たまには児童書感想文

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今日から通常営業再開しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

お盆休み中はこれといった過ごし方もしてなかったんですが、息子とはずっと一緒に遊んでました。

最近息子のピタゴラ熱が上昇しており、よくピタゴラ装置を作ってます。

私も手伝わされるんですが、あの装置を作るのはなかなかにしんどい作業です。

息子の設計はやっぱりまだ甘いので成功率も低いし。

 

けど、以前と違うのは失敗しても怒らなくなったこと。

むしろ失敗を楽しんでるみたいで、何回でも繰り返してチャレンジしてます(設計を見直すことはしない)。

50回くらい失敗した時に、「作り直したほうがいいんじゃないの」と言うと、

ぼくがピタゴラ装置が好きなのは簡単だからではなく、困難だからだ

 

……こいつ、アポロ計画の時のケネディ大統領の演説をどっかで見たな。

休み中だからといって本はあんまり読んでません。

それでも一般の5歳児の読書量とは比べられないでしょうけど。

 

もうここ一年以上、絵本を「読んで」と言ってくることはなくなりました。

かつて毎日何十冊も読んでたころのことを思い返すと楽になったような寂しいような。

たまには一緒に読みたいですね。

 

読んであげるのはもっぱら児童書ばかりです。

食事の時に少しずつ読んでます(おかげで食べるのの遅いこと)。

 

読了したものを一部紹介しますと、

ジュール・ベルヌの「十五少年漂流記」。

結構難しかったと思うんですが、まあまあ理解しているみたいです。

今でもクライマックスの戦闘シーンだけをリクエストしてくることがあります。

 

ぼくは王さま」シリーズ。

特に、「王さまロボット」に収録されている(新装版だと「ハアト星の花」)「モルト星の石」という短編がお気に入り。

私も大好きでしたが、こういう本格SFも違和感なく盛り込んでいるところが「王さま」の魅力のひとつ。

しかも、SF系短編のほとんどは未解決の部分を残した結末になってて、不思議な読後感。

 

あと、初期のお話「ウソとホントのほうせきばこ」もリピート率高いです。

王さまの話は基本的に途中で切らずに読み切ることになってるんですけど、このエピソードは相当長いんで苦労します。

 

長くつ下のピッピ」(アストリッド・リンドグレーン著・岩波少年文庫・大塚勇三訳)。

海外児童小説はちょっと伝わりにくいユーモアや言い回しがあったりしますが、そういうものにどんどん触れておくと将来一人で読書する時の楽しみが増えると思います。

世界一の怪力、独特のファッション、人を煙に巻くようなお喋り、お金持ちで学校にも行かず、毎日好きなことをして過ごすピッピの痛快なこと。

息子はピッピが「馬を持ち上げる」シーンと料理のシーンで必ず大笑いします。

 

西遊記」は翻訳が違うもので子ども向けのを二作読みました。

ひとつは偕成社から出版されている渡辺仙州訳・佐竹美保絵。

もうひとつはポプラ社の吉本直志郎訳・原ゆたか絵。

 

個人的には後者のほうが訳文・絵ともに好みでした。

というか、音読するとよくわかるんですが、文章力とかテンポの良さとかが段違いです。

偕成社のほうは同じ言い回しが多用されてたり日本語が変だったり、正直読んでて辛かったです。

 

ただ、ポプラ社の方はわりと性的な描写もあるので(オブラートに包んではいますが)、息子から突っ込まれないかドキドキしながら読んでました。

別に聞かれたら答えるけどさ。

 

もっとも息子の方はどちらが好きということもなく、どっちも喜んで読んでました。

西遊記自体が超面白いですからね。

特にユニークな武器の数々がツボだったようです。

 

ルドルフとイッパイアッテナ」シリーズ。

これは現在四作目まで刊行されてます。

私は二作目の「ルドルフともだちひとりだち」までしか知らなかったので、息子のおかげで続編に触れることができました。

やっぱり最初の方が面白いです。

これ、子どもの頃は気づかなかったけど、実は「任侠もの」なんですね。

 

ドロシー・エドワーズの名作「きかんぼのちいちゃいいもうと」シリーズ。

福音館書店から出版されている作品は訳が渡辺茂男さん、挿し絵が酒井駒子さんということで、絵本好きなら親しみやすいでしょう。

とにかく名文。

作者は子どもの普遍的な心情というものを知悉しており、深い愛情を持って彼らが喜ぶであろう物語を構築します。

私が一番好きなのは最初の「おさかなとり」で、全然泣くような話じゃないのに、何故かラストで涙ぐんでしまいます。

それは「よくぞこんなところを掬い取ってくれた」という作者への感動かもしれません。

言うまでもありませんが、酒井さんのイラストは最高です。

 

斎藤淳夫さんの「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」。

私が子どもの時はアニメから入った作品です。

アニメも原作も傑作です。

 

実はこの作品で息子は初めて物語を聞いて涙を見せました。

ラストシーン、潮路さんが死んでしまうところです。

これまでは感動する話を読んでもゲラゲラ笑ってたり、いまいち感情の掴めない子だったんですが、成長したなあと感慨ひとしおでした。

 

ただ、本人は悲しくなる話は読んで欲しくないそう。

それも普通ですけどね。

幼い子どもは単純なハッピーエンドを求めるものです。

 

物語なら涙ぐむくらいですむけど、休み中に「となりのトトロ」を見せたら、サツキとメイが喧嘩して大泣きするシーンで息子が泣きながら「消して!」と叫んで怒り出してしまいました。

泣くシーンは絶対ダメだそうです。

 

息子の情緒はまだまだ成長途上です。

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント