【絵本の紹介】「さかなはさかな」【334冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

絵本界を代表する哲学者、レオ・レオニさん。

ラブリーな絵柄、鮮やかな色彩、そして深いメッセージの込められた現代的寓話。

大人が読んでも考えさせられる絵本作品の数々。

 

レオニさんの作品に共通するテーマは「自分とは何か」です。

哲学・宗教・あらゆる思想において最も重要で最も難しいのが「己を知る」ことです。

 

今回はレオニさんならではの視線が心地よい良作「さかなはさかな」を紹介します。

作・絵:レオ・レオニ

訳:谷川俊太郎

出版社:好学社

発行日:1975年

 

副題は「かえるのまねしたさかなのはなし」。

今作ではレオニさん得意のコラージュ手法ではなく、色鉛筆画が用いられています。

しかし、目に楽しい鮮やかな色使いは変わりません。

 

仲良しの「おたまじゃくし」と「こざかな」。

森の池で一緒に泳いでいた彼らでしたが、ある日おたまじゃくしには足が生えます。

自分がかえるになろうとしていることを誇らしく思うおたまじゃくし。

けど、さかなは納得できません。

かえるは かえる、さかなは さかな そういう ことさ!」とおたまじゃくし。

やがて本物のかえるに成長して岸へ上がって行ってしまいます。

 

だいぶしばらくしてから、かえるは池に帰ってきます。

世の中を見てきたかえるに話を聞き、さかなは池の外の世界へ思いを巡らせます。

鳥や牛や人間の存在を聞くと、さかなは魚に翼や角や手足が生えたような生き物を想像するのでした。

この一連のシーンは「スイミー」が海の中を泳ぎ回る場面と同じく、美しく楽しいものです。

ただ、スイミーは現実を見ているのに対し、さかなが見ているのはあくまでも自分の理解可能な領域に現実を落とし込んだ想像です。

 

再びかえるが行ってしまった後、さかなはとうとう決心して、世の中を見に水から飛び出します。

陸に上がったさかなは息をすることも動くこともできす、弱々しく助けを求めます。

運よくかえるがさかなを見つけ、池の中に戻してくれます。

 

この せかいこそ、たしかに どんな せかいよりも うつくしい せかいだった」ことに気づいたさかなは、かえるに微笑みかけます。

きみの いったとおりだよ

さかなは さかなさ

 

★      ★      ★

 

この結末をどう感じますか?

どこか素直に感動できない、「これでいいの?」という疑問が残る……もしそうなら、それは我々があまりに現代的価値観に囚われているからです。

 

それは「実現不可能に思えるようなスケールの夢」を抱くことが「よいこと」だという価値観です。

巷には「どんな夢も信じて努力すれば叶う」という物語が溢れています。

 

もし、この絵本が現代的価値観に染まった凡庸な作家によって描かれたとすれば、最後にはさかなは陸上で生活する能力を手に入れ、かえるとともに楽しく暮らす……という実につまらないラストに辿り着くことでしょう。

 

けど、そんなふうに「実現不可能な夢」を推奨するような物語ばかりを子どもに与えることによる弊害について、私たちはあまりにも無自覚ではないでしょうか。

 

私自身は「強く願えば夢は叶う」ことを信じています。

しかし「強く願う」の部分は、実は相当難しい条件だと思うのです。

「強く願う」とは単なる夢想ではなく、常に明るい知性と想像力を保ち続け、現実的な観察を怠らず、自分についてどこまでも客観的な判断が下すことができ、その上で現在やるべきことを的確に見極めるという能力です。

 

そんなことのできる人間は控えめに言っても非常に少ないでしょう。

「将来の夢」に「サッカー選手」(今だとユーチューバーとかになるのかな)と書いた子どものうち、ほぼすべては夢破れます。

それが悪いとは思いません。

問題は、本気で「なれる」と思っていた子どもたちが、その後の人生において正確な自己評価を持てるようになるかどうかです。

 

ほとんどの人間は、自分自身に正確な評価を下せません。

我々は基本的に「身の程知らず」なのです。

 

かえるに成長変化するおたまじゃくしを妬み、嫉み、自分の浅薄な知識で世界を理解した気になり、自分にだって同じことができるはずだと思い込む。

私たちはこのさかなを笑えるでしょうか。

 

「己を知る」ことができない限り、我々は自分の本当の欲求をも知ることができません。

生涯他人の欲望を模倣し、常に不充足感に悩まされ続けます。

 

さかなは さかなさ」と悟ることのできたさかなは、もうかえるを妬む必要がなくなったのです。

彼は友だちと自分の違いを涼しく認め、友だちの価値を認め、自分の価値を認めることに成功したのです。

「精神的に自由になる」とは、本来そういうことなのです。

 

関連記事≫絵本の紹介「スイミー」

≫絵本の紹介「シオドアとものいうきのこ」

≫絵本の紹介「フレデリック」

≫「みんなのレオ・レオーニ展」に行ってきました。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

水草のバリエーションの隠れた楽しさ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「さかなはさかな

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント