【絵本の紹介】「かさ」【378冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今年は新型コロナウイルス感染症の話ばかりしている間に、気づけばもう6月です。

花見もGWも入学式や卒業式すらまともにできず、季節を感じることも薄いままに梅雨ですか。

花粉症だけは感じましたけど。

 

今回は太田大八さんの「かさ」を紹介します。

作・絵:太田大八

出版社:文研出版

発行日:1975年2月20日

 

太田さんの作品は、自身の子ども時代をモデルにした「だいちゃんとうみ」をこのブログで取り上げたことがありますね。

≫絵本の紹介「だいちゃんとうみ」

 

素朴で力強い色使いが素敵な太田さんですが、この「かさ」ではあえてモノクロに赤一色だけを効果的に用いる手法を取っています。

また、テキストを排し、すべてを絵によって語らせるまさに「絵本」というスタイルの作品でもあります。

 

主人公の女の子が、雨の日に傘を持って駅まで父親を迎えに行くというお話。

引いたアングルで雨の街並みを描写し、少女の傘だけがぽつんと赤の配色をなされています。

この印象的な赤色によって、読者はすぐに主人公の位置を確認することができます。

女の子は何も語りませんが、何を見、何を感じているのかは容易に伝わります。

駅前の街並みは、時代を感じるところもありますが、今見てもそこまで古臭くはありません。

この絵本が出た当時ではかなり都会的な描写だったのでしょう。

 

女の子は友だちとすれ違いざまに挨拶を交わし、犬に水をかけられそうになり、ドーナツ屋や人形屋のショーケースを覗き、駅前の交差点を渡り、父親に会って持っていた傘を手渡します。

そして帰り道、先ほど見ていたドーナツ屋で父親にドーナツを買ってもらい、今度は父親が少女の傘を持ち、二人は一本の傘に入って帰ります。

 

表紙・扉絵から始まって裏表紙の後ろ姿まで物語は続いています。

 

★      ★      ★

 

地味なように感じるかもしれませんが、読んでみると非常に印象深い絵本です。

そして不思議と温かい気持ちになります。

 

個人的に太田さんの作品にノスタルジーを刺激されることが多いのですが、この絵本も昭和後期を感じさせる描写がとても懐かしく心に残ります。

ま、実際には私は「傘を持って駅へ親を迎えに」という経験はないんですけど。

今ではもう見ることもないでしょうね。

携帯電話もあればコンビニでも駅でもビニール傘売ってますし。

 

「雨降ってるから迎えに来て」とか父親が言ったらフルボッコにされそうですしね。

だいたい子どもも塾や習い事で忙しいし。

 

確かにここで描かれているような光景は、現在では旧弊な家父長制の象徴として映るかもしれません。

どうしていつも「父親」なんだ、迎えに行くのが当然のように「女の子」なんだ、と言われれば、返す言葉がありません。

 

こういう絵本をあっさりと「古き良き時代」ということにためらいを覚えてしまうのが現代です。

でも、この絵本を読んで「いいなあ」と思うのは、すでに希薄になってしまった人同士の繋がりを感じるからです。

そういう心情は普遍的なものです。

別に家父長制を懐かしんでいるわけではない(そういう人もいるかもしれませんけど)。

 

いくら懐かしもうとも、時代は逆戻りしません。

そして現在でさえも、未来には懐かしく「いい時代」だったと思い返す人がいる一方に「あんな古臭い思想がはびこっていた時代」と身震いする人がいるのでしょう。

 

そういうものだと思います。

そのどちらが正しいとか悪いとかいう問題ではなく、今自分がどういう時代を生きていて、そこにどういう問題があり、自分自身が時代の空気によって考え方を規定されている事実を自覚することが大事なのです。

 

一冊の絵本を読んだとき、そこから何を吸収し、何を排出するのか。

それは個人的な力に左右されます。

 

子どもにとって「いい絵本」と「悪い絵本」があるのだと論じる大人たちは、まず自分自身が子どもに与える影響の大きさを自覚するべきです。

「いい絵本」がいいからといって、その一冊を読んだ子どもたちすべてに良い影響を及ぼすほどの力を発揮できるかと言えばなかなかそうはいかないでしょう。

同様に一冊二冊の絵本が「害」を与えるようなこともまたないと私は思うのです。

 

子どもに影響を与えるほどの力を発揮させようと思えば、やはり数多くの、本当にたくさんの絵本を読むことが重要です。

そして審美眼や真実を見抜く目というものは、そうした多くの読書経験によって育まれるものなのです。

 

また作品紹介から遠ざかってしまいましたが、「かさ」は1975年以来、現在でも重版が続くロングセラーであり、それは時代を超えて子どもたちが支持し続けている名作であることを証明しています。

作品の良し悪しを決めるのに子どもの目ほど確かなものはありません。

それだけは時代が変わろうとも確かなことです。

 

推奨年齢:2歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆(文字なし)

紙袋のデザインとかさりげないところも注目度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「かさ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:https://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント