【絵本の紹介】「ぽちのきたうみ」【331冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

夏休みに入った子どもたちも多いでしょう。

大人になってからの7〜8月なんてあっという間に過ぎ去ってしまいますが、同じ時間なのに子どもの頃は物凄く長く感じたものです。

 

今回はいわさきちひろさんの「ぽちのきたうみ」を紹介します。

作・絵:岩崎ちひろ

案:武市八十雄

出版社:至光社

発行日:1974年

 

いわさきさんについては過去記事も併せてお読みください。

≫【いわさきちひろ特別展】「生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。」に行ってきました。

 

案:武市八十雄」となっていますが、案とは作品のテーマとか方向性のようなものを示すことでしょうか。

作家にインスピレーションを与えるような意味かもしれません。

 

武市八十雄さんは有限会社至光社という出版社を創設された方で、松居直さんや佐藤英和さんらと共に戦後絵本界を支えた重鎮です。

絵本に魅せられて」(佐藤英和・こぐま社)で、上記の三名の座談会で、武市さんが目指す絵本の方向性について語られています。

 

「こどものとも」などを手掛ける松居さんが物語性を重視するのに対し、武市さんは感覚的な印象を重視し、絵本でなければできない表現にこだわります。

いわさきさんと共に生み出した志光社のシリーズでは、「考えさせる絵本よりも感じさせる絵本」を作ろうとした武市さんの信念が如実に反映されています。

 

それはもちろんいわさきちひろという類まれな才能によるところも大きいでしょう。

特にこの「ぽちのきたうみ」は、いわさき絵本の一つの到達点と呼べると思います。

それくらい絵の完成度が高い。

 

主人公の「ちいちゃん」が夏休みにお母さんと一緒におばあちゃんのいる海へ遊びに行くのですが、愛犬の「ぽち」を置いて行くことが気がかりで、心から楽しめないでいます。

すると、後から来たお父さんがぽちを連れてきてくれて大喜び。

それだけのストーリーですが、短いテキストから子どもの心情が切ないほどに伝わります。

淡い色彩によって描かれる、いわさきさん独自の輪郭のない黒目だけの子ども。

物理的存在感をぼかすことで、子どもの微細な感情や心魂が際立ちます。

そしてこの海の絵。

色彩の重なりや掠れ、滲みなどの変化によってこれほど雄弁な海辺の情景が描き出されるのは圧巻の一言。

 

しかも、空と海の色を変化させることで時間の流れも表現しています。

ぽちが到着してからの生き生きとしたちいちゃんの様子は、手足の動かし方の大きさで表現されています。

 

★      ★      ★

 

志光社のシリーズ絵本は同じ「ちいちゃん」を主人公にした「あめのひのおるすばん」「となりにきたこ」「ゆきのひのたんじょうび」などがありますが、どの作品も晩年のいわさきさんの完成された画力に圧倒されます。

いわさきさん自身も愛犬家として知られており、ちいちゃんは彼女自身のようです。

 

上で触れたように武市さんと松居さんの方向性は違いますが、二人はお互いを認め合い、それぞれ別の道を歩むことで日本の絵本界の可能性を拓いて行ったのです。

武市さんは座談会の終わりに「われわれはいちおうベースキャンプを作ったんだから、それから先へ上がるのは次の時代のエディターだ」と、次世代の絵本を担う人々への期待を込めて語っています。

 

それからもう40年近い月日が経ち、武市さんも2年前に逝去されましたが、果たして今の時代を天国からどう見られているのでしょうか。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

表現力度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ぽちのきたうみ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント