小学校デビュー

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

一斉休校+様子見の自主休校で一回も小学校に行ってなかった我が家の息子ですが、今週から登校開始してます。

報告がてら、色々思うところを綴ります。

レゴブロックに結束バンドを組み合わせてロボットを作る息子。

回転して進む足っぽくなるそうです。

 

息子が学校に行かない間、週一回は私が学校に行ってプリントや課題を受け取ったりしてました。

学校再開から20日ほど様子を見てましたが、現時点で息子の小学校に欠席者はひとりもいないということで、最大限の注意をしながら登校させてみることにしました。

 

もちろん不安です。

実際、北九州や関東地方などで学校感染がちょくちょく出ています。

こういうことを書くと「脅かし屋」みたいに思われるかもしれないのですが、どうしてそれほど世間が騒いでないんだろうという気もします。

感染経路も追い切れないだろうし、どこでどう無症状感染が拡がっているかもわからないです。

しかし、かと言って3〜4月ごろに私が恐れていたほどに悲惨な状況にもなってなさそうです(私が知らないだけかもしれませんが)。

正直な感想を言えば「よくわからない」なのです。

 

完全に収束したわけでもなく、今後の不安に十分な対策がされているわけでもなく、かと言って爆発的に感染が拡がって周囲でひとがばたばた倒れていくわけでもなく、しかし感染者はじわじわと増えている。

不安から自主休校させてる親御さんたちも多いでしょうが、これでは一体いつまで休校させていればいいのか判断が難しすぎると思います。

 

一応政府・教育委員会・学校側の判断としては学校再開ということになっているわけですが、少なくとも十分な説得力はありません。

その中で休校を続けるのは保護者の責任だけに委ねられており、悩んだり負担を感じている親御さんは大勢います。

私も引き続き経過を見ながら、何かあればまた休校させるつもりでいます。

しんどいですね。

 

さて、本当に初めて学校へ行くことになった息子ですが、思ったよりは問題ないみたいです。

何しろ集団生活経験ゼロ、きょうだいゼロ、協調性なんかあるのかないのか不明な息子。

授業中に立ち上がってどっか行っちゃうようなことはないかと心配だったのですけど、そういうことはしてないようです。

ただ、先生の話もあまり聞いてはなさそうです。

 

母親が送っていくと、別に寂しがりもせずに教室に入り、物珍しそうに色々見たり触ったり。

先生の机も平気で漁って止められたり。

 

授業そのものは「ひらがなの書き方」「数字の数え方」レベルなので難しくはないものの、「同じ字を何回も練習する」こと自体が嫌な息子は真面目にやろうとしません。

勝手にレタリング文字とかにしてしまいます。

ノートは「書き直し」の赤ペンだらけです。

そんなことは私も気にしませんが。

 

心配だったのは給食ですが(偏食なので)、今どきは無理に子どもに食べさせたりしないようなので、息子は食べたいものだけ食べてるようです。

私が子どものころは全部食べないとダメ、というわけのわからないルールがまかり通ってました。

大人だって嫌いなものは食べないでしょ……。

量は足りてないと思うのですが、今のところは学校でお腹がすいて困るという話はしてません。

珍しい体験ばかりなので空腹を感じてないのでしょう。

 

何よりも嬉しいことに、すぐに友だちはできたようです。

向こうから積極的に話しかけてくれて、帰り道も一緒。

一人は道順が違うのに、うちの息子が「心配だから」と途中までついてきてくれます。

同い年に心配されている息子。

 

幼稚園などの経験の差なのか、成長速度の差なのか、周りはみんなしっかりして見えますね。

息子は赤ちゃんみたいです。

図体だけは大きいけど。

他の子より後から通学しだしたので、友だちから見れば後輩感があるのかもしれません。

 

息子にとっては初めてできた友だちですから、叶うならばもっともっと一緒に遊んでほしいし、家も行き来してほしい。

それができない時代であることが本当にもったいないし残念です。

こういう状況が続くことが子どもたちの成長にどう影響するのか、それが懸念されます。

願わくは、しなやかに順応して、感染症など問題にせず健全に育ってほしいものです。

 

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:https://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント