大人のための「絵本の読み方」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回のテーマは「絵本をどう読むか」です。

以前の記事絵本をどう選ぶか。そして、どう読んであげるかの続きになります。

 

本当は前の記事で、具体的な読み方について書きたかったんですが、心構え的な話だけで長くなってしまったので。

絵本をどう読めばいいのか? という疑問に対しては、絵本の性質上、二種類の答えが必要になります。

 

それは「一人で読む」場合と「二人以上で読む」場合です。

 

つまり、「大人が自分で読む」読み方と「子どもに読んであげる」読み方は別の物だということです。

 

絵本を大人が一人で読むなんて……」って思いますか?

いえいえどうして、絵本って相当面白いメディアですよ。

 

読み聞かせる側に心からの楽しみと歓びがあれば、それは子どもにもちゃんと伝わります。

豊かな読み聞かせ体験をしようと思うなら、大人の側が絵本を好きになることが、何よりもの近道でしょう。

 

絵本には読み方があります。

文字が読めればいい、というものではないんです。

 

別に格式ばった作法の話ではありませんが、漫画だって、慣れていないとちゃんと物語に入っていけませんからね。

実際、漫画文化が普及していない外国には、漫画を読めない人が結構いるようです。

 

絵本を楽しむためには、まず、「絵をじっくりと読む」ことです。

ただ絵画のように鑑賞するんじゃなく、絵の中に物語を「読む」んです。

 

これは漫画好きの人なら、そう難しいことではないでしょう。

基本的に、絵本は文章がすべてを語っているわけではなく、かなりの部分を想像で補完しなくてはなりません。

それが絵を読むということです。

 

そういう意味で、絵本の絵は「文章のおまけ」ではありません。

文と対等、もしくはそれ以上の関係にあります。

 

大人はつい、テキストのみを読んで絵本の内容を理解した気になりがちですが、それでは作品の半分、あるいはそれ以下しか読んだことにはなりません。

 

表紙から見返し、本文、裏表紙に至るまでじっくりと絵を見れば、そこに様々な物語を読めるはずです。

 

例えば、何気なく描かれた部屋のカット。

そこにあるインテリアから、そこに住む人がどんな人物か、どんな暮らしぶりをしているのか、想像して楽しめます。

壁に貼ってあるポスター、本棚に並んでいる本のタイトル、家具の種類やサイズ……手掛かりは無数にあります。

 

また、作者のちょっとした遊び心で描かれたものを見つけると、何やら自分宛てのメッセージを受け取ったような気にすらなるものです。

映画でもドラマでも、こういうことはあるでしょう?

登場人物が身に付けているものや、使っているものが気になったり。

小説だと、この手は使えません。

↑「14ひきのひっこし」より。

文中では語られないが、キャラクターそれぞれの行動や役割分担などがしっかり描かれている。

↑「ピヨピヨスーパーマーケット」より。

陳列棚に並べられた商品が細密に描かれている。また、駄々をこねる子どもたちなど、本筋と関係のない物語も、サブ・ストーリー的に読むことができる。

↑「おおかみと7ひきのこやぎ」より。

戸棚をよく見ると、写真立てらしきものが。本文には登場しないが、これがこやぎたちの父親では? と想像できる、作者の遊び心。

 

……などなど、ほんの一部の例を挙げましたが、映画と違って、1シーンごとをじっくり鑑賞できるのも、絵本の特徴です。

すぐれた絵本ほど、不必要な文章は削られ、無意味な絵は描かれません。

 

さて、そうやって想像を広げてゆけば、文には語られない登場人物の性格、思考、感情などが見えてきます。

さらに、作者の意図、思想、隠されたメッセージなども捉えられるようになってきます。

 

この手の「深読み」は読者の自由であり、ひとりひとりの解釈に正解も不正解もありません。

「よい絵本」をあえて定義するならば、こうした「無限の解釈の可能性」という「余地」を残しているかどうかが挙げられると思います。

 

私自身、このブログで色んな絵本を紹介する中で、勝手な解釈をあれこれ述べていますが、それらはあくまで個人的な「読み」であり、正解などではありません(当たり前ですけど、念のため)。

「こういう読み方もあるよ」と提示することで、「絵本って面白そう」と、一人でも多くの方に思ってもらいたいだけです。

 

ですから、「スーホの白い馬」とか「スイミー」とかが、国語の教科書に載ることは、それ自体はいいんですが、

この物語を通じて作者は何を言いたいのか

この場面において、主人公はどんな感情を持ったのか

なんていうお定まりの「読解問題」などに落とし込んで、単一の「正解」を当てはめてしまうようなことは、本当に馬鹿らしいことだし、もっと強く言えば、作品に対する冒涜だと思います。

 

第一、教科書用に編纂した時点で、それはすでに絵本として死んでいます。

絵本はその大きさ・形・色・構成・テキストの位置と配分・紙の質などの要素すべてが合わさって、初めてひとつの作品となります。

 

また漫画を例に出しますが、海外に行った時、向こうで出版された日本の漫画を読んだことがあります。

その国では本は左開きなので、本来と逆のページ進行に変更されていました。

 

そうすると、まあ読みにくいこと。

単に慣れの問題ではなく、絵の向きが逆になると、スピード感が失われたり、作者の本来の意図が破壊されたりするのです。

 

絵本も然り。

3びきのやぎのがらがらどん」で有名な絵本作家・マーシャ・ブラウンさんは、作品ごとに、その物語に合う画材・技法・レタリング・印刷・製本までを考えて制作に臨むといいます。

ですから、彼女の絵本は、ぱっと見ただけでは、同じ作者のものだと気づかないことがあります。

 

そうしたことを知ると、絵本をただの「子ども用の本」などと軽んじることはできなくなります。

 

私は、病院の待合室などで、絵本コーナーの絵本を真剣に読んでいたりします。

まあ……周りの目がまったく気にならないと言えば嘘になりますが。

 

絵本は大人が読んでも面白い、ということをもっと広めて、堂々と大人が絵本を読める時代が来ることを祈る次第です。

 

また長くなってしまいました。

今度は、子どもへ読み聞かせる場合の読み方について、近いうちに書きたいと思います。

 

関連記事≫絵本の紹介「14ひきのひっこし」

≫絵本の紹介「ピヨピヨスーパーマーケット」

≫絵本の紹介「おおかみと7ひきのこやぎ」

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント