絵本の紹介「ボルカ はねなしガチョウのぼうけん」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回はイギリスを代表する絵本作家、ジョン・バーニンガムさんの27歳の時のデビュー作を紹介します。

ボルカ はねなしガチョウのぼうけん」です。

作・絵:ジョン・バーニンガム

訳:木島始

出版社:ほるぷ出版

発行日:1993年12月1日

 

バーニンガムさんは、個人的に大好きな作家さんです。

作品はもちろんのことですが、そのパーソナリティに興味が尽きないのです。

 

私の育児観、子ども観は、A.S.ニイルやR.シュタイナーに大きく影響を受けています。

彼らはともに、その思想に基いた学校を創設しており、それは現代まで残っています。

 

実は、バーニンガムさんは、その二校ともに入学し(彼は9つもの学校を転々としました)、子ども時代を過ごした経験を持っているのです。

 

これは学校の紹介記事ではないので詳細は省きますが、ニイルやシュタイナーの思想に共通点があるとすれば、子どもに対して性善説で接するということだと思います。

幼い子どもをムチで叩き、大人の鋳型に矯正しようという「教育」を行う学校が一般的だった時代において、子どもを信じ、理解し、認めようという彼らの学校は、非常に進歩的であったと言えるでしょう。

 

私は、最初からバーニンガムさんの絵本には惹きつけられていたのですが、こうした事情を知って、その理由の一端が明らかになったように感じています。

ガンピーさんのふなあそび」に代表される、彼の作品に流れている子どもに対する眼差しには、確かに信頼と理解と承認を見て取ることができるのです。

 

≫クシュラの奇跡

 

さて、「ボルカ」の内容に入りましょう。

ガチョウの夫婦の間に生まれたボルカ(♀)には、生まれつき羽がありませんでした。

母親は心配して、毛糸で羽を編んでやります。

 

ボルカは喜びますが、他の仲間たちには笑われます。

誰も相手になってくれず、ひとりぼっちで、泳ぎも飛び方の練習も一緒にできないでいるうちに、寒い冬が来て、ガチョウたちはみんなで暖かい土地へ飛び去って行きます。

ですが、飛び方を知らないボルカは置いてきぼりになります。

両親でさえ、ボルカがいないことに気付いてくれませんでした。

 

雨を避けるために入り込んだ船で、ボルカは犬のファウラーに出会い、船倉で寝かせてもらいます。

やがて朝が来て、船長たちが船に戻り、船はロンドンへ出航してしまいます。

ファウラーは船倉で寝ているボルカのことを思い出し、船長に相談します。

船長たちは気のいい人で、すぐにボルカと仲良くなります。

 

やがて船がロンドンに着くと、船長はボルカをキュー植物園へ放します。

そこにはたくさんのガチョウや鳥が暮らしており、誰もボルカの毛あみの羽を笑ったりしませんでした。

 

ボルカは今でも、キュー植物園でしあわせにくらしています。

 

★      ★      ★

 

バーニンガムさんの作品はどれも、限りない優しさに満ちています。

けれどそれは少しもベタついてない、とても素っ気ないものです。

 

それは子どもに対する「無条件の承認」からくる優しさなのです。

 

大人が「愛」だと思っているものには、たいてい交換条件や見返りを期待する心が入っています。

言うことを聞いてくれたら

テストでいい点を取ったら

頑張って勉強したら

 

こんなセリフをそこかしこで耳にします。

しかしこれは愛でしょうか。

 

愛には色んな形があるかもしれないけれど、子どもたちが求めているのは「承認」という形の愛だと思います。

 

居場所がないことに苦しむ子どもに、偽物の愛でつけ込もうとする大人たちが大勢います。

けれども、そうした子どもたちが必要としているのは、ただ、「そのままの自分」を認めてくれること―――それだけなのです。

 

ボルカは「みにくいアヒルの子」のように、美しい白鳥にはなりません。

でも、彼女の「そのまま」を、船長やキュー植物園の仲間たちは当たり前のように認め、受け入れてくれます。

 

ボルカがキュー植物園で泳ぎを練習し始めたように、頑張ったり、変わろうとするのは、無条件の承認があった「後」なのです。

大人は、この順序を取り違えてはなりません。

 

頑張る必要も、無理に変わろうとする必要もないんだよ。

世界は広いんだから、必ずどこかに君の居場所があるよ。

 

子どもたちが無意識の底で渇望しているその言葉を、バーニンガムさんは語っているように思います。

素っ気なく、優しく。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

犬の名前の意味が実は怖い度:☆☆☆☆

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント