そのためにやっているつもりです。

絵本以外の時間も、その点を念頭に置いて接しています。

 

でも、「子どもを自由に」と言うと聞こえはいいですが、

ちゃんとしつけないの?

わがままに育つんじゃないの?

親の義務を果たしているの?

といった意見も出てきます。

難しいですよね。

 

私は、「自由」には二通りあると思います。

「外的な自由」と「内的な自由」です。

 

「欲望のままに、好き勝手に振る舞う」ことは、「外的な自由」です。

「外的なものから精神的に解放されている」ことが、「内的な自由」です。

 

たとえば、私を含むほとんどの大人は、自分でも気づかないような心の奥で、子どものころに刷り込まれた価値観や恐怖心や執着心といったものに、多かれ少なかれ支配されています。

そういうものを動機とした行動は本当の意味での「自由」ではないと思うわけです。

 

例を挙げれば、子どものころに親から虐待を受けた人間が、自分が親になってから我が子を虐待するケースが(悲しいことに)多くありますが、私にはこの人間が「自由」であるとは思えません。

また、厳しい親から心理的圧迫を受けて育った子どもが、見た目は道徳的に振る舞っていたとしても、その理由が「そうしないと叱られるから」とか「世間が許さないから」とかいうものであるなら、やっぱり「自由」とは言えませんよね。

そういう人間は、誰も見ていなければ、あるいは世の中が変われば、悪いことをしても平気になるかもしれません。

 

やっぱり、自分の子どもには、そういったものから解放された、「内的に自由」な人間になってほしいと思うのです。

宗教であれ、哲学であれ、武道であれ、目指すところはこの「内的自由」なのではないでしょうか。

 

しかし、

じゃあ、どう育てれば「内的に自由」な人間になるの?

と問われると、今やっていることが、果たして本当に正解なのかどうか、考え込んでしまいます。

 

どう考えても一番良いのは、親である自分自身が「内的に自由」な人間となることなのですが、まるで自信がありません。

せめて、少しでもそうなれるよう、自省する日々です。

 

それにしても、こんなことは、子どもが生まれるまでは全然考えもしませんでした。

「子どもが親を育てる」というのは真理ですね。

 

関連記事≫「3歳までに絵本を1000冊読み聞かせたら」

    ≫「絵本でつながるコミュニケーション」

    ≫「読み聞かせという英才教育」

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

絵本の紹介「ぞうくんのさんぽ」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は「ぞうくんのさんぽ」(作・絵:なかのひろたか、レタリング:なかのまさたか、福音館書店)を紹介します。

作者のお二人は兄弟です。

ひろたかさんが弟さん、まさたかさんがお兄さん。

「レタリング」って、一瞬何を担当しているのかわからないですが、文章の字体を作ってるんです。

海外の絵本なんかだと、文字も絵の一部と捉えて、作家さんが全部自分で書いてある作品が結構あります。

古典名作などを原本で読むと、それぞれの作風に合わせた字体を、苦心して作られているのがわかります。

 

日本の絵本はほとんどが活字印刷で、字体まで作る作家さんは少数派のようです。

でも、この「ぞうくんのさんぽ」では、その独特の字体と、丸みを帯びた絵柄が見事にマッチしています。

 

お話の方はいたってシンプル。

ぞうくんがさんぽにでかけると、途中でかばくん(という名の、謎の生き物)に出会います。

おや、ぞうくん。どこいくの

さんぽだよ。いっしょに いこう

せなかに のせてくれるなら いってもいいよ

いや、歩こうよ(読んでいる大人の心の声)。

 

でも、気のいいぞうくんは「いいとも、いいとも」と、あっさり承諾。

次に登場するのはわにくん。

おや、ぞうくん。かばくんのせて どこいくの

さんぽだよ。いっしょに いこう

それじゃあ ぼくも のせてよ

ぞうくんは ちからもちだね

おまえら……。

 

最後に小さなかめくんが登場。

例によって例のごとく、背中に乗ります(どうやって登ったんだろう)。

ぞうくんはそろそろ重さに耐えかねている様子。

そして行く手には池。

 

小さな子にも、この先の展開は予想できます。

絵本の王道ですよね。

 

でも、水の中でよかった。

ケガしなかったし、みんなごきげんで遊んでるし……と、子どもに安心感を与える終わり方です。

 

続編もありまして、「ぞうくんのあめふりさんぽ」「ぞうくんのおおかぜさんぽ」、そしてつい最近、10年ぶりに最新作「かめくんのさんぽ」が月刊絵本「こどものとも」から出版されました。

 

じゃあ、この「ぞうくんのさんぽ」が生まれたのっていつなの?

実は1968年。

なんと50年近く前なんです。

全然古臭く感じませんよね。

これぞアンチエイジング絵本。

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com