【絵本の紹介】「もぐらとじどうしゃ」【342冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

10月に入ってようやく少し涼しくなってきましたね。

しかし今年ももう10月ですか……。

色々忙しい1年でしたが、充実していたと思いま……いや、まとめるには気が早すぎますね。

 

今回は絵本大国・チェコから来た人気シリーズを初紹介しましょう。

もぐらとじどうしゃ」です。

作:エドアルド・ペチシカ

絵:ズデネック・ミレル

訳:内田莉莎子

出版社:福音館書店

発行日:1969年5月1日

 

チェコの絵本って世界中で人気なんですよ。

とにかく可愛くておしゃれだというので、インテリアとしてのコレクターもいるそうです。

 

私はやっぱり内容を読みたい人なので、邦訳されてない絵本についてはあまり詳しくないですけど、物語や構成に関しても高いレベルの作品が揃っているようです。

この「もぐらとじどうしゃ」はアニメ化もされているシリーズです。

翻訳絵本が刊行されたのはかなり古い話で、この表紙か、または姉妹作「もぐらのずぼん」の表紙を見ると懐かしい気持ちになる人も多いのではないでしょうか。

 

本国チェコでは知らない人はいないくらいの人気シリーズで50作以上も刊行されていますが、日本では上の2作品以降、長い間新作が翻訳出版されていませんでした。

2002年になってようやく偕成社から木村有子さんの翻訳で「もぐらくんおはよう」が出版され、以後シリーズ絵本として定期的に刊行されるようになりました。

福音館書店の「もぐらとずぼん」が1967年、この「もぐらとじどうしゃ」が1969年の発行ですから、実に30年ごしの新作ということになります。

 

けれど、30年前の絵本業界にとって、この色彩豊かで躍動感のある「もぐらくん」は非常に魅力的に映ったことだと思います。

たくさんの色が使われた賑やかな画面を、もぐらくんが所狭しと駆け回ります。

町を走る自動車を見て、自分も自動車が欲しくなったもぐらくん。

乗り物に憧れる気持ちは大人と子どもでは違うもの。

もぐらくんの情熱は子どもの純粋な自動車への憧憬そのものです。

もぐらくんは自動車を手に入れるために東奔西走。

工場で構造を学び、材料を集め、組み立て、失敗し、試行錯誤する過程がしっかりと描かれています。

テキストもなかなか多め。

紆余曲折あってついに念願の自動車を手に入れます。

ゼンマイ式だけど、ちゃんと乗って動く自動車です。

 

もぐらくんは他の自動車に混じって公道を思う存分走り、ありくんに道路の渡りかたを教え、いぬくんに自動車を披露し、いい気分で家に帰ります。

もぐらくんは自動車のねじを大事に抱えて眠るのでした。

 

★      ★      ★

 

かなり読み応えあります。

個人的には最初のブリキ缶で作った自動車が実際に動いて欲しかったです。

工作としてはなかなかよくできてます。

 

車輪のことを「くるま」と訳してるあたりに時代を感じます。

じどうしゃには くるまが ぜったいいるな

今はほとんど「車」=「自動車」という認識が一般的ですので、子どもが読むと「?」となりそうです。

 

それでも色あせない面白さ。

子どもの乗り物への情熱が失われない限り、こうした作品は時代を超えて読み継がれるでしょう。

 

私の息子も人並みに自動車熱を持ってましたが、最近は興味の範囲が広がって、昔ほど自動車に興奮しなくなりました。

鉄道、貨物船、飛行機、宇宙探査機……。

本人はやっと補助輪付きの自転車デビューしたところですがね。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

もぐらくんの器用さ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「もぐらとじどうしゃ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント