【絵本の紹介】「はんなちゃんがめをさましたら」【343冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は大人女子から圧倒的支持を集める現代絵本作家・酒井駒子さんによる「はんなちゃんがめをさましたら」を紹介します。

作・絵:酒井駒子

出版社:偕成社

発行日:2012年11月

 

酒井さんの素晴らしい画力に関しては、毎回のように言及していますので繰り返しにならざるを得ないのですが、それでも言わずにはおられない。

絵が最高です。

 

個人的には酒井さん絵本の中でも特にお気に入りの一冊だったりします。

息子に読むより、自分で読んだ回数の方が遥かに多い。

 

酒井さん独特の絵の具の凹凸を活かしたざらついた表現と、印象的な「黒」。

静謐な物語にこの「黒」が実に映えます。

 

デビューした当初の酒井さんの作品と最近の作品を見比べますと、画風の違いは如実に見て取れます。

もちろんデビュー当時から抜きん出た画力の持ち主ではありましたが、もし酒井さんが上記のような表現方法に辿り着かなかったとしたら、「とても可愛い絵本を描く作家」という評価に留まっていたかもしれません。

 

さて、「はんなちゃんがめをさましたら」は、主人公の「はんなちゃん」(3〜4歳くらい)がある夜中にふと目を覚ましてしまったという物語。

まったく何でもないようなことですが、幼い子どもにとって「夜中に一人で目が覚める」というのはとても不思議で特別な時間なのです。

はんなちゃんは隣のベッドのおねえさんを起こすのですが起きません。

家の中で起きているのははんなちゃんと猫の「チロ」だけ。

 

はんなちゃんはチロと二人でおしっこに行きます。

それから一人で冷蔵庫を開けて、チロに牛乳をやったり、内緒でさくらんぼを食べたりします。

窓の外には満月が煌々と輝いています。

 

部屋に戻ったはんなちゃんは、たぶん普段は貸してもらえないのでしょう、おねえさんの人形やオルゴールや色鉛筆を借りて、布団の中で遊びます。

ハトの鳴き声がして、窓の外を見てみると、いつの間にか空が白みがかっています。

するとはんなちゃんは急に眠くなって、チロと一緒におねえさんの布団の端っこで眠ってしまうのでした。

 

おねえさんが起きたら、どんな顔をするでしょう。

そんなことを考えると、思わず暖かい笑みがこぼれてきます。

 

★      ★      ★

 

はんなちゃんが愛おしすぎます。

 

ずっと寝てるお姉ちゃんも美少女(そう言えば酒井さんの作品にはよく「おねえさん」が出てきますね)。

私には娘はいませんが、これを読むたびに女の子も欲しいと思ってしまいます。

経済力さえあれば養子でももらうのに。

 

酒井さんは子どもの動きの細かいところをよく観察している作家さんですが、はんなちゃんの座り方とか手の位置とか、実にリアルです。

画像は紹介しきれなかったんですが、はんなちゃんが月を見ているテキストのない見開きカットで、よく見るとはんなちゃんが片っ方の手を何故かズボンの中に突っ込んでます。

あるある。

 

同様にチロの仕草も細微に描かれています。

私は猫を飼ったことはないですけど、たぶん実際の猫もこんな動きをよくするのでしょう。

 

これほどまでにリアリティー溢れながら、しかし酒井さんの描く世界はどこか遠く、幻想的です。

それは単に「上手い絵」というだけでは紡ぎ出せない、感覚に響く絵の力です。

彼女の作品を読むとき、大人は知らず知らず「小さい頃」を蘇らせるのではないでしょうか。

 

私を含め、多くの大人をも虜にする酒井さんの絵本の魅力は、そうした心の柔らかい部分に密やかに忍び込んでくるのです。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

猫絵本度:☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「はんなちゃんがめをさましたら

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント