【絵本の紹介】「タトゥとパトゥのへんてこマシン」【391冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回はフィンランドで大人気、そして我が家でも大人気の楽しい絵本を紹介しましょう。

タトゥとパトゥのへんてこマシン」です。

作・絵:アイノ・ハブカイネンとサミ・トイボネン

訳:稲垣美晴

出版社:偕成社

発行日:2007年10月

 

表紙左のゴーグル付けたのがタトゥ。

右がパトゥ。

天才こども発明家」兄弟の二人が作った日常に役立つ(?)14のおもしろ発明品を詳細な図解で公開・解説します。

 

絵柄は可愛くて発明品は奇想天外、でも細部の細部まで描きこまれた絵と仕掛けは何回見ても新しい発見があって本当に楽しい。

ハイテクだけど子どもらしい手作り感とぬくもりが感じられる絶妙なデザインの数々。

↑「全自動おめざめ機」。

左のはしごを昇って入り口から入ると、ベルトコンベアで流されて行って目覚まし、洗顔、朝食、歯磨き、メイク、着替えまでオートでやってもらえます。

細かいメニュー設定もできますが、途中の扱いは結構雑。

↑「水たまりマシン」。

手軽に水たまりを作って遊べるように開発された機械。

穴の大きさに合わせてドリルを付け替えられるようになっているのがポイント。

↑「ミクロの世界おまかせ機」。

どんな細かい作業も可能な超高性能作業用マシン。

これは普通に凄い。

 

蟻のセーター編み、蚤の爪切り、何でもござれ。

しかし操作するにはなかなか骨が折れる様子。

 

この他にも「たべられないもの探知機」「ぼうしカギ」「風景ドーム」など、ユーモアたっぷりな発明品がたくさん。

そして絵の中には見逃しがちな隠し要素もあり、毎回新しい発見ができるところも良書。

 

★      ★      ★

 

作者の二人はご夫婦。

「タトゥとパトゥ」はシリーズものでして、日本ではこのほかにも「タトゥとパトゥのへんてこアルバイト」「タトゥとパトゥのへんてこドリーム」が翻訳されています。

それぞれに違った味があり、発明ものという枠では収まらない作品になっています。

 

とにかく可愛くて細微なイラストをじっくり見るのが楽しい絵本なので、子どもに読み聞かせるというより、一緒にじっくりと絵を見ながら新しい発見をしてほしいです。

 

例えばこの「へんてこマシン」では、隠し要素として扉ページに描かれたロボットのパーツ探しがあります。

パーツに使われているのは自転車のペダルや飴玉などで、それらは14の発明品のどこかに使われています。

奥付のページでそのロボットの完成形が確認できます。

 

私は最初うかつにもこの仕掛けを見逃していたのですが、気づいて息子に話したところ、息子はとっくに気づいてほとんどのパーツを見つけておりました。

1人でもたびたび引っ張り出して読んでいたので、その時にそういう細部も見ていたのでしょう。

 

タトゥとパトゥは天才ではありますが無邪気な子どもで、それゆえにその着眼点のユニークさ、発想のとらわれなさは痛快です。

大人にとっては「無駄」としか思えないような研究や発明の数々ですが、本来画期的な発明や科学的進歩は、数多の一見無駄に思える研究によって支えられているものです。

 

「費用対効果」や「銭勘定」でしか科学研究を語れず、「無駄な研究には金を払うな」と声高に言う人たちは、「無駄」に金をかけなくなった国は衰退していくのだということをわかっていないのです。

そしてまた一個の人間も、「無駄」とも見える精神生活がなければ生物として干からびていくものなのです。

 

推奨年齢:5歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆☆

実用性度:☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「タトゥとパトゥのへんてこマシン

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:https://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント