【絵本の紹介】「いつもちこくのおとこのこージョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー」【387冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回はジョン・バーニンガムさんの絵本を紹介しましょう。

長いですよ。タイトルが。

いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー」です。

作・絵:ジョン・バーニンガム

訳:谷川俊太郎

出版社:あかね書房

発行日:1988年9月

 

もうこのタイトルだけでも面白そうで手に取らずにはいられないですね。

外国の名前はファーストネームやらミドルネームやら色々と長いけれど、それをあえて略さずに忠実に表記するだけでなんだかユーモラス。

しかもこの長い名前は文中で何度も繰り返して唱えられます。

 

ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシーは表紙の男の子の名前ですけど、彼の前にいるのは学校の先生。

何やら悪魔的な顔と魔術師的な指先、それにいささか巨大なデフォルメによって、主人公の長い名前がまるで呪文のように聞こえてきます。

 

谷川さんの訳文もリズミカルで、絵本の王道的繰り返し展開が心地よく読めます。

ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー、おべんきょうしに てくてく でかける

ところが途中の道でわにがマンホールから現れて、ノーマンのかばんに食いつきます。

ノーマンは手袋の片方を犠牲にかばんを取り戻し、学校へ向かいますがすっかり遅刻。

先生はノーマンに遅刻と手袋紛失の理由を問いただします。

 

ノーマンは正直に起こったままのことを話します。

しかし、そんな話を先生が信じられるはずがありません。

このあたりでは げすいに わになど すんでおらん。いのこりして <もう わにの うそは つきません、てぶくろも なくしません。>と 300かい かくこと

と罰を与えます。

ノーマンはその通りにします。

 

そしてまた別の日、学校へ行く途中でノーマンは、今度はライオンにズボンを食いちぎられ、木に登ってやり過ごします。

もちろんまた遅刻。

先生はノーマンに遅刻の理由を問いただし、ノーマンはまた正直にありのままを答え、もちろん先生は信じずに罰を与えます。

 

そしてまた別の日、今度はノーマンは通学途中に高潮に呑み込まれて遅刻。

先生に罰を受けます。

淡々と繰り返されるありえない出来事。

あまりにも不運なノーマンが気の毒だけど面白い。

さあ次は何が起こるのか……と思っていると、今度は何も起こらず、ノーマンは遅刻しません。

 

ところが、教室に入ってみると先生がゴリラに捕まって屋根にいます。

ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー、わたしは おおきな けむくじゃらの ゴリラに つかまって やねに おる。すぐに わたしを おろすこと

と先生はこんな状況でも命令口調で言いますが、ここでノーマンはさらっと、これまで自分が先生に言われた通りに

おおきな けむくじゃらの ゴリラなんてものは このあたりの やねには いませんよ

とスルーするのでした。

 

★      ★      ★

 

ユーモアの中に大人がドキッとするようなスパイスが効いた作品です。

不条理な目にあってもどこか飄々としたノーマンが、最後の最後に無理解な先生にお返しをする痛快な物語……というのが一読した印象かもしれませんが、この先生がどこか憎めないんですね。

 

それはキャラクターデザインや滑稽なオーバーアクションによるところも大きいけれど、バーニンガムさん独特の人間理解がそうさせているように感じられます。

バーニンガムさんの絵本にはいつもある種の突き放したような素っ気なさがあり、問題提起のようなものはあるけれども「こうなるべき」という説教臭さは微塵もありません。

そのことがかえって彼の作品を限りなく優しいものに仕立てています。

 

ノーマンの正直な告白を頭から信じようとしない無理解な先生は世間の大人の代表です。

飄々と振舞いつつ、世間の仕組みに抗う力はまだないノーマンはまさに世の子どもの代表です。

 

子どもには次々と驚くべき事件が起こり、子どもたちはそれを飄々と受け入れます。

大人たちはすでにそんな瑞々しい感性を失い、子どもたちをどう管理するかしか頭にありません。

 

でも、かといってバーニンガムさんは「だから大人は駄目なんだ」とは言わないのです。

ただ「そういうもの」として大人と子どもの「断絶」を飄々と受け入れ、描きます。

 

この構図は「なみにきをつけて、シャーリー」にも見て取れます。

 

≫絵本の紹介「なみにきをつけて、シャーリー

 

ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシーは淡々と「おべんきょうしに」出かけていきます。

ワニやライオンや高潮に襲われ、先生に何百回もの反省文を書かされ、彼は結局何を学んだのでしょう。

 

それはラストシーンにおける「…なんてものは このあたりには いませんよ」という、(それまで自分が言われ続けてきた)返答です。

こうして子どもは世間知を身につけ、やがては大人になります。

そしてやっぱり次の世代の子どもに向かって、あの先生のような態度に出るのかもしれません。

 

繰り返しますが、バーニンガムさんはそれを「悪いこと」としては描きません。

「そういうもの」だと、そっと示すだけです。

 

さりとて、この大人と子どもの断絶は永遠に繰り返されるものとは限りません。

ノーマンが学んだことは他にもあるからです。

それは「この世には思いもよらぬことが実際に起こり、そしてそれは体験したものにしか理解できない」ことです。

 

この絵本における未来への可能性というか光のようなものはそこにあります。

最後にノーマンは「もっと おべんきょうしに」出かけていきます。

まだ学びが終わっていないことそのものが、人間の希望なのです。

 

推奨年齢:6歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

名前の響きの心地よさ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「いつもちこくのおとこのこージョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:https://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント