【絵本の紹介】「うさこちゃんのだいすきなおばあちゃん」【337冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

祖母が他界しました。

4人いた祖父母の中で最も長生きし、そして最も私と近しい存在でした。

 

今回は「うさこちゃんのだいすきなおばあちゃん」と共に、祖母の思い出を読み返したいと思います。

作・絵:ディック・ブルーナ

訳:松岡享子

出版社:福音館書店

発行日:2008年9月20日

 

すでにこのブログでは「ちいさなうさこちゃん」第1集に位置する4作品を取り上げました。

≫絵本の紹介「ちいさなうさこちゃん」

≫絵本の紹介「うさこちゃんとうみ」

≫絵本の紹介「ゆきのひのうさこちゃん」

≫絵本の紹介「うさこちゃんとどうぶつえん」

 

それら初期の作品とこの作品とを読み比べてみますと、ほとんど変化してないようでいて微妙な違いがあります。

うさこちゃんの耳の形、そして全体のフォルムもより丸みを帯びたデザインになっており、日本語訳も訳者が石井桃子さんから松岡享子さんにタッチ。

 

とことんシンプルでありながら深みのある一枚一枚のカットはシリーズ通してのものですが、今作では非常に珍しいうさこちゃんの「後ろ姿」と「涙」が見られます。

ディック・ブルーナさんがキャラクターを常に正面を向いた状態で描くことは有名ですが、表紙にあるお墓の前にたたずむうさこちゃんは後ろ姿で描かれています。

ここでは読者はキャラクターへの単純な同一化を抑制されています。

うさこちゃんの悲しみを想像し、共感することでしか彼女の中に入っていくことはできません。

 

だいすきな おばあちゃん」が死んでしまい、大粒の涙をこぼすうさこちゃん。

眠るように息を引き取ったおばあちゃんは、「うさこちゃんのおじいちゃんとおばあちゃん」などに登場しています。

絵本のシリーズにおいて、レギュラーでないにしろ登場人物が死ぬというのは実は大変珍しい展開なのです。

おわかれの ときが きました

だれもが おじいちゃんや うさこちゃんのように おおつぶの なみだを ながしました

 

おばあちゃんは棺に入れられ、大きな森の静かな場所に埋められます。

うさこちゃんはその後、時々おばあちゃんのお墓にきれいなお花を持って行ってあげます。

うさこちゃんは おばあちゃんの おはかを はなで いっぱいに したいのです

おばあちゃんの おにわと おなじように

 

うさこちゃんは おはかのまえで だいすきな おばあちゃん と よびかけます

すると、おばあちゃんが ちゃんと きいていてくれるのが わかります

 

★      ★      ★

 

私の両親は共働きで、私は幼い頃、よく祖母の家で過ごしました。

幼い私は一時期「死」の恐怖に取りつかれ、祖母に「どうしても人間は死ぬのか」「死んだらどうなるのか」と質問したのを覚えています。

 

祖母が何と答えたかは忘れてしまいました。

憶えているのは「どうしてこの人は自分よりもっと死に近いのに平気そうでいるのだろう」と不思議に思った気持ちだけです。

 

今は私は単純に死が怖くありません。

死は無に帰すことではないし、霊は不滅であることを信じられるからです。

それは宗教によってではなく、科学によっても解明されつつあります。

 

人間はイメージの世界を持ち、物質的世界と重なった思考世界にも足を置いているのです。

うさこちゃんのように死者に語りかけ、死者と共に生きることは、空虚な幻ではなく、確かな現実なのです。

 

祖母が亡くなる前日、私は病室で彼女に会いました。

祖母はすでに会話ができず、かすかに目を開いて意識があることを伝えるだけでした。

私は祖母の手を取り、長い間そこにじっとしていました。

 

なにも怖くないよ、おばあちゃん。

さらに自由になるだけだよ。

 

遠い日に祖母に向けて発した問いへの答えは、長い時間を経て、私自身が見い出しました。

それを伝えたかったのです。

 

 

いま、初めて涙が出ました。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

簡潔・丁寧・厳粛度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「うさこちゃんのだいすきなおばあちゃん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント