絵本の紹介「かおかおどんなかお」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

赤ちゃんの成長過程というものは本当に興味深いものがあります。

個人差があるからなおさら、うっかり観察を怠っていると、「いつのまに?」なことがしょっちゅう起こります。

 

よく見ていてもわからないのは、いったいどの時点で人の顔を認識、識別できるようになったのかです。

赤ちゃんって、人の表情パターンを、経験の累積で記憶するのか、それとも本能的に表情から感情が読み取れるんでしょうか。

 

小さな赤ちゃんでも、お母さんが泣いたら泣くし、笑ったら笑いますが、あれって単に模倣しているだけなんでしょうかね。

 

さて、今回紹介するのは「かおかおどんなかお」です。

作・絵:柳原良平

出版社:こぐま社

発行日:1988年1月10日

 

単純化した輪郭・目・鼻・口のパーツを使って、様々な表情を見せる絵本。

たのしい かお

かなしい かお

わらった かお

ないた かお

……。

あまーい かお

とか

からい かお

なんてものも。

じーっと見ているうちに、子どもは自分の顔を使って百面相を始めます。

 

本当に不思議なんですが、目の動きとか、微妙な口の動きとか、どうして見ただけで動かし方までわかるようになるんでしょうね。

子どもの真似をする力というものはすごいものです。

 

うちの息子は、よく鏡の前に立って何分もじっとしていることがあります。

何をやってるのかと思って覗くと、ひたすら表情の研究(?)をしているようなのです。

 

そのくせ、カメラを向けると、なかなか素直に笑ってくれないんですがね。

 

やっぱり人間、表情豊かに生きた方がいいですね。

 

推奨年齢:0歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆(色んな顔をいっしょにやる必要があります)

顔の筋肉痛度:☆☆

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント