【絵本の紹介】「たんじょうび」【338冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

お店が3年目、息子が6歳を迎えたというわけで、今回は古典名作「たんじょうび」を紹介します。

作・絵:ハンス・フィッシャー

訳:大塚勇三

出版社:福音館書店

発行日:1965年10月1日

 

ハンス・フィッシャーさんを取り上げるのは初めてですね。

スイスを代表する絵本作家で、スイスの教科書にも彼の絵が使用されているのだとか(羨ましい……)。

世界中で訳され、愛されている彼の絵本は、もとはすべて自身の子どもたちのために作ったプライベートなもの。

 

まず、流麗な線が目を引きます。

表紙・扉絵を見てください。

一見ラフな線の動きが、実に活き活きとしたキャラクターの躍動感を生み出しています。

 

一筆書きで描いたように見える鶏や兎の絵、手を取り合って跳ねまわっている様子がありありと想像できる3匹の犬猫の絵。

フィッシャーさんの雄弁で勢いのある線は、全編通してリズミカルで、読者の目を離しません。

 

真似してグルグルと描いてみたくなりますが、どうしてどうして、フィッシャーさんのように描くのは物凄く難しい。

途中で線が止まったり迷ったりするとすぐわかります。

「崩して描く」絵本の絵はたくさんありますが、それは当然ながら「下手」とは違い、基礎としての画力がしっかりできていないと美しく崩せません。

その辺は書道と同じです。

 

さて、内容に入りましょう。

たくさんの動物たちに囲まれて暮らす「リゼッテおばあちゃん」。

犬の「ベロ」と猫の「マウリ」「ルリ」は家の中で寝、手伝いもしますがいたずらもします。

リゼッテおばあちゃんは動物たちみんなに愛情をもって接してくれます。

動物たちもリゼッテおばあちゃんが大好きです。

 

そんなリゼッテおばあちゃんは今日で76歳。

村へ買い物へ行き、牧師さんとお話をしようと、おばあちゃんは留守をベロたちに任せて出かけます。

 

そこでベロはおばあちゃんのためにサプライズバースデーパーティーを計画します。

マウリやルリ、その他の動物たちも一致団結。

でも、基本的に子どもそのものの動物たちですので、見ている読者をハラハラさせます。

 

焦がしてしまったケーキは砂糖をたっぷりかけて誤魔化します。

そしていよいよおばあちゃんが帰ってくると……。

素敵なパーティーの支度が整っています。

おたんじょうび おめでとう!

リゼッテおばあちゃん感涙。

 

さらにお芝居やイルミネーションといった演出もあり、最後は屋根裏に隠しておいたとっておきの贈り物を披露します。

それは(おそらくマウリとルリの間に生まれた)猫の赤ちゃんたちでした。

 

★      ★      ★

 

ラストシーンでは真夜中に子猫の一匹だけが起きて考え事をしている……という不思議な終わり方をしています。

これがあの「こねこのぴっち」へと続く伏線となっているのです。

 

「こねこのぴっち」は「たんじょうび」の続編として描かれたロングセラーですが、日本では「たんじょうび」よりも先に翻訳出版されています。

岩波書店の小さい絵本で読んだ方も多いのではないでしょうか。

 

「たんじょうび」「こねこのぴっち」とも、フィッシャーさんが末娘のために作った絵本です。

どちらの作品も、父親の甘やかな愛情に包まれたような幸せな世界を感じられます。

 

壁画などでも素晴らしい作品を遺したフィッシャーさんですが、健康には恵まれず、58歳にして永眠しました。

 

ちなみに作中登場する(焦がした)ケーキは「クグロフ」という種類のお菓子。

華やかで可愛らしい山のような独特の形が人気です。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

誕生日プレゼントにオススメ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「たんじょうび

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

コメント