絵本の紹介 ホフマン「おおかみと七ひきのこやぎ」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介する絵本は、フェリクス・ホフマン作画、瀬田貞二訳のグリム童話「おおかみと七ひきのこやぎ」です。

 

誰もが知っているお話ですが、それだけに絵本も様々な形で出版されています。

その中でもこのホフマンさんの作品は、完成度が高く、国際的にも最も評価されています。

 

全体を通して言えることは、作者が「子どもをなめていない」という点です。

 

登場する動物たちはもちろん擬人化されているものの、必要以上に単純化されたり、可愛らしくキャラクター化されてはいません。

このバランス感覚が見事で、メルヘンとは本来こういうものではないかと思います。

ホフマンさんは構図の使い方が群を抜いて素晴らしい作家で、何気ない空白や登場人物の立ち位置まで、物語を盛り上げるために効果的に計算されています。

おおかみが侵入してくる最重要シーンにおいても、画面左側におおかみを配置し、真っ先に視線をそこへ誘導しておいて、右へと絵を追っていくと、子やぎ達が次々に隠れる様子が、臨場感たっぷりに伝わる仕掛けになっています。

そしてストーリーは原作に忠実です。

おおかみはきっちり殺されます。

 

この、おなかに石を詰め込まれて溺死するという結末は、「子どもには残酷である」として、よく改竄されがちです。

しかし、残酷なものを読めば残酷になる、というのはあまりにも短絡思考ですし、子どもというものを理解しようという気が見られない意見です。

 

子どものための物語のルールのひとつとして、わかりやすく、納得のいく形のハッピーエンドである、ということが挙げられます。

絵本の最大の存在価値は、この世界を生きることが素晴らしいことだ、という力強いメッセージを子どもに伝えることにあります。

子どもに生きる力を与えない絵本など、読んで聞かせたいと思いますか?

 

おおかみに次々とこやぎが食べられるシーンは、こやぎに自己を投影する子どもにとって、非常に恐ろしいものです。

その恐怖を心に残さずに物語を終えるためには、絶対的存在であるおかあさんやぎの活躍によって、完全におおかみが退治される必要があるのです。

 

とはいうものの、やっぱり小さな子どもに読み聞かせるには抵抗がある方もいると思います。

そういう方は、「でも、いいものだから……」といって、無理に読み聞かせる必要はありません。

 

絵本は楽しむものです。

読み聞かせは読む側と読んでもらう側の双方に楽しみと安心感がなくてはならないと思います。

 

ですから、読み聞かせる自分が、自信を持ってクライマックスの「おおかみしんだ! おおかみしんだ!」を叫べるようになるまで、子どもの成長をよく観察しながら時を待ちましょう。

 

他のマイルドな「おおかみと7ひきのこやぎ」の絵本も、けっして悪いとは思いません。

「ほんものだけを与えなければ……」と気負うことはないと思います。

 

 

最後に、この絵本に隠されたちょっとした楽しみを。

こやぎたちのお父さんはどこにいるのでしょうか?

 

答えは、上のおおかみ侵入シーンの画像にあります。

わかりますか?

 

ちなみに、裏表紙にもいますよ。

 

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵本の紹介 松居直・赤羽末吉「ももたろう」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむ店主です。

 

私は息子に1000冊以上の絵本を読み聞かせましたが、楽しい反面、難しくも感じるのが日本の昔話というジャンルです。

 

独特の方言や言い回しが出てきたり、耳慣れない単語が飛び出したり。

もっとも、読み聞かせにおいて、子どもから質問されない限り、いちいち説明するのは無粋というものです。

 

昔話というものは、何世代にもわたって語り継がれる中で、余計なものが極限にまで削ぎ落とされた究極の物語です。

その一方で、誰もが知っているという気軽さから、雑に扱ってしまいがちな面もあります。

 

本当は、私自身は、昔話をするにはまだ人生経験が足りないと感じています。

こういうものは本来的には、年寄りが孫の世代に向かって(できれば寒い夜に、囲炉裏の火でも囲みながら)するのが「作法」だと思うのですが、もうそれが難しい時代ですし、力不足ながらも、親の世代が語り部となるしかないでしょう。

 

幸いにして、絵本というものが、昔話を語る上でも頼もしい味方となってくれます。

もし絵本がなければ、自分の力で昔話を一本、演じ切れるという人は少なくなってきているのではないでしょうか。

 

さて、今回ご紹介するのは、もっとも有名な日本昔話、「ももたろう」です。

文・松居直、絵・赤羽末吉、福音館書店が出版しています。

松居さんは月刊絵本「こどものとも」などを手掛けた編集長で、日本の絵本界の発展に多大な貢献をした方です。

赤羽さんは「スーホの白い馬」などで有名な絵本画家。

 

松居さんはこの「ももたろう」の在り方というものを真剣に考えてこられた方で、彼が再話した「ももたろう」は、われわれになじみ深いお話とは細部において少々違いが目立ちます。

桃から生まれた桃太郎が鬼ヶ島へ鬼退治へ、という筋はそのままですが、鬼退治にゆくのは、一羽のカラスが、

おにがしまの おにがきて、あっちゃむらで こめとった。 があー があー

こっちゃむらで しおとった。 があー があー

ひめを さろうて おにがしま

と鳴くのがきっかけになっています。

 

お姫様が出てくるところが珍しい。

また、鬼ヶ島へ行こうとする桃太郎を、おじいさんとおばあさんが懸命に思いとどまらせようとする点も特徴的です。

それでも反対を押し切って、桃太郎は鬼ヶ島へ。

途中で犬・猿・雉をお供にして、見事に鬼をやっつけます。

 

この後の展開が最大の違い。

鬼が差し出す宝物を桃太郎は断り、

たからものは いらん。 おひめさまを かえせ

と、連れて帰ったお姫様と結婚し、おじいさんおばあさんと末永く幸せに暮らしました……という結末。

 

どうしてこういう構成にしたのでしょう。

実は松居さんは第二次世界大戦中、「ももたろう」が軍国主義的物語として政府に利用されていた「負の歴史」を拭いたかったのだといいます。

 

つまり、桃太郎が自分から鬼ヶ島(敵国)へ攻め込んで宝物を奪うというのでは「侵略」となってしまうと考え、その点を苦慮して、カラスやお姫様を登場させたのですね。

 

もちろんそれだけではなく、昔話につきものの擬音語・擬態語も、

つんぶく かんぶく

じゃくっ

ほおげあ ほおげあっ

など、独特ながらどこか懐かしく、楽しいです。

文章のリズムもよく考えられており、赤羽さんの墨絵も風情たっぷりです。

 

昔話をする歓びというものを教えてくれる一冊です。

 

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

 

絵本の紹介「いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむ店主です。

 

今回紹介する絵本は、「ちいさいおうち」などで有名な絵本作家、バージニア・リー・バートンさんの「いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう」です。

 

バートンさんについて少し触れておきます。

彼女は1909年にマサチューセッツ州に生まれました。

父親は著名な科学者、母親は詩人で音楽家というアカデミックな家庭に育ちます。

夢はバレリーナだったそうですが、父親の看病のために断念せざるをえなくなります。

21歳のとき、本格的な絵画の勉強を志してボストン・ミュージアム・スクールに入学します。

このときの先生がのちに夫となる彫刻家のディミトリオスさんでした。

 

このようにして様々な分野から刺激を受けた彼女の最初の絵本が、この「いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう」なのです。

バートンさんは絵本ごとに手法を変えることで知られていますが、この作品はスミ版一色の木炭画です。

ために、地味に映って手に取られない方もいらっしゃるかもしれませんが、非常にもったいないことです。

モノクロだからこそ機関車の存在感や躍動感は際立っており、表紙絵の前傾姿勢の機関車の疾走感などは圧倒的です。

線路や跳ね橋、駅や重機などの描写もシンプルでありながら詳細で、さらには文を入れる位置にまでこだわっているのがよくわかります。

 

何よりも、子どもに読んであげれば、これが紛れもない名作であることがすぐにわかるはずです。

乗り物が好きになり始めた年頃の男の子などは、夢中になってこの世界に引き込まれます。

 

バートンさんはこの絵本を制作する際、息子に読んでやりながら、その反応を確かめ、何度も推敲を重ねたそうです。

この絵本が時代を超えて子どもの心をとらえ続ける理由はそこにあります。

 

子どもの絵本を見る目は間違いありません。

というよりも、子どもに選ばれない絵本はロングセラーにはなりえないのです。

 

さて、絵本の内容に戻りましょう。

小さな機関車「ちゅうちゅう」は、いつも客車や貨車を引いて、小さな駅から大きな駅まで走ります。

機関士のジム、助士のオーリー、車掌のアーチボールドたちはちゅうちゅうをとても可愛がり、大事にしています。

 

しかしある時、ちゅうちゅうは考えます。

わたしは、もう、あの おもい きゃくしゃなんか ひくのは ごめんだ。

わたしひとりなら、もっと もっとはやく はしれるんだ

 

そうして、すきを見て勝手にひとりで走り出してしまいます。

みんなの注目を集めて誇らしげなちゅうちゅうですが、踏み切り無視、跳ね橋をジャンプするなどのハチャメチャな暴走っぷりで、人々を怒らせてしまいます。

そして最後には使われていない線路に迷い込み、石炭も水もなくなって、座り込んでしまいます。

さて、ちゅうちゅうを追いかけてきたジムたちは、途中で最新式の汽車に(強引に)乗せてもらい、大勢の人や動物の助けを借りて、ついにちゅうちゅうを見つけ出し、連れて帰ります。

ジムたちは、ちゅうちゅうが無事に戻ったことを喜び、ちゅうちゅうは帰り道で、これからはもう逃げ出したりしないと言うのでした。

 

子どもそのものだったちゅうちゅうが、少し大人になって物語は終わりますが、ここで印象に残るのは、大人代表であるジムたち三人が、勝手に飛び出したちゅうちゅうを、少しも叱らないという点です。

これは以前取り上げた「ガンピーさんのふなあそび」にも見られた傾向ですが、さんざん周囲に迷惑や心配をかけたちゅうちゅうが、何のペナルティも受けないというのは「教育上」どうなのでしょうか。

 

その答えは、これがバートンさんが子どものために作り、子どもの反応を観察しながら作った絵本だということを考えればわかります。

わくわくするような冒険をし、ピンチになったら自分のことを無条件に愛し、守ってくれる大人が助けに来てくれる。

そんな至福のストーリーの最後に、大人の都合や目線でお説教されたのでは、興ざめもいいところです。

そういう大人の目論見を、子どもは実に敏感に察知します。

 

自我が芽生え、成長していけば、いずれ子どもは家庭内での承認だけでは満足できず、社会的承認を求めるようになります。

ちゅうちゅうの暴走行為はそうした正常な成長過程での衝動であるとも言えます。

大人はそういう時、子どもがやがて帰ってこられる港であればいいと思います。

 

また、ちゅうちゅうのように自分ひとりで外へ飛び出す経験を経なければ、子どもは本当の意味で何事かを学ぶことはありません。

作者は、子どもがいずれ何かを学ぶであろうことを信じているのだと思います。

そういう子どもの将来性に対する敬意も、子どもはしっかりと受け止めるものです。そしてその敬意こそが、子どもを成熟へと促す栄養分となるのです。

子どもへの道徳や教育などという観点から、お説教的なお話ばかりを聞かせようとする大人は、そういう意味では子どもを信頼していないのです。

放っておけば、子どもがどんどん悪い方向へ行くと思っているのです。

 

バートンさんの子どもへの敬意という点について、この絵本からもうひとつ見えることがあります。

絵本の表紙を開くと、見返しには、ちゅうちゅうが走る線路や駅、町や山や橋などが可愛らしいタッチの水彩画で描かれています。

本編はモノクロですが、ここだけは色彩豊かです。

よく見ると、本編でちゅうちゅうが走るコースが忠実に書き込まれているのです。

小さな町の小さな駅、遮断機、途中の小さな駅、トンネル、丘、跳ね橋、大きな町の大きな駅……と、ちゅうちゅうの辿る道を確認できる楽しみがあります。

 

こういう細部をいい加減にしないことが、子どもへの敬意なのです。

「子ども相手だからわからないだろう」というのは、大人の驕りであり、かつて子どもだった自分自身をも貶めるような考え方です。

子どもは大人よりも遥かに物事の真理を見通す目を持っています。

悲しいことに、大人になるにつれて、その目がどんどん曇っていく人がほとんどのようです。

そうさせているのは、私たち大人の責任でしょう。

 

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com