絵本をどう選ぶか。そして、どう読んであげるか。

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

ほぼ毎日、息子に絵本を読み聞かせています。

もういちいち数えていませんけど、家の本棚にある絵本は、そろそろ1200冊を超えたと思います。

 

≫3歳までに絵本を1000冊読み聞かせたら

 

よく尋ねられるのは、

どんな絵本を読んであげればいいんですか?

ということと、

どれくらいの頻度で読んであげればいいんですか?

ということです。

 

けれども、この二つとも、なかなかその場でさっと簡潔に答えにくい質問なんです。

いや、答えるのは簡単なんですが、その理由まできちっと説明しようと思うと、ちょっと時間がかかる。

子どもに関わることですから、いい加減なこと言えませんし、変な方向に受け取られても困ります。

 

今回は、それらについて、普段考えてることを記事にしてみます。

ちょっと長いですよ。

まず、結論だけを先に言えば、

「とにかく何でもいいから、片っ端から、ジャンルにこだわらず、いつでも、何度でも読んであげてください」

ということです。

 

こういうことを言うと、

いや、絵本にも良し悪しがある。悪い絵本はかえって有害であり、子どもには良い絵本だけを読ませるべきである

という意見が出てきます。

 

おっしゃることはわかります。

けど、それは10冊なら10冊と、厳選して絵本を与える場合の話です。

そしてたとえ非常に絵本に精通した人間が厳選したとしても、たった10冊では、子どもが本当に求めている一冊に出会えるとは限らないのです。

 

なぜなら、大人と同様、子どももひとりひとり違います。

私の息子がある絵本が大好きだからといって、他の家の子が同じものを気に入るかどうかはわかりません。

考えてみれば当たり前の話ですよね。

 

どんな芸術的な名作だって、万人に受け入れられるわけではありません。

逆に、世間的には駄作とされている作品でも、ある人間にとっては、大変な感動を与えることだってあります。

 

それはその人のパーソナリティの問題で、他人がとやかく言うことではありません。

こんなことは、大人に対しては当然だと思う人でも、子どもに対しては同じように考えられない場合が多いようです。

 

その理由は、「子どもの好みや性格は形成途上にあり、周囲の大人が与えるものによって左右されるため、大人には良いものを選別して与える責務がある」という考えに基いていると思われます。

でも、それって、「検閲」ですよね?

 

子どもの性格が環境によって大きく影響を受けるのは確かだと思います。

しかし、重要なのは日常的に接する大人の人間性―――子どもに対する理解と寛容さが備わっているかどうか、端的に言ってしまえば「愛があるかどうか」です(偏執的な愛ではなくて)。

 

はっきり言えば、両親が真実の愛に溢れたひとであれば、本や漫画なんて、どんなアブナイものを読んでいようが、子どもの人格が捻じ曲がるようなことはありません(自分自身のことを振り返ってみてください)。

 

ましてや絵本というものは、成功・失敗はあったとしても、大前提として「子どものために」作られたものです。

子どもに「悪い」と言えるほどの影響を与えたりするでしょうか。

 

もし、そんなことがあるとすれば、それは書物の内容の良否よりも、偏りに問題があると思います。

色んなジャンル、色んなスタイル、色んな作家の本を読むことで、(世間の大人が好んで口にするところの)「広い視野を持った」人間に育つのではないでしょうか。

あと、もうひとつ言っておきたいのですが、いくら大人が頭を悩ませて絵本を選んだところで、小さな赤ちゃんならいざ知らず、子どもは自分が読みたくないものは絶対に読みません。

どんなに名作とされる絵本でも、絶対に。

これは自分の読み聞かせ経験から、確信を込めて言えます。

 

本来、子どもは心と行動が分裂していません。

「嫌なものは嫌」なのです。

それを大人が力づくで言うことを聞かせれば(それでも絶対に折れないあっぱれな子どももいますが)、それが精神病の第一歩です。

 

もちろん、食べ物と同じで、自然な成長過程で、好みも変化します。

以前は嫌いだったものが食べられるようになるのと同様、読まなかった絵本を、ある日急に手に取ることもあります(これも自分の経験上、何度もありました)。

 

食べ物を例に出したのでついでに。

いくら好き嫌いのないようにと言っても、乳離れしたばかりの赤ちゃんに、とびきりスパイシーなものや固いものを与えはしないでしょう。

同じように、最初から字が多すぎる絵本や、情報量が多すぎる絵本を与えるのも避けた方がいいです。

それは偏りのない読書とは次元の違う話です。

 

以上のようなことを踏まえて、私たちは常に子どもを注意深く観察しなければなりません。

面倒なことです。

 

だから愛が必要なのです。

 

「厳選した絵本を」と唱える人の中には、「読んで無駄な絵本は読みたくない」という、「費用対効果」の考えがあるかもしれません。

もちろん、経済的な理由もあるでしょう。

でも、そんな人でも、絵本よりもずっと高額な知育教材を購入したり、幼児教室に通わせたりするのです。

 

絵本を毎日読むなんて、そんな手間暇がかかる割には何の役に立つのかよくわからないことより、確実に早く成果(?)が上がる教育に重きを置いているということでしょうか。

 

今までも何度か書きましたが、子どもにとって絵本を読んでもらうことは、愛情の確認作業でもあります。

近しい大人の体温や肉声を感じること。

時間を共有すること。

感情を共有すること。

「自分は愛されている」という確信を得ること。

それらは、絵本の内容以上に、子どもの成長にとって大切です。

 

愛というものは、単なるきれいごとではなくて、人間が成長する上で必要な要素だと思います。

そういう意味では、非常によくできたシステマティックな仕組みと言えるかもしれません。

 

だからこそ、たとえ子どもへの愛がなくとも、毎日絵本を読み聞かせているうちに愛を知る、という現象も起こりうるのでしょう。

これも、自分の経験ですが。

 

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント