【絵本の紹介】「ウィリーとともだち」【376冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

何度も書いていることですが、私の息子には友だちと呼べる相手がひとりもいません。

同年代の子どもと遊ぶ機会はほとんどなく、親以外の大人とコミュニケーションする機会もありません。

別にそれを問題と思ってはなくて、小学校に通いだしてから徐々に他者との関わりを学んでいけばいいと考えていたのですが、休校状態が続く現状ではそれも叶わなくなってしまいました。

 

しかし、そもそも友だちとは何か、なぜ必要なのか、そういう根本的なことを考えてみてもいいかもしれません。

友だち、友情をテーマにした絵本はたくさんありますが、そうした意識も時代とともに変化するものであり、我々は自分自身の価値観を前提にして「子どもにとって友だちは絶対に必要不可欠なものだ」と決めてかかるべきではないような気もします。

 

特に、いわゆる友だちを作るのが苦手な子、一人遊びのほうが好きな子を見るとすぐに心配して手を回そうとする大人たちは、一度よくその子どもを観察するべきです。

そもそも大人たち、世間のそうした価値観が無言の同調圧力となって、まるで友だちがいないことは人間的劣等であるかのように子どもに思わせてしまうのではないでしょうか。

 

さて、今回紹介するのはアンソニー・ブラウンさんの「ウィリーとともだち」です。

作・絵:アンソニー・ブラウン

訳:あきのしょういちろう

出版社:童話館

発行日:1996年9月10日

 

ブラウンさんといえばゴリラ、そしてサル好きで有名です。

デフォルメはされているけど毛の一本一本までリアルな絵は実に特徴的。

そしてモダン。

 

その性質上、超時間的作品が多くなる絵本の中に、意図的に現代的要素を描くというのは割に難しいものです。

それは単に絵の中に現代的な物(スマホとか)が登場するとかいう話ではなくて、登場人物の内面に普遍的な、別の言い方をすれば無難な性質だけを付与するのではなく、時代の気分を含ませるかどうかということです。

 

この「ウィリーとともだち」の主人公ウィリーは作者の別作品にも登場するキャラクターですが、その造形は従来的な絵本の主人公としては異質です。

シャツにネクタイ、カーディガン、コーデュロイパンツに革靴という学生スタイルに身を包み、ポケットに手を突っ込み、伏し目がちで背中を丸めて歩くウィリー。

 

学校では孤立しており、他のみんなには友だちがいるのに、自分はひとりぼっちであることに思い悩んでいます。

そんなある日、ウィリーは公園でひとりのゴリラとぶつかります。

彼の名は「ヒュー・ジェイプ」。

 

ヒューは大きな体ですが優しいゴリラで、ウィリーと互いにぶつかったことを謝り、ベンチに座って会話をします。

そこに「バスター・ノーズ」というえらいファッションをしたゴリラが現れ、ウィリーに向かって凄みます。

でも、ヒューのひとにらみで退散。

 

仲良くなったウィリーとヒューは動物園や図書館へ行き、楽しい時を過ごします。

図書館を出ようとしたとき、ヒューは机の上に蜘蛛を発見し、慄きます。

蜘蛛が大の苦手なんですね(おそらく、公園で走っていたのも蜘蛛から逃げていたのでしょう)。

ウィリーは蜘蛛を捕まえ、離れたところに移してやります。

 

ヒューは喜び、そしてウィリーも自分が友だちの役に立てたことに深い喜びを見出します。

二人は握手を交わし、次の日も会うことを約束するのでした。

 

★      ★      ★

 

ウィリーの繊細な劣等感や承認欲求は別作品「こしぬけウィリー」でも顕著であり、シティボーイ的なやさしさと弱さを持つ主人公が、周囲のマッチョイズムに圧を感じるという構図は「ウィリーとともだち」と共通しています。

 

登場人物がみんなゴリラである中で、ウィリーだけがチンパンジーであることも効果的です。

ファッションを含め、上記のようなウィリーのキャラクターの大部分を絵によって語らせる作者の力量とセンスは瞠目に値します。

 

絵本を注意深く読まない大人たちは、この作品を単に「互いに協力し合える友だちがいるのは素晴らしいことだ」という定型に落とし込みたがりますが、重要なのはウィリーが感じる「圧」なのです。

 

ウィリーはもちろん寂しさを感じ、友だちを求めてはいるのですが、彼にそれを欲望させているものは何かと考えると、それは「だれにも、友だちがいるように みえました」という劣等感なのです。

そして自分の学生時代などを思い返せば、実のところ友だちを求める気持ちの少なくない部分に「友だちがいない・少ないと周囲に見られたくない」という圧力が加わっていたような気がします。

 

現代人は何でも一人でやるほうが気が楽であることを隠さなくなってきており、無理に友だちを作ったり人付き合いをしたりしない若者が増えてきています。

恋愛や結婚も然りです。

 

その是非は別問題として、この流れは人々がこれまでの圧力や精神的不自由さから解放されたがっていることの現れだと思います。

人間は過去に戻ろうとしたり、現状に留まろうとしたりしながらも、「自由になること」を志向します。

 

自分を知り、押し付けられた価値観や道徳から自由になったとき、それでもなお残る「他者と繋がりたい」という気持ちに気づいたときこそ、本当の友だち関係を築くチャンスなのではないでしょうか。

 

推奨年齢:7歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

動物園のシーンが衝撃的すぎる度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ウィリーとともだち

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:https://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント