「絵本による育児」を振り返る

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

新型コロナの影響で休校していた学校も、ぼちぼち再開されるようですね。

でも、それは別に「もう心配ない」という意味では全然ないようです。

 

いったいこの休校にどんな効果があったのか、何をもって学校再開しても大丈夫となったのか、納得のいく説明は耳にしません。

むしろ「これ以上自粛ムードが拡がるとコロナより先に経済的な問題で死者が出る」ことの不安が大きくなったような気がします。

 

それはそうでしょうけど、だからといってウイルスの問題が消えたわけではないので。

うちの息子も4月から小学生ですけど、心配は尽きません。

というか、ウイルス以前の心配ごとも山積してるんですけど。

そもそも集団生活をまともに送れるのか。

息子の成長について、ここでちょいちょい綴らせてもらってますけど、就学を間近に控えた今、もう一度振り返ってみようと思います。

過去の繰り返しになる部分も多いですけど、最近ブログ読者が増えてきたみたいですし。

 

息子の誕生は、私にとって絵本というものに深く関わるきっかけでもありました。

あの時はまさか自分が絵本屋を開くことになるとは想像もしてませんでした。

 

人間を育てる。

自分自身が未熟な人間である私に、うまくそんなことができるのか。

息子が生まれる前、私と妻は色々と話し合った末に、絵本の力を借りることにしました。

それは絵本の読み聞かせによって健全で円満な英才児を育てた海外の例を参考にしたものです。

 

≫3歳までに絵本を1000冊読み聞かせたら

≫読み聞かせという英才教育

 

そして私の願いとして、「自由な精神を持つ子ども」を育てたいということがありました。

これは簡潔に説明することの難しいテーマですが、これまでの記事の中で、そして絵本紹介の中でも折に触れて考察してきました。

 

≫「自由な子ども」を育てるということ

≫倫理と想像力【自由な子どもを育てるということ・2】

≫子どもの自己中心性を守る【「自由な子ども」を育てるということ・3】

 

幼い頃から、それこそまだ言葉も理解できない0歳時からたくさんの絵本を読んであげることは、子どもの言語や情緒の発達に大きく影響します。

これは単に言葉や文字を早くに教え込むことや知識の詰め込みとは違います。

絵本を読んでもらうことは子どもの自然な欲求だからです。

 

我が家の読み聞かせルールは「いつでも、何冊でも、何度繰り返しても」です。

息子が望めば、望んだ分だけ、それに応えてやる。

もちろん100%できたわけではありませんけど。

 

その代わり、息子が望まない時は一切読みません。

途中でも息子が飽きたらやめます。

そして他の遊びも、可能な限り息子の望む形で付き合います。

 

子どもにとって絵本を読んでもらうことは愛情の確認でもあります。

どんな時でも「読んで」と言ったら読んでもらえること、近しい大人の体温と肉声を感じることは、自分が無条件に愛されているという肯定感を育むことでもあるのです。

 

ただ、こういう育て方にはいつもある指摘が付きまといます。

わがままになるんじゃないの?」という疑問です。

 

「わがまま」といっても色々あるし、すべてが悪というわけでもないと思いますが、日本は特に「わがまま」を嫌悪する傾向があるので、こういう心配はなかなか拭えません。

「自己中心性」を「主体性」にどう昇華させるかは難しい問題です。

 

実際、息子はわがままです。

一番難しいと感じているのは、「賞罰」に依らずに言うことを聞いてもらう方法です。

つまり「脅し」や「餌」といった交換条件をつけることは上記の「主体性」や「自由な精神」という理念から外れると思うので、私としては子どもの頃からできる限りその手は使いたくないのです。

 

しかし、そうなるとほとんど言うことは聞いてもらえません。

「嫌なものは嫌」で終わりです。

傍から見れば「なんで子どもにそんなわがままを許すの?」と思われるでしょう。

 

これについては本当に自分の力不足であり、別の方法もあったはずだと思うのですが、結果として息子の規則正しい生活という面では完全に失敗しました。

夜に寝ない息子には本当に苦労しましたし、今はかなり改善されましたけど、まだ苦労は続いています。

 

一度カッとなると一切理屈が通じないモードになる息子は、自分が遊んでもらいたい時に私が出かけようとすると怒ってしがみついてきたりします。

つい先日も用事があって出かけようとする私に「ダメ! 一緒にピタゴラ装置作るの!」とパンチを浴びせてきました。

「帰ってから」「あとで」は通じません。

正直「またこのパターンか」と思ったんですけど、すぐに息子は気分を切り替えたらしく、「ぼくが一人でやるから、帰ってきたら見てね」「心配しないで行ってきて」と言い出したんですね。

切り替えすぎというか、ほとんど豹変。

息子の中で何が起こっているのかはわかんないけど、とにかく成長しています。

子育ては「信じて待つ」態度が肝要です。

言語能力的には色々あるんですけど、最近「なんかすごいな」と感じているのは、「誤植を見つける能力」です。

以前から科学館の展示物の解説文の脱字や意味のない重複などを指摘してきた息子ですけど、図鑑なんかでも「こんなとこ読んでんの?」と驚くような部分で誤植を発見します。

 

宇宙関係の本ですが、「索引」で「あ」の項目に「か」で始まる用語が入っていることを指摘したり、「アインシュタインリング」という言葉が「アイインシュタインリング」(イが多い。志村けんか)になってることを見つけたり。

「どーでもいいわ、そんなん」とも思いますけど、読んでないようで読んでるんですねえ。

 

小学校の勉強とは関係ないけど、別に勉強ができようができなかろうが私としてはまったく気にしません。

小学校は楽しく遊べる場所ならそれでいいと思っています。

息子の人間的能力の開花を信じて待つだけです。

 

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:https://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント