【絵本の紹介】「もん太と大いのしし」【298冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今年は亥年ということで、イノシシの登場する絵本を紹介したいと思います。

本当はこれを新年一発目に持ってくる予定だったんですが、バーニンガムさんの訃報があって、色々と後回しになっちゃいました。

 

馬場のぼるさんによる「もん太と大いのしし」です。

作・絵:馬場のぼる

出版社:ポプラ社

発行日:1975年8月

 

馬場さんと言えば何と言っても「11ぴきのねこ」シリーズが有名ですね。

ちなみにこのブログでも取り上げた「11ぴきのねことあほうどり」の記事が、「ナースときどき女子」というサイトの絵本特集企画で紹介されました。

≫「大人も子どもも絵本の世界に。ナースの心を温める絵本レビュー特集」

 

「11ぴき」は絵本史に残る傑作ですが、「11ぴき」があまりにも有名すぎて、馬場さんの他作品は意外と知られていなかったりします。

けど、もちろん馬場さんは他の作品も多く手掛けていますし、どれもそれぞれの面白さがあります。

 

この「もん太と大いのしし」は、絵本としてはやや長めで、ストーリーには少年漫画的な熱さと清々しさが溢れています。

「11ぴき」とはまた違った馬場さんの魅力に触れることのできる一冊で、ぜひ一度目を通していただきたい作品です。

 

むかしむかし、かきの木とうげの 山おくに」矢でも通さない固い背中の大いのししが棲んでいました。

いつからいるのか誰も知らない、ある種山の神様のような存在です。

 

そのふもとの村の「もん太」という若者が、ある日鳥を狩りに来て、ばったり噂の大いのししに遭遇します。

とんでもない大きさの大いのししに見とれてしまうもん太ですが、我に返って弓をつがえ、射かけます。

ところが、大いのししは矢を跳ね返して平然としています。

おまけに不敵な笑みを浮かべ、

まあ、なんだ、しっかり がんばりな

と、逆にもん太を激励する余裕っぷり。

 

村に帰り、

あの大しょうを射とめるには、もっと つよい弓が ひけるようにならねば だめだな

と呟くもん太を、かんすけたちが笑います。

 

喧嘩になったところを、「長者のおきちばあさま」がやってきて、若者たちをさらに煽ります。

大いのししを射とめた者には馬をくれると言うのです。

 

俄然やる気になったかんすけたちは計略を使って大いのししを岩で押し潰そうと企みますが、もん太は「やるなら、男らしく」弓で射とめろ、と制止します。

もみ合いの末、岩が転げ落ちてしまいますが、大いのししは頭突きで岩をふっ飛ばしてしまいます。

 

すっかり毒気を抜かれた格好のもん太たちですが、おきちばあさまはもん太を励まし、石うすを使った弓の稽古を薦めます。

やがて冬が来て、ある雪の晩、突然もん太のうちを大いのししが訪ねてきます。

驚くもん太に構わず、大いのししは囲炉裏端に上がり込んで横になって寝てしまいます。

一体どうして大いのししがここに来たのか、もん太にはさっぱりわかりません。

 

次の朝目を覚ますと、大いのししはおらず、その足跡を発見した村人たちが大騒ぎ。

黙って大いのししを行かせたもん太は村人から責められてしまいます。

 

村にまでやってくるとなると放っておくわけにはいかず、村人たちは大いのしし討伐隊を結成し、峠へ向かいます。

彼らの前に姿を見せた大いのししは、襲い掛かるわけでもなく、狙い易いように背中を向けて座り込みます。

そこへ一斉に弓が射かけられますが、まるで歯が立ちません。

しかし、その時一本の矢が鋭く唸りを上げ、大いのししの肩に突き刺さります。

むむっ、もん太だな……

大いのししは崖から転がり落ち、沼に沈んで消えます。

 

見事に大いのししを射とめ、おきちばあさまから褒められても、もん太はどうも気分が晴れません。

どうして嬉しくないのか、自分にもわからないのです。

 

ところがそれからしばらくして、もん太は偶然山であの大いのししに再会します。

大しょう、いきてたのかい

肩にもん太の射た矢を突き刺したままの大いのししは相変わらず不敵に笑って、

これは なかなか きいたぞ、もん太

おかげで わしの かたのこりも すっかり なおっちまって、いいあんばいだぞ

 

これを聞いたもん太は笑い出し、大いのししも笑いながら悠々と去って行くのでした。

 

★      ★      ★

 

いやあ、気持ちいいくらい男の子の世界です。

友情・努力・勝利。

 

少年漫画には良きライバルの存在が必須ですが、この大いのししのキャラクターの深みのあること。

彼ともん太との会話が実にいい。

 

大いのししは物語的にはもん太の「父親」です。

もん太にとって大きく、強く、越えがたい存在であり、いつか乗り越えるべき壁でもあります。

しかし心のどこかでは、いつまでも越えられない壁であり続けて欲しい気持ちもあり、それが少年の感情を複雑化し、それによって彼は成熟へと導かれるのです。

 

子どもにとって、憧れの大人から対等に扱われ、敬意を示されることは、何事にも代えがたい喜びです。

そしてその経験が子どもの精神の成長に大きく影響します。

 

もん太の弓を問題にしなかった大いのししが、ひとり温泉に漬かりながらもん太を思い出し、「あの矢は よかったぞお」と呟くシーンは、何だかにやりとしてしまいます。

男の子にとって、こんなにも自尊心をくすぐられる場面はないでしょう。

 

背中を見せて無防備に眠る大いのししに矢を射かけられないもん太、そのことを村人に責められてしまうもん太。

ついに大いのししを射抜くも、どこか寂しい気持ちになるもん太、すべてを理解して笑うもん太。

 

遥か高いところに聳え立っていた大いのししと、男同士理解し合えたこの瞬間、もん太は大人の階梯を上り出したのです。

息子を持つ父親として、そしてひとりの男として、こんな関係性には何歳になっても胸が熱くなります。

 

眩しいばかりの男の子絵本です。

 

推奨年齢:7歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

大いのししの余裕と貫禄度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「もん太と大いのしし

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「くじらの島」【297冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

6434人の死者を出した阪神淡路大震災は、今日で発生から24年となりました。

今回はあの震災で亡くなった童話作家・なるみやますみさんが遺した物語に、末崎茂樹さんが絵を添えて出版された絵本を紹介します。

くじらの島」。

作:なるみやますみ

絵:末崎茂樹

出版社:ひくまの出版

発行日:1997年6月

 

なるみやさんは1964年生まれということですから、30歳そこそこの若さで命を落としたことになります。

娘さんを遺し、夫と共に震災の犠牲となりました。

この絵本を含め、何冊かの作品が没後に出版されました。

 

この「くじらの島」は、一見楽しい冒険メルヘンのように思えますが、最後まで読むと胸が詰まるような切ない、しかしどこか厳粛で美しいラストシーンに辿り着きます。

作者があまりにも早く亡くなられたことを思い起こすと、この絵本に込められた非常に強いメッセージ性に改めて胸を衝かれる気がします。

 

まだ子どもなのに、普通のくじらが十頭集まってもかなわないくらい大きなくじらの「ノロ」。 

それだけ巨大なら、さぞかし仲間から頼られ、畏れられているだろうと思いきや、ノロは仲間はずれのいじめられっこ。

母親でさえ「どうしてこんなに大きくなっちゃったんだろうねぇ」と持て余し気味。

でも、ノロはとてもやさしい心の持ち主で、自分が巨大すぎるゆえに周囲への迷惑を考えて遠慮ばかりしているのです。

いくらいじめられても仕返しなど考えもしないどころか、自分が群れの足を引っ張っていると考えたノロは、ある夜にそっと群れを抜け出し、旅に出ます。

広い世界のどこかには、自分を受け入れてくれる友達がいるかもしれないという希望を抱いて。

けれども、あまりにも大きすぎるノロはどこへ行っても怖がられ、化け物扱い。

たった一羽、自分を怖がらずに話しかけてくれた渡り鳥に話を聞き、ノロは楽園のような南の島を目指すことにします。

 

辿り着いた島は本当に美しい場所でした。

ところが、島の動物たちは化け物くじらがこの島を狙っていると思い、一斉に石をぶつけます。

かえれ! かえれ!

浴びせかけられる罵声と怒声。

 

ノロの弁解も、渡り鳥の擁護も、島の動物たちは聞く耳を持ちません。

とうとうノロは涙を流しながら島に背を向けます。

傷ついたのは身体よりも心でした。

 

その後、辺りの海はひどい嵐に見舞われます。

自暴自棄になって雨に打たれていたノロのもとに、あの渡り鳥が飛んできます。

たすけて。島のみんながたいへんなの

 

必死の懇願に、死にかけていたノロの心に熱い気持ちが蘇ります。

ノロは島に引き返し、大波に呑まれそうになっている動物たちを自分の背中に乗せ、懸命に嵐の中を泳ぎます。

 

やっと嵐が去った後、島の動物たちが口々に感謝と謝罪の言葉をかける中で、ノロはそっと目を閉じます。

力尽きたノロは、そのまま二度と目を開きませんでした。

打ちひしがれる動物たちの前で、ノロの背中から、小さな白い花が咲きます。

 

時が流れ、今ではノロの体は花でいっぱいの島となり、動物たちの楽園となりました。

 

★      ★      ★

 

巨大さ・強さゆえに異端視され、恐怖心から疑心暗鬼に駆られた大衆から迫害される様は、ガリバーを思わせます。

しかし、この切なすぎる結末には「本当にこれでよかったの?」と呟きが漏れてしまいます。

 

当節、聖人のごときノロのキャラクターは一般的に支持されないような気がします。

今の世の中は「黙っていい人」でいれば際限なく追い立てられ、利用され、居場所すら奪われてしまいかねません。

 

個人的な印象ですが、昨今「復讐」をテーマにした様々な作品を目にします。

世間はただ黙って耐える「いい人」な被害者には冷淡で、加害者を徹底的なまでに攻撃し、破壊し、自らの罪を骨身に沁みてわからせるといった物語に喝采を送るようです。

 

確かに世の中には裁いても裁ききれないような悪が存在し、放っておけばどんどん浸食してくるように思えます。

「いい人」でいるだけではダメだ、という声が出てくるのも当然の流れかもしれません。

 

しかし翻って、「悪に正義の鉄槌を」と叫ぶ人々に埋め尽くされた世界を想像してみると、それはそれで地獄のような気もします。

 

身をもって「平和と愛」を示したノロの自己犠牲は、現代では評価されない行為かもしれません。

けれども、自らが震災による尊い犠牲となった作者を思う時、この結末は動かしがたいものとして心に響くのです。

 

推奨年齢:6歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

聖人度:☆☆☆☆☆

 

関連記事≫絵本の紹介「ゆずちゃん」

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「くじらの島

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ガンピーさんのドライブ」【296冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

新年を迎えたばかりで、また絵本作家さんの訃報が届きました。

1月4日、イギリスを代表する絵本作家、ジョン・バーニンガムさんが逝去されました。

 

このブログでも何度か取り上げていますが、そのユーモラスで飄々とした作風の絵本作品はもちろん、人間としても非常に興味深い人物です。

彼は少年時代、9つもの学校を転々としましたが、そのうち2校が私が本を読んで感銘を受けた人物の創設した学校だったのです。

ひとりはアレクサンダー・サザーランド・ニイルで、もうひとりはルドルフ・シュタイナーです。

彼らはそれぞれ思想は違えど、子どもの教育において「自由」の理念を掲げた点で、その時代では大変に進歩的な教育者でした。

 

子どもを「矯正」しようとする教育ではなく、子どもを認め、尊重し、その主体性を伸ばそうとする彼らの姿勢と、そして真に問題なのは子どもではなく親であり、教育者であり、周囲の大人なのだという視点は、私の育児観の基礎となっています。

 

そうした学校で少年時代を過ごしたことがバーニンガムさんの作品にとってどういった影響を与えたのかはわかりません。

それでも私には確かに、彼のすべての絵本に流れる子どもへの眼差しの中に、温かい光を感じることができるのです。

 

今回は追悼の意を込めて、「ガンピーさんのドライブ」を紹介します。

作・絵:ジョン・バーニンガム

訳:光吉夏弥

出版社:ほるぷ出版

発行日:1978年4月10日

 

ケイト・グリーナウェイ賞を受賞した傑作「ガンピーさんのふなあそび」の続編になります。

関連記事≫「クシュラの奇跡」

 

バーニンガムさんは自伝「わたしの絵本、わたしの人生」の中で、自分の外見が日々ガンピーさんに似てきており、どうやらガンピーさんは自分自身の将来を暗示したキャラクターだったらしいと述懐しています(ちなみに、同書にはバーニンガムさんの若い頃の写真もありますが、めちゃくちゃカッコイイです)。

 

外見だけではなく、ガンピーさんはもしかするとバーニンガムさんそのものなのではないかと私は思っています。

絵本に登場する大人の中で、私が尊敬するキャラクターと言えば、真っ先にこのガンピーさんを思い出します。

「ふなあそび」で見せた彼の懐の深さと、押しつけがましくない理解と優しさには、何度読み返しても深く感じ入ってしまうのです。

彼こそが本物の大人だと思います。

さて、今回はガンピーさんは愛車でドライブに出かけます。

この車のモデルになったのは、作者の最初の車、1934年型幌付きオースチン・セブンだそうです。

車に疎い私にはさっぱり。

 

「ふなあそび」では順番に登場した子どもたちや動物たちが、一度に出てきて「いっしょに いっても いい?」。

もちろんガンピーさんは「いいとも」。

だけども、ぎゅうぎゅうづめだろうよ」。

 

子どもたちはそんな言葉はお構いなしに「どやどや」乗り込みます。

快適で楽しいドライブ。

テンポのいい文章と風を感じるイラストに、読んでいるこちらも浮き浮きしてきます。

 

が、前方に灰色の雲が広がり、物語の波乱を予感させます。

果たしてどしゃぶりの雨が降り出し、自動車はぬかるみにタイヤをとられて空回りし始めます。

 

だれか くるまから おりて、おさなくちゃ なるまいよ

ガンピーさんの言葉に、子どもと動物たちはいっせいにその役目のなすりつけ合いを始めます。

 

わしは だめだ

ぼくも だめ

あたしたちも だめ

 

ぬれたら、かぜを ひいちゃうもの

おなかが いたいんだもの

きぶんが わるいんだもの

 

自分勝手な主張を耳にしても、ガンピーさんは腹を立てたりはしません。

ただ、「これじゃ、ほんとに たちおうじょうだ!」と、危機的状況を伝えます。

誰が誰に命令することもなく、みんなが車から降りて押し始めます。

力を合わせて、やっとぬかるみから脱出します。

 

雨雲も去り、空にはお日さまがきらきらと輝きます。

かえりは、はしを わたって うちまで ひとっぱしりだ

ガンピーさんは言います。

まだ、およぐ じかんは たっぷり あるよ

 

みんなはガンピーさんの家の前の川で気持ちよく泳いで遊びます。

そして、やっぱり最後はガンピーさんの限りない優しさに満ちた言葉で締めくくられます。

また、いつか のりに おいでよ

 

★      ★      ★

 

わたしの絵本、わたしの人生」には、バーニンガムさんがニイルの創設したサマーヒル校で過ごした日々のことが記されています。

サマーヒル校では生徒たちが自分で校則を作り、授業に出席するかどうかさえも自由でした(それでも最終的にはほとんどの生徒が授業に出るようになるのです)。

そこで作者は絵ばかり描いていたそうです。

ある時、学校の食料貯蔵庫の鍵を盗み出した生徒がいて、それを取り上げたバーニンガムさんは悪友と共に自由に食料庫に忍び込み、夜な夜な缶詰や飲み物を盗み出すようになりました。

 

それが校長のニイルの知るところとなり、バーニンガムさんは校長室に呼び出されます。

ニイルは「貯蔵庫の鍵を盗み出したやつがいるんだが、ひょっとして、きみが知っているんじゃないかと思ってね」と言います。

 

バーニンガムさんは部屋を出て、鍵を持って校長室に戻りました。

するとニイルは新聞を読んだままで鍵を取り上げ、それ以上なにも言わなかったそうです。

 

ガンピーさんは子どもたちの保護者的存在ですが、「ふなあそび」でも今回の「ドライブ」でも、子どもたちに対し、何ひとつ強制しません。

この絵本では「困難に対し、全員が個人的な損得を抑制して力を合わせることで大団円に向かう」というひとつの王道物語が示されていますが、ガンピーさんのあまりのさりげなさによって、そしてすべてを子どもたちの自主性に任せる器の大きさによって、少しの説教臭さも感じさせません。

 

ガンピーさんのような大人が常に近くにいて、手も口も出さずに見守っていてくれてこそ、子どもたちは本当にのびのびと成長できるのです。

それは無責任な「放任」とは似て非なるものです。

 

子どもたちも動物も、自分たちがガンピーさんに何かを教えられたとは少しも思っていないでしょう。

ただ、雨上がりの美しい景色と共に、楽しい思い出と共に、魂の深い部分に静かに根付いたものが必ずあるはずです。

それはバーニンガムさんの数々の絵本を読んで育った子どもたちの胸に根付く感情と同じものです。

 

バーニンガムさん、素晴らしい絵本を本当にありがとうございました。

ご冥福をお祈りいたします。

 

また、いつか

 

関連記事≫絵本の紹介「ボルカ はねなしがちょうのぼうけん」

絵本の紹介「なみにきをつけて、シャーリー」

絵本の紹介「おじいちゃん」

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

空の印象的な美しさ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ガンピーさんのドライブ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com