【絵本の紹介】「セロひきのゴーシュ」【371冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

さて、新年度を迎えたわけですが、世界はいつ収束するともわからないウイルスとの戦いに恐々としたままです。

東京も封鎖するの? しないの? やっぱりするの? 的なやり取りが繰り返されてます。

すでに封鎖された他国の都市で生活されている人から「何が必要か」と聞くと、食料品や日常品の備蓄は当然ながら、「本」という声が実に多いようです。

 

やはり人はパンのみに生きるにあらず、なのです。

大人も子どもも、今こそたくさんの本を読みましょう。

最近の研究では健康長寿のためには食事や運動に加えて「読書習慣」が重要であるということが報告されています。

 

今回は夭逝の詩人・宮沢賢治の児童文学を絵本化した「セロひきのゴーシュ」を紹介します。

作:宮沢賢治

絵:茂田井武

出版社:福音館書店

発行日:1966年4月1日

 

セロというよりも「チェロ」と呼んだ方が一般的かもしれません。

四本弦のヴァイオリンのような楽器です。

宮沢賢治自身もセロの演奏を学んでいたそうです。

 

宮沢作品については今さら私ごときがどうこう評するのも憚られますが、実に多くの傾倒者を生んだ作家です。

それはひとつには「銀河鉄道の夜」などに代表される彼の作品から読み手に伝わる豊かなイメージの力だと思います。

 

彼の思想はイメージと不可分に結びついていることで、感情を通して直接流れ込んできます。

それだけに、その世界を絵にすることは難しいとされています。

 

茂田井武さんによるこの「セロひきのゴーシュ」は、今なお宮沢賢治を原作とした絵本作品の中で最高峰の一冊とされています。

そして同時に、茂田井さんが文字通り命がけで取り組んだ最後の絵本作品でもあります。

その経緯は後にして、まずは内容をざっと読んでみましょう。

 

町の楽隊のセロ弾きであるゴーシュは、仲間のなかで一番下手。

今度の町の音楽界で演奏する第六交響曲の練習でも、一人だけ楽長から何度もダメ出しをくらいます。

ゴーシュは懸命に弾きますが、楽長からは演奏に「表情が出てこない」「ほかの楽器と合わない」とボロカスに言われて、悔し泣きします。

家に帰ってからもゴーシュは顔を真っ赤にして練習しますが、うまく行きません。

 

その夜、いっぴきの三毛猫がゴーシュを訪ねてきて、演奏を聴いてあげると言います。

ゴーシュは「なまいきだ」と腹を立て、ひどい演奏をして猫を苦しめ、さらにいたぶって追い出します。

 

ところがそれから毎晩のように動物がゴーシュを訪ねてくるようになります。

ドレミファを教わりたいというカッコウ、小太鼓とセッションをしたがる子だぬき、演奏で病気を治してほしいという野ねずみの親子。

ゴーシュはそれらを鬱陶しがりながらも、徐々に態度を軟化させていきます。

そして彼らとの交流の中で、次第に演奏にも変化が現れます。

 

音楽会本番、ゴーシュたちの演奏は大成功をおさめます。

さらにアンコールを求める聴衆に、楽長はゴーシュが一人で何か演奏するように言います。

ゴーシュはやけくそであの猫を苦しめた「インドのとらがり」を弾きますが、意外にも聴衆はじっと聴き入り、楽長からも褒められます。

ゴーシュはいつの間にか以前とは比べ物にならないくらい上達していたのです。

 

★      ★      ★

 

ここには楽器の熟達を通じて、人間が何かを学ぶということについて描かれています。

顔を真っ赤にし、全身に力を込めて演奏しようとするゴーシュ。

いくら熱心であっても、それでは楽器の演奏はうまく行きません。

 

ゴーシュの「力み」は、動物たちへの傲慢で狭量な態度からも読み取れます。

しかし、物語が進むにつれ、少しずつゴーシュは彼らに心を開き、素直さを見せ始めます。

そして同時に、これまでの頑なな自分自身の殻を破る勇気も持ち始めるのです。

 

単に指先の鍛錬だけでは、真にレベルの高い演奏には辿り着けません。

上記のような精神的・人間的成長があって初めてそのレベルに到達できます。

逆に言えば、だからこそ人を感動させることができるのです。

これは楽器に限った話ではなく、あらゆる芸術につながることだと思います。

 

この素晴らしい絵を描いた茂田井さんですが、彼に「セロひきのゴーシュ」の挿絵を依頼した「こどものとも」編集長の松居直さんが、1984年3月号の「別冊太陽」にその経緯を詳しく書かれています。

 

松居さんが茂田井さんの家を訪ねた時、茂田井さんは持病の喘息が悪化して臥せっており、奥さんが出てきて仕事の話を断ろうとしました。

すると話を聞いていた茂田井さんが「あがってもらいなさい」と声をかけます。

病状を気にして帰ろうとする松居さんに、茂田井さんは「賢治のゴーシュでしょう。それが出来るなら、ぼくは死んでもいいですよ」。

そして実際、1956年に「こどものとも」第2号として「セロひきのゴーシュ」が発表された翌年、茂田井さんは息を引き取ってしまいます。

 

別々の時代に生まれ、共に若くしてこの世を去った薄命の詩人と画家は、絵本という形で見事な合奏を実現したのです。

 

推奨年齢:5歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

「インドの虎刈り」「愉快な馬車屋」聴いてみたい度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「セロひきのゴーシュ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:https://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント