【絵本の紹介】「キャベツくんのにちようび」【383冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

熊本ではまた豪雨災害で大変なことになっているようですね。

大阪でも今日は朝から雨です。

今年は梅雨が長い気がしますが、この湿度で気温まで上がってきたら、マスク必須な今の生活がきついものになりそうです。

学校での熱中症も心配だし。

 

さて、なんとなく重苦しい空気を吹き払うような楽しい絵本を紹介しましょう。

久々登場「キャベツくん」シリーズより「キャベツくんのにちようび」。

作・絵:長新太

出版社:文研出版

発行日:1992年5月20日

 

このブログで「キャベツくん」を紹介したのは3年以上も前ですね。

いやあ、ほんとに久々。

 

≫絵本の紹介「キャベツくん」

 

ナンセンスの神様・長新太さんの真骨頂ともいうべきシュールなシリーズですが、なんだか意味は分からなくても読むと心が晴れやかになります。

キャベツを擬人化した「キャベツくん」と、ことあるごとに彼を食べようとする困ったちゃんの「ブタヤマさん」の掛け合いはここにしかない独特の味わい。

 

キャベツと豚といえばトンカツを連想しますが、ここではキャベツが主役。

そして「ブタヤマさん」というこのネーミングセンスね。

長さんらしい。

 

二人が広々とした原っぱで遭遇するなり、ブタヤマさんは「キャベツ、おまえを たべる!」。

そこへ後ろの草むらから大きな手が出てきて、「いらっしゃい いらっしゃい おいしいものが ありますよー」と手招き。

現れたのは三匹の巨大な招き猫。

ブタヤマさんはキャベツくんを食べようとしていたのも忘れて、

キャベツくん はやく はやく」なんて言いながら猫についていきます。

そこに出現したのは見渡す限りの広大なキャベツ畑。

ブキャッ」と驚くブタヤマさんですが、キャベツ畑は一瞬で消えてしまいます。

 

猫たちはさらに二人を手招きします。

おそるおそるブタヤマさんたちがついていくと、今度は……。

画面を埋め尽くす招き猫たち。

わけわかりません。

 

これまたすぐ消えて、さらに誘導が続き、最後は豚の大集団が出現します。

キャベツくんが「ブタヤマさんは ブタを たべるの?

ブタヤマさんは「ブタは たべない。トンカツだって たべない」。

 

三匹の魔法使い?の猫たちは去っていきます。

どうもからかわれただけのようです。

 

キャベツくんはブタヤマさんの手を引き、「ぼくのうちで おいしいものを ごちそうしてあげるよ」。

 

★      ★      ★

 

とにかく憎めないブタヤマさんのキャラクター。

今回もストーリーは意味不明ながら、「ページをめくるたびに画面いっぱいに何かが出現する」という長さんが好んで使う手法は第一作「キャベツくん」と共通します。

 

長さんは空と地平線の絵が大好きで、この絵本はつまりその「どこまでも広がっていく」絵を描きたかったんじゃないかなと思います。

長さんは絵を主体にする作家さんです。

シュールなストーリーを読解しようとばかり頭をひねっていると、一番重要な絵を見逃します。

 

全カットうんと引いたアングルで、空と地平線と山、そしてどこまでもどこまでも続くキャベツ畑。猫と豚の大群。

いい眺めじゃないですか。

とっても心が満たされるような開放的な光景じゃないですか。

まあ、猫はちょっと不気味ですが。

 

あと、両手を前に突き出して、へっぴり腰で並んで猫についていくブタヤマさんとキャベツくんのポーズがコント劇っぽくて愉快です。

読者も一緒に、心の中でこんな姿勢になってちょっぴりドキドキ、ワクワクしながら次のページへ案内されます。

してみると、あのすっとぼけた顔の猫の正体は長さん自身なのかもしれませんね。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

夢に出そう度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「キャベツくんのにちようび

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:https://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント