【絵本の紹介】「ぶたぶたくんのおかいもの」【364冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのはこのブログ初登場・土方久功さんの傑作「ぶたぶたくんのおかいもの」です。

作・絵:土方久功

出版社:福音館書店

発行日:1985年2月28日(こどものとも傑作集)

 

月刊絵本「こどものとも」に発表されたのが1970年ですから、実に50年前の作品。

古い新しい以前に絵の個性が強烈。

 

この主人公「ぶたぶたくん」の造形、そして買い物かごの中身を見てください。

人の顔のパンがありますが、その顔が、なんというか。

そして「キャラメル」の字もシュール。

 

派手さはなく、絵の雰囲気も好みが分かれそうで、人によってはちょっと手に取りづらいと感じるかもしれません。

ですが、食わず嫌いはもったいない。

物凄くおもしろいし、子ども受けも最高な作品なのです。

 

とりあえずこの独特な世界に踏み込むには、黙読ではなく音読が条件です。

黙読だと何だか冗長に感じてしまうテキストが、声に出して読んでみると楽しくて仕方がない。

子どもはゲラゲラ笑うし、実は相当に高いレベルで練り上げられていることがわかります。

 

それは主人公の名前にすでに表れています。

ぶたぶたくん」という名前そのものが繰り返しのリズムによって生まれているのです。

きみたち、こぶたの ぶたぶたくん しってる?

この こぶたくんは」「ぶたぶた ぶたぶた という くせが あるのさ

いつのまにか みんなが ぶたぶたくんと よぶように なってしまったのさ

この語り口にまずニヤニヤさせられます。

 

さて、ぶたぶたくんはお母さんから買い物を頼まれます。

そうさ ぼくだって ひとりで いけるのさ」「ぶたぶたぶた

リズムよく歌いながらまずはパン屋さんに到着。

 

パン屋の「にこにこ おじさん」の顔も凄いですけど、売り物も凄い。

ぶたぶたくんがおまけしてもらった「かおつきぱん」の顔が、どっかの国の置物土産っぽい。

 

ぶたぶたくんは続いて八百屋さんへ。

途中で「からすの かあこちゃん」と道連れに。

八百屋さんは「はやくち おねえさん」。

おかいものは なにと なにと なにと なに

きゃべつ きゅうり とまと ねぎ、ばななに りんごに なつみかん

あまい しょっぱい すっぱい にがい……

とまくしたてます。

 

それからお菓子屋さんへ。

ぶたぶた かあこお ぶたぶた かあこお」と歩きます。

繰り返しますが、音読しないとこの楽しさはわかりません。

お菓子屋の主人は「ゆっくり おばあさん」。

 

帰り道、「こぐまくん」に出会って、三人で近道をとって家に帰ります。

ぶたぶた かあこお くまくま」……。

友達と別れた後、ぶたぶたくんは無事に家に帰り着き、家の前で待っていたお母さんにかじりつきます。

ぶたぶた。ぼく ひとりで おかいもの できたよ

 

★      ★      ★

 

このシュールさ、ユニークさ、インパクト、テキストの妙、そしてどこかに漂う異国テイスト。

この感じ、誰かに似てると考えてみたら、スズキコージさんが近いような気がしますね。

日本のようでいて日本でないような、しかしどこの国かはわからないような、独特の世界。

たぶん、スズキさんは土方さんに何らかの影響を受けているのではないでしょうか。

 

実際、様々な絵本作家さんが、印象に残る絵本として「ぶたぶたくんのおかいもの」をちょいちょい挙げてます。

作り手の目から見ると、この作品によりいっそう感心してしまうのかもしれません。

 

はじめてのおつかいに出かける子どものドキドキ感、ワクワク感、冒険心、ちょっとした不安。

はっきり言ってありふれた題材を土台に据えながら、ここまで個性的に描けるとは。

 

そして単純そうに見えながら、内部には実に様々な仕掛けが施されており、絵本の基礎とも言える「3の繰り返し」要素もふんだんに盛り込んでいます。

最後にはぶたぶたくんが辿った道の地図があり、また最初に戻って確認しながら読みたくなります。

良作。

 

ぶたぶた かあこお」のリズムにハマったら、土方さんの別作品「ゆかいなさんぽ」もおすすめです。

こっちはさらに動物が増えてカオスなことになってます。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

かおつきぱんのインスタ映え度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ぶたぶたくんのおかいもの

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント