【絵本の紹介】「もとはねずみ・・・」【358冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回もねずみの出てくる絵本を紹介します。

マーシャ・ブラウンさんの「もとはねずみ・・・」です。

作・絵:マーシャ・ブラウン

訳:晴海耕平

出版社:童話館

発行日:2011年3月20日(改訂版)

 

原作はインドの昔話のようです。

以前は冨山房から八木田宜子さんの訳で「あるひねずみが・・・」という題で出版されており、そちらが絶版となって童話館から「むかし、ねずみが・・・」で出版、さらに改訂されて「もとはねずみ・・・」と改題されるという、やたら紛らわしい作品です。

 

原題は「ONCE A MOUSE…」で、1962年のコールデコット賞受賞作品。

マーシャ・ブラウンさんは同賞を三度受賞するという化け物作家(誉め言葉)ですが(ちなみにもう一人の『化け物』はデイヴィッド・ウィーズナーさん)、彼女の絵本制作におけるストイックさを知れば、それが単なる天分ではなく、絶え間ない努力と妥協を許さない仕事ぶりによるものだと理解できるでしょう。

 

その「絵本職人」っぷりは、巨匠ヴァージニア・リー・バートンさんやアメリカ絵本のパイオニア、ワンダ・ガアグさんを彷彿とさせますが、特にブラウンさんのポリシーを感じるのは、作品に応じて表現方法を変えるという点です。

 

どんな画材で、どんな色使いで、どんな技法を用いれば、題材となる物語に相応しい表現となるのか。

ただ手慣れた手法、あるいは一度成功したやり方を踏襲する怠慢を、ブラウンさんは徹底して退けます。

 

今回は色数を抑えた木版画ですが、例えばこのブログでも取り上げた「三びきのやぎのがらがらどん」や「影ぼっこ」と比較してみると、これらが同じ作家による作品とは思えないほどの歴然とした違いがあります。

 

≫絵本の紹介「三びきのやぎのがらがらどん」

≫絵本の紹介「影ぼっこ」

 

これだけ変化しながら、そのどれもが高い完成度を維持しているというのは、当然のことながら突出した基礎的画力のなせる業で、やっぱり「化け物」だと唸るほかありません。

 

さて、内容に入りましょうか。

 

インドらしく「行者」が座禅を組み、「おおきいということ ちいさいということ」について哲学的思索にふけっていると、ふいに目の前をねずみが走り抜けて行きます。

カラスの餌食となるところを、行者は助けてやり、自分の庵に連れ帰ります。

しかし、今度はねこがねずみを狙ってきます。

行者は魔法によってねずみを大きなねこに変えます。

さらに犬に変え、とらに変えます。

これによって、もとは小さなねずみだった生き物は、森の中で狙われることのない頂点に立ったわけです。

 

ねずみだったとらは、我が物顔で歩き回り、他の動物に威張り散らすようになります。

そんなとらを、行者は諫めます。

わしがいなかったら、おまえは、あいも変わらぬ ちいさな ねずみではないか

そのように おくめんもなく ふるまうものではない

すっかり傲慢になっていたとらは、この意見に対し「はじをかかされた」と腹を立てます。

そして自分の過去を知るこの行者を殺してしまおうと企みます。

 

が、行者はそんなとらの心を見抜き、一喝します。

とらは元のちっぽけなねずみに戻され、森の奥へと姿を消します。

 

行者は再び、「おおきいということ、ちいさいということ」についての瞑想を深めます。

 

★      ★      ★

 

素晴らしい木版画が、インド的、東洋哲学的なイメージをいっそう膨らませてくれます。

物語としてはなかなか難解ですが、こうした神秘的な匂いのする昔話を単純な解釈や教訓に落とし込むのは野暮でしょう。

 

ただ、「おおきいということ、ちいさいということ」というテーマが掲げられているので見落としがちになるのですが、私はそこはあまり重要でないような気がします。

というより、ここでの「大きい小さい」は「強さ弱さ」の意味合いが濃いです。

 

ほとんどの場合、動物的には「大きさ」がそのまま「強さ」に直結します。

しかし、人間は例外的にその原則から外れます。

この物語においては「行者」は自分よりも巨大な「とら」より強いのです。

 

行者は修行を積み、瞑想という形で「考え」を深めることによって祈りや魔法の力に通じます。

人間と他の動物を分けるのはこの「思考能力」です。

 

それは武器を作ったり集団を編成したりといったレベルの話ではなく、「自我意識」の問題です。

人間だけが「己とは何か」について思考します。

 

その内省を怠るもの、大きくなったことで有頂天となり、本来の自分を見失うねずみ=とらは、物語的意味においては「弱い」ままなのです。

 

弱さや醜さを含めた自分の存在を見つめ、認めること。

言葉にすれば簡単ですが、これができる人間は非常に少ないでしょう。

それは単なる開き直りや諦観とは違います。

 

それができないから、人は「大きさ小ささ」という「目に見えるもの」に囚われ、振り回され、ねずみと同じ運命を辿るのです。

真に重要なのは「目に見えるもの」ではなく「目に見えないもの」の中にこそある。

つまり、思考、イメージの世界に。

 

実にインド的・東洋的な理念に導いてくれる絵本ではありませんか?

 

推奨年齢:6歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

行者さんなんか可愛い度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「もとはねずみ・・・

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント