小学校再開の不安

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

緊急事態宣言が解除され、私の住む大阪市では来月6月から学校も再開されることになりました。

私の息子もそうですが、1年生になるはずだったのに入学式もまともにできず、ずっと家にいる子どもたちにとっても、そして親にとっても、早く小学校に行きたい気持ちがあるかもしれません。

待ちに待った学校再開、と言いたいのはやまやまなんですが……。

 

本当に大丈夫なんでしょうか。

正直、不安しかありません。

以前の記事で書きましたが、息子の小学校ではすでに今月から何度かにわたって「登校日」なるものが定められています。

息子は行かせていません(欠席扱いにはならないそうです)。

 

私と妻が交代で課題の提出と受け取りに小学校へ行っています。

その他、学校HPなどで登校日の様子などを確認しています。

 

教職員の方々は本当に大変苦労されていると思います。

でも、率直な意見を言えば、感染対策としては甘すぎます。

 

分散登校で一クラスの人数を減らし、マスクを着用させ、教室では机と机の間隔を開ける。

でも、授業以外の時間、登下校の時間はどうなるのでしょう。

小さな子どもたちはどうしたって距離を保てないし、顔も触るでしょう。

 

そもそもどうしてそんなに学校再開を急ぐのでしょう。

私が息子を小学校に通わせる基準は、「万が一感染した場合、必要な検査と治療を受けさせることができる」かどうかです。

感染率(その数字もイマイチ不透明ですが)の問題ではありません。

「毎日の感染者数が減ってきているから大丈夫だろう」というのは、投資やギャンブルの感覚です。

たとえ感染して重症化する率が2%だろうとそれ以下だろうと、そんなことは関係ありません。

ギャンブルと違って、負けて失うのは金じゃないんです。

 

高熱が出てもそれだけでは検査を受けさせてもらえず、何日も自宅で苦しんだ挙句に亡くなられた方の話もあります。

ワクチンもいつできるかわかりません。

というか、COVID-19に関してはまだまだわからないことだらけで、今後ウイルスがどう変化するかも未知です。

 

私は息子がちょうど1年生の年だからその感覚でものを言いますが、「子どもを小学校に通わせる意味」とは何でしょうか。

教育を受けさせるためです。

教育は子どもの将来、そして人間社会の根幹に関わる重要事項です。

 

しかし逆に言えば子どもに必要な教育を受けさせることができるなら、別に小学校に通う必要はないのです。

憲法26条の定めるところにより、保護者は子どもに教育を受けさせる義務がありますが、それは学校に通わせる義務ではありません。

目的は子どもの健康で円満な成長であって、その順序を取り違えてはならないと思います。

 

私が実母に息子の小学校について尋ねられ、まだ様子を見るつもりだというと「早く通わせないと学校に慣れない」ことを心配されました。

この例なんか典型的だと思うんですよね。

目的と手段を取り違えているという意味で。

 

私が息子に絵本を読んできたのは、早く言葉を覚えさせて小学校で同級生より優位に立つためではありません。

勉強は学校のためにするのではありません。

 

小学校の意味としてはもうひとつ、子どもの(そして親の)ためのセーフティネットという面があります。

ある種の親から子どもは保護される必要があります。

また、子どもを育てる余裕のない親にとっても、子どもを無償で預かって養育してくれる小学校は必要です。

 

けれども、感染症によって上記のような役割(子どもの円満な成長と身の安全)を十分に果たせなくなっているのが現状だと思います。

なら、どうすれば学校本来の目的を果たすことができるのかを考えなければなりません。

 

オンライン授業というのはその本当に小さな一歩ですし、改善されるべき点は山ほどあります。

子を持つ親への補償やケアもその一環でしょう。

 

考えるべきことはたくさんありますが、そうしたことを現場に丸投げしていては、教職員や親だけが多大な負担を強いられることになります。

現実、そうなっています。

 

私を含む大人たちが、社会全体が、子どものことを真剣に考えてこなかったツケが、今巡り巡って押し寄せているのです。

ことここに至ってもまだ、真剣に考えていない大人たちが国を動かしています。

 

私だって本音では息子にさっさと小学校に行ってほしい。

勉強やら公共心やら、そういうところまで責任を負うのはもう面倒くさい。

丸投げしたい。

 

けど、それを許してしまえば、私がこの6年間やってきたことを自分で否定することになってしまいます。

本当に大事なのは何なのか、こんな時代だからこそ忘れてはならないと思います。

 

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:https://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

 

 

コメント