【絵本の紹介】「うさぎの島」【368冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

世間は新型コロナ一色、休校+自粛ムードの中、次々に中止されるイベント、演劇、コンサート、そして展覧会。

でもドラッグストアやホームセンターではトイレットペーパーやら米やらを買いだめに走る人々の長蛇。

 

なんとなく既視感を覚えるのは、そろそろ9年になる東日本大震災の時の光景に似ているからでしょうか。

あの当時私は東京に住んでおり、そしてあの時から色々なことを考えるようになりました。

 

あの時も、様々な人が様々なことを発言し、様々な情報(デマ含む)が飛び交いました。

自分がどう行動するべきなのか、ほとんどの人が確たる指針を持たず、不安を感じていたように思いました。

まあ、単純に「自分の見ているテレビと新聞の情報が正しい」と信じていられる人もいましたけど。

 

人々は「誰について行くべきか」を探していました。

情報発信者の中で人気なのは「安心させてくれる人」で、他に「自分の怒りや不安を代弁してくれる人」と、「単に声の大きい人」がそれに続く印象でした。

あくまで個人的な印象ですけど。

 

素人に「正しい判断」はつきにくいから、「正しい判断を下しそうな人」を見極めることは重要ではあります。

この場合は意外と知識関係なく直感が当たったりします。

しかし気を付けないと人間は「早く安心したい」という思いから、割と安易に「この人について行けば大丈夫」と思い込む傾向があります。

そしていつの間にか、その人と意見を異にする人間を敵視さえし始めます。

そうなるともう最初の生物的な直感は跡形もなくなってしまいます。

 

私が「精神の自由」について考え出したのはその頃からです。

それ以前から漠然とした形で「なんか不自由な感じ」を肌で感じてはいましたけど。

 

こういう時こそ、色々なことを深く考えるきっかけになると思うので、あえて「重い」絵本を選んでいくスタイルで、今回は「うさぎの島」を紹介します。

作:イエルク・シュタイナー

絵:イエルク・ミュラー

訳:大島かおり

出版社:ほるぷ出版

発行日:1984年12月15日

 

「うさぎの島」といっても瀬戸内海に本当にある癒されスポットではありません。

毛の一本一本まで描き込まれた緻密で美しいうさぎたち。

可愛いけどどこか陰鬱で、神秘的だけどどこかユーモラス。

 

この絵は以前に紹介した「ぼくはくまのままでいたかったのに……」のイエルク・ミュラーさんによるものです。

 

≫絵本の紹介「ぼくはくまのままでいたかったのに……」

 

文も同じイエルク・シュタイナーさんとの共作。

同じ「イエルク」という名前ですけど、偶然です(ファーストネームだし、そりゃそうか)。

 

「ぼくはくまのままでいたかったのに……」と同じコンビというだけでなく、同様のテーマを取り扱った作品と言えます。

二作とも非常に多くの要素を含んだ作品であり、単一のテーマというものは存在しませんが、「人間の自我と自由」という核は変わりません。

 

「島」というタイトルですが、訳文からは舞台が島であるかどうかはわかりません。

「島」は象徴的なワードなのかもしれません。

大量のうさぎを飼育する「うさぎ工場」。

ペット用ではなく、食肉用のうさぎたちがここで管理され、狭い檻に閉じ込められ、ひたすら餌を与えられ、太らされます。

 

長い間工場で暮らしている大きな灰色うさぎの檻に、新入りの小さな茶色うさぎが連れてこられます。

怯えて縮こまっている茶色うさぎに、灰色うさぎは先輩らしく話しかけます。

ここは暮らしいいところだ。しんぱいいらないよ

 

けれどもそういう灰色うさぎも、連れて行かれるふとったうさぎがその後どうなるのかについては知りません。

それでも「ここよりもっといいところ」に連れて行ってもらうのだと漠然と説明します。

 

ただ、茶色うさぎの疑念と不安は晴れません。

色々と質問しますが、実は外の世界のことをほとんど忘れてしまっている灰色うさぎにとっては、「かぶ」「お日さま」「」といった言葉の意味は何もわからないのです。

 

それでも虚勢を張ってベテラン面をやめない灰色うさぎですが、内心は少し不安が芽生えています。

そこで茶色うさぎに「抜け出す方法はある」と言い、壁をかじり出します。

工場の断面図は「ぼくはくまのままでいたかったのに……」でも見せたミュラーさんお得意の構図。

絵を見るとわかりますが、都合のいいことに二匹の檻の後ろは通風管が通っていました。

実のところ逃げ出そうという気などなかった灰色うさぎですが、これは非常な幸運といえます。

晴れて自由の身になった二匹。

茶色うさぎは喜びますが、今度は灰色うさぎが不安でたまらなくなるのです。

 

外の世界は知らないことだらけ。

おまけに白鳥に襲われ、命からがら逃げだします。

 

茶色うさぎは灰色うさぎを励まして洞穴を掘り始めますが、灰色うさぎはそんな本能もすでに失ってしまっていたのです。

うちにかえりたいよ! 工場ほどいいとこは どこにもないんだ!

と言い出す灰色うさぎ。

結局、すっかり自信を無くした灰色うさぎは工場に戻ることを選択します。

一緒に引き返した茶色うさぎですが、工場の中には戻りません。

 

いつしか二匹には友情が芽生え、別れを惜しみます。

おれのことを わすれないでいてくれよ

きみみたいな友だちは 二度とみつかるまいね

 

そして二匹は別れます。

それぞれの運命を知るすべもなく。

 

★      ★      ★

 

不自由な環境を不自由とは思っていない灰色うさぎ。

たった一度手にした貴重な自由への切符を、自ら手放してしまうラストには愕然とさせられます。

 

彼は主体的には「自由」です。

たとえ環境がどうあれ、彼には自由な判断が許されています。

けれど、読者は彼を「自由な存在」と感じるでしょうか。

 

作者は茶色うさぎと灰色うさぎの対比を「文明と自然」「家畜と野性」として描きます。

けれども灰色うさぎにもわずかな生物的本能は残っており、それが時折「言葉にならない不安」としてアラームを鳴らします。

 

しかし結局は灰色うさぎは自分の本能が知らせる危険信号を無視して、「与えられた安心」「与えられた安定」へ帰って行きます。

最終的に二匹のうさぎの明暗を分かったのは、己の生物的直感を大切にするか否かというところです。

 

人間も生物である以上、こうした直感は必ずあります。

いくら頭脳が肥大しても、部分的にはまだ残っています。

 

文明は逆戻りしませんし、進歩を否定する気も私にはありません。

けれども、我々に残されたわずかな野性を蔑ろにすれば、人間は必ず破滅するでしょう。

 

直感を大切にするとはどういうことでしょう。

それは日常に生じる違和感をそのままにしないこと、怠惰にならないこと。換言すれば「日々を丁寧に生きる」ことだと思います。

 

そして付け加えるなら、上記はすべて「子育て」にも当てはまる要素です。

 

推奨年齢:6歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

工場のロゴデザインセンス度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「うさぎの島

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント