【絵本の紹介】「ぐりとぐらのえんそく」【362冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

ねずみ年ねずみ絵本紹介、切りがないのでそろそろ止めようと思ったんですが、やっぱりねずみ絵本と言えば「あの二ひき」を出さないと収まらない(誰が)だろうということで、トリを務めてもらいましょう。

少々季節感ないけど、「ぐりとぐらのえんそく」を紹介します。

作:中川李枝子

絵:山脇百合子

出版社:福音館書店

発行日:1983年3月5日(こどものとも傑作集)

 

日本が世界に誇るスーパースター、ぐりとぐら。

もはや「のねずみ」という設定を忘れてしまうほどに定着したキャラクター。

これまでに紹介した彼らの活躍は過去記事をご覧ください。

 

≫絵本の紹介「ぐりとぐら」

≫絵本の紹介「ぐりとぐらのおきゃくさま」

≫絵本の紹介「ぐりとぐらのかいすいよく」

≫絵本の紹介「ぐりとぐらのおおそうじ」

≫絵本の紹介「ぐりとぐらとくるりくら」

 

いやあ、もう6回目の登場ですか。

ここでぐりとぐら誕生のいきさつに触れておきましょう。

 

有名な話ですが、著者の中川李枝子さんと山脇(当時は大村)百合子さんはご姉妹です。

中川さんは保育士としての経験から同人誌に「いやいやえん」という童話を発表、その挿し絵を妹である山脇さんに頼みます(報酬は板チョコ1枚。告訴したら勝てるレベル)。

のちに世界にその名を轟かせる名タッグの結成の瞬間。

 

その後、中川さんは月刊誌「母の友」の1963年6月号に「たまご」という短い作品を発表します。

内容は今の「ぐりとぐら」とほぼ同じ(表記はカタカナで「グリとグラ」)で、やっぱり山脇さんがモノクロの挿絵を描いています。

 

これがカラー版「ぐりとぐら」になる際、山脇さんが上野の科学博物館で見せてもらったという「橙色のねずみ」の標本をモデルとして、この独特のぐりぐらカラーが誕生したといいます。

これは本人談(「ぼくらのなまえはぐりとぐら」参照。福音館書店発行)ですけど、実は実際にその標本を確認したという人の証言はなく、一種のミステリーでもあります(図鑑でも見たことないし)。

しかしそれがまたいい。

 

さて「ぐりとぐらのえんそく」はシリーズとしては4作目にあたり、「ぐりとぐら」が秋のおはなし、「ぐりとぐらのおきゃくさま」が冬のおはなし、「ぐりとぐらのかいすいよく」が夏のおはなし……と四季を巡り、春のおはなしとして描かれています。

いつも同じようでいて毎回微妙にコーディネートに変化を付けているファッショニスタな二ひき。

今回はトレードマークの赤青ツナギにシャツを重ね着した軽快なスタイルに、めちゃでかいリュック姿でピクニック。

 

いくら リュックが おもくても くたばらないぞ ぐりとぐら」と歌いながら元気に歩いて行きます。

リュックの中身は当然お昼のお弁当。

ですが、お昼にはまだ時間があるということで、二ひきは体操をしたりマラソンをしたりして待ちます。

その時、妙な緑色のひもに足を取られて二ひきは転びます。

けいとだ!

毛糸はずっと向こうまで伸びています。

 

ぐりとぐらは毛糸をボール状に巻きながら辿って行きます。

毛糸の先は一軒の家。

表札には「くま」、台所にはハチミツっぽい「だいじ」と書かれたつぼ、床に落ちている本は「くまのプーさんのおりょうりのほん」。

毛糸のゴールは「のはらで ほってきた きいちごを うえている」くまの着ているチョッキだったのです。

くまは茨にチョッキをひっかけて、気づかずにほどけさせながらここまで帰ってきていたのです。

くまはぐりとぐらにお礼を言い、そして誘われるまま一緒にリュックの置いてある野原まで走って行きます。

ちょうどそのタイミングでお昼のベルが鳴り、みんなで仲良くお弁当を食べるのでした(くまのぶんもあるって、ぐりとぐらはどんだけ大食いなんでしょう)。

 

★      ★      ★

 

うちの息子ももちろんぐりとぐらが大好きです。

色々な絵本を読む中で、離れていた時期もあるけれど、きっかけさえあれば戻ってきて「ぼくらのなまえはぐりとぐら♪」と歌います。

 

どうしてこの絵本がこうも子どもたちを惹きつけるのか、様々研究されていますが確かなことは不明です。

絵の魅力、物語の魅力、歌の楽しさ、おいしそうな食べ物、あるいはそのすべてか、それともまた別の見えない要素があるのでしょうか。

 

相変わらず大人目線で読むと肩透かしを食わされるような展開の数々。

このいえの くまでした!」と大文字で登場するわりに、まったく危険を感じさせないくま。

遠足の道程は冒頭のカットのみで終わり、ひたすらお昼のお弁当を待つ二ひき。

ユルーい体操。

 

昔の余裕のない私だったら、「なにがおもしろいの?」と放り出してしまったかもしれません。

たくさんの絵本に触れた今だからこそ、「どうしても戻ってきてしまう絵本」というものがあることに気づきます。

 

その瞬間の気持ちは「童心」と呼ぶべき感情ですが、細かに言葉で説明しようとしてもうまく行きません。

やっぱりそこには「目に見えない」「音に聞こえない」絵本の魔法が存在するとしか思えないのです。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

ロハスなくまのライフスタイル度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ぐりとぐらのえんそく

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント