【絵本の紹介】「まあちゃんのながいかみ」【340冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

「果てしなく自由な空想は子どもの特権」と言われると、特に抵抗なく首肯してしまいそうですが、実際のところは少し違うと思います。

全ての子どもが柔軟で伸びやかな空想力を発揮できるかというと、そうでもありません。

空想力は適切に育てないと伸びない種類の能力です。

そのための最適な時期が子ども時代であるということです。

 

普通に考えて、人生経験も知識も不足している子どもには、空想に用いる「手持ち材料」が大人に比べて足りないわけです。

その限定的な「枠」から一歩外へ出してやるには、大人の導きが必要です。

 

私もよく息子と「空想ごっこ」をやります。

そんな時、私の方から目先を変えてやると、それをきっかけにして息子がどんどん先へ進んでいくことがあります。

「こんなのもある、こんなやり方もある」……「枠の外」へ飛び出し、走り出した子どもの表情は輝いて見えます。

もうそうなれば、大人の出る幕はありません。

 

今回紹介するのはどこまでも伸びる空想(と髪の毛)が楽しすぎる絵本「まあちゃんのながいかみ」です。

作・絵:たかどのほうこ

出版社:福音館書店

発行日:1989年9月1日(こどものとも年中向き)

 

庭らしきところでテーブルと椅子を出し、クッキーとジュースを並べ、女の子3人が語らっています。

優雅な女子会。

主人公「まあちゃん」は、タイトルに反して短いおかっぱ頭。

友人の「はあちゃん」「みいちゃん」はロングヘアを自慢します。

 

それに対抗して、まあちゃんは「あたしなんかね、もっと ずっと のばすんだから」と言い出します。

ずっとずっとずっとずっと、ずうーっとよ!

その長いことといったら……。

はしのうえから おさげを たらして さかなが つれるくらいなのよ

ギネスブックもびっくり。

 

さらにおさげはロープにもなり、牛を捕まえることもできます。

髪の毛にくるまって寝袋のように眠ることもできます。

家じゅうの洗濯ものを一度に干すことだってできるのです。

この時まあちゃんが読んでいるのは名作「どろんこハリー」。

 

友達二人はまあちゃんの空想に対し、否定するわけではなく、「そんなに ながかったら あらうのが たいへんじゃない?」「どうやって とかすのよ、そんなかみ」と、リアルな疑問を投げかけます。

 

しかし、乗ってるまあちゃんは嬉し気に疑問に答えて行きます。

最後に「ひきずっちゃって こまらない?」というもっともな質問に、まあちゃんは「パーマにしとくの」。

すると、まあちゃんの髪は巨大な森になって、小鳥やりすや虫たちが集まってくるのです。

 

このとんでもない空想に、はあちゃんとみいちゃんはそろって「それって たしかに とってもいい……」と納得し、「まあちゃんの かみ、 はやく のびるといいね」と応援するのでした。

 

★      ★      ★

 

この絵本では、現実のまあちゃんたちのやり取りがモノクロで描かれ、空想世界が鮮やかな色彩で彩られています。

子どもにとっての空想世界が、現実以上に活き活きとした実感を持って存在していることが伝わります。

 

負けん気の強いまあちゃんも可愛らしいですが、私ははあちゃんとみいちゃんの態度が素敵に感じます。

子どもは意外と冷静なツッコミをするものですが、空想そのものを否定することはしません。

まあちゃんの突き抜けた空想が「いいな」と感じたら、素直に共感することができるのです。

 

3人のやり取りに示されているように、空想とは何でもありのカオスではありません。

自分自身を含めて、ちゃんと「納得感」を与えなければならないのです。

「納得感」と「実現可能性」は必ずしもイコールではないのです。

 

私の息子も、最近になっていよいよ私の予想の範疇を超えた想像力を垣間見せることが出てきました。

たぶん、あと少ししたら私の方がついて行くのに必死になり、そしてあっという間に置いて行かれるのでしょう。

その時を楽しみにしています。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

いい友達度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「まあちゃんのながいかみ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

「それって子どもを幸せにするの?」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

もうすぐ10月ですね。

そしてどうやら消費税は10%に増税されるらしいですね。

 

これ、我々庶民にとって物凄い打撃だと思うんですけど、なんかフワフワしてますね。

他人事みたい。

この前8%に上がる時だって割と大騒ぎしたのに、今回はなんか(表面的には)静かです。

どういうことなんでしょう。

古本屋という商売は基本的に価格設定が自由で、当店も消費税は一応価格に含まれる計算で絵本の値段を付けております。

もちろんそれは8%設定ですが、かと言って10月になったとたんに全商品を10%設定に値上げするのかと言えば、そんなことはしません。

面倒すぎるから。

 

ただ、今後は古本といえど値上がりは避けられないでしょうし、これから入荷する絵本に関しては多少価格設定を考えなければならないとは思います。

嫌なことです。

誰だって増税は嫌なことだと思うのですが、「でも仕方がない」というのが大半の国民の意見なのでしょうか。

本当に仕方がないのでしょうか。

 

本来、税金はその共同体に暮らす人々の生活をより良くするために使われるべきものです。

そうでなければ、誰も自分の稼ぎから少なくない額を収めたりしません。

 

けれど、実際に税金が何に使われているかを把握するのはなかなか難しい。

私もちょっと内閣官房のHPを見たりして確認しようとしたんですけど、よくわかりません。

ああいうのは庶民の知識でも理解できるように明示すべき種類の事柄だと思うのですけど、よくわからないのです。

つまり現実問題として私は「何に使われているかよくわからないお金」をせっせと収めていることになります。

私だけでしょうかね。

 

ただの愚痴になるのかもしれませんが、この機に少し思うところを綴っておきます。

 

消費税に限らず、私が関心があるのは、個々の政策の是非ではなく(そんなのよくわかんないし)、全体としてこの国がどの程度「子どもを守り育てる」ことに真剣であるかどうか、です。

物凄く簡単に言えば「それって子どもを幸せにするの?」ということです。

 

その意味において、消費増税は確実に子育て世代の生活を圧迫するでしょう。

増税分の使い道は少子化対策にも充てるそうですが、そもそも子どもを産まない最大の理由は収入が少ないことですから、何をしてるのかよくわかりません。

 

消費税が5%から8%に増税された時も政府は「全額を社会保障の充実に充てる」と公約してましたが、結果としてこの数年間で社会保障が充実したとか、生活が豊かになったという実感は私には皆無です。

私が子育てを始めたのはすでに8%になってからですが、消費増税によって子育て環境が改善された、子どもを産みたくなったという話は寡聞にして知りません。

そこから考えると、消費税が10%になることで育児を巡る環境はさらに悪化するような気がします。

 

繰り返しますが、私が問題にしているのは「政策の是非」ではありません。

「事実」として、子どもたちがどう扱われているかです。

 

OECD(経済協力開発機構)の調査によると、日本の教育への公的支援の割合は2018年時で34か国中最下位でした。

日本は「育児に良い国」ランキングでは先進国中最低クラスです。

 

「子どもを産みたくない」という若者の感性は非常に現実的で正しいと言えるのです。

かくもこの国で子どもを産み育てることはハードな行為となっているのです。

 

そしてその結果として、「育児」=「苦痛」「酷使」「不安」「犠牲」というマイナスイメージが膨らみます。

それはそのまま子どもそのものへのマイナスイメージへと繋がります。

非協力なパートナー、育児休暇をろくに取れない会社、電車やバスでの子連れの人に対する冷視。

 

そりゃあ、産みたくないでしょ。

この状況で「子どもを産もう」と決意した人は、それだけで表彰に値する勇者だと思います。

私も勇者。

 

結論を言いますと、この国は子どもに興味がないということです。

全然ない。

寂しいですね。

 

ま、昔の自分を省みれば、偉そうに他人の批判はできませんが。

ともかく、現実は上記の通りです。

かと言って打ちのめされている時間は我々にはありません。

我々の手には子どもの生命が預けられているのですから。

 

国が当てにできない以上、できることは個人的な範囲に限られます。

私の場合、子どもと精一杯遊んであげること、そして絵本をどんな時でも面倒がらずに読んであげること、主にこれだけを心掛けてきました。

 

結果はどうなるでしょうか。

どうなるでしょうね。

 

願わくは、息子の世代が築く社会が、子どもたちにとって幸せなものでありますように。

 

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「おばけのバーバパパ」【339冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は誰でも知ってる世界的人気キャラクター「バーバパパ」を取り上げます。

その誕生秘話が読める第一作「おばけのバーバパパ」です。

作・絵:アネット・チゾン&タラス・テイラー

訳:山下明生

出版社:偕成社

発行日:1972年6月

 

誰でも知ってるとは思いますが、それはアニメキャラクターとしての「バーバパパファミリー」であって、絵本作品としては意外と読んだことのない人も多いかもしれません。

けれど、単なる「キャラクターもの」と侮るなかれ。

その秀逸なキャラクターデザインと設定だけではなく、画面構成や物語のテンポにおいても、非常に成功している良作なのです。

 

さて、「知ってるけど意外と知らない」バーバパパ。

まず根本的な事実を挙げますと、バーバパパは私たちが想像するところのいわゆる「おばけ」ではありません。

 

幽霊じゃないし、宇宙人でもない。

突然変異のような、そうでもないような。

 

フランソワ」少年が庭で花に水やりをしていると、地中からバーバパパが誕生します。

文では何も説明はないけれど、絵を見ると地中で少しづつ成長する謎の生命体が確認できます。

 

桃色の綿菓子のようなフワフワの巨体。

フランソワはすぐにバーバパパと仲良くなりますが、フランソワのお母さんはバーバパパは大きすぎて家には置いておけないと言います。

泣く泣くバーバパパは動物園に引き取られます。

自由に形を変えられる能力を持つバーバパパは、檻を抜け出し、他の動物とコミュニケーションを取ろうと模索しますがうまくいきません。

園長に怒られ、動物園からも追い出されます。

 

行き場がなく、途方に暮れるバーバパパ。

その時火事が起こり、バーバパパは自らを非常階段に変形させ、人々を救助します。

さらに動物園から逃げ出したひょうを捕獲。

大活躍が認められ、バーバパパは町の人気者になります。

晴れてバーバパパはフランソワの家に戻り、フランソワのお父さんが作ってくれた家に住むことになります。

 

その後もバーバパパは公園で色んな遊具に変形して子どもたちと遊ぶのでした。

 

★      ★      ★

 

作者のアネットさんとタラスさんは夫婦です。

バーバパパ 」とは仏語で「パパのヒゲ」転じて「わたあめ」を差す言葉だそうです。

邦題に「おばけの」と加えたのは訳者の山下明生さんで、あの藤子不二雄の漫画を意識したのだとか。

 

この作品が世界中で爆発的人気を得た理由は、何と言ってもバーバパパのメタモルフォーゼ能力の楽しさ・痛快さでしょう。

雲のように水のように自由自在に姿を変えられるバーバパパは、人間の空想力を可視化したようなキャラクターです。

 

その視点から読むと、バーバパパが異端視され、迫害されるのは「自由で柔軟な想像力」に対する人々の冷たい目線を現わしているとも取れます。

しかし結局のところ、社会は想像力によって支えられているのです。

 

想像力という能力の個人差について、現代社会はほとんど黙殺しています。

勉強にしろスポーツにしろ、学校教育は数値化できるもの・可視化できるものだけを評価しています。

しかしその一方で「見えない能力」の差は、もはや埋めることが絶望的に困難なまでに広がっているように感じます。

 

人気シリーズ化された「バーバパパ」は、結婚し、家庭を築き、その活躍はさらに広域に及んでいきます。

やがては環境問題や教育問題などに警鐘を鳴らす存在となっていくのは、そのキャラクター性から考えればごく自然なことなのかもしれません。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

眉毛なのかまつ毛なのか度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「おばけのバーバパパ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com