絵本の紹介「なんのいろ ふゆ」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは「なんのいろ」4部作シリーズより、「なんのいろ ふゆ」です。

作:ビーゲン・セン

絵:永井郁子

出版社:絵本塾出版

発行日:2009年9月15日

 

作者のビーゲン・センさんのことを、私は最初外国人の方だと思ってました。

実はこの方、図書館流通センター(TRC)の元・社長さんで、退任後に「絵本を通して子どもたちと社会の絆を」と、絵本塾出版社を設立し、自ら「なんのいろ」「なんのおと」などのシリーズを手掛けるという、異色の絵本作家さんなんです。

 

ビーゲン・センはペンネームで、おそらく本名(尾下千秋)の音読みでしょう。

 

このシリーズの特徴は、あるものをそれぞれの色ごとにばらばらに描き、それを次のページで融合させ、本来の形を見せるというもの。

冬にちなんだ様々なもの(サンタ、ゆきだるま、鏡餅、節分の鬼など)が登場するので、シリーズを通して、四季の行事を知ることもできます。

「めそめそいろ」「うれしいいろ」などの表現で、色の持つイメージや効果について、幼児の想像力を膨らませるねらいもあります。

 

画家の永井郁子さんは、寺村輝夫御大とのコンビで「わかったさんのおかし」シリーズや「かいぞくポケット」シリーズなどを手掛けた人気作家さん。

この作品ではコンピューターグラフィックも用いています。

キャラクターがとても可愛らしく、自身は全国で絵本の読み語りイベントを行っています。

 

また、経営者としてのビーゲン・センさんは、絵本をスクリーンに映し、オリジナル曲の演奏を行う絵本ライブなどの企画を催したり、それらのDVD化を進めたりと、「絵本の未来」に対し、なお様々な取り組みを試みています。

 

推奨年齢:0歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

作者のバイタリティ度:☆☆☆☆

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント