【絵本の紹介】「トプシーとアンガス」【386冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

ずっと以前に紹介した「アンガスとあひる」をご存じでしょうか。

 

≫絵本の紹介「アンガスとあひる」

 

古典名作として取り上げられることの多い作品ですので、読んだことのある方も多いと思います。

けれど、この知りたがり屋で好奇心旺盛なスコッチテリアの「アンガス」の絵本が全5作のシリーズであることを知っている人は少ないかもしれません。

 

今回はシリーズ最終作である「トプシーとアンガス」を紹介しましょう。

作・絵:マージョリー・フラック

訳:まさきるりこ

出版社:アリス館

発行日:2008年3月15日

 

実はこのシリーズ、「アンガスとあひる」「アンガスとねこ」「まいごのアンガス」の前3作は瀬田貞二さん訳で福音館書店から発行されていましたが、後2作「ベスとアンガス」そしてこの「トプシーとアンガス」は長い間翻訳されないままだったのですね。

 

ゆえにアンガスがシリーズ連作であることを知っている人でも、3部作だと思っていた人も多かったのではないでしょうか。

かくいう私もその一人です。

 

近年になってアリス館から間崎ルリ子さんの翻訳により、ようやくすべてのアンガスシリーズが日本語で読めるようになったのですが、悲しいことに現在のところアリス館出版の2作品はすでに絶版重版未定です……。

こういう時こそ古本屋。

 

宣伝はおいといて、第一作があまりにも完成されすぎていて2作目以降が埋もれてしまう現象はシリーズ絵本あるあるですが、「アンガス」は5作全部それぞれ違った面白さが維持されています。

その上で、後2作は前3作とやや毛色が違い、特に「トプシーとアンガス」はテキストが多く、ドラマに比重を置いた作りとなっています。

これは、「アンガスとあひる」を読んで育った子どもの成長を作者が計算に入れているのかもしれません。

物語の中心になるのはアンガスではなく、コッカー・スパニエルの「トプシー」です。

ペットショップで寂しい思いをしているトプシーを見かけた少女「ジュディ」がトプシーを欲しがりますが、母親は許してくれません。

 

くまのコールテンくん」を思い出す展開ですが、結局トプシーはジュディではなく「サマンサ・リトルフィールド」という名の老婦人に買われることになります。

 

≫絵本の紹介「くまのコールテンくん」

 

婦人はお金持ちで、トプシーに様々なものを買ってやりますが、トプシーはしつけのできていないいたずらっ子で、それらをみんなめちゃくちゃにしてしまいます。

サマンサ婦人はトプシーを大変可愛がってはいるけれども、少々手を焼き始めます。

きちんと整えられた家の中まで荒らされて、とうとう婦人はトプシーを地下室に閉じ込めます。

 

地下室から抜け出したトプシーは、外を走り回り、そこで子犬のアンガスに出会います。

前回アンガスの友だちとなった「ブルンブルンベス」も加わり、楽しく駆け回っているところへ、ペットショップで毎日トプシーを見に来ていたあのジュディが現れます。

ジュディとトプシーはしっかり抱き合い、互いに喜びます。

ジュディはトプシーを家に連れ帰りますが、次の日にはサマンサ婦人がトプシーを探しにやってきます。

 

悲しむジュディを見て、婦人はトプシーをジュディに譲ると言ってくれます。

ジュディの母親も犬を飼うことを認めてくれ、それからはジュディとトプシー、それにアンガスとベスも一緒に毎日楽しく遊ぶようになるのでした。

 

★      ★      ★

 

作者のマージョリー・フラックさんが発表した絵本はこのアンガスシリーズを含め、「おかあさんだいすき」など9冊。

絵本作家としては決して多作ではありませんが、どの作品も創意工夫にあふれており、構図や場面転換などの表現方法は後進の作家に大いに影響を与えました。

 

まだ絵本というものの価値や可能性が低く見られていた時代に、フラックさんの残した功績は小さなものではありません。

それゆえに彼女はワンダ・ガアグさんと並んで、アメリカ絵本の礎を築いた存在だと言われているのです。

 

推奨年齢:5歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

犬好き絵本度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「トプシーとアンガス

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:https://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント