絵本の紹介「ぞうくんのさんぽ」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は「ぞうくんのさんぽ」(作・絵:なかのひろたか、レタリング:なかのまさたか、福音館書店)を紹介します。

作者のお二人は兄弟です。

ひろたかさんが弟さん、まさたかさんがお兄さん。

「レタリング」って、一瞬何を担当しているのかわからないですが、文章の字体を作ってるんです。

海外の絵本なんかだと、文字も絵の一部と捉えて、作家さんが全部自分で書いてある作品が結構あります。

古典名作などを原本で読むと、それぞれの作風に合わせた字体を、苦心して作られているのがわかります。

 

日本の絵本はほとんどが活字印刷で、字体まで作る作家さんは少数派のようです。

でも、この「ぞうくんのさんぽ」では、その独特の字体と、丸みを帯びた絵柄が見事にマッチしています。

 

お話の方はいたってシンプル。

ぞうくんがさんぽにでかけると、途中でかばくん(という名の、謎の生き物)に出会います。

おや、ぞうくん。どこいくの

さんぽだよ。いっしょに いこう

せなかに のせてくれるなら いってもいいよ

いや、歩こうよ(読んでいる大人の心の声)。

 

でも、気のいいぞうくんは「いいとも、いいとも」と、あっさり承諾。

次に登場するのはわにくん。

おや、ぞうくん。かばくんのせて どこいくの

さんぽだよ。いっしょに いこう

それじゃあ ぼくも のせてよ

ぞうくんは ちからもちだね

おまえら……。

 

最後に小さなかめくんが登場。

例によって例のごとく、背中に乗ります(どうやって登ったんだろう)。

ぞうくんはそろそろ重さに耐えかねている様子。

そして行く手には池。

 

小さな子にも、この先の展開は予想できます。

絵本の王道ですよね。

 

でも、水の中でよかった。

ケガしなかったし、みんなごきげんで遊んでるし……と、子どもに安心感を与える終わり方です。

 

続編もありまして、「ぞうくんのあめふりさんぽ」「ぞうくんのおおかぜさんぽ」、そしてつい最近、10年ぶりに最新作「かめくんのさんぽ」が月刊絵本「こどものとも」から出版されました。

 

じゃあ、この「ぞうくんのさんぽ」が生まれたのっていつなの?

実は1968年。

なんと50年近く前なんです。

全然古臭く感じませんよね。

これぞアンチエイジング絵本。

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント