再びの自主休校

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

公私ともに忙しくて少々更新頻度が落ちていますが、ブログを訪れてくださる人の数はむしろ増えているようでありがたく感じます。

さて、タイトルにある通り、今週から再び小学校を息子に休校させています。

息子の宇宙探査機シリーズ。色々可動部分あり。

 

以前の記事に書いたように、新型コロナウイルス感染予防の観点から、息子は先月末まで学校に行ってませんでした。

休校そのものが解除されたとはいえ、事態は収束とは程遠く、現場の不安はなにひとつ除かれたわけではないと見ていたからです。

 

一応様子を見て初登校させ、しばらく通わせてはみたものの、ここ最近の大阪の感染者数増加を受けて、難しい判断ではありますが、もう一度自主休校という選択をしました。

 

本来ならすでに夏休みの期間に入っているのですが、休校による授業日数減少に対する措置として、8月上旬まで授業が続くのです。

マスク着用が必須な状況で、熱中症も心配なので。

 

授業日数とか学習の遅れとか、私はそんなものはまったく気にしていませんが(小1だし)、せっかく学校に慣れてきた息子をここでまた自宅生活に戻すことについては少々悩みました。

 

それ以前の悩みとして、息子が本当は学校を嫌がっているのではないか、もしそうなら無理に慣れさせることをするべきなのか、ということがありました。

もちろん、初めての集団生活には不自由に感じる点がいくつもあるでしょう。

私は息子を精神的に可能な限り自由な状態で育てたいと思っていますが、そろそろ社会生活を覚えなければならないことも確かです。

 

これを「必要な我慢」と見るべきかどうかは難しい判断です。

欲を言えば学校そのものが一人一人の生徒にとって本当に自由で楽しい場所であってほしいのですが、それは現状の日本では無いものねだりというものでしょう。

 

実際、学校を休ませた時には息子は心から解放されたように見えました。

しかしその一方で、友だちに会えないことを残念がったり、図工や算数、図書など好きな授業には出たい気持ちもあったようです。

ちなみに息子が一番嫌いなのは「学活」、その次が「国語」、そして「道徳」です。

ま、先生が前で喋ってるのが面白くないんでしょうね。

 

まあどっちにしろあと少しで夏休みですから、少し早いけどこのまま2学期までは休ませようかと考えています。

ただでさえ心配事が多い時期に、疫病のことまで心配しなければならないというのは本当に厄介なことです。

 

けれども、こういう世の中でなければ、そもそも小学校は何が何でも行かなければならないものではないということを、これほど何度も改めて考える機会はなかったろうとも思います。

もちろん、さっさと収束してほしいのは間違いありませんけどね。

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:https://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント

初コメント失礼します。
いつも楽しく見させてもらっています!


どうしても子どもの頃に見た絵本のタイトルが思い出せなく……一縷の望みでコメントしました。

ファンタジーもので、壁画のようなとても独特のタッチ(色使いはカラフルでした)
話せるヤギ?羊?と子どもが出てきていました。
海外の絵本のようなイメージでした。


普段保育士をしておりますが、現場で見たことなく…図書館でもたまたま?見かけませんでした。

お心当たりがあり、またお暇がありましたら、返信頂けると泣いて喜びます。

これからもブログ楽しみにしています✨

  • のむら
  • 2020/08/01 00:35

またすでに紹介していたもので、見落としていたらすみません。

  • のむら
  • 2020/08/01 00:38

>のむら様

コメントありがとうございます。えほにずむの店主です。

当ブログを楽しみにしてくださっているとのことで、こちらのほうが嬉しくて泣いて喜んでおりますw

さて、ご質問の絵本ですが、申し訳ありませんが教えていただいた情報だけではまったく見当がつきません…。
せめてストーリーの概要、印象に残っているシーン、断片的なテキストだけでもわかれば、何か心当たりが出てくるかもしれませんが(それも請け合えませんが)。
力不足ですいません。

また何か思い出せましたらご連絡ください。
ここでもいいですし、記事の最後に表記しているお店のメールアドレス宛てにメールくださっても結構です。

それでは、今後もよろしくお願いします。

  • えほにずむ店主
  • 2020/08/03 09:03